在宅ワーク用パソコンおすすめ10選! 自宅の作業で便利 2022

テレワークのノートパソコン

テレワークでおすすめのノートパソコンをご紹介です。
在宅勤務で仕事をするために最適なスペックをピックアップしています。

仕事も場所にとらわれず柔軟な働き方をするようになってきていますね。
自宅で仕事ができるようにパソコンを用意するには、会社と同じぐらいの機能が必要になります。

在宅ワーク用パソコン選び方

在宅用パソコン選び方
テレワークをするにはWeb会議を行うこともあるため、最低限のシステムが必要です。
必要なシステムはCPUやメモリ、SSDなどのストレージです。
中でもCPUの速度とメモリはノートパソコンのパフォーマンスに大きく影響します。

CPU

仕事で使うならCPUの性能が高いほうが、ストレスなく快適に操作ができます。
大きく分けて、インテルとAMDのメーカーがあり、どちらも優れたCPUです。インテルでは第12世代Core i3,i5,i7があり、数字が大きいほうが高性能です。AMDではRyzen 5,Ryzen 7あたりがおすすめです。
ちなみに、BTOパソコンの場合にはカスタマイズでグレードを選べる場合もあります。

性能とスペック

リモートワークに適したノートパソコンは、ネット環境に接続をしてある程度、PCの性能はパフォーマンスがあった方が良いです。効率良く業務を行っていくためにもある程度のスペックが必要になります。
自宅で仕事をするにはOSがWindows10やWindows11、またはMacOS Mojave以上のノートパソコンが必要です。

ストレージはデータをPC内に保存するのであれば、256GB~500GBの容量ぐらいなら十分です。もちろん、ファイルの種類によってはさらに必要になる場合もあります。仕事で使うなら最低でも128GBは確保しておきたいところです。

インターフェイスは有線LANやBluetooth、無線LANなどネットワークはチェックしておくのもポイントです。パソコンを購入後に自宅のインターネット環境で使える必要があります。業務内容が入力作業が多い場合にはテンキーを外付けで付けられるか、入力ポートなども確認してPCを選ぶと良いですね。

画面が大きめだと効率が良い

画面が大きめだと効率が良い
ノートパソコンの画面が大きめだと効率が良いです。何をするにしても画面が広いのは便利。
特にデザイナーさんのようなクリエイティブの方やプログラマの方など、ディスプレイの表示の内容をしっかり見る必要がある場合には大きいと楽ですね。
逆にいうと小さいモニタだと目が疲れます。
少なくとも15インチ以上あると作業効率が良いですね。

安くパソコン購入する

安くノートパソコンを購入するならセールや中古品などから探すのも方法です。ソフマップ(リコレ)で中古パソコンを見るicon。状態がBランクであれば3万円~5万円で買えるPCもあります。

メーカーによっては頻繁にセールをしているオンラインストアもあります。
>>Lenovoセール

セキュリティ

ノートパソコンをテレワークで使う場合には、セキュリティーも重要になります。一番気をつけなければいけないのは個人情報の取り扱いですね。万が一、ノートPCを紛失したり置き忘れがあった時などにパスワードをしっかりかけておく必要があります。
また、指紋センサーや顔認証などの機能があると安心ですね。

在宅ワーク用ノートパソコン おすすめ10選

テレワークに適したノートパソコンをまとめました。

Amazonで在庫のあるものをまとめていますが、品薄のノートPCは楽天のリンクもつけています。
スペックがことなる場合があるので注意です。

HP Pavilion 15.6インチ ノートパソコン Core i5

HP Pavilion 15.6インチ ノートパソコン Core i5
フリーランスで自宅でバリバリ仕事ができる、HP Pavilion 15.6インチ ノートパソコンです。
ストレージは512GB SSDなので起動も早く、CPUは第12世代 インテル Core i5-1240P プロセッサー (最大 4.40/12)でサクサクと動作します。メモリは16GB (8GB×2) DDR4-3200MHzです。

画面はフルHD(1920×1080)のディスプレイです。キーボードにはテンキーもあり作業性も良いですね。
個人でも仕事の用途でもスタンダードに使えるモデルです。

スペック

  • メーカー:HP
  • OS:Windows 11 Home
  • 製品番号:6E1X8PA-AAAR

選ぶポイント:

余裕のあるストレージ

  • 512GB SSDでデータ保存も余裕


Dell Inspiron 15 Office付き

Dell Inspiron 15 Office付き
Windowsのノートパソコンでテレワークで仕事をするならDell(デル)のInspiron 15です。
ディスプレイは15.6インチの広い画面で効率的にPC作業ができます。
Microsoft Office Home&Business 2021が付いています。仕事で使うとなると、エクセルやワードは必須ですね。

