JAPANNEXT(ジャパンネクスト)モニター14選! 評判は?

JAPANNEXTのモニター

JAPANNEXT(ジャパンネクスト)のモニターは、コストパフォーマンスに優れた液晶ディスプレイです。
解像度は4KやWQHDなどがあり高精細な映像で出力できる機種もあります。
大きさの種類も多く24インチから30インチ以上の大画面も選べます。レビューや評判よりモニターを購入するときのご参考になれば幸いです。

JAPANNEXT(ジャパンネクスト)とは?

JAPANNEXT(ジャパンネクスト)とは?
JAPANNEXTは日本の会社で2006年にベッカー サムエルにより創業。本社(本店)は東京都千代田区にあります。
2017年には価格.comプロダクトアワードで金賞と銀賞を受賞しています。2018年にはビックカメラとディスプレイの共同開発をしています。
受賞もあり評判の良い会社です。
出典:wikipedia

ネットでは「怪しい」「謎」といった声もあります。
価格の安さが疑念の原因になっていると思います。たしかに他のメーカーと比較をすると3割ぐらい安いです。
また、”韓国のWasabiMangoのOEMだから安い”というネットの声もちらほらありますが公式の発表内容ではありません。
モニターやディスプレイは大手のメーカーでも中国で製造されている場合が多いので怪しい話しではないですね。

安過ぎて不安になるかたは知名度のある大手のHPのモニターを購入すると良いと思います。
JAPANNEXTの魅力は予算を抑えて大きめのモニターが買えることですね。

JAPANNEXTモニターの選び方

JAPANNEXTモニターの選び方

出典:JAPANNEXT

インチ数で選ぶ

モニターのサイズは24インチ~28インチが机の上にのせて使いやすく人気があります。
30インチ以上の大画面もあり画面が大きくてもコスパ良いです。
映画の視聴や複数ウィンドウでPC作業をしたい場合にはウルトラワイドのように、横長のサイズもおすすめです。

解像度は4KやWQHDなら高精細

解像度は4KやWQHD、UWQHDのように高精細な画面や、見やすいフルHDなどがあります。
4Kは高解像度でフルHDの約4倍の作業領域があり、大きな画面サイズでは便利です。
24インチ以下では解像度が高いと文字が見えにくい場合があるので注意が必要です。

リフレッシュレートで選ぶ

ゲーミングモニターとして使う場合にはリフレッシュレートが選ぶポイントになります。
リフレッシュレートは1秒間あたりの更新される回数です。通常は60Hzで1秒間に60回更新されるということになります。
ですので、動画のように動く場合にはコマ送りのようになるためリフレッシュレートが高いほうが滑らかに表示ができます。
ゲーム用では144Hzのように速いモデルや165Hz、240Hzのように高速なディスプレイもあります。

JAPANNEXTのモニターのおすすめ

JAPANNEXT 23.8インチ 165Hz ゲーミングモニター JN-238VG144WQHDR


JAPANNEXT 24インチ 165Hz ゲーミングモニター JN-238VG144WQHDR
JAPANNEXTのゲーミングモニターでJN-238VG144WQHDRです。
23.8インチで解像度がWQHD(2560×1440)で、FHD 1080pの液晶ディスプレイと比較して高精細なのが特徴です。リフレッシュレートが165Hzで滑らかで応答速度は1ms MPRTと高速です。
HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しており階調が豊かな映像です。
Radeon AMD FreeSyncでグラフィックボードが対応していればカクつきのないゲーミングが楽しめます。

インターフェイスは165Hz対応のDisplay Port1.2と144Hz対応のHDMIポート、DVIx1(75hz対応)も接続できます。
コスパが良く予算を抑えて購入したいかたにおすすめのゲーミングモニターです。

● 選ぶポイント

  • 23.8インチのコスパの良いモニター


JAPANNEXT 27インチ 4K モニター JN-IPS2705UHDR


JAPANNEXT 27インチ 4K モニター JN-IPS2705UHDR
「JN-IPS2705UHDR」は、JAPANNEXTの27インチモニターです。
解像度が4K UHD 3840x2160pのディスプレイで表示が細かくシャープ。フルHDの約4倍の作業領域でビジネスにも最適。視野角が広く上下左右178°まで見やすい画面です。アンチグレア(非光沢)なIPSパネルで見やすく色が鮮やかです。HDRに対応しており深みのある映像で表示できます。
HDMI 2.0とDP1.2ではリフレッシュレートは60Hzで応答速度は6msです。スピーカーを内蔵しています。
VESAマウント規格は100mmに対応しておりモニターアームに取り付けることもできます。

● 選ぶポイント

  • 27インチの4Kモニターでスピーカー内蔵(3W×2)


JAPANNEXT 27インチ 240hz ゲーミングモニター JN-27VCG240FHDR-A


JAPANNEXT 27インチ 240hz ゲーミングモニター JN-27VCG240FHDR-A
「JN-24GTM240FHDR」はJAPANNEXTの27インチのゲーミングモニターでリフレッシュレートが240hzです。動きの速いFPSゲームやレーシングゲームでは滑らかに表示できるのでおすすめです。
応答速度はオーバードライブ時には1ms(MPRT)でレスポンスにも優れています。ディスプレイはVAパネルでR1500の曲面になっています。

