FPSのゲーミングヘッドセットおすすめ16選!足音を定位で察知

FPSのヘッドセット

FPSゲームで敵の足音で位置をなるべく正確把握したり、すぐに物音を察知したい。
ヘッドセットを装着してオンラインで仲間と音声チャットで連携とりたいという時に必須アイテムですね。

プロのゲーマーさんも満足できるFPS向けのゲーミングヘッドセットでおすすめモデルや最新の商品を紹介していきます。

FPSのゲーミングヘッドセットの選び方

FPSのゲーミングヘッドセットの選び方

出典:Razer / Kraken

FPSに最適なゲーミングヘッドセットを選ぶ方法です。

接続方法で選ぶ

ゲーミングヘッドセットの接続方法は、ケーブルによる有線またはワイヤレスの無線接続です。
ゲームを何で遊んでいるかによって選ぶ機種も変わってきます。例えばPS4などのゲーム機とパソコンなどデバイスではインターフェイスが違うので選べる入力端子が異なるからです。

FPSゲームのヘッドセットは有線と無線はどっちがいいのかというと、PCやPS4で使うならUSBポートがあるため音質の良いUSB端子の有線接続がおすすめです。

有線接続

有線接続のヘッドセットのメリットはレスポンスが良く音を聴けることです。FPSゲームで戦う時に対応するスピードが大事になってきます。

有線ケーブルでつなぐヘッドセットはUSB端子のタイプが音の劣化が少ないのでおすすめです。
3.5mmステレオミニプラグの場合には任天堂スイッチなどのゲーム機などに接続をして使えます。3.5mmで接続する場合、ヘッドセットでは音声で通話が必要なため4極でマイクが付いています。ですのでPCに接続する時には分岐したスプリッターケーブルが必要になります。もし、接続端子が合わない場合には変換用の部品を用意する必要があるので注意です。

ワイヤレス・無線接続

遅延のないワイヤレス接続をする場合には2.4GHzがおすすめです。ゲーミングヘッドセットを購入するとUSBレシーバーが付属しており差し込むだけでワイヤレスで使えます。

無線接続のワイヤレスのヘッドセットはバッテリーの使用できる時間に限りがあるので最大で使える時間を確認すると良いです。
Bluetooth接続でペアリングをするヘッドセットは低遅延なモデルを選ぶ必要があります。スマホやタブレットでFPSゲームをする時にはBluetooth接続になりますね。

マイク性能

マイクの性能はFPSゲームで大事
マイク性能は声を集音して通話するためヘッドセット選びのポイントです。
FPSゲームではチームで戦うことが多くボイスチャットで会話をしながら進めていきます。ノイズキャンセリングに優れているほうが雑音を抑えることができます。また、環境の騒音を抑えるノイズリダクションの機種もあります。FPSで対戦する時にはクリアな音声で伝わった方が聞き取りやすくなるのでコミュニケーションもスムーズです。また、ゲーム実況をするストリーマーの方にはマイクは重要なポイントですね。

FPSのヘッドセットでプロが使っているのは?

プロが使っているヘッドセットは、プロゲーマーとメーカーが共同開発しているモデルが色々ありますが、例えばHyperXのヘッドセットはハイエンドな機種が多く高性能で有名なメーカーですね。

HyperXはウメハラさんというプロゲーマーとスポンサー契約しています。
eスポーツでは伝説的なゲーマーさんです。推奨しているのがHyperX Cloud IIで、こちらはネットで購入することができます。

「密閉型」と「開放型」から選ぶ

ヘッドセットやヘッドホンは「密閉型」や「開放型」などがあります。
密閉型の場合は遮音性があるため低音が効きやすく没入感があります。開放型の場合は長時間装着していても蒸れにくいのと自然な音質というメリットがあります。また、開放型の一番のデメリットは音漏れしやすいことです。
ゲーミング用の場合にはメーカーが公開していない機種もありどちらかというとゲームの効果音が楽しめるように設計されているため密閉型が多いです。

音質で選ぶ

ヘッドセットを音質で選ぶ

出典:ASUS

FPSのゲーミングヘッドセットでは音質がゲームで大事。なかでもおすすめは音の定位が良いヘッドセットです。
7.1ch サラウンドに対応しているヘッドセットは音場がわかりやすいですね。ただ、7.1chはwindowsのみ対応している機種も多いのでPS4を使っているかたは注意です。

