サブモニターおすすめ12選!ノートPC向けデュアルディスプレイ

サブモニター

ノートPCにサブモニターの外部接続ができるディスプレイをおすすめしています。

「ノートPCにモニターをつないでデュアルディスプレイにしたい。」
という方はぜひご参考ください。
メインモニターに加えて2台以上で同時に表示できるデュアルディスプレイなら画面の作業範囲が広く仕事も効率的です。
HDMIやUSB Type-Cで簡単に設定できます。商品を選ぶときにどうぞご参考ください。

サブモニター(デュアルモニター)の使い方

サブモニターの使い方
サブモニター(デュアルモニター)の使い方と設定方法ですが、2画面の環境を構築するのは比較的 簡単に設定できます。

ノートパソコンに接続する方法は、まずノートパソコン側がなんのポートが空いているか確認する必要があります。
モニター側は、USB Type-Cやmini HDMIなどメーカーによって使えるポートが違うので、自分のPCに合わせて選べば良いです。
新しいパソコンだとHDMIが装備されているものが多いと思います。
ちなみに、有線ケーブルのUSB Type-Cに対応しているノートパソコンとモニタであれば、コードが1本で電源の供給と映像の出力の両方が可能です。
DVIの映像端子はデスクトップPCでは多いですがノートPCでは搭載している機種が少ないので小さいモニターでは搭載されていないことが多いです。

パソコンの設定はWindows10の「表示」メニューから設定できます。
通常はモニターを接続すると自動的にモニタを検知して表示されます。
「セカンドスクリーンのみ」にすればサブモニターだけ表示することもできますし、拡張や複製することもできます。

サブモニターの選び方

サブモニターの選び方

画面サイズで選ぶ

画面サイズは15インチ以上がおすすめです。
ノートパソコンも14~16インチを使っている方が多いと思いますが、2台とも同じぐらいの画面を並べた方が見やすいです。小さい画面より大きい画面の方が見やすいですね。

小さいサブモニターならコンパクトで重量も軽いので持ち運びもしやすいです。出張など外出先で使うなら小さめサイズが良いです。

見やすさで選ぶ

サブのモニタはなるべく広視野角なものがおすすめです。
ノートパソコンの場合には、キーボードが正面になるので、メインの画面(ノートPC)のとなりにサブのモニターを配置することになります。
必然的に、見る角度は少しつきますので斜めからでも見えるディスプレイの方が見やすいです。

左右の角度で見えにくい場合にはPCスタンドを使って上下に配置という方法もありますが、慣れない目の動きになるので使いにくいです。

疲れ目を軽減できる画面を選ぶのもチェックポイントです。
プルーライトを軽減するタイプや、ちらつきの少ないフリッカーレス機能を搭載するディスプレイも多いです。長時間、集中して見ていても疲れにくいモニターがおすすめです。

画面の表面は光沢のあるグレアと非光沢のノングレア(アンチグレア)があります。グレアの場合は光りが反射したり、画面が暗くなった時に自分の顔が写り込んだりするデメリットがあるので注意です。光沢がある画面のメリットは鮮やかで美しく見えるという特徴があります。

液晶モニターの種類には鮮やかなIPSパネルや、表示が速いTNパネルなどもあります。

機能と作業のしやすさ

機能でモニターを選ぶ
モニターに備わっている機能により作業のしやすさに違いがあります。
サイズの小さなサブモニターではタッチパネルもあり、指で操作ができるタイプもあります。タブレットのように直感的に表示したい場合に便利です。
ピボット機能を搭載しているモニターの場合には縦に表示することも可能。。縦に長く表示するときに情報を一覧できるので作業効率が良いですね。文字が長いWebページを閲覧する時に全体が見られるので良いですね

端子で選ぶ

映像出力端子はHDMI・DisplayPortが主流でパソコンのインターフェイスに搭載されていることが多いです。
ノートPCでは給電と映像の入出力ができるUSB Type-Cに対応しているモデルもあり、対応しているモニターもあります。
その他、デジタルのDVIやアナログD-Sub 15ピンなどがあります。この2つは新しいモニターには搭載されていないこともあるので使いたい場合にはコネクタを確認しておきましょう。