VESAマウントの規格は75mmネジに対応しており、市販のモニターアームに設置できるのでマルチモニターにすることも可能ですね。

※スピーカーは内蔵していないモデルです。

● 選ぶポイント

  • 240hz対応のゲーミングモニター


JAPANNEXT 28インチ 4K モニター GX28 JN-280IPS144UHDR-C65W


JAPANNEXT 28インチ 4K モニター GX28
JAPANNEXTの28インチ 4KモニターでGX28「JN-280IPS144UHDR-C65W」です。解像度が4K UHD 2160pの高精細なIPSパネルです。

リフレッシュレートが144HzでHDMI2.1で最大120Hzにも対応します。入力端子が豊富で、HDMI 2.1(120Hz)、 HDMI 2.0(60Hz)、DisplayPort 1.4(144Hz)、USB Type-C(144Hz)に対応しています。応答速度が1ms MPRTで速いのも魅力です。

スタンドは画面の高さ調整や、チルトで上下の角度調整が可能になっています。また、ピボット機能があるので画面を横から縦にすることができます。

付属品として電源ケーブルやHDMIケーブル、DPケーブル、Type-Cケーブル、ユーザーマニュアル、リモコンなどが付いています。

● 選ぶポイント

  • 28インチのゲーミング用4Kモニター


JAPANNEXT 28インチ 4K モニター JN-T2888UHDR


JapanNext 28インチ 4K モニター JN-T2888UHDR
JAPANNEXTの28インチワイド(アスペクト比 16:9)の4Kモニターです。
「JN-T2888UHDR」は解像度が4KでHDR(ハイダイナミックレンジイメージ)に対応しており高精細で美しい画面です。
ディスプレイはノングレア(非光沢)で見やすいTNパネルです。発色が良く色彩表現に優れており色域はsRGB 100%カバーしています。3つのモードで通常・ゲームモード・FPSで切り替えられる高性能なモデルです。

スペック

  • 2W×2 スピーカー内蔵
  • インターフェイス:HDMI2.0 / HDMI1.4×2 / DP / イヤホン
  • 色:ブラック
  • VESAマウント規格:100mm

● 選ぶポイント

  • ドットピッチ(画素ピッチ)が0.16mmの美しい4Kディスプレイ


JapanNext 31.5インチ WQHD モニター JN-315VG144WQHDR


JapanNext 31.5インチ WQHD モニター JN-315VG144WQHDR
31.5インチで解像度がWQHD(2560×1440)の液晶モニターでJapanNextの「JN-315VG144WQHDR」です。
ドットピッチが0.272で密度の高いWQHD(2560×1440)モニター。細部まで鮮明な映像が楽しめます。VAパネルでコントラスト比が3000:1と高く色が鮮やかな色彩です。

リフレッシュレートが144Hzでパソコンではゲーミングモニターとして使用するのにおすすめです。PS5では120Hzで使用することができます。
入力端子はHDMI 2.0×1、HDMI 1.4 x2、DisplayPortで接続することができます。

2021年10月発売の最新モデルの液晶モニターです。
※スピーカーは搭載していません。

スペック

  • サイズ:高さ513mmx幅791mmx奥行き198mm
  • 重量:約4.8Kg
  • 発売日:2021年10月13日
  • AMD FreeSync対応

● 選ぶポイント

  • 31.5インチの高精細なWQHDモニター


JAPANNEXT 32インチ 4K モニター JN-V315UHDRC60W


JN-V315UHDRC60W
JAPANNEXTの32インチで解像度が4K UHD(3840 x 2160)のモニター「JN-V315UHDRC60W」です。
視野角の広い178°のVAパネルを搭載しており色彩が鮮やかで高コントラスト(3000:1)。
目に優しいブルーライト軽減機能と画面のチラつきを抑えるフリッカーフリーで目の疲れを軽減します。

1本のケーブルで60Wの給電と映像出力ができるUSB Type-Cのほか、HDMI、DisplayPortのインターフェイスがあります。フレームが細くスタイリッシュなのも魅力ですね。

● 選ぶポイント

  • HDR10に対応した色域が広く美しい4Kモニター


JAPANNEXT 34インチ UWQHD モニター JN-VG34100UWQHDR


JapanNext 34インチ UWQHD モニター JN-VG34100UWQHDR
マルチウィンドウ機能を搭載しているUWQHDモニターです。
JapanNext JN-VG34100UWQHDRは34インチでアスペクト比が21:9の横長画面で複数のウィンドウを使うのに最適です。
スピーカーは5Wを搭載しており使いやすいディスプレイです。
インターフェースはHDMIとディスプレイポートに対応しています。

● 選ぶポイント

  • 横幅が約83cmのサイズで、ぎりぎりデスクに設置できる34インチ


JAPANNEXT 34インチ 曲面 UWQHD ウルトラワイドモニター JN-VC34100UWQHD


JapanNext 34インチ UWQHD ウルトラワイドモニター JN-VC34100UWQHD
34インチのウルトラワイドモニターで解像度がUWQHD(1440p)のJAPANNEXT「JN-VC34100UWQHD」です。
曲面液晶ディスプレイで高解像度。ウィンドウを並べてPC作業をするのにおすすめです。
コントラスト3000:1で広視野角で斜めからの角度からでも色の変化がすくない画面です。

