バウヒュッテ(Bauhutte)ゲーミングチェアの評判は?【日本人向けでおすすめ】

Bauhutte ゲーミングチェアはおすすめ

バウヒュッテ(Bauhutte)のゲーミングチェアは、座りやすい製品でおすすめです。

バウヒュッテのゲーミングチェアがおすすめの理由は日本のブランドで安心できるということです。
サイズや構造にも種類があるので、ゲーミングチェアの商品を選ぶときにどうぞご参考ください。

バウヒュッテ ゲーミングチェア選び方

バウヒュッテ ゲーミングチェア選び方

出典:Bauhutte ( バウヒュッテ )

日本のメーカー

バウヒュッテは日本のメーカーで、ゲーミングチェアを中心に”ゲーミング家具”を手掛けています。
ビーズ株式会社という大阪府東大阪市にある会社が運営しており、レビューでも評価に優れたゲーミングチェアのメーカーです。
チェア以外ではゲーミングデスクなどの周辺アイテムを作っています。バウヒュッテはゲーミングの机や椅子で評価も高く、独自の企画しているブランドです。

サイズで選ぶ

サイズは日本人向けに座面の高さが、少し低いモデルもあります。ゲームに集中するためにも、姿勢よく座れる高さを選ぶべきです。
バウヒュッテの定番モデルとしては、「RS-950RR」がありますが、プロゲーマーの製品でも低座面設計です。
もちろん、日本人にとっては十分な高さで、身長は150~181cmに対応しています。低身長な方でもしっかり足が床につくのがポイントですね。

バウヒュッテ ゲーミングチェア

バウヒュッテのゲーミングチェアRS-950RR : プロシリーズ

バウヒュッテのゲーミングチェアRS-950RR : プロシリーズ
バウヒュッテのRS-950RRは日本人向けのゲーミングチェアで低座面設計で、低くすると座面の高さは38cmになるので座ると足も床につきます。日本人の場合は海外の方と比べて体格もひと回り小さいのでぴったり座れるのは良いですね。身長に合わせて高さを調節すれば、小柄な方でも座りやすいです。
「最高性能のゲーミングチェア」をコンセプトに開発されたプロシリーズです。

サイズは幅74cm×奥行67cm×高さ119cm~126cm、座部の高さ:38cm~45.5cmです。
オプションであぐらをかけるオットマンワイド「BOT-700」を選ぶことも可能です。

プロゲーマー向けのゲーミングチェアで長時間ゲームをするかたにおすすめです。

RS-950RRはバウヒュッテの中でもプロシリーズと呼ばれる一番最上位のゲーミングチェアです。クッション性は弾力性が高く耐久性があります。
評判の良いプロのゲーミングチェアとスタンダードなモデルとの違いは、機能性が優れているということです。

 Bauhutte ゲーミングチェアのリクライニング 出典:Amazon

長時間で必ずゲーミングチェアで使うのはリクライニング機能です。
角度は最大で135度まで背もたれを倒して自由な角度で固定できるので、ゲームに疲れたらリラックスできます。休憩をしたり、少し倒して寝たままゲームもできますね。

しかも、RS-950RRの椅子の足にあるキャスターはロックできるのでリクライニングした時に安定します。
他のメーカーではロックできないものもあるので、RS-950RRの良いところ。ゲームに集中する時にも良いです。


4Dアームレスト

RS-950RRのアームレストは4D稼働で位置が自由自在で、レビューでも評判が良いです。
ゲーマーにとって腕の位置は結構大事ですよね。
特にFPSゲームのような撃ち抜くような場合にはマウスの動かし方で勝負が決まったりすることもあります。ゲームをプレイする時にアグレッシブに姿勢を前のめりでゲーミングする方はアームも前に調整すると使いやすくなります。

バウヒュッテのゲーミングチェアなら上下・左右だけでなく前後でも設定できます。
RPGのように長時間リラックスしてゲームをする時にはアームを後ろ寄りにします。
ちょっとゲーミングチェアの背もたれを倒すと姿勢も楽です。


