4KのWebカメラおすすめ8選!解像度が高画質

Webカメラ 4K

解像度が4KのWebカメラをご紹介です。

Webカメラで4Kに対応しているモデルは綺麗に撮影できます
ロジクールなど複数のメーカーからいくつかの機種が出ています。
また、4KでWebカメラとしても使えるアクションカメラもご紹介しています。
ロジクールは5倍ズームでノイズキャンセリングも搭載していておすすめです。

カメラにはマイク付きと無いタイプがあります。
4KのWebカメラは配信をするために使う場合が多いです。スカイプなどビデオ通話をするならマイク内蔵のモデルが良いですね。

Webカメラ 4Kのおすすめ8選

ロジクール BRIO (ブリオ) 4K Pro Webcam


Brio 4K Pro Webcam
ロジクールのWebカメラでBrio 4K Pro Webcamです。オートフォーカスでピントが自動で合うのでくっきりした映像を撮影できます。
HDR(ハイダイナミックレンジ)の技術で暗い部分が潰れにくく明るく映像を表示できます。

4Kの高精細な画像でビデオ通話が可能です。
鮮明に相手と動画でコミュニケーションしたい場合におすすめです。

Brioはノイズキャンセリングマイクで全方位マイクを2基搭載しています。
エアコンの音などノイズを軽減できる仕様です。

ビデオ解像度 4K
画素数
フレームレート フルHDの時に最大60fps
画角 82.1°(水平)
マイク内蔵

スペック

  • 寸法:27mm x 102mm x 27mm
  • 重量: 63g

●選ぶポイント

  • 高画質でビデオ通話をするのに最適
価格:¥30,500
(価格は変動します。)


ロジクール BRIO RightLight3 4K Ultra C1000eR


ロジクール BRIO RightLight3 4K Ultra C1000eR
ロジクールのBRIO (ブリオ) RightLight 3を採用している、4K Ultra HDウェブカメラのC1000eRです。
5倍のデジタルズームで被写体によることが可能です。

RightLight3を搭載しており、照明条件によって見やすいように調整されます。
微光で光量が少なくても、明るい日光で強い光でもハイダイナミックレンジ(HDR)テクノロジーで対応が可能です。

スカイプやZoomなどの電話会議やYoutubeなどのストリーミングができるWebカメラです。
BRIOはSkype for Business認定されており、TeamsやMicrosoft Cortanaでも使えます。
その他、対応しているアプリケーションは、BlueJeans、Broadsoft、Fuze、Lifesize Cloud、Vidyoなどがあります。

注意点としては、1080p以上の解像度で使う場合にはWindows 8.1以降が必要です。
macOS 10.10以降、Chrome OS™バージョン29.0.1547.70以降に対応しています。

ビデオ解像度 4K
画素数
フレームレート 4K、30fps
1080pフルHD 60fps
画角 82.1°(水平)
マイク内蔵

スペック

  • 無指向性マイク内蔵
  • USB 3.0ケーブル(USB 2.0対応)付属
  • プライバシーシェード付属
  • キャリングケース付き

●選ぶポイント

  • 自動的に明るさが調整される4K Webカメラ
価格:¥26,800
(価格は変動します。)


ロジクール BRIO RightLight 3(HDR)採用 4K Ultra C1000e


ロジクール BRIO RightLight 3(HDR)採用 4K Ultra C1000e
ロジクールのC1000e、BRIO です。
「C1000e」と「C1000eR」の違いはスペック的には違いは見当たりません。
唯一違うのは発売日でC1000eは2月21日です。

ですので、C1000eの方が価格が高いとしても機能が優れているというよりは、在庫の都合で値上がりしているというわけですね。
こちらを買うメリットはないと思います。

価格:¥29,200
(価格は変動します。)


ZOOM フルHD 4K画質 Q2n-4K


ZOOM フルHD 4K画質 Q2n-4K
ZOOMのQ2n-4Kは、高精細な4K画質で撮影できるハンディビデオレコーダーです。
フルHDの4倍鮮明な映像を記録できます。

