動画配信用Webカメラのおすすめ!YouTubeで使いやすい

YouTubeのWebカメラ

YouTubeで使いやすいWebカメラをご紹介しています。
動画配信しやすいカメラの選び方もあります。
高画質でライブ配信できるのでユーチューバーにも便利です。

動画配信をするWebカメラの選び方

Webカメラで動画を配信をする場合にはYouTube、Twitch、ニコニコ動画などを使ってライブ配信をします。

基本的に動画配信の場合は100万画素とか画素数よりも画質の解像度が大事になります。
720pまたは1080Pで撮影できるWebカメラを選んでおけば大丈夫です。

あとは30fps以上のフレームレートがあれば良いですね。60fpsであればさらに滑らかな映像になります。

YouTubeでライブ配信する方法

YouTubeでライブ配信するにはWebカメラで行うことができます。
アカウントで電話番号でチャンネルの確認を行えば使えます。
「ライブ配信を開始」を選んで「ウェブカメラ」を選択すればOKです。
さらにこだわるなら「エンコーダ」からゲームプレイの実況をしたり画面の共有ができたりします。

動画配信用Webカメラのおすすめ


ロジクール ウェブカメラ StreamCam C980


StreamCam C980OW
ロジクール StreamCam C980 です。
ストリーミング用のWebカメラでフルHD 1080Pで60FPSの滑らかな動画撮影が可能。配信に最適で性能が高くおすすめです。
Logicool Captureのソフトウェアに対応しており縦方向に表示するビデオを作成することができます。
YouTube、Facebook Live、またはTwitchなどでストリーミングできるようになっています。

顔追尾オートフォーカスを搭載しており自動露出補正や、自動ブレ補正が可能です。
カラーはオフホワイトとグラファイトから選ぶことができます。

●選ぶポイント

  • Logicool Captureのソフトウェアに対応しているストリーミング用カメラ
価格:¥24,400
(価格は変動します。)

ロジクール ウェブカメラ C922n ストリーミング


ロジクール ウェブカメラ C922n
ロジクールのwebカメラでC922nです。

撮影用の三脚が付属しておりストリーミングできます。
自動フォーカスや自動HD光補正機能を搭載しており少し薄暗い室内や少し動いても自動的にピントが合う高機能なWebカメラです。

ステレオマイクが付いているので配信の動画撮影も可能な機種です。
フルHD 1080Pで解像度が高くガラスレンズを搭載しておりくっきり鮮明に映ります。

●選ぶポイント

  • 三脚付きのストリーミングができるロジクールのWebカメラ
価格:¥12,980
(価格は変動します。)

Amazonのページより評価の星の下にある「出品者」を押すとショップを選べます。


ロジクール ウェブカメラ C920n ストリーミング


ロジクール ウェブカメラ C920n ストリーミング
C920nはロジクールで人気のWebカメラですね。
ブラックのフルHD 1080P ウェブカム。

自動フォーカスで簡単なストリーミングに最適です。被写体が動いてもピントが合うので便利です。
ステレオマイクを搭載しており垂直方向のチルト(角度調整)が可能です。

●選ぶポイント

  • スカイプやWeb会議に最適な機種
価格:¥9,780
(価格は変動します。)


エレコム WEBカメラ UCAM-C750FBBK


エレコム WEBカメラ UCAM-C750FBBK
エレコムのWEBカメラでUCAM-C750FBBKは、500万画素を搭載しています。
高精細ガラスレンズなので美しい映像でビデオ配信が可能です。

マイク内蔵しており、コスパの良いモノラルのデジタルシリコンMEMS方式です。
最大フレームレートは30FPSなので簡単なストリーミングで良いですね。

メーカーにてライブ配信サービスで動作確認済みの製品です。対応しているのはYouTubeライブやFacebook Live、ニコニコ生放送やTwitch。
※YouTubeライブやTwitchでは別途ライブエンコーダーを使用する必要があります。

●選ぶポイント

  • 500万画素のWebカメラ
価格:¥4,920
(価格は変動します。)


マイクロソフト LifeCam Studio for Business


マイクロソフト LifeCam Studio for Business
マイクロソフト LifeCam Studio for Businessです。オートフォーカスで高精度ガラスレンズでの撮影なのでクリアで画質もシャープです。
5WH-00003はUSB 2.0の接続で広帯域のマイクを搭載しています。
スピーカーは搭載していなので別途必要になります。

Windowsのみ対応でMacには対応していません。

価格:¥6,973
(価格は変動します。)


AUSDOM ウェブカメラ


AUSDOM ウェブカメラ
AUSDOMのウェブカメラでAW615はYouTubeのライブ配信用で使える機種です。
解像度はFullHD 1080P、200万画素で明るさ自動調整が可能です。

CMOSセンサーを搭載しているので動画撮影も綺麗。
ノイズキャンセルマイク内蔵なので雑音も抑えられます。

●選ぶポイント

  • ノイズキャンセルマイク内蔵のライブ配信用Webカメラ
価格:¥9,999
(価格は変動します。)


Vitade 960A LEDライト付きウェブカメラ


Vitade 960A LEDライト付きウェブカメラ
Vitade 960Aはリングフィルライトを備えているWebカメラです。
明るさは3段階で調整可能できます。
リングライト付きWebカメラは動画でライブ配信するときに明るく綺麗に撮影できます。視野角は80度の広角なレンズです。

Youtubeなどでストリーミングするのに便利なWebカメラです。
WindowsとMacに対応しています。

●選ぶポイント

  • H.264エンコーディングでライブ配信もスムーズ
価格:¥5,999
(価格は変動します。)

まとめ

YouTubeで使いやすいWebカメラはスカイプ用よりも性能を求められます。
画質が良く動画配信できれば良いコンテンツを届けられますね。

監視カメラとしてストリーミングカメラを紹介しているブログもありますが、監視カメラとしてはネットワークのシステムが無いのであまり適していません。
防犯カメラとして使う場合はパナソニックのネットワークカメラが使えます。


youtubeのコンテンツ制作向け関連情報
動画編集用モニター