スピーカーでは5.1chや7.1chのサラウンドがあります。ヘッドセットのスピーカーの中で低音スピーカーなどをバーチャルで再現できると音の空間性が広くゲームで没頭できます。重低音を楽しみたい場合にはサブウーファーを再現する7.1chサラウンド対応のモデルが良いですね。

音域はドライバーのサイズによっても変わってきます。ゲーミングヘッドセットでは直径40mm~50mmぐらいが多く、一般的にサイズが大きいほうが音圧もあります。

音の定位感で足音を聴く

音の定位感とは左右や近い遠いといった方向や距離の位置感覚のことで音像ですね。
FPSゲームでは足音や銃撃音などを聞き取って方向や距離を察知するのでヘッドセットを選ぶ重要なポイントになります。
PUBGや荒野行動のようなバトルロイヤルゲームでは音で敵を察知できるプレイヤーは最強です。忍び寄る敵の足音を聴き取ることで見えない位置関係も把握しやすくなります。
立体感のある音を再現できるゲーミングヘッドセットなら、奥行きのあるサウンドで敵の位置がわかるので優位に立てますね。

製品に採用されているサウンドのテクノロジーはメーカーごとに違いがあるのでチェックしておきましょう。

頭部への装着感の違い

ヘッドセットの頭部への装着感の違いは、クッションやパッドの素材によって変わってきます。クッション性があるイヤーパッドだと長時間の装着でも快適にFPSゲームをプレイできます。
低反発のウレタンフォーム素材のタイプや、イヤーパッド内にジェルが入って冷却力のある製品もあります。また、ヘッドバンド部分で調節できるほうが側圧も調整しやすいですね。
長くゲームをするほど頭への負担が変わってくるので構造や素材もチェックするのがポイントになります。

FPSのゲーミングヘッドセットでおすすめ

FPSのヘッドセットでおすすめ

出典:ASTRO

FPS(First Person shooter:ファーストパーソン・シューター)ゲームはなぜヘッドセットが重要かといえば、仲間と作戦を立てて強力しながらゲームをプレイするので、マイクでコミュニケーションをとるのはゲームの勝敗にも関わるところだからですね。

Logicool(ロジクール) G433 ゲーミングヘッドセット

Logicool G ゲーミングヘッドセット G433
FPSで人気のロジクールのゲーミングヘッドセットLogicool G G433です。ランキングなどでもよく入っています。
G431よりもヘッドバンドのデザインがスマートに新しく改良されたヘッドセットです。DTS Headphone:Xのバーチャルサラウンド技術を搭載しておりUSBサウンドカード使っており高音質です。

GシリーズはFPSプレイヤーに適しているヘッドセットでPUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギアに選ばれたこともあります。

DOLBY 7.1ch サラウンドで足音や遠くの銃声もわかりやすいヘッドセット。
サラウンドヘッドホンなら3D映画のような360度の全方向から聞こえてくる音で認識できるわけですね。

耳を覆うイヤーカップパッドはメッシュ製イヤーパッドで通気性があり快適です。ポリカーボネート素材なので軽量で重さは259g、軽いので疲れにくいのが魅力ですね。

ヘッドセットでは自分が話す声をマイクでひろうことも大事です。ロジクールのG433ではノイズキャンセリング機能もある大口径マイク。
雑音が入らないクリアな音で声を相手に伝えられます。マイクを使わないときには取り外すことができます。音楽を聞く時にはヘッドホンとして楽しめますね。

FPSゲームを立体音響で楽しめるコスパの良い有線接続のゲーミングヘッドセットでおすすめです。
PCゲームだけでなく、PS4やNintendo Switchにも対応しています。3.5mmステレオミニプラグ接続ならモバイルデバイスとの接続も可能です。パソコンにはUSBポートに接続できます。※7.1chサラウンドはPC接続が必要になります。

価格:¥7,312(価格は変動します。)

スペック

  • 商品重量:259 g
  • インピーダンス:32Ω
  • ドライバー:40mm
  • メーカー型番:G433
  • 周波数特性:20Hz-20KHz
  • マイク指向性パターン:カーディオイド(単一指向性)

Logicool G G533 ワイヤレスヘッドセット

Logicool G G533 ワイヤレスヘッドセット
ロジクールのLogicool G G533はワイヤレスのヘッドセットです。
コードを気にせずに2.4Ghzのロスレスオーディオ伝送の仕様。無線で集中したい時に便利です。

PUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギアになったこともあり、7.1chサラウンドサラウンドで背後の敵や隠れている敵を素早く察知。立体的な音質でFPSのゲームを楽しめます。PS4やWindows・Macに対応しており音飛びや音声の遅延もなくおすすめです。
バッテリーは1回の充電で15時間連続で使うことができます。

G933とG533を比較すると同じようなサラウンド音質でコストパフォーマンスが優れています。

マイクはカーディオイドの単一指向性なのでゲームパッド(コントローラー)のボタン操作音が入りにくいのが良いですね。マイクのミュートボタンは耳元にあり素早く操作ができます。

価格:¥11,500
(価格は変動します。)

レイザー(Razer) ヘッドセット 有線: Kraken

Razer ヘッドセット:Kraken
ゲーマーに人気があるレイザー(Razer)のヘッドセット「Razer Kraken」でラインナップも多い機種です。RazerはHammerheadのイヤホンと同様に音にはこだわりのあるゲーミングデバイスのブランドです。
50mmのドライバーユニットでサウンドが豊か。
Windows10 64bitではバーチャル7.1chサラウンドで爆発音や敵の足音もよくわかります
有線タイプのゲーミングヘッドセットなので音が途切れることもありません。

FPSで長時間のゲームでも「冷却ジェル注入型クッション」が入っており耳がちょっと冷えて気持ち良いです。装着感が良いので耳が痛くなりにくいです。

評価が良くコストパフォーマンスに優れていると選ばれるAmazon’s Choiceの商品。
フォートナイトなどを3Dのゲーミングヘッドセットとしてパソコンでやるのも良いですね。
足音を察知して先手をとりましょう。

Razer Krakenのレビューの評価は良く「買って良かった」という声が多いですね。シンプルで男性的なブラックや女性にも使いやすいピンクも選べます。

価格:¥8,061(価格は変動します。)

スペック

  • ヘッドフォン周波数特性:12Hz ~ 28kHz
  • 接続方法:アナログ 3.5 mm
  • インピーダンス:32Ω
  • ドライバー:50mm
  • マイク:単一指向性ノイズキャンセリング
  • サイズ:18×20.5cm
  • 重量:322 g

ゼンハイザー ゲーミングヘッドセット EPOS GSP600 / 601 / 602

Sennheiser ゲーミングヘッドセット 密閉型/ノイズキャンセルマイク GSP 600

音の定位がとれると評判のゼンハイザーのヘッドセットEPOS GSP600 / 601 / 602のシリーズは密閉型でゲームのサウンドに没頭したい方におすすめです。

EPOS SENNHEISER(ゼンハイザー)といえばドイツの超高品質なヘッドフォンのメーカーで高級なゲーミングヘッドセットです。
ハイスペックで機能はプロと同じようなレベルで数々の賞を受賞しています。価格は高いですが低音から高音まで綺麗に鳴るドライバで独自のトランスデューサーを搭載しています。

FPSなら遅延のない有線タイプが人気です。コードもしっかりしています。
マイクはちょっと評価がイマイチなんですがヘッドフォンの部分はさすがのゼンハイザーといった感じですね。
カラーは「ブラック/レッド」、「ブラック/ブラウン」、「ホワイト」から色を選べます。

価格:¥19,200(価格は変動します。)

GSP600 スペック

  • 重量:約395g
  • サイズ:10 x 24 x 22 cm

ヘッドフォンの部分

  • 周波数特性:10Hz~30kHz
  • インピーダンス:28Ω
  • スピーカードライバー:ダイナミック・密閉型

マイクの部分

  • 単一指向性
  • ノイズキャンセリング機能
  • 周波数特性:10Hz~18kHz
  • 感度:-47dBV/PA

HyperX Cloud II ゲーミングヘッドセット 7.1バーチャルサラウンド

HyperX Cloud II ゲーミングヘッドセット 7.1バーチャルサラウンド
キングストン(Kingston)のHyperX Cloud II ゲーミングヘッドセットは7.1バーチャルサラウンドに対応しています。密閉型のイヤーカップでパッシブノイズキャンセルです。
フレームがアルミなのでヘッドセットが318gでとても軽いです。