ログインするときには指紋認証が使えるので、入力せずに高速です。盗難など情報漏洩にセキュリティ対策が必要な企業には大事なポイントになります。

スペック

  • OS: Windows 11 Home 64bit
  • CPU:第11世代Intel Core i3-1115G4 プロセッサー
  • オフィス付き
  • 画面サイズ: 15.6インチ
  • メモリー: 8GB(8GBx1)DDR4 2666MHz
  • ストレージ: 256GB M.2 PCIe NVMe SSD


効率の良いノートパソコン:Lenovo Ideapad Slim

効率の良いノートパソコン:Lenovo Ideapad Slim

内臓カメラ付きで軽快に動作するノートパソコンは仕事の効率が上がります。
Lenovo(レノボ) Ideapad Slim 14インチのモバイルノートで持ち運びをする場合にはコンパクトな大きさでおすすめサイズです。(寸法 21.2 x 32.2 x 1.8 cm)

VPUがAMD Ryzen 5 4500Uプロセッサーでメモリーが8GBありサクサク動きます。ストレージの容量はSSD 256GB (PCIe NVMe/M.2)です。
Office付きで10万円以内で買えます。(2022年10月29日14:20の時点) ExcelやWordなどが使用できます。

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit (日本語版)
  • CPU:AMD Ryzen 5 4500U、2.30GHz (最大ブースト・クロック: 4.00GHz)
  • 画面サイズ: 14インチ IPS液晶 フルHD(1920×1080ドット、非光沢)
  • RAM容量: 8GB
  • ストレージ:SSD 256GB
  • ウェブカメラ、Microsoft Office Home & Business 2019

コストパフォーマンスの良いノートパソコン:NEC LAVIE ノートパソコン

コストパフォーマンスの良いノートパソコン:NEC LAVIE ノートパソコン
コストパフォーマンスの良いNEC LAVIEです。
ディスプレイは15.6インチLED液晶で解像度はフルHDを搭載しています。

メモリは8GBあるので、複数のアプリケーションを同時に使うときでも軽快に動作します。Web会議をしながらエクセルなどの資料を立ち上げることもできますね。
使いやすいキーボードで長時間のパソコンでテレワークでも快適。DVDスーパーマルチドライブを搭載しているのも魅力です。

スペック

  • OS:Windows 11 Home
  • CPU:インテル Core i5-1135G7 プロセッサー(4.20GHz)
  • 画面サイズ: 15.6 インチ
  • RAM容量: 8GB
  • ストレージ:256 GB SSD

ウェブカメラ付きのノートPCでWeb会議:Dell Inspiron 15

ウェブカメラ付きのノートPCでWeb会議:Dell Inspiron 15
Dell Inspiron 15です。
マイクとウェブカメラ内蔵のノートパソコンなので
Web会議の準備も必要なく簡単です。

アンチグレア(非光沢)のディスプレイで反射も少ないので長時間でも目が疲れにくいですね。
15.6インチあるのでWebサイトを作るコーダーなど、画面の広さが必要な仕事で使いやすいディスプレイのサイズです。

スペック

  • OS: Windows 11 Home
  • CPU:第11世代Intel Core i3-1115G4(コア:2/キャッシュ:6MB/最大:4.1GHz)
  • 画面サイズ: 15.6インチ
  • RAM容量: 8GB
  • ストレージ:256GB M.2 PCIe NVMe SSD
  • ウェブカメラ、Bluetooth、Wi-Fi

在宅勤務にぴったり:ASUS ZenBook 14

在宅勤務にぴったり:ASUS ZenBook 14
ASUS ZenBook 14は価格とコストのバランスに優れたノートパソコン。
大容量のメモリとSSDを搭載しています。

CPUがAMD Ryzen 7 4700Uを搭載しており、とにかく早く軽快に仕事を進めていきたい方に最適で、在宅勤務にぴったりですね。

手元のキーボードが使いやすいと評価の高いノートパソコンです。

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • AMD Ryzen 7 4700U + Radeon グラフィックス
  • 画面サイズ: 14型ワイドTFTカラー液晶(グレア)
  • RAM容量: 16GB
  • ストレージ:SSD 512GB
  • Wi-Fi、Bluetooth

ビジネス向け:HUAWEI MateBook X Pro

ビジネス向け:HUAWEI MateBook X Pro

仕事で使いやすいノートパソコンを多く作っているHuawei(ファーウェイ)のノートパソコン。
中国製ならスマホで有名なですね。

技術力の高いメーカーでHuawei MateBookも優れたパフォーマンスを誇ります。
HUAWEI MateBook X Proは以前のバージョンよりも91%の画面占有率が高くなっています。Core i7プロセッサーでパフォーマンスが良くCPUの処理速度がスピードもあるのでサクサク動作します。
第11世代インテルCorei7プロセッサーで内蔵型のインテル Iris Xe グラフィックスを搭載しています。

