最強ゲーミングPCおすすめ10選! ハイエンドでコスパ抜群 2023年

最強ゲーミングPC

最強ゲーミングPCのおすすめパソコンをご紹介しています。
ハイスペックで高性能なモデルはデスクトップやゲーミングノートPCがあり、プロのゲーマーさんでも使える性能です。
BTOショップのモデルならメモリやストレージの容量をカスタマイズも可能ですね。

ゲームを快適にプレイできるPC選びのご参考になれば幸いです。
100万円以下の最強ゲーミングPCや、30万円以下で購入できるモデルもあります。

当サイト(osusumepc.com)のコンテンツには、PRが入っています。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

スペックが高いゲーミングPCの選び方

最強のゲーミングPCの選び方

CPUで選ぶ

最強のゲーミングPCとは高性能でハイスペックということになります。
そこで重要になるのがCPUとGPU(グラフィックカード)です。

CPUはインテルCorei7やCorei9、またはAMD Ryzen7やRyzen9が高速に処理ができます。
バランスが大事でPC環境を整えるためにゲーミングモニターが使える必要があり高機能なグラフィックカードが必要になります。
FreeSyncやG-SYNCで同期をしたり高解像度で使うことができます。
GPUはGeForce RTX 4080やRTX 4090を搭載しているモデルもあります。

ハイスペックなグラフィックカードを搭載しているモデルなら4Kで出力することもできて快適です。

メモリ

ゲーミングPCはメモリはなるべく多めに積みたいところです。
最低でも8GB、できれば16GBぐらいあると快適。32GBあれば余裕がありますね。
たとえば、ApexなどのFPSゲームでは8GB以上を推奨していますが、あくまで最低限の容量で動作は重いです。また、メモリには第4世代のDDR4-3200や第5世代のDDR5-4800などがあり、DDR5のほうが高速です。

価格で選ぶ

価格で選ぶ

出典:ASUS

価格で選ぶなら30万円ぐらいのデスクトップのゲーミングパソコンがおすすめです。
拡張性が高いのでメモリやストレージを増設することができます。また、デスクトップのほうが冷却ファンの数が多かったり直径が大きい場合もあり、エアフローに優れています。
価格は100万円に近いゲーミングノートもありますが、現実的に購入するならデスクトップのほうが価格的にも満足ができるでしょう。

ちなみに、10万円ぐらいの激安で最強のゲーミングPCを探すのは、もしセールがあったとしても難しいです。自作PCの中古品であれば安くて性能の良いパソコンが見つかる場合があります。
>>ソフマップの中古専門サイト「リコレ!」

メーカーで選ぶ

メーカーで選ぶならエイリアンウェアのDell、台湾のMSI、高機能なゲーミングデバイスで有名なRazer(レイザー)などがあります。
BTOショップではツクモ、ドスパラ、マウスコンピューター、パソコン工房などが大手ですね。
おそらく、最強のゲーミングPCを探しているかたなら自作もありかなと思います。結局のところ、CPU・GPU・マザーボード・メモリでほぼ性能が決まるといって良いと思います。

最強ゲーミングPCのおすすめ

マウスコンピューター ゲーミングPC G-Tune


マウスコンピューター ゲーミングPC G-Tune
マウスコンピューターのゲーミングPCでG-Tuneシリーズで、タワー型デスクトップPCです。
 
OSはWindows 11 Home 64ビット、CPUがインテル® Core™ i7-13700F プロセッサー(最大 5.20 GHz)、GPUがGeForce RTX™ 4070です。メモリが32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)、ストレージはM.2 SSD 1TB (NVMe Gen4×4)を搭載しています。
 
VALORANTでも余裕のスペックですね。インターフェースも豊富でDisplayPort、HDMI、USB Type-C、USB Type-Aなどが使えます。

選ぶポイント:

