Apex向けゲーミングPCおすすめ11選! 必要なスペックや144fps/240fpsも

Apex向けゲーミングPC

Apex LegendsでおすすめのゲーミングPCをご紹介しています。
バトルロイヤルのゲームで人気があり多くのプレイヤーが参加するため高性能なスペックが必要になります。
CPUやメモリー、グラフィックボードなど公式の推奨スペックにもとづいて最適なPCの選び方も解説しています。

144fpsや240fpsのリフレッシュレートのディスプレイを搭載したゲーミングPCもあり、ゲーミングPCを購入する時のご参考ください。

Apex Legendsとは

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)のチームで戦うバトルロイヤル型のシューティングゲーム。プレイヤーの数は1億人を超える人気ゲームです。
対応しているプラットフォームの種類はPC、PS4、PS5、Xbox Oneでプレイが可能。Pro Leagueの大会では熱い戦いが繰り広げられています。
[レーティング D – 17歳以上対象]

Apex Legendsに最適なゲーミングPC

Apex Legendsに最適なゲーミングPC
Apex Legendsに最適なスペックは下記の通りです。
結構、重いゲームなのである程度高性能なスペックが必要になります。
ただ、推奨のGPU RAM 8GB搭載のグラボのゲーミングPCは高額になるので、必要スペック1GB以上でピックアップしています。
ディスプレイを接続する場合にはフルHDでつなげた方が良いと思います。WQHDや4Kなどの高解像度なゲーミングモニターより快適な場合があります。

安いゲーミングパソコンを選ぶ場合には、Apex Legendsのソフトウェア側でアンチエイリアスを無しにするなど低い設定にする必要が出てきます。

Apex Legends 必要スペック

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
  • メモリ: 6GB RAM
  • GPU: NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
  • GPU RAM: 1GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

Apex Legends 推奨スペック

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel i5 3570Tおよび同等品
  • メモリ: 8GB RAM
  • GPU: Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
  • GPU RAM: 8GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

※最新情報は公式サイトでチェックお願いします。
Apexでアップデートがあるとさらに高スペックなマシンが必要になる可能性もあります。激安のゲーミングPCなどは価格だけでなくスペックもチェックするようにしましょう。フォートナイトをプレイしているPCと同じぐらいの性能だとApex LegendsやVALORANTではパフォーマンスが厳しい場合があるかもしれません。必要動作環境や推奨動作環境を上回るほうが、快適にプレイできます。

Apex Legends向けゲーミングPCの選び方

Apex Legends向けゲーミングPCの選び方

出典:ASUS

CPUのパフォーマンスは重要

CPUはインテルCore i5以上が推奨となっています。ゲーミングパソコンでは対応しているPCが多いです。
Core i7あるとスペック的には処理能力としては余裕がありますね。AMDならRyzen 5 1500以上の性能があれば大丈夫だと思います。

コスパの良いスペックならRyzen搭載モデルは狙い目ですね。インテルなら最低でもCore i5-11400Fはほしいところです。第12世代のインテルCPUでは効率的なパフォーマンスで使えるメリットがあります。

メモリ

動作をサクサクと動かすには、CPUのほかにメモリも必要です。
メモリ(RAM)は8GB以上が推奨です。中古のゲーミングパソコンだと8GB無いものもあるので注意ですね。
ゲームで実況の配信をする場合やマルチで動作させるときにはメモリは多めの方が快適に。ゲームでは基本的に16GBぐらいあると動作も軽快です。

グラボで安定するのは?

