テレワーク(在宅勤務)で便利なモニターのおすすめ8選

テレワーク(在宅勤務)で便利なモニターのおすすめ

テレワーク(在宅勤務)で便利なPCモニターのおすすめをご紹介します。

テレワークではモニターを上手に選ぶことで在宅勤務の仕事も効率的に進めることができます。作業スピードを上げるためには働く環境を整えるとはかどりますね。

作業するときにノートパソコンで便利なモバイルモニターやスピーカー付きなどもあります。23インチから27インチぐらいまでが人気です。
画面は高さ調整ができるタイプや画面を縦にして使えるディスプレイも便利です。

コロナウイルスで会社の業務を自宅で仕事をするかたは使いやすいモニターを選ぶと良いですね。購入するときにご参考になれば幸いです。

テレワークに最適なモニターの選び方

テレワークに最適なモニターの選び方
外付けモニターを選ぶ時にはHDMIと接続できるモニターがおすすめです。ノートパソコンの場合にはHDMIで接続できる機種が多いです。
テレワークでは作業しやすい画面スペースを確保できるモニターを導入すると良いですね。

解像度で選ぶ

解像度はフルHDや4Kなど種類もいろいろあります。自宅での仕事内容がエクセルなどテキスト中心だったり事務処理であればフルHDが見やすいと思います。4Kの解像度は表示するピクセルが細かくなるため文字が小さくなるので注意です。
文字が中心なら4Kは必要ないかもしれません。グラフィックなどクリエイティブ中心の仕事であれば高精細な表現を再現できるので良いですね。
解像度はフルHD(1920 × 1080)が多く、さらに細かい画素数ではWQHD(2,560×1,440)、もっと細かいと4K(3840×2160)になります。解像度が高くなるほど表示領域は広くなります。

画面の高さ調整

モニターのスタンドは高さが調整できるタイプと調整できないタイプがあります。
高さ調整できる機種では5,000円ぐらい価格は高くなりますが、2つのモニターを並べる場合には高さが調整できた方が便利です。
高さを変えられないディスプレイではチルト(角度調整)のみ対応している機種が多いです。
代替手段として、本などで画面の高さを合わせたりできますが、タイピングの時に画面が揺れてしまうので、画面を2台並べるなら高さを調整できるモニターが良いですね。

目が疲れにくいモニター

目に優しいモニター
仕事で長くモニターを見続けるなら目が疲れにくい機能を搭載しているモデルがおすすめです。
ブルーライトカット機能があれば目の疲労感や眩しさなどを抑えられます。フリッカーレスはチラつきを軽減することができます。

長時間ディスプレイを見ていると目にも負担がかかります。書斎や自分の部屋では仕事の時間も長くなりがちなので、モニターを見続ける時には目に優しいモニターが良いですね。
ブルーライトを軽減したりフリッカーレスを搭載した画面では目の疲労も抑えられます。文書作成など仕事の資料を画面で見る時間が多い場合にはアイケア機能があるモニターが良いですね。

パネルの種類は鮮やかで広視野角なIPSパネルや、応答速度が速いTNパネル、コントラスト比が高いVAパネルなどがあります。テレワークで仕事で使うなら文字や資料を表示する場合が多いためどの種類でもあまり気にならずに使えると思います。

画面サイズで選ぶ

画面サイズで選ぶ
テレワークで使いやすいディスプレイサイズは23.8インチ(24インチ)ぐらいがおすすめです。机の上にのせて見やすい大きさです。
ツインモニターにするなら21.5インチでスリムベゼルなら隙間が目立たなくなります。
フレームが無く大画面で作業性が良いのは27インチや31.5インチですね。ウィンドウを2つ並べて作業できるのでマルチタスクをする時に便利になります。

価格帯

モニターの価格帯はサイズ・パネルの種類・解像度によって変わってきます。
24インチや27インチで購入する場合には1万円台~5万円ぐらいが価格帯の相場です。液晶ディスプレイはIPSパネルの場合は鮮やかで価格がやや高く、TNパネルは安価な場合が多いです。
在宅で仕事用として使う場合にはVAパネルのように色の深みやコントラストは必要ないかもしれません。また、解像度は4KよりもフルHDなど一般的な方が価格帯は安くなります。

作業環境を整える

自宅で作業するにはオフィスと同じように業務をするので作業環境を整える必要があります。
テレワークがしやすい作業環境するにはデュアルモニターにするという方法もあります。2画面にする場合にはフレームレスのようなベゼル(枠)が狭いタイプがおすすめです。

モニターアームにディスプレイを取付ける場合にはモニターの裏側に取付けるネジ穴が必要になります。通常はVESAマウント規格に対応しているモニターなら設置が可能で100mm穴と75mm穴があります。
アームをデスクに設置する方法としてはクランプ式で天板に挟むタイプと穴に通すグロメット式があります。アームを使ってモニターの高さや角度を調整できればパソコンの作業環境が快適になります。