RTX 4070のグラボを搭載しているデスクトップPC

  • 中級者から上級者まで満足できるスペック


SEVEN(セブン) ZEFT R49N AMD Ryzen™ 9 7950X3D プロセッサー搭載モデル


パソコンショップSEVEN ZEFT R49N AMD Ryzen™ 9 7950X3D プロセッサー搭載モデル
パソコンショップSEVEN(セブン) ZEFTのゲーミングPCです。
CPUはAMD Ryzen™ 9 7950X3D プロセッサー(最大 5.7GHz)搭載モデルで、Ryzen9 7900X3Dと比べてコア数とスレッドが多い仕様になっています。
構成はカスタマイズができますが、標準でメモリが32GB (16GBx2枚)(DDR5-4800)
ストレージはSSD(nVMe Gen4) 1TBを搭載しています。
 
空冷と比べて冷却性能も高い水冷クーラー 360mmを採用しているのも魅力です。

選ぶポイント:

グラフィックボードはRTX 4080

  • Geforce RTX4080を搭載


パソコン工房 ミドルタワー ゲーミングPC Radeon RX 6800搭載


パソコン工房 ミドルタワー ゲーミングPC Radeon RX 6800搭載
パソコン工房のミドルタワー型ゲーミングPCです。
コンパクトなケースですが、360mmの水冷クーラーを内蔵している商品でパワフルに使用することができます。

CPUがインテル第12世代のCore i9-12900K(16コア(3.20GHz 8コア ,2.40GHz 8コア)24スレッド、最大5.20GHz)のプロセッサーを搭載。
グラフィックボードはRadeon RX 6800 16GB GDDR6、メモリが32GB(16GB×2)、ストレージは1TB NVMe対応 M.2 SSDです。
電源は700W 80PLUS BRONZE認証で余裕がありますね。


SEVEN ZEFT ゲーミングPC RTX 3060


SEVEN ZEFT ゲーミングPC
パソコンショップSEVENのZEFT ゲーミングPCです。
CPUは第12世代のインテル Core i7-12700KF プロセッサー、メモリが16GB DDR4メモリ DDR4-3200、ストレージは500GB SSD NVMeに対応を搭載しています。
光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブが付いています。

NVIDIA GeForce RTX 3060のグラフィックボードを搭載しており、第2世代のRTコアでパワフルにゲーミングができるのが特徴です。


パソコン工房 LEVEL フルタワー型ゲーミングPC


パソコン工房 LEVEL
パソコン工房のハイエンドなゲーミングPCで「LEVEL∞」です。BTOショップのPCなので基本構成からさらにカスタマイズすることが可能です。
強靭なスペックのG-Classのモデルでフルタワーケース。
CPUは「Ryzen Threadripper 3970X」を搭載しており32コア 64スレッドでマルチ処理能力に優れた性能です。
グラフィックスはRadeon RX 6900 XT 16GB GDDR6、64GB メモリ、ストレージは1TB SSD+4TB Serial-ATA HDDを搭載しています。
高額ドライブとしてDVDスーパーマルチもあるので映画などを高解像度なモニターで楽しむのも良いですね。

● 選ぶポイント

  • ゲーミングをしながらゲーム配信ができるぐらい高スペック


ドスパラ GALLERIA ガレリア ZA7R-R39


ドスパラ GALLERIA ガレリア ZA7R-R39
ドスパラのゲーミングパソコンでGALLERIAシリーズです。
ZA7R-R39 9730-4311は、オンラインゲームで使いやすいスペックです。
正直なところ、”最強”のスペックでは無いですがコスパも良く使いやすいと思います。
OSはWindows 10 Home 64ビットでCPUはRyzen7 3700X、GPUはNVIDIA GeForce RTX 3090 24GB GDDR6Xを搭載しています。
16GBメモリ、1TB SSDのストレージです。