モニターアームに設置するならVESAマウントをチェック

モニターアームにマルチディスプレイとして2~3枚の画面で設置する場合には、背面にネジ穴があるかチェックするのがポイントです。
VESAマウント規格100mmのように記載がある場合には100mmピッチのネジがあるので、アームや壁用のスタンドなどに取り付けられます。
また、VESA規格に対応していないモニターや150mm・200mmのような場合もあるのでアームを使用する場合には確認しておくと良いですね。

サブモニターのおすすめ11選

I-O DATA モバイルモニター 15.6型


I-O DATA モバイルモニター 15.6型
I-O DATAのモバイルモニター 15.6型(EX-LDC161DBM)です。ノートパソコンと同じぐらいのサイズなのでデュアルモニターで画面を並べた時に見やすいです。
mini HDMIとUSB-C接続に対応しています。

モニターのスタンドは畳めるようになっており、無段階で角度を変えられるので立てかける位置によって調節できます。キャリングケース付きで持ち運びに便利ですね。
USB Type-Cなので電源給電と映像出力が一本のケーブルで済みます。

アイオーデータのモニターは5段階のブルーライト軽減機能を搭載しており、目にやさしいディスプレイです。また、エンハンストカラー機能で色が鮮やかに映ります。

スペック

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • 解像度:1920×1080
  • ADSパネル(非光沢)
  • 接続端子:HDMI(ミニ)、USB Type-C(DisplayPort Alt Mode)
  • 重量:約730g
  • 寸法:約約355×224×14(mm)
  • 0.5W ステレオスピーカー内蔵

●選ぶポイント

  • 軽くて持ち運びがしやすくUSB Type-Cに対応しているモニター


ASUS MB16ACE モバイルモニター モバイルディスプレイ


ASUS MB16ACE モバイルモニター モバイルディスプレイ
ASUSのモバイルモニターMB16ACEはブルーライト軽減の15.6インチです。コンパクトですが解像度がフルHDの画質に対応しています。
サブモニターとしても使いやすいサイズで、USB Type-CでPCと接続して使えます。

また、折りたたみ式のスマートケースが付属しており、持ち歩きにも便利です。
3つに折って、モニターのスタンドとしても使うことができます。

ドット抜けも無いとレビューでも評判の良いモニターです。
広視野角のIPSパネルなのでサブモニターとして少し角度を付けても見やすいです。ちらつきを抑えるフリッカーフリーやブルーライトカット軽減機能も搭載しています。
ASUSはゲーミングモニターが人気がありますね。

スペック

  • 画面サイズ:15.6型ワイド
  • 解像度:1,920×1,080(フルHD)
  • 重量:約710g
  • 薄さ9mm

●選ぶポイント

  • USB Type-C接続またはType-Aポートで変換アダプタも付属
  • 斜めの方向からでも見やすく、178°まで対応している広視野角なモデル


Acer 15.6型モバイルモニター


Acer 15.6型モバイルモニター
Acer(エイサー)の15.6型モバイルモニターは、小さいので狭い場所でも設置しやすいですね。
ノングレアの非光沢なIPSの画面で反射がなく映すことができます。

モニタは自立式の背面スタンドになっており、15°または35°に調整が可能です。
接続はUSB Type-CまたはMicro USBに対応しています。

Windowsのノートパソコンに接続する場合には接続できるかどうか対応しているポートをチェックした方が良いですね。

スペック

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • 重量:0.97 kg
  • 輝度: 220cd㎡
  • 寸法:(W)×(H)×(D)mm: 377 x 234.7 x 20

●選ぶポイント

  • モニタの角度を2パターンから調整可能。
  • 携帯に便利なケース付きで画面を保護


MSI Optix MAG162V-CN モバイルモニター



MSI Optix MAG162V-CN モバイルモニター
MSIのモバイルモニターOptix MAG162V-CNです。
リフレッシュレートは60Hzなのでゲーミング用としてはちょっと数値は低いものの、178°の視野角で見やすいディスプレイです。

発色の良いIPSパネルでサブモニターとしては十分な機能で、作業領域が広がるので効率的。USB Type-Cの接続に対応しており仕事ではプレゼン用としても使えますね。

