アイ・オー・データ(I-O DATA) の液晶モニターおすすめ10選!評判は?

アイオーデータのモニター

パソコンやPS4などで使えるおすすめのアイ・オー・データ(I-O DATA) モニターのご紹介です。

「アイ・オー・データの液晶モニターはどれを選べば良いの?」
というかたへ、特徴と機能をまとめています。

27型とか画面のサイズだけでなく、それぞれモニターの機能が違うので目的によって選ぶのがおすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) のモニターは4Kタイプやゲーミング用など種類も豊富です。
フレームレートが240Hzの高機能なモデルや目に優しいフリッカーレス、ブルーリダクション機能を搭載しているタイプもあります。I-O DATAのモニターは評判も良くおすすめです。
ぜひ、ご参考ください。

アイオーデータ 液晶モニターの選び方

アイ・オー・データ(I-O DATA) の液晶モニターは色々な種類があります。購入するときにはサイズで選ぶと絞り込みやすくなります。
解像度で選ぶなら4Kモデルは高精細で映画などを楽しむことができます。

ゲーミングモニターはGigaCrystaシリーズが人気です。
ゲームでなめらかに映像を表現できるフレームレートが速い240Hzのモニターもあります。ゲーム用の場合には144Hzなどリフレッシュレートのスピードをチェックするのがポイントですね。

目に優しいモニターを選ぶなら、バックライトのちらつきの少ないフリッカーレスがおすすめです。
また、疲れ目を軽減するブルーリダクションタイプのモニタもあります。
ブルーライトは(青色光)目にも有害なので長時間パソコン作業をする方には良いですね。

画面にはグレアの光沢タイプとノングレア(アンチグレア)の非光沢タイプがあります。
アイ・オー・データの場合にはほとんどが非光沢タイプになっており映り込みが少なく見やすい仕様です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 液晶モニターのおすすめ10選

I-O DATA モニター 27型 EX-LDH271DB


I-O DATA モニター 27型 EX-LDH271DB
EX-LDH271DBはブルーライトを5段階で低減できる機能があり目に優しいモニターです。
画面の台座はスマホスタンドになっていて便利です。

VESA規格に対応しており、アームで設置すればマルチモニターにすることもできますね。

モニタサイズ27インチ
パネルADS
表面ノングレア(非光沢)
解像度FHD 1080p(1920×1080)
リフレッシュレート59.9~60.3

スペック

  • スピーカー内蔵(2w+2w)
  • 最大4ms[GTG]


I-O DATA WQHD ゲーミングモニター27インチ GigaCrysta EX-LDGCQ271DB


I-O DATA WQHD ゲーミングモニター27インチ GigaCrysta EX-LDGCQ271DB
IODATAの27インチ ゲーミングモニターで解像度がWQHD(2560×1440)で高精細なADSパネルです。
GigaCrysta(ギガクリスタ)シリーズで「EX-LDGCQ271DB」は暗いシーンも見やすく表示できるNight Clear Vision(ナイトクリアビジョン)に対応しており、MMORPGのゲーミングにおすすめです。
スクウェア・エニックスのファイナルファンタジーXIVで検証基準を満たしている液晶ディスプレイです。

モニターには2Wのスピーカーを2基搭載しているステレオスピーカーを内蔵。スタンドは画面の高さ調整や回転ができます。入力端子はHDMI x3、DisplayPort x1。
リモコンが付いており入力切替などで便利です。

モニタサイズ27インチ
パネルTFT ADSパネル
表面ノングレア(非光沢)
解像度WQHD(2560×1440)
リフレッシュレート60Hz


I-O DATA 4K モニター 27インチ EX-LD4K271DB


I-O DATA 4K モニター 27インチ EX-LD4K271DB
EX-LD4K271DBは4Kのアイ・オー・データのモニターです。
178°の広視野角なので斜めからでも見やすい仕様になっています。フリッカーレスでLEDが点滅しないため、長時間見ていても疲れにくいディスプレイです。

モニタサイズ27インチ
パネルADS
表面アンチグレア(非光沢)
解像度UHD(3840×2160ピクセル)
リフレッシュレート60Hz

スペック

  • HDMI×3
  • DP×1
  • アナログRGB×1
  • USB×1
  • ヘッドフォン端子/スピーカー付
  • 付属品: DPケーブル(1.8m)、HDMIケーブル(1.5m)、電源コード(1.8m)