軽量なヘッドセットおすすめ7選! 選び方も【2020年】

軽量なヘッドセット

軽量なヘッドセットは長時間使っていても疲れにくく快適です。マイクで通話しやすいノイズキャンセリングを搭載しているヘッドセットもあります。
Web会議などSkypeなどでコミュニケーションをとるのに良いですね。軽いゲーミングヘッドセットはゲームでボイスチャットをする時に便利です。

ヘッドセットが軽いおすすめモデルをご紹介しています。
購入するときに選ぶご参考になれば幸いです。

軽量なヘッドセットの選び方

軽量なヘッドセットの選び方

出典:Sennheiser

軽いヘッドセットはZoomやSkypeのようにビデオ通話をするタイプとゲーミング用に分かれます。
通話サービスで使うモデルなら150g前後が軽量といえます。
ゲーム用の場合には音質が良くドライバー(スピーカー)サイズが大きいため350gぐらいなら軽いですね。

接続方式は2.4GHzやBluetoothのワイヤレスと、USBや3.5mmの有線接続があります。
重さで探すならワイヤレスはバッテリーを積んでいる分、やや重くなります。
少しでも軽いほうが良い場合には有線を検討しても良いと思います。

音質は軽量であるほど出力できる音の幅は狭くなります。
理由はドライバーサイズが小さくなりイヤーカップもコンパクトになるためです。
7.1サラウンドサウンドのような低音域、中音域、高音域までオーディオ品質で聴けるヘッドセットはドライバーサイズも大きくなるため少し重くなります

イヤーカップ部分の構造としては密閉型と開放型があります。ヘッドホンと違って明らかにされていない場合も多いです。
密閉型は低音まで聴きやすいです。開放型の場合には音漏れの可能性もありますが高音の音が伸びやかというメリットもあります。

マイクはノイズを軽減するノイズキャンセリングマイクを搭載しているモデルは通話がスムーズです。
相手側もこちらの話しが聞こえやすくなるのでオンラインでのコミュニケーションが円滑になります。

目的によって選べば軽量なヘッドセットが選びやすくなりますね。

軽量なヘッドセットのおすすめ

サンワサプライ MM-HSU11BK


サンワサプライ MM-HSU11BK
サンワサプライの軽量なヘッドセットでMM-HSU11BKです。
重量は135gと軽くて長時間でも快適。Skype対応に対応しており手元スイッチでマイクミュートやボリュームの調整ができます
ヘッドホン部はステレオの両耳で直径28mmのダイナミック型ドライバーです。
マイクは周囲の雑音が入りにくい単一指向性でブームマイクを口元に近づけて話します。

対応OSはWindows、Mac、ChromeOSで使うことができます。
接続はUSB-Aの有線タイプです。

価格:¥8,345
(価格は変動します。)


ゼンハイザー PC8.2


ゼンハイザー PC8.2
ゼンハイザー (Sennheiser)のPCヘッドセットでEPOS VoIP PC 8.2 USBです。
重さは130gで持ち運びもしやすい形状です。
ノイズキャンセリングマイクを搭載しておりリモートワークなど通話で使いやすいヘッドセットです。
ドイツのメーカーらしくシンプルなデザイン。マイクを使わない時には折りたたむことも可能になっています。
USB接続でパソコンで使うのに最適。インラインコントローラーで操作ができます。

● 選ぶポイント

  • 130gの軽量なヘッドセット
価格:¥9,000
(価格は変動します。)


Jabra EVOLVE 65


Jabra EVOLVE 65
JABRAのワイヤレスヘッドセットで「Jabra EVOLVE 65 UC Stereo」です。
重さは160gでヘッドバンドやイヤーパッドがしっかりしているので装着感が良いヘッドセットです。
Bluetooth接続でパソコンやスマートフォン、タブレットなどで使えます
バッテリーは1回の充電で約14時間連続使用することが可能です。