スペック

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • FullHD:1,920×1,080
  • サイズ:358 × 11.5 × 228.5mm
  • 重量:0.9Kg
  • アスペクト比:16:9
  • 最大表示色:26万2,144色
  • 視野角:178°
  • Amazon取り扱い開始日:2021年9月28日

●選ぶポイント

  • 15.6インチのIPSパネルでスピーカー内蔵のモバイルモニター


モバイルモニター EVICIV 15.6インチ


モバイルモニター EVICIV 15.6インチ
モバイルモニター EVICIVは15.6インチのディスプレイで、スピーカーを内蔵しています。エルゴトロンのモニターアームなどで取り付けられるVESA規格対応のネジがあります。

接続方法が豊富でUSB Type-C/標準HDMI/mini DPに対応しており、それぞれケーブルが付属しています。

縦置きもできるので、長い文章やプログラミングコードを見たりするのに最適なモニターです。
Amazonの詳細ページに明記は無いですが、レビューでは保護フィルムが付属が付いている場合もあるようですね。

スペック

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • 解像度:1920*1080
  • 重量:約905g
  • 答速度:5ms
  • スピーカー:内蔵

●選ぶポイント

  • 接続方法が豊富
  • スピーカー内蔵
  • VESAに対応しているのでアームにも取付可能


Lepow モバイルモニター 15.6インチ



Lepow モバイルモニター 15.6インチ
Lepowのモバイルモニター 15.6インチです。
小型のIPSパネルで178°の広視野角なので複数モニターとして使えます。

画面は最大表示色が1670万色で高精細な映像です。
パソコンへの接続方法は、USB tpye-cまたは、mini HDMI。

縦型の表示が可能なモニターで、入出力端子として3.5mmオーディオ端子が搭載されています。
ケースはスタンドとして使えるタイプ。見やすく在宅勤務にもぴったりですね

スペック

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • 解像度:1920*1080
  • 重量:770g
  • リフレッシュレート:60 Hz

●選ぶポイント

  • 縦型表示が可能
  • 3.5mmオーディオ端子搭載


Uperfect 4K モバイルモニター 15.6インチ


Uperfect 4K モバイルモニター 15.6インチ
Uperfectの4K UHD 2160pのモバイルモニター(M156A233AJPUPA1)です。高精細で美しい映像で視聴したい場合におすすめです。
15.6インチで保護ケースが付属しています。また、目の疲れを軽減するフリッカーフリー機能を搭載しています。

解像度が3840 x 2160の4Kモニターなので細かなところまでリアルで鮮明。色域はsRGBを100%カバーしています。
HDMI入力端子を備えておりサブとしては高性能ですね。USB Type-Cが2つ搭載しておりMacBookでも使えますね。

リフレッシュレートが60Hzで応答速度は5ms。Nintendo SwitchやPS4などのゲーム機にも接続できるモニターです。

スペック

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • 解像度:3840*2160
  • 重量:849g
  • VESA対応

●選ぶポイント

  • 小型の4Kモニター
  • HDMI入力が可能
  • 視野角が広く178°まで対応


cocopar モバイルモニター15.6インチ


cocopar モバイルモニター15.6インチ
cocoparのモバイルモニター15.6インチです。上下左右からでも見やすい広視野角な液晶IPSディスプレイでサブモニターとして使いやすい仕様です。
フルHDの解像度で、スペックとしては普通なのですがレビューで高評価。

VESAマウント規格に対応しており75mmのモニターアームにも設置ができます。

モニターが金属製で質感が良い、また満足度が高いという口コミが多いです。

スペック

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • 解像度:1920×1080
  • 重量:約870g
  • カバー付き
  • 広視野角:178度
  • ブラケット素材:CNCアルミ合金製

●選ぶポイント

  • 見た目の良いアルミ合金のモニタ


HP モニター 27インチ ディスプレイ フルHD IPSパネル


HP モニター 27インチ ディスプレイ フルHD 非光沢IPSパネル 高視野角
HPのモニターで27インチの非光沢IPSパネルで超薄型 省スペースタイプの「HP M27fe」です。

