ゲーミングチェアのメーカーおすすめ12選! どこの国? 2022年版

ゲーミングチェアのメーカー

ゲーミングチェアをメーカーごとにおすすめのモデルと合わせてご紹介しています。日本のメーカーなら少し座面が低めで座りやすいチェアが多いです。中国のメーカーは価格が安いゲーミングチェアやAKRacingのようにグローバルで人気のあるメーカーもあります。
特徴や主要のシリーズも一覧でまとめていますので選ぶ時のご参考になれば幸いです。

ゲーミングチェア メーカーの選び方

日本企業のメーカー

日本企業のメーカー

出典:Contieaks(コンティークス)

ゲーミングチェアのメーカーには日本企業のメーカーもあります。
日本ではバウヒュッテ、Contieaks、オカムラなどがあり品質やサポートも安心して使用できます。メーカーによっては企画は日本で生産は中国の場合もあります。
中国のメーカーでもAKRacingやGTRACINGは人気があり日本製以外のメーカーも合わせて検討することをおすすめします。

価格で選ぶ

価格で選ぶなら中国のメーカーが安いです。ゲーミングチェアの場合には中古品が少ないため、新品で予算を抑えたい場合には価格の安いモデルを選ぶと良いですね。
各メーカーでエントリーモデルがあり、アームレストが昇降機能のみだったりフットレストが付いていないシンプルなモデルがあります。

製品の機能で選ぶ


用途で選ぶ

出典:AKRacing(エーケーレーシング)

用途では長時間ゲームをするために使うのであれば、プロゲーマーが使うような4Dアームレストを搭載しているゲーミングチェアが便利です。機能はメーカーだけでなく製品のシリーズによって違う場合もあります。

仕事で使う場合には疲れた時にリラックスできるタイプが良いですね。リクライニングで背もたれが180度倒せて仮眠できるようなモデルもあります。

勉強では座面が前傾になるタイプがおすすめです。前に傾くので机に向かうときに太ももが圧迫しないメリットがあります。

ゲーミングチェアのメーカーのおすすめ

Gtracing : ジーティーレーシング株式会社


Gtracing
Gtracing(ジーティーレーシング)は2011年創業のゲーミングチェアメーカーです。
中国のブランドで、日本ではGTRACING JAPANが販売しています。

ゲーミングチェアのデザインは近未来的なのが特徴でハイバックの背もたれは立体的になっています。GT002の場合にはリクライニングの角度は165°まで対応しています。

人気があるメーカーでゲーミングチェアのランキングでは1位になっています。(Amazon 2022年6月1日の時点)
高品質で価格が安いのも売れているポイントですね。

中国 上海
主な製品GT002 / GT901 / GT890
事業メーカー
資格

● 選ぶポイント

  • 世界的で年間76万台売れた人気のゲーミングチェア(2018年 GTRACING)


AKRacing : エーケーレーシング


AKRacing
AKRacing(エーケーレーシング)は2000年創業のメーカーでレーシングシートを手掛けていた歴史があります。ヨーロッパやアメリカを中心に展開。日本での代理店は本社が東京にあるTEKWIND(テックウインド)になっています。CMでは本田翼さんが起用されているゲーミングチェアですね。

人間工学に基づいてデザインされたシートが魅力です。立体的な形状をしているので、姿勢をキープして座ることができます。モールドウレタンということもあり、クッション性が高く座り心地には一定の評価を受けています。
さらに、リクライニングが180°まで背もたれを倒せるのが特徴で、フルフラットになります。4Dアームレストで高さ調整や前後・左右・回転ができて高機能です。
他のメーカーと比較して保証期間が3年間と長いのもポイントですね。

ネットなどでのレビューでは満足しているという口コミが数多くみられます。

中国
主な製品Premium シリーズ、Pro-X V2 シリーズ、OVERTURE シリーズ、Nitro V2 シリーズ、Wolf シリーズ、極坐 V2 シリーズ
事業メーカー
資格

● 選ぶポイント

  • 座り心地が良い定番のゲーミングチェアブランド


Bauhutte : バウヒュッテ


Bauhutte : バウヒュッテ
Bauhutte(バウヒュッテ)はビーズ株式会社のゲーミング家具ブランドです。本社は大阪府にありゲーミングチェアやデスクなどを企画・開発しています。