蒸れにくいゲーミングチェア

蒸れにくいゲーミングチェア
バウヒュッテのRS-950RRは座っていて蒸れにくいゲーミングチェアです。
椅子の素材は座って肌に触れたりする部分でもあるのでとても大事です。
特に夏場にゲームをしていると蒸れてくるかどうかは素材によります。
RS-950RRはファブリック(布製)の生地なので通気性が高くおすすめで長時間でも快適です。
ポリエステルなので万が一、ジュースをこぼしたりしてもすぐに拭けば問題ないでしょう。

ヘッドレストは寝ながらゲームをする時に頭を少し高くすることでモニターが見やすい角度になるので便利です。
ランバーサポートとヘッドレストは丸洗いができます。カバーにはファスナーが付いているので洗濯できて便利。頭の枕は清潔にしておくと気持ちが良いですね。

シートは厚みのあるクッション性がある密度の高いモールドウレタンを使っています。座面や背もたれは3Dゲーミング クッションでエルゴノミクス設計。

評判

RS-950RRの評判
バウヒュッテのゲーミングチェアでRS-950RRの評判はAmazonで非常に良いです。2022年7月の時点で評価は732個、星は4.1で満足度が高いPCゲーミングチェアですね。

評判の良いレビューが多くあります。
「長くパソコンの作業をしているので腰痛を和らげるために、ゲーミングチェアを選びました。
座面の座り心地が良く快適なチェアだと思います。」「アームレストの位置をすっごい変えれる」という声があります。

3Dのヘッドレストとランバーサポートで体にフィット。リクライニングは最大で135度まで倒すことができます。レバーの操作で寝たような姿勢でゲームができます。

ファブリックのゲーミングチェアならおすすめです。
3万円以下で買えるコスパの良いアームレスト付きの椅子。」

かなり昔ですが一部では悪いレビューもあり、2017年の冬あたりに集中しておりネジのロット不良などがあったようですね。万が一不良にあたってしまったら早めに返品した方が良いと思います。
AmazonのレビューBauhutte (バウヒュッテ) ゲーミングチェアではソートできるので、時系列で見てみると良いですね。


バウヒュッテ ゲーミングチェア G-570


バウヒュッテ ゲーミングチェア G-550 ファブリック
バウヒュッテのゲーミングチェアでG-570は背が高いかたでも座りやすい設計になっています。
座面の昇降する幅が12cmで身長が158~209cmまで対応しています。
ソファーのようにのんびりくつろいでゲームをしたいかたにおすすめです。
ポケットコイルが20個ありリラックスできます。

ひじ掛けは4Dアームレストで前後・左右・上下・横幅の調整でプレイしやすい姿勢を保つことができます。
リクライニングは最大135度まで倒せます。

付属のヘッドレストとランバーサポートが使えるのもメリットですね。


バウヒュッテ G-370PU ゲーミングソファ

バウヒュッテ G-370PU ゲーミングソファ
G-370PUシリーズは2021年に発売されたソファータイプでは最新のゲーミングソファです。以前に発売されたG-350(ファブリック)のシリーズでPUレザーのモデルですね。
一般的なゲーミングチェアと比較するとG-370PUの方がフラットな背もたれなので開放感があります。

リクライニングは150度まで倒せるようになっており、G-350と比較して135度までだったのでさらに15度倒せてリラックスできます。
アームレストにもクッションがありリラックス。座面にはポケットコイルが入っておりソファーのような座り心地でおすすめです。
レビューでは座った時に底つき感がなく長時間でも疲れにくいという評判があります。質感に満足しているというかたも多いですね。


バウヒュッテ ゲーミングチェア G-550 ファブリック


バウヒュッテ ゲーミングチェア G-550 ファブリック
G-550は、「RS-950RR」が改良された最新の機種でポリエステル100%のファブリック張りです。厚みが増えており60mmから110mmになったのでクッション性が良くなっています。
リクライニングは最大で180度まで倒すことが可能です。