レビューではスタンドが大きくVESAに対応していないという口コミもあります。

● 選ぶポイント

  • 格安な34インチの湾曲モニター


JAPANNEXT 43インチ 4K モニター JN-VT4300UHDR


JN-VT4300UHDR
JAPANNEXTのJN-VT4300UHDRは43インチの半光沢なVAパネルを搭載しており、コントラスト比が5000:1とメリハリのある表示が楽しめます。

高精細なディスプレイで解像度は4K UHD 2160pに対応しています。HDR 10に対応しているので暗い色調から明るい色までのグラデーションも豊かです。スピーカーは10Wを2基搭載しており、映画を視聴するのにおすすめです。

HDMI2.0やUSBで接続できるので使い勝手にも優れています。VESAマウント規格で壁に取り付ける時には200mmピッチなので注意ですね。

● 選ぶポイント

  • 43インチので解像度が4Kディスプレイ
  • 発売日が2021年5月のモデル


JAPANNEXT 50インチ 4K モニター JN-VT5001UHDR


JN-VT5001UHDR
50インチの4KモニターでJapanNext JN-VT5001UHDRです。VAパネルでコントラスト比が高く美しい画面が特徴です。
HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応している大型の液晶ディスプレイで、10Wのステレオスピーカーを搭載しており、迫力のある音と映像が楽しめます。

VESAマウント規格は200mmなので壁掛け用として購入する場合にはチェックをした方が良いです。

● 選ぶポイント

  • 横幅が112.5cmの50インチで大画面


JAPANNEXT 55インチ 4K モニター JN-V5500UHDR


JapanNext 55インチ 4K モニター JN-V5500UHDR
55インチの4KモニターでJAPANNEXT JN-V5500UHDRです。パネルはVAパネルでコントラスト比は4000:1で明暗がくっきりとした美しい画面です。
VESAマウントは400×200mmに対応しており壁に設置することもできます。
サイズは外形寸法が1247*791*300mm。重量は約14kgです。

リモコンの反応が悪いという評判がちらほらみられます。価格が安いのですべての品質で満足感を得るのは難しいかもしれませんね。

● 選ぶポイント

  • 55インチの4Kモニターで半光沢(ハーフグレア)


JAPANNEXT 65インチ 4K モニター JN-V6500UHDR


JAPANNEXT 65インチ 4K モニター JN-V6500UHDR
65インチの4Kモニター JAPANNEXTのJN-V6500UHDRです。サイズが大きく横幅が146.4cmあります。
VESAマウントは400×200mmに対応。VAパネルでコントラスト比が高く5000:1で明暗のはっきりした映像が楽しめます。
サウンドは10W(5W×2基)のステレオスピーカーを搭載しています。

● 選ぶポイント

  • 大画面のモニターで65インチ


JAPANNEXT 15.6インチ 4K タッチパネル モバイルディスプレイ JN-MD-IPS1560UHDR-T


JN-MD-IPS1560UHDR-T
タッチパネルのモバイルディスプレイで15.6インチのJAPANNEXT JN-MD-IPS1560UHDR-Tです。
解像度は4K(3840 x 2160)でノートパソコンなどでサブディスプレイとしてテレワークに便利です。
USB TYPE-Cケーブルを接続すれば1本で給電と映像の表示ができるのでACアダプタなどを使わなくてもすみます。スピーカーは1.5Wを2基内蔵しています。
入力端子はUSB Type-C,micro-HDMIが使えます。

● 選ぶポイント

  • 約1.0kgの重量で持ち運びができる15.6インチのモバイルモニター

まとめ

JAPANNEXTのモニターは価格が安いのでウルトラワイドのような大きめ画面だとお得感がありますね。
特に解像度が4KやWQHDなど高精細な機種もあるので機能的にも優れています。
予算を抑えてモニターを購入したいかたにはおすすめのメーカーです。でかい画面は快適です。

ネットでのレビューではデザインやコストに満足感を感じている方が多いですね。逆に不満な点としては初期不良が一部あるという評判があります。機種によっても違いがあるのでドット抜けの口コミがあるか確認したほうが良いですね。他のメーカーでも完全には無くならない部分なので、きちんと製品サポートがあれば大丈夫でしょう。


JapanNextのモニターの関連情報
JAPANNEXT 公式サイトもあるのでどんな企業なのかチェックしたいときには会社概要を確認すると良いと思います。
万が一、モニターが映らないといった場合にはサポートや保証の案内もあります。

売れ筋ランキングでは常に最新のディスプレイ商品をチェックできます。21.5インチや23.8インチのような小型サイズのモニターも人気ですね。2022年~2021年が発売日の新しい機種をチェックできます。

ウルトラワイドモニター
27インチ モニター

この記事は「オススメPCドットコム」担当ライターのタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析がモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認をお願いいたします。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。