テレワーク モニターのおすすめ8選

ポータブルモニター モバイルモニター 15.6インチ



ポータブルモニター モバイルモニター 15.6インチ
テレワークで部屋がないかたはリビングで仕事をするかたも多いと思います。
モバイルモニターはノートパソコンと接続して作業するディスプレイをマルチで使えます。コンパクトで省スペースなのが便利ですね。

EVICIVの15.6インチ IPSパネルは11mmで薄い仕様で軽量。約905gでカバンに入れて持ち運びができる外部モニター。また、軽いのでモニターを使わないときには収納しておけます。
Mini DisplayPortで接続できるノートパソコンやUSB Type-C端子で接続できるPCやスマホと接続することも可能です。

解像度は1920×1080のフルHD。スタンドになる保護ケースが付いておりテレワークでサブのディスプレイとして使いやすい製品です。
また、PS3/PS4・XBOX ONE・Wii・Nintendo Switchなどのゲーム機でも使えます。

スペック

  • サイズ:高さ:230mm×幅357mm×厚み11mm
  • 接続方式:USB Type-C/mini DP
  • 取扱説明書付き
  • PSE認証済み

●おすすめポイントや特徴

  • ノートパソコンと合わせて使いやすいポータブルモニター
価格:¥21,990
(価格は変動します。)


HP モニター 23.8インチ


HP モニター 23.8インチ
HP(ヒューレット・パッカード)の「HP 24m 3WL46AA#ABJ」は、23.8インチの液晶IPSモニターです。視野角が178度まで対応しており斜めに見ることの多いサブモニターでも色の変化が少なく、非光沢で見やすい仕様です。24fwにはなかったブルーライトカット機能のモードを搭載しています。
スリムベゼルでスマートなデザインなので省スペースで設置できます。在宅勤務で使っている方も多いモニターです。

価格が安く使いやすいモニターです。インターフェイスはHDMI、アナログ RGB ミニ、D-sub15 ピンの入力端子に対応しています。

スペック

  • 色:ブラック
  • 寸法:約 18.1 x 54.3 x 41.1 cm
  • 重さ:約 3.65 kg
  • 解像度:1920×1080(フルHD)
  • 付属品:電源ケーブル、ACアダプタ、HDMI ケーブル、保証書 等

●おすすめポイントや特徴

  • HDMI対応のシンプルでリーズナブルな23.8インチ モニター
価格:¥16,780
(価格は変動します。)


EIZO FlexScan 24.1インチ EV2456-RBK


EIZO FlexScan 24.1インチ EV2456-RBK
EIZOのモニターEV2456-RBKは、EIZO FlexScan 24.1インチでビジネスで使いやすいサイズの液晶モニターです。
解像度がWUXGAでFHDより広めで仕事の作業効率の良いディスプレイ。
入力端子も豊富でDVI、HDMI、DisplayPort、アナログ RGB ミニ D-sub15 ピンに対応しており、USB3.0ハブ機能搭載しており周辺機器の給電する時にも便利です。

ビジネスで長時間パソコン仕事をする方におすすめです。
ブルーライト軽減機能により約77%カットができるので、長時間のパソコン作業でも目に優しく疲れにくい仕様になっています。

ディスプレイの裏側にVESAマウント規格の100mmのネジ穴が使えるので市販のモニターアームに取付けることも可能です。アームを使えば2台ならべてツインモニターにすることもできます。

スペック

  • スピーカー:1.0 W + 1.0 W
  • サイズ:531×510.1x190mm
  • コントラスト比:1000:1
  • アスペクト比:16:10
  • 輝度:350 cd/m2
  • ‎応答速度:5ms
  • 5年間保証&無輝点保証)

●選ぶポイント

  • ビジネスで作業しやすいフルHDより広いWUXGAのディスプレイ
価格:¥54,364
(価格は変動します。)


ASUS 4Kモニター31.5インチ


ASUS 4Kモニター31.5インチ
ASUSの31.5インチの解像度が4K UHD (3840 x 2160) のモニターで作業範囲が広くPCで仕事がしやすいディスプレイ「VA32UQ」です。
コントラスト比が3,000:1と高くHDR10に対応している色の階調が豊かに表現できます。
スピーカー内蔵しており2Wを2基搭載しているステレオのモデルです。視野角も広く水平178°、垂直178°です。

ASUS Eye Care テクノロジーを搭載しておりチラつきを抑えるフリッカーフリーとブルーライト軽減機能搭載。GPUのフレームレートと同期するAMD FreeSyncとAdaptive-Syncが使えます。
入力端子はHDMI 2.0が2つとDisplayPortに対応しておりデスクトップパソコンやノートPCのサブモニターに最適ですね。

スペック

  • 映像エンジンSplendid:搭載
  • オーディオ出力:3.5mmステレオミニジャック
  • 解像度:4K UHD 2160p
  • バックライト:WLED
  • サイズ:729.7 x 495 x 175.57mm(スタンドあり)
  • 重量:約9.7kg
  • 応答速度:4ms (グレー→グレー)
  • 最大輝度:310 cd
  • 付属品:HDMIケーブル、電源ケーブル、保証書

