テレワークの便利グッズ12選!仕事が快適になる

テレワークの便利グッズ

テレワークで必要な便利グッズをまとめました。

「テレワークがはじまったけど、なかなかしんどい。」
「テレワークに便利なツールって何?」
って方に向けて
快適に仕事をするためにあると便利なツールを厳選しています。

1人で自宅で仕事をするのは思ったよりも大変ですよね。在宅ワークでは集中しやすい環境作りが大事です。
誰かがやってくれると楽なんですが、ノートPCやヘッドセットなど自宅勤務では働く環境も自分で整えていく必要があります。

リモートワークでは机の周りも重要です。
少しでも速く仕事を片付けられるように、効率的に業務するためのアイテムもあります。
どうぞご参考ください。



テレワーク(リモートワーク)とは?

テレワークとは
テレワークとは在宅勤務のことです。
teleは、遠くという意味で離れて柔軟に働くという意味です。

コロナウィルスの影響で密集するのを避けるために、自宅で仕事をする企業が増えていますね。

テレワークのメリットとしては、家族と過ごす時間を確保できます。また、通勤時間が無いというのもありがたいところですね。
子供のいる女性の方は在宅ワークになって助かるという方もいるでしょう。

一方、テレワークのデメリットは、1人で仕事をすることになるので、上司や同僚とコミュニケーションがとりずらいのがデメリットです。
会社のオフィスなら、ちょっととなり人に聞いたり相談したりするのも難しくなりますね。

企業側からの視点ではセキュリティ強化や生産性向上といった課題もあります。
NTT東日本ではテレワーク「シン・テレワークシステム」が新型コロナウイルスの対策として使えるようになっています。

テレワークに必要なもの

テレワークに必要なもの
テレワークをはじめるには必要なものもあります。
大きくわけて、3つあります。

  • 1つ目はパソコンをする仕事環境をしっかり整える
  • 2つ目は座り作業を快適にしていく
  • 3つ目は自分でリフレッシュする

テレワークに必要なスキルとしてはオンライン会議ができるように整備できればOKです。どこで働いても場所が変わるだけなのでスキルは同じですね。
また、作業するためのデスクやテーブルも必要に応じて用意すると快適です。

便利グッズや快適なアイテムをうまく活用すると良いです。

パソコン環境を整える

パソコン環境を整える
テレワークでは最低限、パソコンが必要になります。
また周辺機器を揃えるようにします。

ノートパソコンまたはデスクトップパソコンですね。
会社の備品を自宅へ持ち帰って使って良いという企業は、セキュリティ的に難しい場合がほとんどでしょう。

テレワーク用のノートパソコンを用意する必要も出てきます。
そのような場合には、Windowsがおすすめです。Macやクロームブックはファイルのやりとりで難しい場合があります
オフィスのエクセルやワードが使えた方が便利ですね。

また、ノートパソコンの場合にはデュアルモニターを使うという方法もあります。
オンライン会議などテレワークでWebカメラが必要であれば別途用意する必要があります。

長時間作業の対策方法

長時間作業の対策方法
テレワークの長時間作業ではできるだけ快適に仕事ができるように工夫しましょう。

長時間作業の対策方法としてテレワークでは椅子も大事です。
作業しやすいように、椅子にクッションを使うこともおすすめです。
新たに用意するひとはゲーミングチェアを使う方もいますね。

腰痛や肩こりがひどい方は背もたれにクッションを1つ入れるだけでも快適さが違ってきます。
正しい姿勢で座れるように意識することが大事です。

リフレッシュできるようにする

リフレッシュできるようにする方法
テレワークでは1人でもくもくと作業するので結構、疲れます。
メンタル的にもリフレッシュできるような工夫が必要です。

ずっと自宅にいるので心のメンテナンスも必要です。
ストレス解消をするために時間を区切って仕事をしたり、緑の植物をちょっと見るなどの工夫をしましょう

自宅勤務になってイライラするようになったというひとは、ストレスマネジメントも仕事のスキルとして捉えた方が良いかもしれませんね。リフレッシュすることで作業もはかどるものです。

テレワーク 便利グッズのおすすめ11選

肩こり解消 便利グッズ : 指圧器 ATEX


肩こり解消 便利グッズ : 指圧器 ATEX肩こりを解消する指圧器です。
テレワークでずっとパソコンに向かって作業をすると肩が凝ります。

仕事の隙間時間でちょっと肩をほぐしたい時に便利です。
背中や肩甲骨の下あたりをグリグリするとスッキリします。
グリップは滑りにくくアームは丁度よい角度になっていますね。