日本人向けの低座面な設計が特徴で、背が低いかたでも座れるようになっています。推奨身長が150cm~180cmぐらいのチェアが多く、日本人なら幅広く座ることができます。

腰の位置で使えるクッションでランバーサポートと、頭を支えるヘッドレストが付いています。

他のメーカーと違いゲーミングソファーなど独自の製品があります。

日本
主な製品RS-950RR / G550 / G530
事業企画・開発
資格

● 選ぶポイント

  • 女性や背が低いかたでも座りやすいゲーミングチェア


Contieaks(コンティークス) : 株式会社関家具


Contieaks
Contieaks(コンティークス)は株式会社 関家具のゲーミング家具ブランドです。1968年創業の日本のメーカーで本社は福岡にあります。ロゴのデザインが良い感じですね。

体格に合わせて細かくサイズがあるのが特徴で、小柄なかたから恰幅の良いかたまで座れるゲーミングチェアがあります。パンチングレザーやファブリック(布)素材など生地のバリエーションが多いですね。
また、耐久性が高く耐荷重は150kgまで対応しているモデルもあります。

eスポーツのゲーム大会でも使われています。

日本
主な製品Rosa(ローザ)、Eiger(アイガー)、Roussel(ルセル)、Shastina(シャスティーナ)、Titlis(ティトリス)
事業商社 / メーカー / 工場
資格ISO9001(品質)

● 選ぶポイント

  • 日本の家具メーカーのゲーミングチェア


Dowinx : ドウィンクス


Dowinx
Dowinx(ドウィンクス)は中国のメーカーで価格が安く品質の評判も良いのでおすすめです。

インテリアに合う落ち着いたカラーが特徴でファブリックのモデルが人気があります。脚をのせるオットマンが付いているのでリラックスできますね。
ゲーミングチェアの機能がありますが部屋で使いやすいデザインです。

リクライニングができるので勉強や仕事などで使用するのに最適です。

中国
主な製品6689シリーズ、6688シリーズ、6668シリーズ
事業メーカー
資格

● 選ぶポイント

  • 価格が安く機能的なDowinxのゲーミングチェア


DXRacer :ディーエックスレーサー


DXRACER ゲーミングチェア  Formula スタンダードモデル ファブリック リクライニング  NEW DXR-BKN V2
DXRacerはゲーミングチェアでアメリカを中心に人気があるメーカーです。なかでもFormulaのスタンダードタイプはファブリック(布製)で通気性が良く定番の商品です。
背もたれはレーシングシートのような形状をしておりホールド感のある座り心地が特徴です。
リクライニングはロッキングも合わせると最大で150度まで背もたれをたおせます。

DXRacerのゲーミングチェアの中でもスタンダードなモデルで、初めてゲーム用のチェアを買いたいというかたにおすすめです。
日本人向けのサイズになっており、150cm~180cmの方が使えるように座面を上下に調整できます。

アメリカなど
主な製品FORMULA DXR-BKN V2
事業メーカー
資格

スペック

  • サイズ:幅72x奥行72x高さ121~131x座面高42~52cm
  • 推奨身長:150cm~180cm
  • 重さ:22.3 Kg
  • 耐荷重:100kg

●選ぶポイント

  • 通気性が良く蒸れにくい素材
  • DXRacerで人気のゲーミングチェア


EXRACING : イーエックスレーシング


EXRACING
EXRACINGは国内メーカーで株式会社AMBITIONのブランドのようです。

クロスステッチのシートが特徴で価格が安く2万円以内で購入することができます。初めてゲーミングチェアを使う初心者のかたにもおすすめです。
リクライニングは165度まで、ゆりかごのロッキング機能があります。

日本
主な製品EX-001
事業メーカー
資格ISO9001、ISO14001

● 選ぶポイント

  • 価格が安いゲーミングチェア


noblechairs : ノーブルチェアーズ


noblechairs
noblechairs(ノーブルチェアーズ)ドイツの高級なゲーミングチェアを手掛けるメーカーです。日本では株式会社アーキサイトが代理店になっています。