ひじ掛けは上下に高さを変えられる「3D稼働アームレスト」が特徴です。肘でゲーミングの操作を安定させたい時に便利です。
リクライニングは最大135度です。

ランバーサポートとヘッドレストが立体クッションになっており座りやすい形状です。


バウヒュッテ ゲーミングチェア:Bauhutte G-130

バウヒュッテ ゲーミングチェア:Bauhutte G-130
バウヒュッテのテレワーク向けのゲーミングチェアでBauhutte G-130です。
モールドウレタンクッションでおしりが痛くなりにくく長時間のPC作業に最適です。素材はメッシュで通気性に優れており蒸れにくくなっています。
跳ね上げ式のアームレストを採用しています。
低座面設計で座面は39cm~44.5cm、身長は154cmから177cmのかたに最適です。
コンパクトな大きさで、女性や小柄なかたでも使いやすいサイズになっています。


バウヒュッテ ゲーミングチェア G-510 エントリーモデル

バウヒュッテ ゲーミングチェア G-510 エントリーモデル
バウヒュッテ ゲーミングチェアのG-510です。スチューデントモデル RS-200の後継機でリーズナブルな価格が特徴です。
エントリー向けで初心者のかたにも買いやすく価格は15,000円を下回る値段で購入できます。
3万円~5万円ぐらいがゲーミングチェアの相場なのでかなり安いですね。

日本人向けの低座面設計になっていて他の製品と比較して低めになっており、座面の高さを39.5~45cmで調整できます。
身長は154cm~177cmに対応しており小柄なかたや女性にも座りやすい設計になっています。

勉強用やオフィスチェアとして使うのにも良いですね。

ランバーサポートも付属しており、ゲームを長くやっているとランバーサポートがあると腰が楽です。背もたれはメッシュ生地で蒸れにくくなっています
クッションは高反発のモールドウレタンを使っており座り心地が良く、キャスターは滑らかで使いやすいです。

カラーバリエーションはブラック・グリーン・ブルー・レッドから色を選べます。

スペック

  • メーカー:Bauhutte(バウヒュッテ)
  • 発売日:2021年5月
  • 背もたれ部・座部:金属フレーム(スチール)
  • 張り材:ポリエステル
  • 脚部・キャスター:ナイロン / ガスシリンダー:鉄
  • サイズ:幅 650mm × 奥行 715mm × 高さ 870mm(870~925mm)
  • 耐荷重:約100kg


バウヒュッテ ゲーミングチェア RS-800RR

Bauhutte ゲーミングチェア RS-800RR
Bauhutte (バウヒュッテ) ゲーミングチェア RS-800RRシリーズです。 レーシングのようなハイバックのシートを採用しており、150度ぐらいまでのリクライニング機能とロッキングが付いています。
本格的なゲーム仕様で上下左右稼働のアームレストを採用しています。

日本人の体格でなおかつ低い身長の方に使いやすい椅子に設計されています。
ので小柄のかたや女性の方でも使いやすいですね。もちろん、男性も使えます。
カラーはオレンジ、ブラック、ブルー、レッドのラインナップです。

ゲーミングチェアは海外ブランドだと日本人には大きすぎるモデルもあります。
日本人は海外の人に比べると背の高さが違います。
このRS-800RRは日本人が座ってちょうど良いサイズになっており、座面の高さが丁度良いので快適ですね。
レビューでは背の低いかたに良いという声が多いです。

バウヒュッテ ゲーミング座椅子

バウヒュッテ GX-530 ゲーミング座椅子

バウヒュッテ GX-530 ゲーミング座椅子
「GX-530」は、バウヒュッテの座椅子タイプのゲーミングチェアです。
4Dアームレストで上下の昇降だけでなく前後にも調整することができます。
腰にあてるランバーサポートが大きめなのが特徴です。頭を支えるヘッドレストも付いています。
ウレタンのクッションは以前のモデルに比べてプラス5cm厚くなっており11cmで座り心地が良くなっています。リクライニングは180度背もたれを倒せます。


