AKRacingのゲーミングチェアがおすすめ【2020年最新】

AKRACINGのゲーミングチェアがおすすめ

AKRacingのゲーミングチェアがおすすめです。
e-sportsの会場でも見かけるのがAKRacing(エーケーレーシング)のチェアです。
人間工学で設計されたシートなので、集中して長時間ゲームをするならゲーム用の椅子は疲れにくく快適です。

Pro-XシリーズやNITROシリーズ、Wolfシリーズが人気のゲーミングチェアを徹底解説しています。

AKRacingのゲーミングチェア

AKRACING(エーケーレーシング)は欧米や中国などで人気のあるゲーミングチェアです。
日本でもCMなどで見かけることも多くなり販売されてからまだ数年ですがAmazonのレビューでは評判が良く、ゲーマーに定番のチェアになっています。どの機種にもランバーサポートとヘッドレストのクッション付いているのでリラックスできます。

ゲーミングチェアの選び方としてはシリーズごとに機能が異なります。どこまで調整したいか購入するときの予算にも関係してくるので性能の特徴をチェックすると良いですね。

特徴としてハイバックの背もたれは、ほぼ水平のフルフラットになり、180度までリクライニングできます。仮眠で寝ることもできますね。ゲームや勉強などで疲れたらゆっくり休憩したい方におすすめです。

色は赤や青だけでなくブラックやホワイトなど選びやすいカラーがあるのもAKRACINGの良いところですね。

アームレストは2タイプあります。

  1. アームレスト : 上下の高さを調整する昇降
  2. 4Dアジャスタブルアームレスト:高さ・前後のスライド・左右・回転の調整が可能

AKRacing ゲーミングチェア Pro-X V2

AKRACING ゲーミングチェア Pro-X V2
「Pro-X V2」はPro-Xのさらに改良されたタイプで、AKRACING(エーケーレーシング)のゲーミングチェアのなかでもハイエンドなモデルです。ゲーミングチェアは高密度モールドウレタンフォームなど高品質なパーツが使われています。耐久性のあるPUレザーで高級な座り心地です。

椅子は最大で180°リクライニングができるのでゲームに疲れた時に休息することもできます。ここまでベッタリと倒すことができるゲーミングチェアはほとんどありません。また、ゆりかごのようなロッキング機能が搭載されています。

PRO-X V2は男性のゲーマーでも快適なゲーミングチェアです。
椅子は少し大きめで体格の良い男性でもゆったりと座れます。

ちなみに背が低い方や女性の方には、日本人の体型にあうバウヒュッテのゲーミングチェアもおすすめです。

便利なのが4Dアームレストで、前後や高さなどが自由に設定できます。
ゲーマーにとって使いやすく安定する肘の位置をきめられることは重要です。

楽天のショップとAmazonの両方で販売されており価格も同じぐらいなのでどちらで買ってもOKですね。
カラーは4色から選べます。RED 赤、BLUE 青、WHITE 白、GREY 灰です。

価格:¥54,321
(価格は変動します。)


AKRacing ゲーミングチェア Nitro V2

AKRacing ゲーミングチェア Nitro V2
AKRacing ゲーミングチェア Nitro V2は2020年の新作です。
人気はRED(赤)ですが、その他、オレンジやブルー、ホワイト、グリーンなどがあります。

座面は少し深いので奥まで腰をかけた時にかかとが床に付かなくなるかもしれないので身長が低いかたはご注意ください。身長が170cm以上あるかたなら大丈夫だと思います。

Nitro V2はスタンダードモデルとしてPUレザーが耐久性が高くなりアップグレードされました。
リクライニング機能はフルフラットまで背もたれを倒せるゲーミングチェアでフルフラットになります。
機能とデザインはAKRacingらしさが全開でパワーアップしています。

eスポーツの競技会場でもNitro V2に変更されていきそうですね。

日本語の組み立てマニュアルが付属しています。

価格:¥44,033
(価格は変動します。)

AKRacing ゲーミングチェア WOLF

AKRACING ゲーミングチェア WOLF
AKRacing WOLFのゲーミングチェアは通気性の良いファブリックの生地を採用しています。
速乾性のあるポリエステルで汗をかきやすいひとはレザーよりも布のWOLFがおすすめ

シートの素材はひとによって好みが分かれるところです。
布のゲーミングチェアは肌触りが良く、通気性に優れているため蒸れにくいというメリットがあります。
デメリットはゲーム中にジュースをこぼしてしまったら、布なのですぐに拭き取る必要があります。ファブリックでも黒なら汚れも目立ちませんね。

ヘッドレストは頭を支える枕で、少し椅子を倒したときに頭や首の負担をやわらげるのであると楽です。
ランバーサポートと同様に姿勢を正しくして座るためのクッションです。勉強するゲーミングチェアとしても使いやすいですね。

耐荷重は150kgまででしっかりした構造になっています。
静音性に優れたキャスターを搭載しており床を傷つけにくい素材を採用しています。

価格:¥40,303
(価格は変動します。)

AKRacing ゲーミングチェア OVERTURE

AKRACING ゲーミングチェア OVERTURE
AKRacing(エーケーレーシング)のOVERTUREはクッション性に優れたゲーミングチェアです。ガタつきの無い安定感が抜群の椅子でゲームに集中することができます。

アームレストは昇降機能が付いており楽な姿勢で肘や腕をおけます。180度まで背もたれをリクライニングできるのでリラックスできます。

特にゲーマーやプログラマーなどずっと椅子に座っている方は腰痛に悩まされることも多いでしょう。
OVERTUREなら正しい姿勢で座りやすく、肩こりや腰の痛みも無くなったという声があります。
それはレザー素材で柔らかすぎず座面が快適だからです。
ランバーサポートで腰椎を支えることができるため座る姿勢も快適です。