プロゲーマーのウメハラさんが推薦しているゲーミングヘッドセットです。

ヘッドフォンは53mmのドライバーを搭載しています。小さなドライバに比べると音も迫力があります。
ゲーミングヘッドセットとしてはかなり大きい方ですね。

マイクはノイズキャンセリングが付いています。
また、AGC機能があるのでゲインを自動補正してくれます。
つまり、話した声を自分で音量を保たなくても、相手が聞きやすい音量に自動的にコントロールするという優れものです。FPSでゲームをする時にコミュニケーションも楽しみたい方におすすめですね。

リーズナブルな価格で1万円以内で買えます。コスパの良いFPS向けゲーミングヘッドセットで安いモデルです。

価格:¥7,980 (価格は変動します。)

  • ブランド:ハイパーエックス(HyperX)
  • メーカー型番:KHX-HSCP-RD
  • 商品重量:318 g
  • 商品の寸法:17 x 12 x 7 cm
  • 7.1バーチャルサラウンドサウンド対応機能
  • USBオーディオコントロールボックス付属
  • ヘッドセット部:周波数応答: 15~25,000Hz
  • ヘッドセット部 トランスデューサ: φ53mm 径、ダイナミックドライバー
  • 接続:ステレオミニジャック用プラグ(3.5mm)

Astro ゲーミングヘッドセット A40 TR+MixAmp Pro ミックスアンプセット

Astro ゲーミングヘッドセット A40 TR+MixAmp Pro ミックスアンプセット

Astro(アストロ)のゲーミングヘッドセット A40とミックスアンプセットです。
MixAmp Pro TRは「Dolby Audio」に対応しており、ゲームのオーディオと音声のチャットの切り替えやミキシングなどをコントロールすることができます。
eスポーツアスリートと開発されたアンプで操作性と耐久性に優れています。3Dオーディオを体験できるのでFPSでは敵の足音もわかりやすくなりますね。

オープンバックダイナミック型(開放型)の直径40mmドライバーを搭載しており周波数特性は20~20,000Hzです。低音域から音の抜けが良い高音域まで楽しめます。
有線USBや3.5mmステレオミニプラグ接続に対応しています。

機種はゲーム機ではPS5・PS4・Nintendo Switchに対応しており、PCではWindowsやMacに対応しています。

価格:¥24,900(価格は変動します。)

スペック
A40TR

  • ブランド:ASTRO Gaming(アストロ ゲーミング)
  • 40mmドライバー
  • 重量:358 g
  • 型番:A40TR-002
  • サイズ:幅 × 高さ 11.1 x 22 cm

SteelSeries Arctis 5 Black 密閉型 ゲーミングヘッドセット

SteelSeries Arctis 5 Black 密閉型 ゲーミングヘッドセット
スティールシリーズの「SteelSeries Arctis 5 Black」は密閉型のゲーミングヘッドセットで、Playstation4に対応しておりFPSゲームで人気です。
3Dの音響で敵が忍び寄ってくる足音が聴こえてきます。
また、通気性の良い柔らかい長時間のゲームでもつけ心地が良いイヤークッションでフィット感があります。メガネをかけている方でも使いやすいヘッドセットです。

SteelSeriesのゲーミングヘッドセットは双指向性ノイズキャンセリングマイクで、ボイスチャットではクリアな音声で楽しめます。

価格:¥10,127
(価格は変動します。)

エイスース(ASUS) ゲーミングヘッドセット ROG Strix Fusion 500

ASUS ゲーミングヘッドセット ROG Strix Fusion 500
ASUSのゲーミングヘッドセットで「ROG Strix Fusion 500」は、USB Type-A接続の有線タイプです。

ヘッドフォンは高音質で7.1バーチャルサラウンドに対応しています。臨場感のあるサウンドでFPSのゲーミングに最適です。
直径50mmのネオジムのドライバでHi-FiグレードのESS ES9018 DACとSABRE9601Kアンプを搭載。音の解像度が高くハイレゾの音源をオーディオ品質で音を楽しめます。
マイクはデジタルブームマイクで音声処理アルゴリズムの処理によりクリアな音声でゲーム中にコミュニケーションができます。

ヘッドセットはAuraSync対応でRGBライティングを発光をコントロールすることが可能です。

プラットフォームはPlayStation® 4やMac、Windows PCに対応しています。

価格:¥17,164
(価格は変動します。)