バウヒュッテ GX-350 ゲーミングソファー座椅子

バウヒュッテ GX-350 ゲーミングソファー座椅子
バウヒュッテ GX-350 ゲーミングソファー座椅子は座り心地の良いチェアーです。
ポケットコイルが入っているのが特徴でソファーのように座ることができます。キャスターが付いているので動かすのも簡単ですね。
アームレストは上下に昇降して高さを調整が可能です。


バウヒュッテ GX-550 ゲーミング座椅子

バウヒュッテ GX-550 ゲーミング座椅子
バウヒュッテの「GX-550」はロック付きキャスターを搭載したゲーミング座椅子です。
動かないように固定しておくことができるのでゲームをプレイする時に便利。
ファブリック素材で長時間のゲーミングでも蒸れにくいのが特徴です。ひじ掛けのアームは3方向に動かせます。
リクライニングは最大180度です。

近未来的なデザインで体を包み込むような立体的な背もたれになっています。


バウヒュッテのゲーミング座椅子 LOC-950RR : プロシリーズ

Bauhutte ゲーミング座椅子 LOC-950RR

バウヒュッテのLOC-950RRは、床で使えるゲーミング座椅子です。

下に座ってあぐらをかいてゲームをしたり、姿勢を保って長時間のゲームはきついものがあります。
正座をするという方法もありますが、ゲームでずっと正座も大変ですよね。
そんな時はゲーミング座椅子が膝にも負担がかからないので楽です。

バウヒュッテのゲーミング座椅子はプロシリーズで、通常のゲーミングチェアと同じようにヘッドレストやアームレストも付いています。

ランバーサポートで、背もたれによりかかると腰もいい感じ。
ゲームができるゲーミング座椅子はめちゃくちゃ快適です。


バウヒュッテ ゲーミングデスク

バウヒュッテ ゲーミングデスク BHD-1200M

Bauhutte(バウヒュッテ) PCデスク
Bauhutte(バウヒュッテ)のPCデスクBHD-1200Mで、ゲーミングチェアと合わせて使うのに最適です。

幅は120cm×奥行きが55cmの天板です。幅が100cmやスライダー付きも選ぶことができます。

昇降式で高さ調整ができるのが特徴ですね。秘密基地のようにゲーミング部屋を構築していきたいかたにおすすめです。

良い評判・悪い評判

良いところは日本メーカーなのでサポートが安心という点で、1年間は製品の保証があります。
悪い評判は、値段がやや高いことかもしれません。RS-950RRのようにロングセラーのほか、バウヒュッテだけにしか見られないような商品もあるので少し高いのもあるのでしょう。
ゲーマーなら興味がありそうな家具を展開しているので、どんどん展開してほしいですね。(個人的には魅力が商品が満載で好きなブランドです。)

まとめ

バウヒュッテのゲーミングチェアは日本のメーカーならでは。日本人の体型にあった座りやすい椅子です。
バウヒュッテはゲーム用の家具を多く考えて企画しており種類もいろいろなシリーズがあり実用的です。

ファブリック(布製)なのは日本は湿度が高いので使いやすいですね。
姿勢良く座れるので勉強用のゲーミングチェアとしても使えますね。

素材についてはゲーミングチェアのファブリックとレザーのメリット・デメリットを解説している記事もあり、バウヒュッテをご紹介しています。

プロタイプのものは値段もそこそこするので、スタンダードなタイプが使いやすいのでおすすめです。

背が高い男性の方にはAKRACINGのゲーミングチェアもあります。ゆったり座れてゲームに集中できます。ランキングから人気モデルをチェックするのも良いですね。

バウヒュッテの関連情報
ゲーミングチェアを組み立てたらチェアマットをしくのがおすすめです。
チェアのキャスターによる床の傷を防ぎましょう。

バウヒュッテのぼっちテントも人気があります。

ゲーミングチェアのクッション

AKRacingとDXRACERの比較

コンティークス ゲーミングチェアも日本のブランドです。
日本企業のゲーミングチェア
ゲーミングチェア 評判

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。