ゲーミングチェアのファブリックとPUレザーのメリット・デメリット

ゲーミングチェアのファブリックとレザー

ゲーミングチェアの素材はファブリックとPUレザーはどっちが良い?
ファブリックとレザーはどちらが良いかメリットとデメリットをあげています。通気性や耐久性など気になるところを解説しています。

それぞれおすすめメーカーのゲーミングチェアをご紹介しています。
製品によってリクライニングの角度やオットマン付きの搭載の有無など機能も違うので、どうぞご参考ください。

ゲーミングチェア「ファブリック」と「レザー」の選び方

ゲーミングチェア「ファブリック」と「レザー」の選び方

出典:GTRACING

ゲーミングチェアはファブリックとレザーの素材があります。
どちらを選べば良いのかそれぞれ、メリットとデメリットを上げています。

ファブリックのメリット・デメリット

ファブリック(布製)のゲーミングチェアのメリットは通気性が良いということです。
蒸れにくいので夏場の暑い時や汗をかきやすいかたにおすすめです。
素材はポリエステル繊維を使っている機種が多く肌触りも良いです。座り心地は少し背もたれを倒した時に体が滑りにくく体勢が安定してゲーミングできるというのもメリットです。

デメリットは汚れた時に目立ってしまう点です。ですのでファブリックのゲーミングチェアで真っ白というのは存在しません。
万が一ジュースをこぼして汚れてしまった場合には、固く絞ったタオルで軽くポンポンと叩いて汚れをとります。

PUレザーのメリット・デメリット

PUレザーのゲーミングチェアは主流です。
ポリウレタンや塩化ビニル樹脂の合成皮革で耐久性があるのがメリットです。

デメリットはPUレザー(合皮)は蒸れやすいということです。そのため、小さな穴が表面に開いている「パンチングPUレザー」を搭載しているモデルもあり、下で紹介している「noblechairs EPIC」などがあります。
また、直射日光にいつも当たる場所に置いておくとゲーミングチェアのPUレザーは経年劣化するので、椅子の置き場所によってはファブリックを選んだ方が良いですね。

ゲーミングチェア ファブリックのおすすめ

DXRacer ファブリックのゲーミングチェア


DXRacer ファブリックのゲーミングチェア
DXRacerでファブリックのゲーミングチェアです。肌触りが良い布の生地を使っています。
背もたれや座面がポリエステルの布地で通気性があります
フォーミュラシリーズは、ブラックまたはレッドから選べます。

リクライニングは最大150度まで背もたれを倒すことができます。
身長は155cm~175cmの方が使える仕様です。

●選ぶポイント

  • 身長が低い方でも使えるファブリックのゲーミングチェア
価格:¥29,800
(価格は変動します。)


Dowinxゲーミングチェア ファブリック(布張地)


Dowinxゲーミングチェア ファブリック(布張地)
Dowinxのゲーミングチェアで伸縮可能のオットマンが搭載されています。
ハイバックでリクライニングは170度まで倒せるので脚を伸ばして使うと快適です。

メッシュのようなファブリック(布張地)で通気性がある素材を使っています。
色合いも優しくソファーのような印象ですね。
カラーは、グレー&ブルー、スカイブルー、ブラックから選べます。

●選ぶポイント

  • 170度までリクライニングできるファブリックのチェア
  • 脚を置けるオットマンが付いている
価格:¥19,700
(価格は変動します。)


バウヒュッテ(Bauhutte) ゲーミングチェア ファブリック


バウヒュッテ(Bauhutte) ゲーミングチェア ファブリック
バウヒュッテのゲーミングチェア。ポリエステル100%のファブリック張りです。
日本のブランドで人気があり売り切れになる場合が多いです。

ひじ掛けは上下に高さを変えられる「3D稼働アームレスト」が特徴です。肘でゲーミングの操作を安定させたい時に便利です。
リクライニングは最大135度です。

ランバーサポートとヘッドレストは立体クッションになっており座りやすい形状です。

●選ぶポイント

  • 肌触りの良いポリエステル100%の張り素材
価格:¥35,800
(価格は変動します。)

ゲーミングチェア レザーのおすすめ


GTRACING ゲーミングチェア PUレザー


GTRACING ゲーミングチェア PUレザー
PUレザーのゲーミングチェアはGTRACINGが有名です。色も豊富で2万円以内で買える機種ですが、高級感のある素材です。初心者のエントリーモデルとしてもおすすめです。

リクライニングは165度まで背もたれの角度を変えられます。人間工学を基に設計されておりフィットする3D形状。腰のクッション(ランバーサポート)もあるので腰痛の方にも使いやすいですね。

●選ぶポイント

  • 高級感があるPUレザーのゲーミングチェア
価格:¥17,800
(価格は変動します。)


AKRacing ゲーミングチェア


AKRacing ゲーミングチェア
AKRacingのゲーミングチェアは高級な機種です。

PUレザーは耐久性があり10年間の使用テストに合格している素材が使われています。
レザーの摩耗や劣化、昇降機構でも1年は保証しており、それ以外は3年感保証しています。

180°までリクライニングできるフルフラット対応。耐荷重は150kgなので頑丈です。

●選ぶポイント

  • 高品質なPUレザーのゲーミングチェア
価格:¥54,321
(価格は変動します。)


noblechairs ゲーミングチェア PUレザー


noblechairs ゲーミングチェア PUレザー
noblechairsのEPIC ゲーミングチェアです。
ドイツの「Caseking」ブランドでメルセデス・ベンツのデザインチームとコラボレーションをしたりすることもあります。

素材は通気性のあるパンチングレザーを採用しています。また、一般的には0.9mmの素材ですがnoblechairsでは1.5mmの耐久性があるPUレザーを使っています。

●選ぶポイント

  • 蒸れにくいパンチングのPUレザーのゲーミングチェア
価格:¥50,722
(価格は変動します。)

まとめ

ファブリックとPUレザーの生地についてそれぞれゲーミングチェアをご紹介しました。

どちらが良いかいえば個人的にはPUレザーがおすすめです。ファブリックで気にいったものがあれば良いのですが、PUレザーの方が主流なので選べる種類が多いからです。
確かに通気性が悪いので多少は蒸れますが、エアコンを付けられる環境であればそれほど気になりません。
暑い時期はファブリック素材は通気性があるので快適です。布張りの場合は日焼けをしないように購入したあとは直射日光を避けて設置をした方が良いですね。

ちなみに布の方が安いと考えられそうですが、どちらが安いという価格差はあまりなく、ブランドごとの価格差の方が大きいです。ですので最終的には好きな方を選べば良いと思います。


関連情報
ゲーミングチェアを素材で選ぶならメッシュのオフィスチェアもおすすめです。ハイバックでリクライニングができる機種もあります。

ゲーミングチェアは身長とサイズなど座面の高さも大事ですね。

ゲーム用椅子