●おすすめポイントや特徴

  • 仕事の作業で生産性の良い4Kディスプレイ
価格:¥47,500
(価格は変動します。)


I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8インチ/ピボット/昇降


I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8インチ/ピボット/昇降
I-O DATA(アイ・オー・データ)の23.8インチ モニターで広視野角178度のADSパネルです。
初期不良が心配な時には日本のメーカーだと安心ですね。3年保証で土日もサポートに対応しています。
EX-LD2383DBSのインターフェースはHDMIに対応しており解像度はFHD 1080pです。

ピボット(画面回転)に対応しており画面を縦にして使うことができます
高さは108mmまで昇降が可能なので2画面の高さを合わせる時に便利です。また左右の角度(スイベル)や上下の角度(チルト)にも対応しています。

スペック

  • フリッカーレス
  • ブルーリダクション
  • VDTモード
  • 応答速度:5ms
  • リフレッシュレート:75Hz

●おすすめポイントや特徴

  • 高さ調整が可能なフレキシブルスタンド
価格:¥22,980
(価格は変動します。)


Acer モニター ディスプレイ 23.8インチ スピーカー内蔵


Acer モニター ディスプレイ 23.8インチ スピーカー内蔵
Acerのモニターで23.8インチです。
「SA240YAbmi」は解像度‎がフルHD(1920×1080)でIPSパネルの非光沢画面です。
2Wのスピーカー内蔵しており、画面のチラつきを低減するフリッカーフリー機能や、ブルーライトの透過率を4段階で調整できるブルーライト軽減機能を搭載しています。

入力端子はHDMIや、ミニD-Sub 15ピンに対応しています。
格安のモニターですが良い評価と悪い評価があるのでレビューをご覧になってから検討した方が良いかもしれません。レビューでは24インチよりも小さくてコンパクトで良いという口コミがあります。

VSEA規格に対応していないのでアームに取付けるかたは注意です。

●おすすめポイントや特徴

  • 2Wのスピーカーを内蔵した23.8インチモニター
価格:¥17,480
(価格は変動します。)


Dell モニター 27インチ HDMI WQHD


Dell モニター 27インチ HDMI WQHD
Dell(デル)のIPSモニターで27インチの広視野角のタイプです。解像度はWQHDで高精細な2560×1440ピクセルです。
U2719Dは、画面の高さ調整と回転をすることが可能です。また、左右の角度や前後の角度調整も可能な台座です。

ブルーライト軽減とフリッカーフリーにも対応しています。アンチグレア(非光沢)で部屋の照明や太陽の光が反射しにくく見やすい画面です。
接続はDP,HDMIに対応しています。

スペック

  • 寸法:18 x 61.2 x 34.8 cm
  • 重量:5.96 kg
  • 応答速度:5ms(GtoG,Fast)
  • アスペクト比 16:9
  • 3年間無輝点交換保証

●おすすめポイントや特徴

  • 高さ調整、画面回転が可能な27インチワイドのDell モニター
価格:¥46,800
(価格は変動します。)


BenQ モニター ディスプレイ EW3280U 32インチ/4K


BenQ モニター ディスプレイ EW3280U 32インチ/4K
BenQのモニターで大きめの32インチ、解像度は4Kのタイプです。
DCI-P3のカバー率が95%で色域が広いIPSパネル。約10億7000万色の表示色でクリエイティブの作業をテレワークでしている方におすすめです。

解像度が4K UHDなので画質も高精細です。映像など動画の表示をする場合はグラフィックカードを搭載した、ある程度スペックがあるパソコンが必要ですね。

EW3280Uは、アイケア機能や輝度自動調整の「B.I.+」を搭載しています。2Wのスピーカーに5Wのサブウーファーが付いている2.1chスピーカーになっています。接続は、USB Type-CとHDMI端子が2つあり便利です。

●おすすめポイントや特徴

  • 4Kの32インチモニター
価格:¥80,545
(価格は変動します。)

まとめ

在宅勤務では効率よく仕事をして早く業務を終わらせたいものです。
自腹で買うなら安いモニターを選ぶのも良いですね。
会社だけでなく自宅でもテレワークでは2台使う使うと作業範囲が広がります。

在宅ワークではノートパソコンを使っているかたも多いのでサブとして液晶ディスプレイを外付けすると快適ですね。

ちなみに液晶テレビをモニターの代わりにすると見にくい場合があります。テレビの場合は鮮やかさを有線してグレアタイプが多いからです。
マルチで使うならメインのPCモニターと同じくらいか、一回り大きいサイズを選んでサブディスプレイとして使うと見やすいです。


テレワークの関連情報
テレワークの便利グッズ
カメラ付きモニター
フルHD モニター
21.5インチモニター

アイリスオーヤマのモニターはテレワークでも使いやすい格安のディスプレイです。

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて価格とスペックのご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)