グラフィックボード
グラボはNVIDIA GeForce GT 640 8GB RAM以上が推奨ですが、8GB RAMはハードルが高めです。
安いゲーミングPCでは最低限必要な1GB以上は確保できますが、設定を低めにしてゲームをプレイする必要が出てきます。GeForce RTX 3090のように数字が上がるほどスペックは高くなります。

性能が高ければ表示もなめらかに出力できますが、コスパで考えるとRTX3070やRTX3080あたりがおすすめです。144Hz以上で安定して出力させるならRTX 3070以上は必要ですね。

フレームレートは144fps~240fps

フレームレート(fps)
PC版のApex Legendsでは最大240fpsまで対応しています。ただし、ハイスペックなグラフィックボードが必要になるので注意です。性能を出すためにCPUはCore i9の組み合わせが多くなります。
ですので、フレームレートを240fpsで目指すとコストも30万円以上するため、一般的に144fps出せるようにパーツを組んだ方が現実的でコスパが良いと思います。ゲーミングノートPCなどはディスプレイが搭載されているのでチェックすると良いですね。

画質は高画質であるほどきめ細かい表示が可能ですが、低画質でもフレームレートが高く滑らかな方が動きが速いと見やすいです。スイッチが30fps、PS4で60fps、PS5でも120fpsなので、比較をするとゲーミングPCの144fpsは速いと感じると思います。

予算や価格で選ぶ

Apex Legendsの場合はFPSやバトルロイヤルゲームの中では、どちらかといえばスペックは必要になるゲームタイトルです。
ゲーミングPCを購入するときの目安としては20万円~30万円ぐらいになります。
少しでも予算を抑えて購入したい場合にはグラボのスペックを抑えるようにします。ただ、CPUとメモリは性能に余裕があった方が快適にゲームができます。また、モニターなども重要になりますが、まとめて購入せずにPC環境を少しづつ買いそろえていくのもありですね。

また、オンラインゲームなのでストレージの容量も少なくて大丈夫です。500GBもあれば十分です。

Apex Legends向けゲーミングPCのおすすめ

パソコン工房 LEVEL ゲーミングデスクトップ RTX 3080搭載


パソコン工房 LEVEL ゲーミングデスクトップ RTX 3080搭載
パソコン工房のゲーミングデスクトップLEVELです。
CPUはインテル12世代のCore i7-12700K(12コア / 20スレッド / 3.60GHz 8コア ,2.70GHz 4コア 最大5.00GHz)、GPUはGeForce RTX 3080 10GB GDDR6X、メモリは16GB(8GB ×2 DDR4-3200 DIMM PC4-25600)です。
ストレージは1TB NVMe対応 M.2 SSDに対応しています。RTX 3080はApexで4K表示こそ難しいものの、性能が高く快適にApex Legendsのゲームをプレイできるのが魅力

拡張性が高いPCで、空きスロットもあり800WのATX電源(80PLUS)を備えています。OSはWindows 11 Homeなので最新ですね。価格は30万円前後します。

プロゲーマーとコラボの機種も多くeスポーツに力を入れているメーカー。BTOショップでカスタマイズが可能です。

● 選ぶポイント

  • 拡張性が高くカスタマイズして使っていけるゲーミングPC

マウスコンピューター G-Tune HN-ZデスクトップPC


マウスコンピューター G-Tune HN-ZデスクトップPC
マウスコンピューターの「G-Tune HN-Z」デスクトップPCです。

パワーのある性能でゲーミングが楽しめます。プロや本気でゲームをプレイするゲーマーさんにおすすめですね。サイドパネルは内部が見えるような仕様にすることもできるので、デザインもこだわれます。

CPUは第12世代インテル Core i7-12700KF プロセッサーでメモリが16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)です。
グラフィックスカードはNVIDIA GeForce RTX™ 3070です。
ストレージの容量が大きく2TBのHDD+SSD 512GB (NVMe/M.2)を搭載しています。

Apex Legendsで必要スペックも超えています。水冷CPUクーラーを搭載しており、負荷の高い戦闘中でも安心ですね。

● 選ぶポイント

  • Core i7-12700KFで魅力的なスペックのハイエンドなゲーミングPC



FRONTIER(フロンティア)ゲーミングPC


FRONTIER(フロンティア)ゲーミングPC
FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCでエントリー向けのGAシリーズ。価格は20万円以下で買えるモデルです。