13.9インチのコンパクトでビジネスでも持ち運びやすいサイズなので、テレワークが無いときには会社で使うようなときに便利ですね。

スペック

  • OS:Windows 10
  • CPU:第11世代インテルCorei7-1165G7 プロセッサー
  • 画面サイズ:13.9インチ
  • RAM容量: 16GB
  • ストレージ:SSD1TB
  • ‎Intel Iris Xe Graphics

ThinkPad X13 Gen 1 : 軽量


ThinkPad X13 Gen 1
ThinkPad X13 Gen 1は、13インチ(13.3型)でコンパクトなモバイルノートパソコンです。
CPUは第10世代のインテルでCorei3、Corei5、Corei7のモデルがあります。メモリは8GB DDR4 3200MHz (オンボード)または16GB RAM、GPUは内蔵グラフィックスです。
長時間バッテリーで1時間で80%充電できる急速充電に対応しており、BluetoothやWi-Fi6(AX201)で接続することが可能です。
インターフェイスはUSB 3.1 Gen1 Type-CやHDMIなどの入力端子があります。

重さが約1.39kgと軽量で、会社と自宅でノートパソコンが兼用の場合には持ち運びが楽です。カバンにも入る大きさなので出張にも良いですね。

レビューでは仕事で使っているというかたが多いですね。

スペック

  • 製品型番:ThinkPad X13
  • 指紋センサー搭載
  • 720p HDカメラ内蔵(マイクロフォン付)
  • 寸法:約 312.0 x 217.2 x 16.9mm
  • 重量:約1.39kg

※寸法と重量はスペックによって多少変わってきます。

● 選ぶポイント

  • 持ち運びに便利な13インチ

↓リンク先でクーポンが表示されている場合には安くなります。


軽いノートPC:ASUS(エイスース) Chromebook 11.6インチ

Chromebook CX1
Googleのスプレッドシートやテキストなど、ネット環境で仕事をするならChromebookを選択するという手もあります。
ただし、注意点としては会社からのファイルがエクセルだったりすると互換性に問題がでる場合があります。

ASUS(エイスース)のChromebookでCX1は軽いのが特徴です。
重さが1.2gで軽量なChromebook。無線LANにも対応しているので外出先で使用するのにおすすめです。

また、CX1は日本語キーボードなのでパソコンの初心者でもタイピングしやすいです。
画面は11.6型の液晶です。ノングレアなので映り込みが少ないですね。メモリは4GBでストレージは32GBです。
Webカメラ・スピーカー・マイクが搭載されています。
バッテリー駆動時間は約12.5時間です。価格的にも安くてコスパが良いですね。

スペック

  • 画面サイズ:11.6型ワイド
  • サイズ:幅287mm×奥行き200mm×高さ17mm
  • ‎CX1100CNA-GJ0040
  • 重さ:1.2kg
  • CPU:インテル® Celeron® プロセッサー N3350
  • スピーカー:ステレオスピーカー内蔵
  • マイク:デジタルマイク内蔵
  • 92万画素Webカメラ内蔵
  • 無線LAN機能、Bluetooth
  • タッチパッド
  • SB3.2 Type-C/Gen1、USB3.2 Type-A/Gen1、カードリーダー microSDXC, microSDHC, microSDメモリーカード

●選ぶポイント

  • 軽量で約1.2kgのChromebook


マウスコンピューター DAIV

マウスコンピューター DAIV
マウスコンピューターのDAIVでハイスペックなモデルで、ディスプレイは16型 液晶パネルです。
CPUは第12世代のインテル® Core™ i7-12700H プロセッサー、メモリは32GB (16GB×2 DDR5-4800)、ストレージは1TB (NVMe Gen4×4)を搭載しています。BTOなのでハードディスクを追加することも可能です。
グラフィックボードはGeForce RTX™ 3060 Laptop GPUを搭載しているので、ゲームも可能なスペックですね。

オプションでセキュリティソフトを付けることもできるので、仕事で使うときにリスクが気になるなら選んでおくと安心です。

選ぶポイント:

ハイスペックで高い性能

  • グラフィックボードを搭載したハイスペックモデル
マウスコンピューターで見る


クリエイティブな仕事ができる:Apple MacBook Pro 16

クリエイティブな仕事ができる:Apple MacBook Pro 16
テレワークでクリエイティブな仕事をするなら画面が美しいApple MacBook Pro 16がおすすめです。
16インチのディスプレイはグラフィックの加工をするのに最適なレンダリングが可能です。