スペック

  • サイズ:W200×L415×H23mm
  • 重さ:200g

●選ぶポイント

  • パソコンの作業で肩こりのひどい方向け
価格:¥980
(価格は変動します。)


座り心地が快適なハニカム クッション-Gゼロクッション


ハニカム クッション
ずっと座っていてもお尻が痛くならないのがハニカムクッション。Gゼロクッションは、レジェンド松下がテレビでヒットした本物です。
TPE(熱可塑性エラストマー)のゲル素材で柔らかく、穴が空いているので通気性が良いのが特徴です。

レビューでは浮いた感じの座り心地ではないという声やお尻が痛くならないという口コミがあります。テレワークでは長時間座りっぱなしになるのであると便利ですね。

スペック

  • サイズ:約 44cm x 40cm x 3cm
  • 重さ:1.2kg
  • デザイン:体圧分散のランバス構造
  • 特殊素材エラストマー

●選ぶポイント

  • 長時間座っていることが多い場合に快適なクッション
価格:¥5,500
(価格は変動します。)


姿勢が良く健康に座れる ランバーサポート


姿勢が良く健康に座れる ランバーサポート
ランバーサポートは姿勢良く座れる腰にあてるクッションです。
長く机に向かって集中できます。

クッションは人間工学に基づいて設計されたカーブになっています。
メッシュ素材で通気性があるので蒸れにくいですね。
カバーにはファスナーが付いているので洗うこともできます。

スペック

  • サイズ:縦36x横41x厚さ12cm
  • 素材:ポリウレタン(高品質ウレタン)
  • カバー:表面/ポリエステル100%(通気メッシュ素材)

●選ぶポイント

  • 腰痛持ちのかたは腰の負担が軽減できる
価格:¥3,999
(価格は変動します。)


パーテーションで仕事スペースを分ける


パーテーションで仕事スペースを分ける
テレワークでパーテーションがあれば、自宅で仕事をする時に仕事のスペースとして分けることができます。

間取りによって仕事のスペースは変わってきますが、パーテーションは集中できる空間作りをするのに便利です。背後からの目隠しをするだけでも心理的にはかどります。

スペック

  • サイズ:W800*H1600mm
  • 材質:スチールフレーム、布(ポリエステル)張り

●選ぶポイント

  • 集中するための空間づくりに便利
価格:¥4,950
(価格は変動します。)


BoYata ノートパソコンスタンド


ノートパソコンスタンド
BoYataのノートパソコンスタンドはノートパソコンをのせると使いやすくなります。使わない時には折りたたむことができます。

外付けのUSBキーボードを使って、ノートパソコンをディスプレイとして使う時に便利です。
また、デスクトップPCをメインでノートPCをサブとして使う時にも視線を上にできるので姿勢が楽になりますね。

在宅勤務では作業効率が大事になってくると思います。ノートパソコンの角度を調整して作業しやすい位置に合わせると快適な便利ツールです。

スペック

  • サイズ:17インチまで対応
  • 重量:1.43 Kg
  • 材質:高品質アルミ合金
  • 耐荷重:20kgまで

●選ぶポイント

  • ノートパソコンを外付けキーボードを使う時に便利
価格:¥5,099
(価格は変動します。)


電子メモは便利なガジェット


電子メモは便利なガジェット
電子メモはテレワークで便利なガジェットです。
紙を使わずに思いついた時にサッとメモがとれるのがメリット。

電子メモにはペンが付いていてすぐに使えます。
筆圧を感知するので図を書いたり、仕事中に考えをまとめたりするのに便利です。

メモは10万回まで繰り返し使えます。紙のコスト削減としても良いですね。

スペック

  • サイズ:23.59 x 15.69 x 1.39 cm
  • 重さ:190g
  • 8.5インチ
  • LCD液晶パネル

●選ぶポイント

  • メモをとるのが多い方に便利なガジェット
価格:¥1,299
(価格は変動します。)


スマホ スタンドはパッと使える便利アイテム


スマホ スタンド
買うメリットを具体的に豊富な言葉をつかう
(絞り込み)こんなあなたにはおすすめ

スマホのスタンドはパソコンのディスプレイと並べて使うと効率的な便利アイテムです。
レビューでも「買ってよかった」という声が多いツール。

テレワークでは職場からの連絡がある場合などすぐに見える位置あると良いですね。Web会議をスマホで行う場合もあります。

Lomicallのスマホ用スタンドは、卓上置くタイプで、充電する時の電源コードが穴に通せます。机の上もスッキリしますね。スマートフォンは横や縦に置いて、見やすいように角度を調整することができます。