Audio Technica(オーディオテクニカ) ATH-G1WL 密閉型 ワイヤレス


オーディオテクニカ ATH-G1WL 密閉型 ワイヤレス
Audio Technica(オーディオテクニカ)のワイヤレスヘッドセットでATH-G1WLです。

USBレシーバーを差し込めばパソコンに2.4GHz帯ワイヤレスで接続できます。
リアルタイム通信でゲームの動きとサウンドにズレが出ることがなく快適です。
イヤーパッドの下にON/OFFやボリュームコントロールが可能です。バッテリーは一回の充電で連続15時間連続で使えます。

ドライバーサイズは大きめの直径45mmで高音質でマイクを外してヘッドフォンとして音楽を聴いたりイヤーカップのボタンを押せばバーチャルサラウンドでリアルな音でゲームを楽しめます。
通気性のあるイヤーパッドなので長時間でも蒸れにくい仕様です。

スペック

  • ハウジング:密閉型
  • サイズ:‎22.8 x 8.9 x 22.2 cm
  • 重量:297 g
価格:¥30,291
(価格は変動します。)


Logicool G ゲーミングヘッドセット ワイヤレス G933s


Logicool G ゲーミングヘッドセット ワイヤレス G933s
ロジクールのLogicool G ゲーミングヘッドセットで「G933s」ワイヤレスで接続できるタイプです。
遅延の少ない2.4GHz帯のワイヤレスでUSBレシーバーを差し込めば無線で使えます。通信の範囲は約15mまで安定したワイヤレス接続を実現しています。

音質は直径50mmのドライバーを搭載しておりFPSゲームでは迫力のあるサウンドが楽しめます。周波数特性が20Hz~20kHzで低音域も再生することができます。
DTS Headphone:X 2.0による7.1サラウンドサウンドに対応しており立体音響でゲームが楽しめます。
マイクは単一指向性(カーディオイド)で周囲の雑音が入りにくく集中して通話が可能です。

合成⽪⾰のイヤーパッドで耳への付け心地も良いですね。

スペック

  • 型番:G933s
  • LIGHTSYNC RGBライト:約1,680万⾊
  • サイズ:高さ 195mm / 幅 188mm / 奥行き 87mm
  • 重量:379g

価格:¥14,500
(価格は変動します。)

ソニー PS4 純正ヘッドセット


ソニー PS4 純正ヘッドセット
ソニーのPS4 純正ヘッドセットでプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15005)です。PlayStation 4でFPSゲームで遊んでいるかたにおすすめです。全方位からの立体的なサウンドを楽しめます。
3Dオーディオに対応しており7.1チャンネルバーチャルサラウンドで没入感のあるゲーミングを楽しめます。

マイクの性能は雑音を抑えるノイズキャンセリングマイクなので、ノイズのないサウンドでボイスチャットができます。

価格:¥19,800
(価格は変動します。)

安いゲーミングヘッドセット ARKARTECH G2000

安いゲーミングヘッドセット ARKARTECH G2000
安いゲーミングヘッドセットでARKARTECH G2000です。3000円以下で購入できるコスパの良いモデル。
高いヘッドセットに比べればデザインはいまいちですが最低限の機能性はあります。
50mmのネオジムマグネットドライバーを搭載しており迫力のある音質です。
ノイズ低減マイクを搭載しています。雑音を軽減するのでFPSでオンライン通話がしやすいですね。

予算を抑えてリーズナブルにヘッドセットを購入したいかたにおすすめです。

価格:¥2,960
(価格は変動します。)

JBL QUANTUM 100 ゲーミングヘッドセット エントリーモデル


JBL QUANTUM 100 ゲーミングヘッドセット エントリーモデル
JBL QUANTUM 100はゲーミングヘッドセットのエントリーモデルです。
購入しやすい安い価格帯で、FPSゲームの初心者のプレイヤーの方におすすめです。3.5mmステレオミニジャックの有線接続なので設定も簡単ですね。

直径40mmのドライバーユニットを搭載しており、空間的なサラウンドサウンドが楽しめます
マイクは取り外し可能な全指向性のブームマイク。ヘッドバンドの頭部への締めつけ感も少なく長時間でも快適です。

PCはwindowsとMacに対応しています。ゲーム機はPlaystation、Xbox、Nintendo Switchで使えます。

スペック

  • 重量:約220g
  • 周波数特性:20~20kHz
  • インピーダンス:32Ω

価格:¥3,873
(価格は変動します。)

Corsair HS75 ゲーミングヘッドセット


Corsair HS75 ワイヤレスゲーミングヘッドセット
コルセアのゲーミングセットでワイヤレスのCorsair HS75 XBです。
無線接続でも低遅延でゲームが楽しめます。「CA-9011222-AP SP961」はXboxライセンス取得品になっており高音質です。