HDR機能で黒潰れや白飛びを抑えた細部まで美しい映像で録画できます。また、広角150°のワイドレンズで広い画角で映すことができます。

ハイレゾ音質で内蔵XYステレオマイクを搭載しており、録音レベルは3種類のオートゲインがあります。WEBカメラ機能でSkype等のストリーミング配信ができます。

ミュージシャンにおすすめの4Kの高音質ビデオカメラです。

ビデオ解像度 4K
画素数
フレームレート 30fps
画角 150度
マイク内蔵

スペック

  • 液晶モニター有り
  • 記録メディア:micro SDカード
  • 市販のカメラ用三脚に取り付け可能
  • レンズ:F 2.8、150° FOV

●選ぶポイント

  • ミュージシャン向けの4Kビデオカメラ
価格:¥26,644
(価格は変動します。)


Crosstour 4K高画質 2000万画素 webカメラ


Crosstour 4K高画質 2000万画素 webカメラ
Crosstourの4Kで高画質のアクションカメラで、水深30mで撮影できる防水仕様です。

WebカメラとしてはSkypeでライブ配信ができます。スカイプで使う場合にはパソコンとUSB接続をして使います。マイクは外部マイクが付属しています。別途マイクを用意することをメーカーで推奨しています。

屋外で使えるようにバッテリーを搭載しており、手ブレ補正機能が付いています。スローモーションなどの撮影モードがあります。

ビデオ解像度 4K
画素数
フレームレート 1080P最大/60fps
画角 170°
マイク内蔵

スペック

  • 外部マイク付き
  • リモコン付き
  • 重量:608 g
  • 寸法:6 x 2.5 x 4 cm

●選ぶポイント

  • 4Kで防水のアクションカメラ
価格:¥5,980
(価格は変動します。)


Jabra 広角180°パノラマ4K対応 会議用ビデオカメラ


Jabra 180°パノラマ4K対応 会議用ビデオカメラ
Jabraの会議用のWebカメラで4Kで180度のパノラマ撮影が可能です。

カメラが3つ搭載されておりパノラマ4Kで撮影できる特許をとっており、リアルタイムで合成されるようになっています。狭いスペースで多人数でWeb会議をする時に便利です。

Microsoft Teams認定されている機種で、Zoom、Cisco Webex、Microsoft Skype for Businessなどで使えるWebカメラです。
カメラはノートパソコンの上部、または別売りのウォールマウントでモニターの下に配置します。
マイクは付いていないので別途、スピーカーフォンなどが必要ですね。

ビデオ解像度 4K
画素数
フレームレート 30fps
画角 90°~180°
マイク内蔵

スペック

  • カメラ制御:電子パンチルトズーム
  • 接続:USB-C ポート(USBプラグアンドプレイ)
  • サイズ:155 x 90 x 45 mm
  • 重量:100g

●選ぶポイント

  • 超広角180°の4K Webカメラ
価格:¥100,000
(価格は変動します。)


URVOLAX ウェブカメラ 4K 広画


URVOLAX ウェブカメラ 4K 広画
URVOLAXのウェブカメラでソニーCCDセンサーを搭載した4Kの高画質です。
400万画素でオートフォーカスに対応しており映りの綺麗なカメラです。

マイクはノイズキャンセリングで2つ搭載されておりノイズが軽減されるため通話もクリア。
市販の三脚に取り付けることも可能です。

※レビューが5つ星と1つ星で極端に分かれているので評価を確認した方が良いです。

ビデオ解像度 4K
画素数 400万画素
フレームレート 30fps
画角 120°
マイク内蔵

スペック

  • サイズ:133x31x23mm
  • 重量:200g
価格:¥8,099
(価格は変動します。)


エルモ MX-P2 4K


エルモ MX-P2 4K
エルモ社の「MX-P2」4Kのコンパクト書画カメラ Visual Presenter MX-P2です。
1,300万画素で高精細に表現で高画質なので細部まで映すことができます。
最大解像度4160×3120。ズームは16倍デジタルズームで細かな部分も表示ができるのが便利です。
フレームレートはUSB接続で4K/30fps、フルHD/60fpsです。インターフェースはHDMIで撮像領域は374mm×281mmに対応しています。

価格:¥38,811
(価格は変動します。)

まとめ

Webカメラで高画質で撮影するなら4Kタイプが良いですね。
4Kの場合にはスカイプで使うというよりも、ストリーミングだったり動画撮影用に使う方が多いかもしれません。

PCで使えるWebカメラではLogicool(ロジクール)やサンワサプライなど色々なメーカーがありますが、4Kで撮影できる機種は限られています。

使いやすい4Kカメラが1台あるときちんとした動画を撮影したい時に便利ですね。