ViewSonic(ビューソニック) モニターおすすめ10選! レビュー・評判は?

ViewSonic(ビューソニック) モニター

ViewSonic(ビューソニック) モニターは、アメリカのメーカーでコスパに優れているのが特徴です。
製品の種類としては、PCの作業用やゲーミングモニターがあります。
大きめサイズでもリーズナブルなので、価格を安く購入したいかたにおすすめです。

ViewSonicのモニターで人気機種を厳選しており、ネットの評判やレビューをまとめているので選ぶ時にどうぞご参考ください。

コンテンツについて、一部にPRが含まれています。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

ViewSonicとは

ViewSonicとは

出典:ViewSonic

ViewSonic(ビューソニック)はアメリカのカリフォルニア州に本社があるディスプレイの企業です。
1987年創業でグローバルに世界各国で販売しています。
2019年にはプロダクトアワードでVX2458-MHD-7のモニターが銅賞を受賞。2020年にも同アワードでX10-4Kのプロジェクターが銀賞を受賞しています。

評判

ViewSonicのモニターはデザインが良いという評判が多いです。とくにベゼルの狭額縁やスリムなタイプは人気があり、ネットの評判では満足度が高いクチコミが多いですね。
コスパの良いモデルが多く、価格の安さが魅力です。画質は発色が良く視野角が広いモニターもあります。ゲーミング用のラインナップは少なめです。
評価されていない部分としては、機種によって初期不良があるようです。購入する時にはAmazonのレビューが参考になります。
また、カラーマネジメントに対応している4Kモニターは海外輸入で高い場合がありますが、通常のモニターは1万円~3万円の価格帯が多く予算を抑えて購入したい場合におすすめです。

ViewSonicのモニターのおすすめ

ViewSonic 15.6インチ モバイルモニター TD1655


ViewSonic 15.6インチ モバイルモニター TD1655
ViewSonicのモバイルモニターでTD1655は、15.6インチのサイズで持ち運びに適しています。重さはスタンド部分も含めて約1kgと軽量な点が魅力です。
画面はグレア(光沢)タイプのIPSパネルで解像度がフルHDです。タブレットのようなマルチタッチの操作が可能です。

機能としては、目を保護するアイケアとして、ブルーライトフィルターがあります。また、本体の背面にはスタンドを備えていて、横と縦の両方に対応しています。
接続端子はmini HDMIやUSB Type-Cを備えていて、USB-Cではケーブル1本で映像や給電が可能になります。そのためノートPCの外付けモニターとして便利です。

選ぶポイント:

持ち運びに便利なモデル

  • 超軽量なモバイルモニター


ViewSonic VX2428-7 ゲーミングモニター 23.8インチ 180Hz


ViewSonic VX2428-7 ゲーミングモニター 23.8インチ 180Hz
ViewSonic VX2428-7 ゲーミングモニターは、発売日が2023年12月7日の23.8インチの大きさです。全体を把握しやすい画面サイズで解像度はフルHD(1920x1080)の仕様です。

大きな特徴はリフレッシュレートが180Hzの滑らかさと、応答速度がMPRT0.5msの速さです。さらにAMD FreeSync™ Premiumに対応しており、ティアリングやスタッタリングのようなチラつきがないためゲーム体験に没頭できます。また、VSEA Adaptive-Syncではパソコンのグラフィックと同期することでラグを抑えてスムーズな表示が可能になります。

スタンドの部分の機能は前後のチルトを-5°~20°まで角度を調節できるようになっています。高さ調整など、その他の機能はありません。スピーカーは2W x2内蔵しています。
評価としてはゲーム初心者から中級者にとってはコストパフォーマンスが高く購入しやすい製品です。

選ぶポイント:

滑らかな映像

  • リフレッシュレートは180Hzを実現していて滑らかな映像でゲームが楽しめる


ViewSonic 23.8インチモニター VX2476-smhd


ViewSonic 23.8インチモニター VX2476-smhd
ViewSonicの23.8インチモニターで超薄型設計の「VX2476-smhd」です。
SuperClear RAH-IPSパネルで厚みが薄く6.6mmのスリム。シンプルなデザインなのでデスクの上もスタイリッシュです。
解像度はフルHDでチラつきを抑えるフリッカーフリーと、目の疲労を和らげるブルーライトフィルター技術を搭載。ブルーライトを抑えられるので快適に使えます。
ビューモードは6種類あり、「ゲーム」、「映画」、「ウェブ」、「テキスト」、「モノ」、「Mac」のプリセットから選んで表示することができます。
それぞれ色温度やコントラスト、明るさなどが最適に表示されるモードです。