仕事で使いやすいスリムベゼルで178度までの高視野角、色域はsRGBカバー率 99%で正確性も高いですね。機能は多くないものの、薄い感じでスタイリッシュなデザインです。

フルHDのディスプレイで価格も比較的安いモデルです。コストパフォーマンスが良く予算を抑えて購入したいかたにおすすめです。

スペック

  • 製品寸法:約‎18.8 x 60.8 x 43.7 cm
  • 型番:‎43G46AA-AAAA

●選ぶポイント

  • HDMI ・VGAの出力に対応しておりビジネスで使いやすい27インチモニター

Dell ゲーミングモニター 24.5インチ S2522HG


Dell ゲーミングモニター 24.5インチ S2522HG
Dell(デル)のゲーミングモニターで24.5インチの「S2522HG」です。
HDMIが2つあり、ゲーミングPCと接続してゲームをプレイしたいゲーマーさんにおすすめです。
リフレッシュレートが240Hzで、144Hzよりさらに滑らかな表示。応答速度は1ms(GtoG)です。FPSゲームのような動きの激しい映像でも見やすいです。

IPSパネルのアンチグレア(非光沢)で解像度はフルHD。AMD FreeSync Premiumで対応しているグラボで同期できます。スタンドは高さ調整や傾きの調整が可能です。
3年間無輝点交換保証でドット抜けがあった場合には無料で交換してもらえます。

●選ぶポイント

  • ゲーミングPC向けのサブモニターとして最適


BenQ ZOWIE XL2411K ゲーミングモニター 24インチ


BenQ ZOWIE  ゲーミングモニター 1ms/144Hz/24インチ
BenQ ZOWIE XL2411Kは24型ゲーミングモニターです。応答速度1ms(GtG)でリフレッシュレートが144Hzに対応しています。
TNパネルで解像度はFull HD(1920×1080)です。DyAc技術搭載しておりFPSゲームのように激しい動きでも残像感の少ない表示が特徴です。

小さめの台座で新筐体デザインになっておりキーボードを斜めに配置をすることができます。指一本で画面の高さ調整ができるのも便利です。

入力端子はHDMI2.0、HDMI1.4、 Display Port 1.2、ヘッドフォンジャックが使えます。

スペック

  • メーカー:BenQ(ベンキュージャパン)
  • 製品型番:XL2411K
  • 新OSDメニュー
  • サイズ:57.1 x 20 x 52.1 cm
  • 重量:5.9 kg

● 選ぶポイント

  • eスポーツのゲーミング用で定番のモニター


BenQ モニター 27インチ GW2785TC


BenQ モニター 27インチ GW2785TC
BenQ(ベンキュー)の27インチモニターで「GW2785TC」です。解像度はフルHD 1080p。
液晶IPSパネルでノングレア(非光沢)。ブルーライト軽減機能や輝度自動調整B.I.技術搭載しており目に優しいアイケア機能を搭載したディスプレイです。
インターフェイスはUSB-Cケーブルに対応しており、HDMI1.4、DisplayPortなどの入力端子が使えます。
2Wのスピーカーとマイクを内蔵しています。

●選ぶポイント

  • アイケア技術を搭載しており長時間の仕事に最適なモニター

まとめ

ノートパソコンに外付けできるサブモニターをご紹介しました。

ノートパソコンの画面だけでは足りないという時には、サブモニターを使うのが効率的です。
デュアルディスプレイにすることでWindowの切り替えを頻繁にする時間のロスがなくなります。トリプルで使うならインターフェイスでPCとモニターの接続が合うかどうかチェックした方が良いですね。

テレワークなど、ノートPCでサブモニターを使うと快適ですね。
4Kのモニターもありますが、グラフィックの仕事以外ではあまり使わないかもしれませんね。ノートパソコンといっしょに持ち運びするなら、15.6インチぐらいであれば1kg以内も多いです。価格的には2万円前後のものがおすすめです。

Windows10をお使いであれば、細かな設定も不要なので、届いたらすぐに使えますね。


モニターの関連情報
ゲーミングモニターのおすすめです。こちらの記事ではサブモニターではなく20インチ以上をご紹介しています。
USB対応ディスプレイ

2画面ノートPC
縦置きモニター

ドッキングステーション おすすめ

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析がモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。