● 選ぶポイント

  • コスパに優れたハイスペックなゲーミングパソコン


ASUS ゲーミングノートパソコン ROG Mothership


ASUS ゲーミングノートパソコン ROG Mothership
ASUS(エイスース)のゲーミングノートパソコンでROG Mothershipです。「GZ700GX-I9KR2080」
100万円の最強モデルといわれるシリーズでハイスペックです。
CPUはインテル Core i9-9980HK、メモリは64GB、ストレージは512GBが3つ搭載されており、合計1.536TBあり大容量のストレージ。
GPUグラフィックスはリアルタイムなレイトレーシング対応で冷却ファンが3基搭載されているNVIDIA GeForce RTX 2080です。
17インチのTFTディスプレイです。

● 選ぶポイント

  • 高性能で高額なゲーミングノートパソコン


Razer Blade Stealth 13


Razer Blade Stealth 13
Razer(レイザー)のRazer Blade Stealth 13 GTX ゲーミングノートパソコンです。
13.3インチの有機EL ディスプレイはタッチパネルを搭載しており、解像度はフルHDです。
CPUはインテル 第11世代 Intel Core i7-1165G7 プロセッサー、GPUがGTX 1650Ti、16GB RAM、512GB SSD NVMeを搭載しています。
キーボードはテンキーレスの日本語配列です。THX Spatial Audio アプリで7.1ch サラウンドサウンドを楽しむことができます。
日本正規代理店保証品 / RZ09-03272J82-R3J1

● 選ぶポイント

  • 1.48 kgと軽量なゲーミングノートパソコン


MSIゲーミングノート GS66


MSIゲーミングノート GS66
MSIゲーミングノートで「GS66」GS66-10SFS-022JPです。
プレミアムシリーズで高性能。CPUはインテル Core i9-10980HKを搭載しており、NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER Max-Qのグラボです。
メモリが16GB、1TBのSSDを搭載しています。

ディスプレイは15.6インチ FHDで、リフレッシュレートは300Hzと滑らかな表示が可能です。
ゲーミングPCを迷っているかたにおすすめです。コスパが最強なPCですね。

● 選ぶポイント

  • 超ハイスペックで初心者にもおすすめなゲーミングPC


ASUS ゲーミングデスクトップパソコン ROG Strix G15


ASUS ゲーミングデスクトップパソコン ROG Strix G15
ASUSのゲーミングデスクトップパソコンでROG Strix G15 G15DHです。
CPUはRyzen7 3700X 8コア 16スレッド(3.6GHz-ブーストクロック4.4GHz)、グラフィックボード RTX2070 SUPER(ビデオメモリ:8GB)、メモリ32GB RAM、ストレージがSSD 512GB + HDD 2TBです。
インターフェイスはDisplayPort×3・HDMI×1 とオンボードのDVI-DとD-Sub 15ピンの入力端子が使えます。
プレミアムモデルで上位機種を使いたいゲーマーさんにおすすめです。ROGシリーズはフォートナイトをプレイしているかたも多いですね。

スペック

  • ブランド:ASUSTek
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • 製品番号:G15DH-R7R2070SS

まとめ

最強のゲーミングPCは価格的には高いものもあります。世界最強レベルのパソコンを使いたいというかたもいると思います。
性能が高いCPUやグラフィックボードを搭載されているかどうか確認するのが、上手に製品を選ぶコツですね。とはいえ、ある程度のコスパは必要なのでBTOショップのゲーミングPCがおすすめです。
性能の良いゲーミングPCがあればサクサク動作して快適にゲームをプレイできますね。


最強ゲーミングPCの関連情報
ゲーミングPC デスクトップ
Windows 11 デスクトップパソコン
ASUS ゲーミングノートパソコン
Apex向けゲーミングPC
Core i9 ノートパソコン
第13世代インテルCPU搭載パソコン
ハイスペック ノートパソコン
光るゲーミングPC
ゲーミングPC メーカー

著者情報タロー

タローが解説しました。私はもともと販売をしていて、現在はパソコン・周辺機器・ゲームに関する情報の執筆と監修をしています。20年以上多くのデバイスを使ってきた経験があります。詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

監修

「オススメPCドットコム」編集部にて記事の詳細、機能性、問題や選ぶ理由を総合的に調べて、ユーザーに最適な選択をサポートできればと思います。

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーのサイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。スペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。