広視野角なディスプレイで水平・垂直ともに178°で斜めからでも見やすいアンチグレア(非光沢)。
映像信号の入力端子はアナログVGA、デジタルはHDMIとDisplayPortで接続できます。
オーディオは3Wステレオスピーカーを搭載しているので、映像を見るのにも向いていますね。

レビューでは画面の高さ調節はできないがデザインが良いという口コミがあります。

● 選ぶポイント

  • 普段使いでおすすめなスリムベゼルのモニター


ViewSonic 32インチ VX3276-MHD


ViewSonic 32インチ VX3276-MHD
ViewSonic「VX3276-MHD」は、32インチで大画面のIPSモニターです。
解像度は1080pでフレームレス。アスペクト比が16:9のワイドスクリーンで複数のウィンドウを並べらるので作業性に優れたディスプレイです。
インターフェースは、HDMI、DisplayPort、VGA端子搭載しています。薄い感じのデザインがスタイリッシュで好みという方もいるでしょう。

大きめサイズでPC作業する環境をなら、選択したいモニターですね。価格も安くコストパフォーマンスに優れていて、実際レビューでもコスパがいいという評価もあります。
価格は2024年05月05日21:14の時点で税込み46,314 円です。

詳細スペック情報

  • ブランド:ViewSonic
  • リフレッシュレート:60 Hz
  • サイズ:23.11 x 50.29 x 71.37 cm
  • 重量:6.2 kg

● 選ぶポイント

  • ビジネスで使用するのに適した大きめサイズのモニタ


ViewSonic ゲーミングモニター 27インチ VX2757-mhd


ViewSonic ゲーミングモニター 27インチ VX2757-mhd
ViewSonic 27インチのゲーミングモニター「VX2757-mhd」です。
入力からの遅延が低く、応答速度は1msと高速です。また、DisplayPortで適応しているGPUならAMD FreeSyncでリフレッシュレートを同期させることができます。また、入力の遅れを低減する仕様です。
Black Stabilizationでは暗いシーン明るく視認性を上げることができます
ディスプレイはWLEDバックライト、解像度はフルHDで2Wのスピーカーを搭載しています。

レビューでは少しドット抜けが無く、性能に満足している感想のコメントが多く見られます。

3年保証なので安心して使えます。

詳細スペック情報

  • 27インチ
  • 解像度:フルHD 1920x1080
  • VESA規格:100 x 100mm
  • 2Wステレオスピーカー内蔵
  • 3年保証

● 選ぶポイント

  • AMD FreeSyncTechnology対応の27インチ ゲーミングモニター


Viewsonic 23インチ IPS 液晶ディスプレイ VX2363Smhl-W


Viewsonic 23インチ IPS 液晶ディスプレイ VX2363Smhl-W
Viewsonicの23インチ IPS液晶ディスプレイで「VX2363Smhl-W」です。
フリッカーフリー技術とブライトフィルターの機能があり目に優しい仕様になっています。
応答速度が2ms(GtG)のモニターで2つのHDMI端子を搭載しています。

※新品ではなく中古品です。

● 選ぶポイント

  • SuperClearで色の再現性に優れた23インチ液晶モニター


ViewSonic VX3276-2K-MHD-72 31.5型 WQHD


ViewSonic VX3276-2K-MHD-72 31.5型 WQHD
ViewSonicの「VX3276-2K-MHD-72」は、31.5インチディスプレイです。
解像度はWQHD(2560x1440)で高精細な画面が魅力。液晶ディスプレイでコントラスト比が80,000,000:1で高い点が魅力です。
いままで画質が悪いモニターを使っていた方にとっては、映りが良く注目です。

ディスプレイには2Wのスピーカーが2基、内蔵されています。背面にOSDのコントロールがあるので利用しにくいですが、最初に色を設定すれば個人的には問題ないと思います。

レビューの評判では、画質が良くコスパがいいというコメントが見られます。一方でVESAマウントがつけにくいデメリットもあるようですね。


Viewsonic 31.5インチ 4K VX3211-4K-mhd-7


Viewsonic 31.5インチ 4K VX3211-4K-mhd
4KモニターでViewsonicの「VX3211-4K-MHD-7」です。31.5インチワイドのVAパネルで解像度が最大4K(3840x2160)60Hzで表示することが可能です。
設定はOSDメニューでコントラストや輝度の調整、ViewModeなどを調整できます。PIP(ピクチャーインピクチャー)機能が特徴で他のデバイスを接続すると小さな画面を表示することが可能になっています。