CPUは第12世代 インテル Core i7-12700F プロセッサー(2.10GHz[P-core][最大4.90GHz] / 12コア / 20スレッド / 25MBキャッシュ)、メモリが16GB (8GB x2) PC4-25600 (DDR4-3200) DDR4 SDRAM DIMM、GPUはNVIDIA GeForce GTX 1660 Superのグラフィックスを搭載しています。グラボの性能としては、画質を落とせばApex Legendsでも144Hzのフレームレートでプレイできるでしょう。
ストレージは512GB M.2 NVMe SSD + 2TB 3.5インチ S-ATA ハードディスクで大容量ですね。

接続端子は2022年の時点でも新しい規格を搭載しています。USB Type-A 3.2(3.1/3.0) Gen2(Max 10Gbps)やUSB Type-C 3.2(3.1/3.0) Gen2(Max 10Gbps)が使用できます。

その他、ベンチマークが高い「NVIDIA GeForce RTX 3090」モデルなども選べます。

● 選ぶポイント

  • 低価格でコストパフォーマンスの良いBTOショップのタワー型デスクトップ


マウスコンピューター G-Tune ゲーミング デスクトップパソコン : Ryzen 7 5800X


マウスコンピューター G-Tune ゲーミング デスクトップパソコン : Ryzen 7 5800X
mouse(マウスコンピューター)のゲーミング デスクトップパソコンでG-Tuneです。
CPUはAMD Ryzen 7 5800X 8コア16スレッド(基本クロック 3.8GHz、ブースト最大 4.7GHz)を搭載しています。
グラフィックスはGeForce RTX™ 3080 Ti、メモリ 32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)、ストレージはM.2 SSD 1TB (NVMe対応) + HDD 4TBで大容量
インターフェースが豊富でUSB3.1 ×2,USB3.0ポートx8 、USB2.0ポートx2、ディスプレイ出力:DisplayPort×3、HDMI×1に対応しています。
マルチモニターを使うゲーマーさんにもおすすめです。

スペック

  • 製品型番:G-Tune HP-A-3080Ti
  • 電源:1200W【80PLUS GOLD】
  • チップセット:AMD X570 チップセット (ATX)

● 選ぶポイント

  • スロットが多く拡張性に優れたマウスコンピューターのデスクトップPC


OMEN 17 by HP 17.3インチ 165Hz


OMEN 17
HP(ヒューレット・パッカード)のゲーミングノートパソコンで「OMEN」です。
17.3インチのディスプレイを搭載したOMEN 17は、WQHD(2560×1440)の高精細な画面。リフレッシュレートが165Hzで、駆動するのでスムーズなのが特徴です。

CPUは第11世代 インテル® Core™ i7-11800H プロセッサーまたは、Core i9-11900Hから選ぶことができます。また、グラフィックボードはNVIDIA® GeForce RTX™ 3070 Laptopと3080の構成から選べます。
メモリは16GB~32GB、ストレージの容量は1TB SSDです。

エアフローは5方向で、長時間のゲーミングでも熱暴走を抑えて強力に冷却することができます。

ハイスペックなPCを使い、Apex Legendsで勝ちにこだわりたいかたにおすすめです。

● 選ぶポイント

  • Core i9を選べる高性能なゲーミングノートPC

性能のわりに価格が安いゲーミングPCですね。価格はリンク先の下の方に表示されています。↓


Razer Blade ゲーミングノートパソコン


Razer Blade ゲーミングノートパソコン
Razer(レイザー)のBlade 15 アドバンストモデルです。
15.6インチのゲーミングノートパソコンで解像度はフルHD(1920 x 1080)です。リフレッシュレートは360Hzです。

CPUはインテル Core i7-11800H 8コア 16スレッドを搭載しており、グラボは‎NVIDIA GeForce RTX 3080 8G、32GB RAM、 1TB SSD (M.2 NVMe)を搭載しています。
OS Windows 10 Homeで日本語配列のキーボードです。

Apex Legendsで推奨スペックを超えるゲーミングノートPCで、ゲーマー向けのハイスペックなモデルですね。薄型のデザインも評価のポイントです。

● 選ぶポイント

  • ‎GeForce RTX 3080を搭載しており高速なグラフィックスに対応


ASUS ゲーミングノートパソコン 240Hz


ASUS ゲーミングノートパソコン 240Hz
ASUS(エイスース)のゲーミングノートパソコンでTUF Dash F15 FX516PRです。
15.6インチの画面で解像度はFHD(1920 × 1080)リフレッシュレートは240HZで応答速度は3msです。一般的なゲーミングモニターと比べても高いリフレッシュレートですね。

