Microsoft Teamsで使うWebカメラのおすすめ機種!【選び方も】

Teams用Webカメラ

マイクロソフトのTeamsでの会議で使いやすいWebカメラをご紹介しています。
オンライン会議で撮影をするためにはWebカメラは必要になります。
人気のロジクール、Jabla、エレコムなどのおすすめ機種をご紹介しています。
オートフォーカスや画素数や解像度が高い機種もあります。

Microsoft Teamsとは?

Microsoft Teamsは、マイクロソフトのビジネスで使いやすいチャットやビデオ会議で通話ができるツールです。ZoomやSkypeとの違いとしては「Office 365」と連携できるのも魅力です。
ファイル共有なども可能なので会社でPCを使って、情報共有などコミュニケーションをしたい時に便利です。
オンライン会議も可能なので職場や教育現場などでも使われています。録画や録音もできるので記録として残しておけば後から動画で内容を確認することができます。
無料版があるのでダウンロードをすれば使用期限もなく、Webカメラが使えれば誰でもビデオ通話ができます。背景も変えられるので部屋の中を映したくない時には良いですね。Teamsを開始する前にはテスト通話しておくと確実です。

ちなみにTeamsがPCを起動するときに立ち上がらないようにオフしておいた方が便利です。Webカメラの設定は、Teamsの「設定」の「一般」から「アプリケーションの自動起動」のチェックボックをオフにすれば、起動時に停止できます。

Teams Webカメラの選び方

Teams Webカメラの選び方

出典:Jabra

Webカメラを選ぶ時には多人数の会議を撮影する場合と、テレワークなどで1人を撮影する場合では選ぶ機種が変わってきます。
被写体になる参加者が多い場合には、全員がフレームに入るように広角レンズを搭載したWebカメラがおすすめです。
1人でカメラに映る場合には視野角が狭い機種で大丈夫ですね。

機能で選ぶ

Webカメラでは価格が安いタイプでもTeamsで使えますが、オートフォーカスを搭載している機種が便利です。
手動でピント合わせをするよりも効率的でピントがぼやけにくく撮影できます。

自分の背景をぼかしたり画像にしたりする機能はTeamsでできるので、カメラ側は撮影できれば特別な機能はなくても使えます。

ビデオ配信

Microsoft Teamsのライブイベントを使えばMicrosoft Streamと呼ばれるブロードキャストで動画配信が可能になります。
ストリーミングに対応しているWebカメラを選ぶと良いですね。公式のハードウェア要件のスペックとしてはUSB 2.0が定義されています。
通話する目的ではなく、視聴のみしてもらいたい時に便利です。

Teamsで映らない場合や認識しないような時には、ソフトウェアの設定より「デバイス」をクリックすればプレビューの表示状況がチェックできます。

Teams Webカメラのおすすめ

エレコム WEBカメラ オートフォーカス UCAM-C820ABBK


エレコム WEBカメラ オートフォーカス UCAM-C820ABBK
エレコムのWEBカメラでUCAM-C820ABBKはメーカーにてMicrosoft Teamsの動作確認済みの機種です。
マイクを内蔵しているので会議用カメラとして最適です。
撮影の画角は対角76度なので多人数の参加を撮影するよりも、テレワークなどでオンライン会議に参加するような使い方になります。

200万画素の高解像度でFull HDの1920×1080ピクセルに対応しています。
オートフォーカスなのでピントを合わせも自動なので便利ですね。使わない時にはカメラシャッターが付いているので物理的に映せなくなるのでプライバシーも保護できます。
色はブラックのみです。

価格:¥4,220
(価格は変動します。)


logicool ロジクール BRIO 4K Ultra HDウェブカメラ C1000eR


logicool ロジクール BRIO 4K Ultra HDウェブカメラ C1000eR
logicool(ロジクール)のBRIO(ブリオ) C1000eRは、解像度が4KのUltra HDウェブカメラで高精細な画面になるように映像を撮影できます。
フル1080pでは60fpsの滑らかなフレームレートでTeamsでの通話ができます。また録画やストリーミングも可能です。

5倍ズームにより細かなディティールも撮影をすることができます。
RightLight 3を採用しており、ハイダイナミックレンジのテクノロジーにより暗いでも明るい照明でも見やすい画像に調整されます。

対応OSは、Windows、Mac、Chrome OSで使えます。

価格:¥23,760
(価格は変動します。)


Logicool ロジクール フォー ビジネス BCC950 カンファレンスカム


Logicool ロジクール フォー ビジネス BCC950 カンファレンスカム BCC950
Logicool ロジクールのフォー ビジネス BCC950 カンファレンスカムです。(型番:BCC950r)
Webカメラにスピーカーホンが搭載されているのが特徴で、会議室に1つあればオンライン会議ができます。無指向性マイクでノイズキャンセリング機能を搭載しています。
また、リモコンでデジタルズームなどをすることができます。
カールツァイスレンズを搭載しており綺麗な映像を撮影できます。

価格:¥29,598
(価格は変動します。)


Jabra 180°パノラマ4K対応 会議用ビデオカメラ PanaCast


Jabra 180°パノラマ4K対応 会議用ビデオカメラ PanaCast
Jabraの「PanaCast 8100-119」は、180°パノラマ4K対応の会議用ビデオカメラです。
広角で会議室で全員を撮影することができます。プラグアンドプレイでパソコンに挿すだけで使えるタイプです。
Teamsのカンファレンスサービスに対応しており、打ち合わせをするときに便利です。

視野角が広くても歪みのない自然な表示。明るさを自動的に最適化して鮮明な映像を届けることができます。

対応しているシステムは、Windows、macOS、Chrome OS、Linux Ubuntuに対応しておりUSBケーブルを挿せば給電も行えます。

価格:¥81,800
(価格は変動します。)


ロジクール ウェブカメラ C920n


ロジクール ウェブカメラ C920n
ロジクールのウェブカメラでC920nは、フルHD 1080Pのウェブカムです。ストリーミングにも最適な機種です。ガラスレンズでシャープに映像を撮影することが可能で自動フォーカス機能を搭載しています。

設置はディスプレイの上にクリップで取り付けるか、三脚の雲台に固定することも可能です。

ステレオマイクを搭載しており通話もスムーズです。視野角は78°でフレームは最大で2人まで収めることができます。
一時期は価格が高騰した人気のWebカメラですね。

価格:¥7,480
(価格は変動します。)

まとめ

TeamsはWeb会議のシステムの中でも情報共有がしやすく、在宅勤務などではWebカメラがあると便利です。
音声の通話も再生したい場合にはスピーカーホンを搭載している機種がおすすめです。
会社の会議室に広角なWebカメラを一台置いておけば必要な時にオンライン会議ができますね。


Teams Webカメラの関連情報
テレワーク用Webカメラ
会議用のWebカメラ

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて価格とスペックのご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)