スペック

  • サイズ:10.9 x 8.6 x 7.6 cm
  • 重さ:118 g
  • 素材:アルミ合金

●選ぶポイント

  • 充電するときにディスプレイと並べて配置できる
価格:¥1,699
(価格は変動します。)


ヘッドセットはWeb会議で便利



ヘッドセットはWeb会議で便利

ヘッドセットはWeb会議で便利です。
テレワークではオンライン通話はコミュニケーションで多いですが、ノートパソコンのマイクではノイズが多くて相手が聞こえにくいなど、うまく通話できないときにはヘッドセットがおすすめです。

テレワークのヘッドセットでロジクールのマイクの場合にはノイズキャンセリングの仕様になっているため、不要なノイズを軽減することができます。
そのため、自宅での家庭的な音を収音せずに、クリアな音声で会話できるのが良いところですね。

スペック

  • サイズ:24.5 x 19.8 x 7.5 cm
  • 重さ:272 g

●選ぶポイント

  • クリアな音声でWeb会議ができる
  • USBに差すだけで使える
価格:¥4,459
(価格は変動します。)


モバイルモニター 仕事で効率的


モバイルモニター 仕事で効率的
仕事で画面を2つ使うことができる効率的なモバイルモニターです。

ノートパソコンの場合には画面が小さいためデュアルディスプレイにすると作業スペースが広がります

Lepowのモニターは広視野角なので、少し傾いた向きでも見やすいのが良いところです。
縦にして表示をすることも可能です。

スペック

  • サイズ:22.5 x 0.9 cm
  • 15.6 インチ
  • 解像度:1920×1080

●選ぶポイント

  • サブモニターで効率的に仕事ができる
価格:¥22,280
(価格は変動します。)


観葉植物でストレス軽減


観葉植物でストレス軽減
観葉植物を机の片隅においてストレスを和らげるのもおすすめです。
知らないうちに自宅での勤務ではストレスを感じているもの。緑の植物が近くにあるだけでリラックスできますね。テレワークの癒やしグッズとしておすすめです。

例えばヒメモンステラの場合には育てやすい植物です。
土が乾燥しないようにちょっと水をあげます。

スペック

  • サイズ:約50cm~60cm×幅約50cm
  • 重さ:000
  • 鉢カバー、受皿、詳しい育て方説明書付

●選ぶポイント

  • 仕事で忙しい方こそ植物でリラックス
価格:¥4,980
(価格は変動します。)


卓上の加湿器 SwitchBot


卓上の加湿器 SwitchBot
仕事をする環境を整えるためには加湿も大事です。
SwitchBotの加湿はデスクにのるサイズで20 x 36.6 x 20 cmほどです。6~15畳まで加湿ができるので仕事部屋や書斎などの広さをカバーできます。
1回の給水で48時間使うことが可能です。
ビジネスではストレスもかかるので風邪をひかないように乾燥対策しておくと安心です。

また、スマート機器になっておりAmazonアレクサ、Googleアシスタントの音声コントロールも可能です。

価格:¥5,480
(価格は変動します。)

USB急速充電器 Anker PowerPort 6 Lite


USB急速充電器 Anker PowerPort 6 Lite
Anker PowerPort 6 Liteは6台まで充電できるUSB急速充電器です。
テレワークではスマートフォンにかかってくる電話が会社から仕事の話しの場合があるためバッテリー切れにならないようにしておく必要があります。
スマートフォンやタブレットなどのデバイスをまとめて給電することが可能で、一つの充電器で管理ができて便利です。
対応機種はGalaxy, Android各種, Xperia, IPhone、iPadに対応しています。
AC電源(100-240V)で30Wまで対応しており、電源コードの長さは150cmです。

価格:¥2,499
(価格は変動します。)

まとめ

自宅で仕事をするためにあると便利なツールをご紹介しました。
効率的に仕事をするためのアイテムは早めの導入がおすすめです。

ここではご紹介していませんが、スマホスタンドもおすすめです。
スマートフォンを立てかけることで手にもって作業をしなくて済むので効率的です。

ノートPCなどは最低でも必要ですが、Web会議も行うならヘッドセット検討していきましょう。
自宅勤務では業務しやすいように自分で準備していかなければいけませんね。

テレワークの便利グッズはあると快適です。少しづつそろえて働きやすくしていくと良いですね。


テレワーク 便利グッズの関連情報
テレワーク モニター

参考文献

総務省としてはテレワークを推進しており、背景としては柔軟な働き方をめざしています。



●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて価格とスペックのご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)