Windows 10 Home 64ビットで、CPUはインテル Core i7-11370Hプロセッサー (4コア 8スレッド 最大4.8GHz)、16GB RAM、SSD 1TBを搭載。
NVIDIA RTX 3070 Laptop GPUのグラフィックスです。

スペック

  • メーカー:ASUS(エイスース)
  • サイズ:幅360mm×奥行き252mm×高さ19.9~20.9mm
  • 製品番号:FX516PR-I7R3070ECG
  • 日本正規代理店品
  • あんしん保証

● 選ぶポイント

  • 高性能なディスプレイを搭載しているゲーミングノートPC


ドスパラ GALLERIA ガレリア UL7C-R37 ゲーミングノートPC


ドスパラ GALLERIA ガレリア UL7C-R37 ゲーミングノートPC
ドスパラのゲーミングノートPCでGALLERIA(ガレリア) UL7C-R37です。
モニターは15.6インチで240Hzのリフレッシュレートに対応しており、滑らかな映像でゲームが楽しめます。
接近戦などの撃ち合いで表示が激しくても見やすいですね。

CPUはインテル Core i7-11800H (2.30-4.60GHz/8コア/16スレッド)、GPUがNVIDIA GeForce RTX 3070 8GB + インテル UHDグラフィックス。
メモリは16GB DDR4 SO-DIMM (PC4-25600/8GBx2/2チャネル)、ストレージが1TB NVMe SSDを搭載しています。

他の機種と比較すると高価ですがハイスペックで性能が高いモデルです。


ドスパラ GALLERIA ゲーミングデスクトップパソコン


ドスパラ GALLERIA ゲーミングデスクトップパソコン
ドスパラ(サードウェーブ)のGALLERIA ゲーミングデスクトップPCの「XA7C-R37 T」です。
初心者も選びやすいエントリーモデルですが高性能です。筐体は14cmの冷却ファンを搭載しており静音性とエアフローに優れています。
OSは、Windows 11 Home、CPUは第12世代のインテル Core i7-12700 (2.10GHz-4.80GHz/12コア/20スレッド)プロセッサーを搭載しています。
グラフィックカードはNVIDIA GeForce RTX 3070 Ti 8GB GDDR6Xでアッパーミドルの性能で、Apex Legendsの推奨スペックを超えており快適にプレイできます。
メモリは16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)、ストレージは1TB NVMe SSDで容量も十分です。

そのほか、デスクトップではZA9C-R39も人気ですね。

● 選ぶポイント

  • これからApexをはじめる初心者から中級者に最適なガレリアのゲーミングPC

ハイスペックなモデルではCPUがRyzen 9 5900Xを搭載しているZA9R-R38もあります。


LEVEL ゲーミングデスクトップパソコン


LEVEL ゲーミングデスクトップパソコン
パソコン工房のゲーミングデスクトップパソコンでLEVELシリーズです。
Apexのオンラインはネット環境が必要になりますが、2.5GBASE-T LANポートを搭載しています。
また、HDMIのほか、DisplayPortもあるのでリフレッシュレートの高いゲーミングモニターも接続が可能です。USB 3.2-Type-C、USB 3.0、USB 2.0×2などを搭載している製品。

スペックはOSがWindows 11 Home、CPUは第12世代 インテルCore i9-12900KS (16コア 3.40GHz 8コア ,2.50GHz 8コア) 24スレッド、最大5.50GHzです。メモリ32GB (2x16GB)、ストレージは1TB NVMe対応 M.2 SSDです。グラフィックスはRadeon RX 6900 XT 16GB GDDR6を搭載しており快適なゲーミングPCです。
グラボの性能的には動画編集などのクリエイターさんも使えますね。

