動画編集用モニターおすすめ7選! 高精細な4KやWQHDも

動画編集のモニター

動画編集のモニターでおすすめ商品をご紹介しています。
映像のコンテンツを編集してYouTubeで配信をするユーチューバーにも最適です。
また、プロが映像制作で使いやすいカラーマネジメントに対応したディスプレイやフード付きのモデルもご紹介しています。
高精細な画面なら4KやWQHDが良いですね。

動画編集用モニターの選び方

動画編集用モニターの選び方

出典:BenQ

HDRに対応を選ぶ

HDRはハイダイナミックレンジのことで対応しているモニターを選べば明るさ(輝度)の階調を表現できるディスプレイです。
動画編集では黒っぽい被写体や白い対象も撮影で写り込んでいることも多く、明るさも正確に把握することができます。
例えば露出のカーブを調整するような場合に適切に判断できるのが良いところです。

画面サイズをインチ数で選ぶ

動画編集では27インチ以上だと作業がしやすいです。
ソフトウェアではタイムラインウィンドウやEditパネルも多いので画面の作業スペースが広い方が効率的です。
メニューバーなどを並べて画面レイアウトを構成するとワークスペースが以外と狭くなってしまうので、大きめの画面がおすすめです。

色の正確さで選ぶ

色の正確さで選ぶ
色が偏らずに動画編集をするには正確に色を表現できる必要があります。
AdobeRGBやsRGBの色空間はどれぐらいのパーセンテージに対応しているかチェックしましょう。
動画編集だけでなく写真やデザインなどプロの制作現場では必須のチェック項目ですね。

画面の見やすさとしては映り込みを防ぐ遮光フードを搭載しているモニターも便利です。
また、画面にはグレア(光沢)とアンチグレア(非光沢)があるので好みによって選ぶと良いと思います。

解像度で選ぶ

解像度は4KやWQHDのモニターがおすすめです。
YouTubeなどオンラインの動画コンテンツ用のモニターとして使うならフルHDでも良いですね。
価格的には高精細な方が価格も高くなります。安く購入するなら画面サイズを小さくするよりもメーカーを変えたほうが良いと思います。

動画編集用モニターのおすすめ

BenQ デザイナーズ モニター PD2700Q 27インチ/WQHD


BenQ デザイナーズ モニター PD2700Q 27インチ/WQHD
ベンキュージャパンのBenQのデザイナーズ モニターで「PD2700Q 」です。
27インチの解像度がWQHDでIPSディスプレイで色を正確に閲覧したい時におすすめです。
色空間はsRGB 100%カバーしており10ビットの色深度とRec.709で10億以上の色をサポートしています。
リフレッシュレートは60Hz、応答速度‎は4ms (GtG)です。

動画のコンテンツを正確な色で把握することで、どのモニターで視聴しても色のぶれを最小に抑えることができますね。
webデザインを制作するときにもクリエイターが使いやすいです。見やすいようにピボットと高さ調整機能を搭載しています。
入力端子はHDMIx1、DisplayPortx1、miniDPx1に対応しています。

価格:¥35,820
(価格は変動します。)


BenQ PV270 27 Video Post-Production IPS Monitor


BenQ PV270 27 Video Post-Production IPS Monitor
BenQ PV270 27で、Video Post-Production IPSモニターです。
解像度がQHD 2560×1440に対応しています。

アメリカの映画制作会社の団体でDigital Cinema Initiativesで規格されている96% DCI-P3に対応しています。
画面の明るさに均一性があり動画編集でも作業しやすい環境になります。

画面は回転をさせて横から縦にして使うことも可能です。

中古品 価格:¥159,970
(価格は変動します。)


BenQ 27型カラーマネジメントモニターSW270C


BenQ 27型カラーマネジメントモニターSW270C
BenQの27型カラーマネジメントモニターでSW270Cです。
光の映り込みを抑えるための遮光フードが付いておりカラーマネジメントしやすい画面です。
AQCOLORテクノロジーで色の性能が高いモニターで、HDRやAdobeRGB99%、DisplayP397%に対応しています。
輝度や色を均一にするためのムラ補正機能を搭載。ハードウェアキャリブレーションに対応しており色調整が可能になっています。