Dolby Atmosによりどこから敵の足音が聴こえるか方向がわかるのでFPSゲームでおすすめです。
チューニングされた直径50mmのドライバーを搭載しておりネオジム磁石ドライバーにより低音も迫力のあるサウンドが楽しめます。
単一指向性のノイズキャンセリングマイクで音声チャットもできますね。

ヘッドバンドの構造としてアルミを採用しており耐久性があり重量も軽く、330gになっています。
バッテリー寿命は最大20時間です。

価格:¥13,244
(価格は変動します。)

HyperX Cloud Revolver S


HyperX Cloud Revolver S
HyperX Cloud Revolver Sは、7.1ch Dolbyサウンドに対応しているヘッドセットです。
スタジオ品質の50mmドライバーを搭載しており、FPSゲームの広いフィールドでも遠くの音を聞き取ることができます。爆発音や銃の発砲音など距離や奥行きが正確に再生されます。

マイクはTeamSpeakとDiscordに認定されており、USBのサウンドカードでノイズを低減することができます。接続は4曲の3.5mmプラグもあるのでPS4やXboxだけでなくPCでも使えます。
USBオーディオコントロールボックスにはDSPサウンドカードを搭載しているので、音質にこだわるプレイヤーさんにおすすめです。

価格:¥9,980
(価格は変動します。)

EPOS GSP670 Bluetooth対応ゲーミングヘッドセット


EPOS  GSP670 Bluetooth対応ゲーミングヘッドセット
EPOS(ゼンハイザー)のGSP670は、Bluetooth対応のワイヤレスゲーミングヘッドセットです。
ローレイテンシーで低遅延の技術によりスマートフォンでFPSゲームをするかたでも音の遅れがなく快適にゲームをプレイできます。
接続するときにはヘッドセットを20cm以内にスマホなどのデバイスを設置をしてペアリングします。
A2DPのプロファイルに対応しており高音質で音を再生できるのが特徴です。周波数特性は10Hz~23,000Hzの幅広い音域に対応しています。
マイクはブームマイクで跳ね上げることでミュートにすることができます。

レビューではGSP350と比べてワイヤレスになったことで離れて使えるのが良いという評価があります。

価格:¥38,000
(価格は変動します。)

FPSのヘッドセットで足音を聴く設定

FPSでは足音を相手よりも早く察知できるように、ヘッドセットで足音を聴けるように設定するようにしましょう。
敵の方向や定位感など音を聞きやすくする方法は2つあります。

まずひとつ目はイコライザーで足音が聞きやすい音にバランスを調整するということです。敵が遠くから近づいてくるのがわかるようにサウンドを調整します。
イコライザーで足音が聞きやすい音にバランスを調整する

そして2つ目には音源の出力レベルを調整するということですね。どこから敵の足音が聞こえてくるか方向を調整します。左右はわかりやすいですが、前から敵がきているか後ろからきているか把握できるようにします。
どこから足音が聞こえてくるか方向を調整
聞きやすいように環境を整えることでゲームの時のやりやすさが変わってきます。

Logicool G ゲーミングヘッドセットの場合にはソフトウェアで調整することができます。

まとめ

FPSに適したゲーミングヘッドセットは1000円ぐらいの安いものとは音が違います。
やはり、サラウンド対応していると敵の位置が足音で把握しやすくなります。

マイクでは自分の話している内容が仲間に伝わるようにノイズキャンセリング付きのものを選ぶことをおすすめします。FPSゲームではApex Legendsのようにフレンドとボイスチャットする場合には円滑にコミュニケーションがとれた方が楽しめます。

FPSでボイスチャットを楽しむならスピーカー+ヘッドフォンよりも、ヘッドセットが便利ですね。ちなみに、モニター用のヘッドホンでは原音に忠実なサウンドで聴くことができますが、低音などが再生されるようにチューニングされたゲーミング用ヘッドセットの方が臨場感があるゲームを楽しめます。

ゲームが好きな方には、ゲーム用メガネもおすすめです。

●FPSゲーム関連商品
FPS ゲーミングキーボード

FPS ゲーミングPC

ゲーミングイヤホン
Apex Legends ヘッドセット

ゲーミングアンプ

PS5 ヘッドセット

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて商品の価格とスペックについて、ご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)