パッシブノイズキャンセリングと通話中を知らせるビジーライトが付いています。

● 選ぶポイント

  • ワイヤレスで使える軽量なヘッドセット
価格:¥20,800
(価格は変動します。)


ロジクール H390


ロジクール H390
ロジクールのヘッドセットでH390 USB COMPUTER HEADSETです。
重量は197gで軽い仕様です。
ノイズキャンセリングマイクを搭載しておりクリアな通話が可能になっています。
ドライバーはレーザーチューニングされており聴きやすいサウンドで音楽を楽しむこともできます。
ケーブルにはシンブルなインラインコントロールがあり音量をコントロールをしたり通話のミュートも可能です。

PCにプラグ&プレイ接続でUSB-Aのポートに差し込むだけで使えます。

● 選ぶポイント

  • 197gと軽いロジクールのヘッドセット
価格:¥3,450
(価格は変動します。)


ゼンハイザー GSP 670


ゼンハイザー GSP 670
ゼンハイザーのGSP 670でゲーミングヘッドセットです。
重量は350gです。ワイヤレス接続ですが低遅延(ローレイテンシー)でゲームをプレイすることができます。
対応はWindowsのみで、専用のソフトウェア「Sennheiser Gaming Suite」をカスタマイズすることで7.1サランウンドサウンドが楽しめます
立体音響でゲームや映画を楽しみたいかたにおすすめです。
ノイズキャンセリングマイクでゲームでボイスチャットをする時にも便利ですね。

7.1chはパソコンのみですがPS4で使うことも可能です。
Low-latency Connection / Bluetooth接続に対応しています。

● 選ぶポイント

  • 350gでやや軽い本格的なゲーミングヘッドセット
価格:¥44,226
(価格は変動します。)


Logicool G G933s


Logicool G G933s
Logicool Gのゲーミングヘッドセット「G933s」で重量は379gです。
ゲーミング用ではどちらかといえば軽量なほうですね。
ドライバーが大きめで直径50mmのスピーカーを搭載しておりDolby 7.1chのサウンドで臨場感のある音質です。

対応しているゲーム機はPS5 PS4 Switch、スマートフォンで使えます。PCはWindowsとMacで使用できます。
無線接続の2.4GHzのワイヤレスで使うことが可能で、バッテリーは最大で12時間連続してプレイできます。
USB DACまたは3.5mmケーブルも使えます。
LIGHTSYNCでRGBライティングも可能になっています。

単一性の折り畳み式マイクでノイズキャンセリングの仕様です。

● 選ぶポイント

  • 豊富な接続方法で幅広いデバイスで使えるヘッドセット
価格:¥13,227
(価格は変動します。)


Razer Kraken X PS4対応


Razer Kraken X PS4対応
ゲーマーさんにおなじみのRazer(レイザー)のゲーミングヘッドセットです。
250gと軽量でゲーム用としては軽いです。ドライバーは直径40mm、7.1 サラウンドサウンドで音響を楽しめます。

3.5mmステレオミニジャック(4極)で有線接続する方式。PS4、任天堂 Switch、Xbox One、モバイルデバイスで使うことができます。
スプリットケーブルが同梱しておりPC、Macにも対応しています。
カラーはブラック、コンソール(内側が青)、Mercury White(白)から選べます。

● 選ぶポイント

  • 250gで軽量かつ音質が優れたヘッドセット
価格:¥7,119
(価格は変動します。)

まとめ

軽量なヘッドセットを選ぶ時にはゼンハイザー、ロジクール、Razer、Jabraから探すと良いです。
理由としては基本性能に優れたメーカーで種類を多く製造しているので軽いモデルが見つかりやすいということが上げられます。
ワイヤレスは通話のときにコードを気にしなくてもすみます。有線接続なら話すときに遅延がないので快適に話せますね。


軽量なヘッドセットの関連情報
ロジクールのヘッドセット
ビジネス向けのヘッドセット