● 選ぶポイント

  • コンパクトで高性能なタワー型ゲーミングPC


MSIゲーミングノートPC GF65 144Hz RTX3060


MSIゲーミングノートPC GF65 144Hz RTX3060
MSIのゲーミングノートPCで「GF65」で、ミドルスペックの[GF65-10UE-256JP]です。
ディスプレイは15.6インチで解像度がフルHD、リフレッシュレートが144Hzで滑らかな表示でゲームができます。
OSはWindows 10 Home、CPUがインテル Core i5-10500H、メモリ 8GB、512GB SSDを搭載しています。
GPUはNVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU RAM 6GB GDDR6です。
Apexの推奨GPU RAM 8GBに達していませんが、必須スペックのGPU RAM 1GB以上です。

スペック

  • 重量:1.86Kg
  • サイズ:359×254×21.7mm

● 選ぶポイント

  • 144Hzのリフレッシュレートで、カクつきがなくゲームができるノートPC

ゲーミングモニター


BenQ ZOWIE XL2546K ゲーミングモニター 240Hz


BenQ ZOWIE XL2546K ゲーミングモニター 24.5型 240Hz
BenQ ZOWIE XL2546Kはリフレッシュレートが240Hzのゲーミングモニターです。
応答速度が0.5ms (GtG)の高速な表示でプロのレベルでゲーミングをするかたに最適です。
24.5インチのTNパネルで残像感を抑えるDyAc+技術を搭載しています。
AMD FreeSync Premiumに対応しているグラボと同期をすることで、ティアリングによるちらつきを補正することができます。

Apex Legendsは素早くエイムをして、敵と激しい戦闘になった時に反応が速い表示は快適です。

スペック

  • 製品型番:XL2546K
  • 高さ調整機能あり
  • サイズ:57.1 x 20 x 52.1 cm
  • 重量:6.2 Kg

● 選ぶポイント

  • PCでApexをプレイしているかたにおすすめの240Hzモニター

ゲーミングPCランキング

AmazonのゲーミングPC売れ筋ランキングでは、トップ10にASUSやDellのような人気メーカーがランクインしています。
10万円以内で購入できるモデルもありますね。CPUはCore i9やRyzen 9を搭載しているゲーミングPCもありますが、グラフィックカードの性能も合わせてチェックすることをおすすめします。Apex Legendsのように速いFPSゲームでは表示する性能は重要ですね。

まとめ

Apex LegendsのようなAAAタイトルをプレイする場合には普通のノートパソコンではスペックが不足します。グラボなしでは正しく動作しないためゲーミング用のノートパソコンを使いましょう。
100fps~200fpsなど設定を高くするならApexではある程度の性能が求められます。そのため、自作PCでゲームをするプレイヤーもいるほどで、最高設定でゲームプレイするなら自作もありだと思います。
ですが、初心者のかたは市販のゲーミングPCが便利なので活用すると良いと思います。

ちょっと性能が高めのゲーミングPCを使うと快適にApex Legendsで遊べますね。CPUがCore i5-12400ぐらいだとグラボの組み合わせが低い場合があるので、値段が安いとしてもエントリー向けです。ですので、CPUとGPUのバランスも大事ですね。個人的にはRTX 3070Ti ~ 3080Tiあたりのグラボを搭載している製品がベストかなと思います。


Apex Legends向けゲーミングPCの関連情報
LenovoではLegionシリーズの格安ゲーミングパソコンがあります。
FPS・TPS向けゲーミングPC
ドスパラのゲーミングPC…ドスパラではヘビーゲーマーがプレイするハイスペックモデルだけでなく、RM5R-R36のように価格を重視するかたでも購入しやすいモデルがあります。

最強ゲーミングPC…負荷の高い作業をするときにもおすすめです。

マウスコンピューターのG-Tune ゲーミングPCも人気があります。BTOショップのパソコンならカスタマイズの注文ができるのが便利ですね。

Apex向けマウス…勝ち負けにこだわるならゲーミングマウスは大事ですね。
Apex Legends向けキーボード
Apex Legends向けゲーミングモニター
Apex Legends ヘッドセット
VALORANT ゲーミングPC

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。