少し背もたれを傾けることで心地良くゲームプレイできますね。カラーバリエーションが多く好きな色が欲しいというかたにおすすめです。

価格:¥46,112
(価格は変動します。)

AKRacing Premium

AKRacing Premium
AKRacingのゲーミングチェアの中で最高品質なモデルが「Premium」です。Nitro V2と比べると落ち着いた印象です。
Raven(レイブン)AKR-PREMIUM/LOW-RAVENは低座面タイプで、フローリングの床に傷を付けにくいPU(ポリウレタン樹脂)製キャスターになっておりストッパー機能が付いています。しっかり固定できるので、リクライニングをした時に安定感があります。

小さな傷があるとマイナスのレビューもあるので、チェアを注文して届いたら傷がないかチェックが必要です。

AKRacingの中では6万円以上する最高クラスのゲーミングチェアです。
座面にはチルト機能が付いており他のチェアとの違いは通常よりも少し柔らかめのクッション性。座り心地にこだわりたいかたにおすすめです。

デザインはゲーミングチェアらしさは残しつつシンプルなので、ゲームだけでなくオフィスでも使える仕様になっています。
AKRacingの上位モデルなので品が良いですね。

色はレイブン、シルバー、カーボンブラックから選べます。

価格:¥61,523
(価格は変動します。)

AKRacing ゲーミング座椅子 極坐 V2

AKRacing 座椅子
日本に向けた商品が、AKRacingのゲーミング座椅子です。
低いデスクを使っている方におすすめです。
AKRacingの極坐(ぎょくざ)V2(Gyokuza V2)は床に配置するゲーミングチェアで早くからリリースしています。
結構人気があってGTRACINGでも座椅子タイプのゲーミングチェアを販売しています。

下が畳だったりすると通常のゲーミングチェアだとキャスターが引っかかることもあります。
そもそもローテーブルでは使えないので、机やディスプレイが低い環境ならゲーミング座椅子が便利です。

価格:¥44,033
(価格は変動します。)

AKRacing ONE PIECE

AKRacing ONE PIECE
AKRacingのゲーミングチェアでワンピースのコラボレーションモデルです。
背もたれと座面にロゴマークが入っています。

麦わらをかぶった海賊の漫画でおなじみですね。
特別なモデルは、人気のあるキャラクターから売り切れていくのでワンピースが好きな方にはおすすめです。

AKRacing ONE PIECEモデルの色とキャラクター

  • ルフィ(赤)
  • ゾロ (緑)
  • サンジ(青)
  • ナミ (橙)
  • チョッパー(ピンク)

日本語組立マニュアルと工具が付属しているので組み立ては15分~30分ぐらいでできます。

スペック

  • 寸法:座面幅: 39cm
  • 座面奥行: 50.5cm
  • 全高: 128~135cm
  • 座面下高さ: 35~42cm
  • 座面厚さ: 10cm
  • 製品3年保証

価格:¥44,800
(価格は変動します。)

AKRacing NITRO

AKRACING NITRO
AKRacingのNITROは、人間工学に基づいて作られたゲーミングチェアです。
包み込むような座り心地で長時間のゲーミングでも背中や腰が痛くなりにくいのが特徴です。
ヘルニアを抱えているひとも使い続けられるのは座り心地が良いからです。

ヘッドレストも付いており、レバーを引けば、180°のリクライニングも可能です。

ガスシリンダーで座面を昇降できるのも良いですね。
NITROはメタルフレームなので長時間のゲーミングでも耐久性のあるタイプです。

※現在は販売されていません。

AKRacingとは?

AKRacingとは
AKRacing(エーケーレーシング)は20年以上前に中国で設立された会社です。もともと、本物のレーシングシートを生産していたメーカーで、ゲーマー専用のゲーミングチェアを作るようになりました。

椅子のデザイナーが300種類以上あり厳選して生産されているのもAKRacingの特徴です。人間工学に基づいて人の背骨に沿ってデザインしていくため、ホールド感に優れています。

ゲーミングチェアの先駆けのような会社で、ゲーマーのための快適なゲーミングチェアを追求しています。

まとめ

AKRacingのゲーミングチェアはゲーミングに最適です。人気があるWolfはYAHOO!ショッピングでも購入できます。
ネットで王座と呼ばれほどのクオリティですね。

Premiumは購入する時に組み立て式かどうか選べるモデルもあります。
「組立済み」の場合には1万5千円ぐらい高くなるので自分で組み立てた方が安く買えます。
それほど大変な作業ではないので自分で組み立てた方が良いでしょう。

AKRacingと同じぐらい人気があるのがGTRACINGのゲーミングチェアです。価格を比較するとGTRACINGの方が安いですね。

ただ性能的にはAKRacingは180°まで椅子の背もたれが倒れるのに対して、GTRACINGでは背もたれの最大角度が165°までのリクライニングになります。
予算をおさえるため、安いゲーミングチェアのほうが良いという初心者の方には、GTRACINGを選ぶのも良いと思います。

AKRacingと比較されることが多いのがDXRACER ゲーミングチェアです。

AKRacingには収納式のフットレストが付いていないので、オットマン付きゲーミングチェアを選ぶという選択肢もありますね。
フットレストが付いて安いゲーミングチェアならDowinxも評判が良いです。

ゲーミングチェアの関連情報
チェアを組み立てて配置する時にはチェアマットがおすすめです。
AKRacingのゲーミングチェアも重いので床を傷から守りましょう。

ゲーミングチェアとオフィスチェアの違いを解説しています。長く座るならゲーミングチェアが便利ですね。
プロ向けのゲーミングチェア
高級 ゲーミングチェア