スピーカーとマイクが付いているので音声のWebでも使えますね。

Amazonと比較して楽天市場の方が安いようです。(2022年6月12日の時点)
PCの仕様は異なる可能性があるので楽天のページでご確認ください。

スペック

※AmazonでApple MacBook Pro 16を購入した場合のスペックです。

  • Mac
  • CPU:2.6GHz(最大4.5GHz) 6コアIntel Core i7
  • AMD Radeon Pro 5300M グラフィックス
  • 画面サイズ: 16インチ
  • GDDR6 メモリ搭載
  • ストレージ:512GB SSD

テレワークに必要なリソース

テレワークに必要なのはノートパソコンはもちろんのこと、他にもいくつかリソースが必要になります。

まずはEメールですね。
会社で用意されているドメインのメールなどがあるでしょう。
無ければGmailが無料で使えて便利です。
ビジネスでもGmailアカウントのひとはけっこういます。

テレワークではリモートアクセスすることもあるでしょう。
ある程度のスペックがあるノートパソコンにネットの環境が必要になります。

会社の会議にテレビ電話などで参加するにはWebカメラをとりつけます。
一般的にはロジクールのWebカメラが人気がありよく使われています。

カメラを内蔵しているノートパソコンもありますね。
カメラが無ければノートパソコンのディスプレイの上に取り付けて使います。

スカイプなど、こちらからの声を届けて相手の声を聞くにはヘッドセットが便利です。
またはマイクスピーカーでWeb会議に参加するという使い方です。
ふつうは、複数人でカメラに向かうときにマイク・スピーカーを利用するほうが多いでしょう。

テレワークのヘッドセットではオンライン通話がしやすいように、ノイズキャンセリングを搭載している機種がおすすめです。

また、エレコムのヘッドセットは差してすぐに使えるUSBタイプが便利です。
Web会議で使えるヘッドセットは片耳につける簡易的なものなど色々あります。

まとめ

テレワークをするには作業効率の良いノートパソコンがおすすめです。
自宅でも会社と同じように働けるようにある程度の画面サイズは必要です。
とくにメモリが少ないノートPCでは動作が不安定になって固まったり、突然シャットダウンするようなことになりかねません。仕事を確実にすすめるためにも、ある程度のスペックを選んでおいたほうが安心ですね。

周辺機器としてはのーとワークでおすすめのノートパソコンをご紹介です。
在宅勤務で仕事をするために最適なスペックをピックアップしています。

仕事も場所にとらわれず柔軟な働き方をするようになってきていますね。
自宅で仕事ができるようにパソコンを用意するには、会社と同じぐらいの機能が必要になります。

テレワークに必要な周辺機器

テレワークに必要なのはノートパソコンやデスクトップPC以外に、他にもいくつかあると便利な周辺機器やツールがあります。

まずはEメールですね。
会社で用意されているドメインのメールなどがあるでしょう。
無ければGmailが無料で使えて便利です。
ビジネスでもGmailアカウントのひとはけっこういます。

テレワークではリモートアクセスすることもあるでしょう。
ある程度のスペックがあるノートパソコンにネットの環境が必要になります。

会社の会議にテレビ電話などで参加するにはWebカメラをとりつけます。
一般的にはロジクールのWebカメラが人気がありよく使われています。

カメラを内蔵しているノートパソコンもありますね。
カメラが無ければノートパソコンのディスプレイの上に取り付けて使います。

スカイプなど、こちらからの声を届けて相手の声を聞くにはヘッドセットが便利です。
またはマイクスピーカーでWeb会議に参加するという使い方です。
ふつうは、複数人でカメラに向かうときにマイク・スピーカーを利用するほうが多いでしょう。

テレワークのヘッドセットではオンライン通話がしやすいようにノイズキャンセリングを搭載している機種がおすすめです。

また、エレコムのヘッドセットは差してすぐに使えるUSBタイプが便利です。
Web会議で使えるヘッドセットは片耳につける簡易的なものなど色々あります。

周辺機器としては2画面で使えるディスプレイやパソコンスタンドなどがあると在宅勤務でも快適になります。

まとめ

テレワークをするには作業効率の良いノートパソコンがおすすめです。
自宅でも会社と同じように働けるようにある程度の画面サイズは必要です。
とくにメモリが少ないノートPCでは動作が不安定になって固まったり、突然シャットダウンするようなことになりかねません。仕事を確実にすすめるためにも、ある程度のスペックを選んでおいたほうが安心ですね。

テレワークでは仕事の時間と日常生活の区切りがないので時間管理が難しいですよね。
家族と過ごす時間は何時からというようにスケジュール管理をしていきましょう。

ノートパソコンの関連記事
テレワークに適したWebカメラ搭載のノートパソコンではCHUWIのノートパソコンもあります。
価格も安いので緊急でノートPCが必要になった場合には良いです。

ノートパソコンにテンキーが付いていない場合には後から付けることもできます。
詳しくは、外付けテンキーの選び方をご参考ください。
エクセルなどの表計算ソフトでの入力作業をする時には効率的です。

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。