解像度はWQHDのIPSディスプレイです。

インターフェイスはHDMI 2.0×2、DisplayPort 1.4、USB-Type C、SDカードスロット、ヘッドフォンジャックがあります。

価格:¥89,090
(価格は変動します。)


EIZO ColorEdge 27.0インチ カラーマネージメント 液晶モニター


EIZO ColorEdge 27.0インチ カラーマネージメント 液晶モニター
EIZO ColorEdge 27.0インチの液晶モニターで階調表現が滑らかな「CS2731-BK」です。
カラーマネージメントのソフトウェアでColorNavigator 7に対応しています。
ソフトでは映画フィルム特性の映像制作向けの3D-LUTファイルに対応しています。

画面はWHQDでAdobe RGB 99%に対応しています。ショートカットメニューの割り当てが可能です。
入力端子:USB-C/DisplayPort/HDMI/DVI-D
5年間長期保証

価格:¥127,764
(価格は変動します。)


Dell 4K カラーマネジメントモニター 27インチ UP2720Q


Dell 4K カラーマネジメントモニター 27インチ UP2720Q
Dell(デル)の27インチのカラーマネジメントモニターでUP2720Qです。
IPSモニターは解像度が4Kで高精細です。視聴者が4Kで観る機会も増えており動画編集の段階で4Kで制作したいという時におすすめです。
(ちなみに、パソコンにはグラフィックカードが付いていた方が良いと思います。)

反射を抑えるフードが付いておりAdobeRGB 100%に対応しています。
接続端子はDPx1,HDMIx2,Thunderbolt 3が使えます。
3年間無輝点交換保証付でドット抜けがあった場合に安心です。

価格:¥194,800
(価格は変動します。)


ASUS プロ向けディスプレイ27型


ASUS プロ向けディスプレイ27型
ASUS(エイスース)のプロ向けディスプレイ27型モニター「PA27AC」です。WQHDでコントラスト比が高く100,000,000:1です。
色調整機能がありハードウェアキャリブレーションに対応しています。色の表現はHDR10とSRGB100%に対応しています。
視野角が広く水平178°垂直178°で斜めからでも見やすいです。

2Wのスピーカーが付いており動画編集で外部スピーカーを持っていないかたにおすすめです。
入力端子はThunderbolt 3やHDMI、USB-C x2 (入力 x1, 出力 x1), DisplayPort1.2があります。

価格:¥70,500
(価格は変動します。)


LG フレームレス モニター 32UN550-W 31.5インチ/4K/HDR


LG フレームレス モニター 32UN550-W 31.5インチ/4K/HDR
LGの4Kモニターの32UN550-WでHDRでVAパネルのアンチグレア(非光沢)です。
31.5インチで大きめの画面で動画編集の作業もしやすいです

表示する機能としてはチラつきを抑えるフリッカーセーフやFreeSyncに対応しています。
ブルーライト低減機能もあるので長時間作業をする時に目に優しいモニターです。

VESA規格に対応しておりフレームレスなのでモニターアームにつけてデュアルディスプレイにもできます。
入力端子はHDMI×2、DPに対応しています。

スピーカー搭載しており、高さ調節に対応しています。

価格:¥42,800
(価格は変動します。)

まとめ

動画編集用のモニターはゲームと違ってリフレッシュレートよりも色の正確性の方が大事だと思います。
また、画面のサイズも編集作業の効率に大きく関わってくるので最低でも27インチ以上あった方が快適です。デュアルモニターで使う場合には薄型ベゼルやVESA規格のネジなどもチェックしておきましょう。
スペックに特別な機能が必要なければLGのようなコスパの良いメーカーを選ぶと良いですね。


動画編集の関連情報
クリエイター向けコントローラー
動画配信用Webカメラ
動画編集向けノートパソコン
動画編集ソフト