ゲームタイトルとのコラボレーションやメルセデスとのコラボもあります。PUレザーの手触りが良い張り素材を使用。高密度なウレタンで適度な反発力があるクッションの座面です。

横幅は最大で56cmのゆったりしたデザインでリラックスして座りたいかたにおすすめです。

ドイツ
主な製品ICON SERIES、EPIC SERIES、HERO SERIES
事業メーカー
資格

● 選ぶポイント

  • ドイツブランドの高級なゲーミングチェア


CYBER-GROUND : タンスのゲン株式会社


タンスのゲン
タンスのゲン株式会社は創業1964年で福岡県のメーカーです(生産は中国)。CYBER-GROUNDはゲーミング家具としてブランドを展開しています。

ゲーミング座椅子は人気がありヘッドレストが付いています。素材はPVC生地と通気性の良いメッシュを採用しており蒸れにくいのが特徴です。

取り扱いの製品によっては評価が分かれているようですね。

日本
主な製品Ex-T Sports / GRANTZ / BIRTH / ORGE / GENESIS
事業開発 / 販売
資格

● 選ぶポイント

  • ゲーミング座椅子はローデスクとの組み合わせで便利

ストライカー EX : 株式会社オカムラ


オカムラ ストライカー EX ゲーミングチェア 80GCMZ
株式会社オカムラは1945年創業のオフィスチェアやデスクなどを手掛ける老舗メーカーです。

オカムラ ストライカー EX ゲーミングチェアは「プレイヴェール」が付いているデザインが特徴です。周りの視線を遮ることでゲームに集中することができます。
レビューでは日本の企業なので信頼性が高いという評価があります。

日本
主な製品STRIKER SEATING EX / STRIKER SEATING SD
事業製造 / 販売
資格ISO9001 / JOIFA

● 選ぶポイント

  • 座面が前傾になるゲーミングチェア


KARNOX : カルノックス


KARNOX GENIE ゲーミングチェア
KARNOX HERO GENIEは、ファブリック(布)生地素材のゲーミングチェアです。
カラーバリエーションが多いのが特徴です。紫(パープル)、緑(グリーン)、水色、茶色があります。優しい色合いの雰囲気なので男性だけでなく、女性のゲーマーさんにも使いやすいデザインです。

ロッキングはゆりかごのように25度まで揺らすことができます。リクライニングは最大で155度までです。座面のクッションには超高密度スポンジは非再生ウレタンを採用しています。ヘッドレストやランバーサポートもあるので快適ですね。「LEGEND TR」と比較して違いがあるのがアームレストで、「GENIE」では上下の昇降だけの機能になります。

価格帯は2万円台の製品が多く比較的、導入しやすいですね。

スペック

  • 寸法:幅38cm×奥行54cm×高さ122~131cm
  • 重量:約25kg
中国
主な製品LEGEND / HERO
事業製造 / 販売

● 選ぶポイント

  • おしゃれなゲーミングチェア


Razer : レイザー


Razer Iskur ゲーミングチェア
Razer(レイザー)のゲーミングチェアでIskurシリーズです。世界中のゲーマーに知られているブランドですね。
ブラック & グリーン(RZ38-02770100-R3U1)、ブラック(RZ38-02770200-R3U1)です。機能は同じですがカラーによって価格が異なります。
PVCの多層合成レザーは質感や触り心地に優れています。腰にあてるクッションのランバーサポートは可動式です。大柄な方にはXLのサイズもあります。

アメリカ
主な製品Razer Iskur / Razer Enki
事業製造 / 販売

● 選ぶポイント

  • 高級感のあるゲーミングチェア

まとめ

ゲーミングチェアのメーカーは日本企業や海外のブランドなど様々です。海外の場合は日本のメーカーと違い本社がある国の地域の人に合わせて作られていることが多いです。アメリカやヨーロッパのメーカーの場合には椅子のサイズには注意が必要です。座面の高さと身長が合うかどうかチェックしておきましょう。
座り心地の良いゲーミングチェアがあれば長時間座る環境が整えられるので快適ですね。

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析がモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。