バッファロー(BUFFALO)のWebカメラおすすめ8選!

バッファローのWebカメラ

バッファロー(BUFFALO)のWebカメラの最新モデルや人気機種をご紹介しています。

「バッファローのWebカメラでどれを選べよいかわからない。Mac用はある?」
とお探しの方へ、
それぞれの製品をわかりやすく特徴を掲載しました。
WindowsだけでなくMacで使えるウェブカメラもあります

バッファローのWebカメラはガラスレンズの機種もあり映りが綺麗。100万画素~300万画素でマイク内蔵の機種が豊富です。
スタンド式はなく全てクリップ式で基本的にディスプレイやテーブルの上に設置するタイプです。
多人数でSkypeやZoomなどのオンライン会議をするなら広角レンズがおすすめです。オートフォーカスはないですが手動でピントをあわせることができます。

バッファロー(BUFFALO)とは

バッファロー(BUFFALO INC.)とは日本の愛知県に本社があるメーカーです。
Webカメラの種類も多いですが、Wi-Fiやメモリー、PC関係のアクセサリーなどの周辺機器が有名です。
日本のメーカーなので商品の修理など購入後のサービスやサポートも安心ですね。

歴史も長く1975年創業の会社です。株式会社メルコとして音響機器を製造していたこともあり、Webカメラのマイクなどは実績の豊富な技術ですね。

ちなみに、Webカメラは「BUFFALO」と「iBUFFALO」があり、同じグループ会社ですがブランドが違います。iBUFFALOの場合にはエントリーユーザー向けの機種が多いです。

バッファロー(BUFFALO) Webカメラのおすすめ8選

BSWHD06MWH マイク内蔵120万画素 Webカメラ


BSWHD06MWH
BSWHD06MWHはiBUFFALOのマイク内蔵Webカメラです。
画素数は120万画素でSkypeやZoomをやるのに丁度よい解像度。インターフェイスはUSB2.0でコネクターをパソコンのポートに挿し込んで使えます。

色はホワイトとブラック(BSWHD06MBK)、グレーから選べてコードも色が統一されておりデザインもおしゃれで良い感じです。

フォーカスはマニュアルでレンズの周囲を回せばピンとを合わせることができます。
UVC対応なのでパソコンにUSBを差すだけで使えて便利ですね。
細かなパソコンの設定をしなてくて良いので忙しい方におすすめです。

OSは、Windows 8以降、Mac OS 10以降に対応しています。

スペック

  • 焦点距離:20cm~∞
  • フォーカス:マニュアル
  • 最大フレームレート:MAX30fps
  • 最大解像度:1280×960ピクセル
  • 映像素子:CMOSセンサー
  • サイズ(幅×高さ×奥行):145×210×60mm
  • 質量:約195g

●選ぶポイント

  • Windowsに対応しているマイク内蔵のWebカメラ
価格:¥2,980
(価格は変動します。)

楽天とAmazonで価格を比較するとショップによっては楽天が安いです。


BSW505MBK 広角120°マイク内蔵 Webカメラ


BSW505MBK 広角120°マイク内蔵 Webカメラ
バッファローの視野角が120°のWEBカメラです。
撮影できる画角が広い広角レンズなので2~3人で通話する時でオンライン通話をする時でも画角に収めることができます。
使わない時には盗撮を防止できるプライバシーシャッター付きで、スライドすればレンズを隠せます。

BSW500MBKは最大1920×1080の高解像度で200万画素でマイクを内蔵しています。
CMOSセンサー(シーモスイメージセンサ)の映像素子を採用しており、ノイズが少なく綺麗な画質で映像を送ることができます。
インターフェイスはUSB(Type-A)の端子で接続できます。※三脚には対応していません。
発売日:2020年4月

●選ぶポイント

  • 200万画素で綺麗な映像で撮影できる広角Webカメラ

価格:¥2,980
(価格は変動します。)


BSW500MBK 広角120°マイク内蔵 Webカメラ


BSW500MBK

BUFFALO BSW500MBKは「BSW505MBK」の前のモデルです。
200万画素のWebカメラで120°の広角レンズを搭載しています。
USB接続で最大フレームレートは30fpsに対応。スペックは「BSW505MBK」と比べてもほとんど違いが無いので安い方を買ったほうが良いと思います。
画素数なども同じですね。
発売日:2019年11月

価格:¥4,480
(価格は変動します。)