● 選ぶポイント

  • 高精細な4K UHDモニター


ViewSonic VX2407-7 23.8インチワイド 165Hzゲーミングモニター


ViewSonic VX2407-7 23.8インチワイド 液晶モニター
「VX2407-7」はViewsonicの本格的なゲーミングモニターでリフレッシュレートは165Hzによりスムーズな表示。
23.8インチワイドで解像度がフルHD(1920x1080)に対応しておりプロフェッショナルなゲーマーにおすすめです。使い方はゲームに最適になるようなゲームモードがあり、FPSゲームやMOBAなどゲームの内容によって視覚の最適化ができます。
SuperClear IPSパネルでAdaptive Sync技術に対応しておりティアリングとスタッタリングのないゲーミングが楽しめます。

スタンドは上下のチルトに対応しています。(高さ調整やや左右のスイーベルには対応していません。)細かな角度調整が無い点を気にしなければ、ゲームの用途に適している製品です。

スピーカーを内蔵しており、画面は非光沢なタイプです。

● 選ぶポイント

  • リフレッシュレートが165Hzのゲーミングモニター


ViewSonic 23.6インチ 144Hz ゲーミングモニター VX2458-MHD-7


ViewSonic 23.6型 144Hz ゲーミングモニター VX2458-MHD-7
ViewSonic「VX2458-MHD-7」は、23.6インチのゲーミングモニターでリフレッシュレートが144Hzで映像が滑らか。残像感の少ないゲームが楽しめます。
応答速度はオーバードライブ時で1ms(GTG)に対応しており反応が速く、FPSゲームのような素早い動作も表示できます。
Lowinputlag(低入力遅延)機能を搭載しており、Black Stabilizationでは暗いシーンを明るく表示することで隠れた敵を発見することに役立ちます。
解像度はフルHD(1080p)なので幅広いゲーミングPCで使えますね。グラフィックボードはAMD FreeSyncに対応しており、チラつきやカクつきを抑えるティアリングやスタッタリングを減少できます。

映像が美しく80,000,000:1の高いコントラスト比で明暗がくっきりと表示できます。
モニターには2Wのステレオスピーカーを内蔵。背面にはVESA規格のマウントに対応しており、100mmのネジ穴で市販のモニターアームにも取り付けできます。

インターフェースとして入力端子はHDMI1.4が2つとDisplayPort端子があります。
ドスパラの量販店限定モデルで価格的にもコスパが良いモデルです。

● 選ぶポイント

  • コスパの良い144Hz対応のゲーミングモニター

商品についてまとめ

ViewSonic(ビューソニック)製のモニターは価格も安い点が魅力。多く人に利用されているメーカーなので大丈夫です。ただし、正直なところ品質は悪くないですが、万が一、壊れてしまったときのために保証の内容などは確認しておいた方が安心です。(どんな有名メーカーでも、届いたら壊れているのを疑って状態をチェックした方がいいです。)

また、モニターアームに取り付けてデュアルモニターで使うのも良いと思います。VESAに対応している製品であれば取り付けも簡単です。
アームを使う場合にはVESA規格で70mmや100mmなど機種によって、対応している大きさが違うのでチェックすると良いです。
少し大きめのモニターを使えば作業範囲も広がるのでPC作業も効率的ですね。

ちなみにゲーミング用でPS5で、4K/120Hzの条件で使う場合には、端子がHDMI 2.1に対応している必要があるので注意です。


ViewSonicのモニターの関連情報
ViewSonicのモニターと比較されることが多いのがBenQ モニターです。ViewSonicの方が価格が安く、BenQはHDRに対応している広色域な機種が多いです。
27インチ モニター

通常Windowsではドライバーをインストールする場合にはモニターの電源を入れてからPCの電源を入れることで自動検出されます。

著者情報タロー

タローが解説しました。私はもともと販売を経歴としていて、現在はパソコン・周辺機器・ゲーム業界に関連する情報を執筆と監修をしています。趣味はパソコンのカスタマイズで、20年以上多くのデバイスを使ってきた経験があります。詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

監修

「オススメPCドットコム」編集部にて記事の詳細、価格や機能性、問題や選ぶ理由を総合的に調べて、ユーザーに最適な選択をサポートできればと思います。

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーなど販売店のサイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。価格やスペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。