BSW13K08HSV 130万画素 WEBカメラ


BSW13K08HSV
iBUFFALOの瞬間接続UVCタイプのWebカメラです。
BSW13K08HSVは、130万画素でイヤフォンタイプのヘッドセットが付いています
ソフトウェアが不要でUSBでつなぐだけで使えます。
フレームレーが30FPSでCMOS受像なので滑らかで綺麗に映ります。

色はシルバー・ブラック・レッドがあります。
カラーが違うだけでかなり価格差があり、色こだわりが無いかたは安く買えるのでおすすめです。

●選ぶポイント

  • ヘッドセット付きのWebカメラ
価格:¥9,800
(価格は変動します。)


BSW20KM11BK 200万画素WEBカメラ


BSW20KM11BK
広角なバッファローのwebカメラで「iBUFFALO BSW20KM11BK」は120°広角ガラスレンズを搭載しています。
200万画素で高精細です。

ワイドレンズなので多人数のオンライン会議で使いやすいスペックです。
マイク内蔵で被写体の人に方向が向けられるようにカメラの向きを変えられます。

『瞬間接続』のWEBカメラでUSBをつなぐだけで自動的にドライバーがインストールされて便利です。

撮影範囲が広いのでレビューでは防犯カメラとして使っている方もいます。

●選ぶポイント

  • 広角ガラスレンズ搭載
中古品 価格:¥4,500
(価格は変動します。)


BSW200MBK 200万画素 広角120°マイク内蔵WEBカメラ


BSW200MBK
広角120°のWebカメラです。
BSW200MBKはBUFFALOの中ではトップクラスに広い画角。
ビジネスなどのシーンで会議するスペースが狭いなど撮影範囲が少しでも広くしたい方におすすめです。

F2.4のレンズを搭載しているので明るく撮影できるのも良いところです。ガラスレンズ、フルHD(1920x1080px)なので映りも良いです。
200万画素でマイク内蔵を内蔵しておりテレビ電話でもくっきり鮮明に映ります。

●選ぶポイント

  • 広角レンズで明るく映るWebカメラ
価格:¥14,280
(価格は変動します。)


BSW300MBK Webカメラ


BSW300MBK
バッファローの「BSW300MBK」で2021年発売のWebカメラです。フルHD(1920×1080)の解像度で使いやすいスペックです。
レンズには盗撮を防止するためのプライバシーシャッターが付いています。
マイク内蔵しておりWeb会議で使うのに便利。画素数は200万画素でフレームレートは最大30fpsです。

価格:¥3,470
(価格は変動します。)


BSW32KM03SV 320万画素 ミニ 三脚付きWEBカメラ


BSW32KM03SV
BSW32KM03SVはマイク内蔵の320万画素のWEBカメラです。
iBUFFALOではめずらしいF2.2ガラスレンズ搭載しており映像が明るく撮影できます。

ミニ 三脚を付属しており、ディスプレイの上以外でも設置できます
マイクを内蔵で机の上に置いてビデオ通話したい時などに良いですね。

スペック

  • 接続方式:USB
  • 遠隔操作:非対応
  • ワイヤレス:×
  • 最大解像度:2016X1512
  • フレームレート:30

●選ぶポイント

  • 小さな三脚付きのWebカメラ
価格:¥3,500 売り切れ
(価格は変動します。)

担当者より一言

バッファローのWebカメラはオートフォーカスはないですが手動でピントをあわせることができます。
多人数でオンライン会議をするなら広角レンズだと画面にも入りやすいです。

綺麗に撮るなら100万画素~300万画素でガラスレンズがおすすめです。
マイク内蔵型でヘッドセットが付いているものもあるので、快適にSkypeなどのビデオ通話ができますね。

参考文献

株式会社バッファロー(BUFFALO INC.)公式サイト
Webカメラの使い方や選び方も公式サイトなら情報が豊富です。
修理やサポートもありますね。購入した後で映らないということのないように、OSなど対応しているかどうかチェックするようにしましょう。

エレコムのWebカメラも安くて種類が豊富です。

バッファロー(BUFFALO)は「AirStation」などパソコンの周辺機器を多く提供しており、Wi-Fiやルーターも有名です。リーズナブルで高性能な機種が多いですね。
最近では「データ復旧サービス」も人気があり技術力のある会社です。
バッファローの外付けSSDもおすすめです。

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて価格とスペックのご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)