評判で選ぶゲーミングチェア! 特徴をレビュー

ゲーミングチェアの評判

評判の良いゲーミングチェアのみご紹介します。
それぞれの製品の特徴をレビューしていますので、選ぶご参考になればと思います。

ゲーミングチェアはオフィスチェアと違い、深く倒れるリクライニングや、フィット感の良い座り心地のシートが魅力です。
各メーカーの中でも、スタンダードモデルを中心に人気の商品をラインナップしています。

評判が良いゲーミングチェアの選び方

評判が良いゲーミングチェアの選び方

出典:AKRacing

ゲーミングチェアをオフィスチェアの代わりにするメリット

まず、ゲーミングチェアをオフィスチェアの代わりで使用するメリットは、リクライニングです。
ゲーミングチェアの場合には最大で180度までリクライニングできる製品もあります。ですので、仕事で疲れたときに背もたれを倒して休憩するのに便利。また、無段階なら丁度良い角度にすることができます。

オフィス用の場合にはリクライニングができる製品もありますが、フルフラットになるような製品はありません。会社で背もたれを大きく倒すこともないですが、自宅なら倒せるのでゲーミングチェアが快適なわけですね。テレワークでは快適な椅子を使いましょう。

快適に座れるか機能性をチェック

腰痛の対策

出典:GTRACING

腰が痛いとか腰痛の対策としてゲーミングチェアを使うかたは多いです。
ですので、長時間座るゲーマーだけでなく、仕事で座るときに使われているのも長く座れるためだと思います。

椅子を選ぶときに腰にあてるクッションが付いているか確認するようにしましょう。ゲーミングチェアの場合にはランバーサポートとよばれており、上下に高さ調整できるタイプもあります。背骨のラインで腰の丁度良いところにあてられると快適ですね。

満足しているかレビューをチェック

満足しているかレビューをチェック
ゲーミングチェアのレビューを見るときには気をつけましょう。

実際にゲーミングチェアの商品を購入している方のレビューであったとしても、レビューは全て鵜呑みにしないようにしましょう。なぜなら、サクラみたいな変な日本語のレビューもあるためです。

とくに「性能や価格など全てに大満足です!」のような短いクチコミで、抽象的すぎる場合には内容に気をつけましょう。これは、良いレビューでも、悪い指摘でも、違和感があるレビューがあります。たとえば、日本人なら普通は使わないような漢字があったら注意ですね。本当に満足している場合には、気に入ったところを具体的に掲載しているものです。
レビュアーが複数の商品で感想をレビューしていて、なおかつ長文で具体的な感想を述べている場合にはある程度、参考にしても良いと思います。

組み立て

ゲーミングチェアを購入したあとには組み立てをする必要があります。
大手のメーカーではパーツやネジがそろっているので、説明書を見ながら作れば結構、簡単にできます。
ただし、女性などは座面のパーツなどは少し重いので作業をてつだってもらえると良いですね。また、設置する場所に椅子が収まるかどうかサイズもチェックしておくのもポイントですね。

評判の良いゲーミングチェア

AKRacing ゲーミングチェア Pro-X V2


AKRacing ゲーミングチェア Pro-X V2
AKRacingのゲーミングチェアでPro-X V2です。Nitroと並んで人気のある定番モデル。
快適に座ることを目指して設計されていおり、人間工学に基づいたエルゴノミックデザインが特徴です。
CMでおなじみのメーカーです。ゲーミングチェアの中で1番、有名なブランドですね。耐荷重が150kgまで座れる安定した椅子の作りと品質の高さから人気があります。

スペック

  • メーカー:AKRacing(エーケーレーシング)
  • サイズ:背もたれ幅55cm・奥行55cm・高さ95cm、座面下高さ32~39cm
  • 重さ:25Kg
  • 耐荷重:150kg

●評価のポイント

  • 最大180°までリクライニングできる
  • 腕の位置を自由に置ける、4Dアジャスタブルアームレスト
  • 耐久性の高いPUレザー素材


DXRacer ゲーミングチェア DXR-BKN


DXRacer ゲーミングチェア  Formula スタンダードモデル ファブリック リクライニング DXR-BKN
DXRacerはゲーミングチェアでアメリカを中心に人気があるメーカーです。なかでもFormulaのスタンダードタイプはファブリック(布製)で通気性が良い商品です。
背もたれはレーシングシートのような形状をしておりホールド感のある座り心地が特徴です。リクライニングは150度まで背もたれをたおせます。

「DXR-BKN」は、DXRACERのゲーミングチェアの中でもスタンダードなモデルで、初めてゲーム用のチェアを買いたいというかたにおすすめです。
日本人向けのサイズになっており、155cm~175cmの方に使いやすいように座面が少し低くなっています。

スペック

  • サイズ:幅73x奥行73x高さ、120~129x座面高41~51cm
  • 推奨身長:155cm~175cm
  • 重さ:24 Kg
  • 耐荷重:90kg
  • 素材:ポリエステル製生地

●評価のポイント

  • 身長が低いかたでも座りやすい日本人向けのサイズ感
  • 長時間のパソコン作業などでも蒸れにくい素材のシート


GTRACING ゲーミングチェア GT002

GTRACING ゲーミングチェア リクライニングGT002
GTRACINGのゲーミングチェアはゲームをするためのデスクチェアです。ハイバックの背もたれは包み込むようなデザインになっています。リクライニングができるヘッドレスト付きのパソコンチェアで長時間のゲームプレイも快適ですね。

GTRACINGのGT002はロングセラーで国内でも人気がある売れ筋のゲーミングチェアです。
張り素材は耐久性のあるPUレザー(フェイクレザー)を採用しています。

高機能なのでゲーマーだけでなく仕事で使用するかたもいます。機能として、肘掛けの高さ調整や、リクライニングは背もたれが165度まで倒せます。疲れたらシートを倒すことができるので、腰も伸びて気持ちが良いですね。また、腰にやさしいランバーサポートが付いています。ただし、他の製品と比較して少しだけ横幅が細いので、がっちりした体型の男性は注意です。

選べる色は、ブルー、PINK(ピンク)、Gray(グレー)、パープル、WHITE(白)、red(赤)、GTBEE-BREEN(グリーン)、ORANGE(オレンジ)です。

スペック

  • サイズ:幅67.31×奥行57.15×高さ120.65cm~132.08cm
  • 重さ:約24.18kg
  • ひじ掛け付き
  • PUレザー

●評価のポイント

  • カラーバリエーションが多く好きな色が選べる
  • コスパの良いモデルで2万円以下で買えるゲーミングチェア


CORSAIR T3 RUSH Charcoal ゲーミングチェア


CORSAIR T3 RUSH Charcoal ゲーミングチェア
e-sportsなどゲーミングの製品で人気のCORSAIR(コルセア)のゲーミングチェアです。
CORSAIR T3 RUSHシリーズは長く座りたくなる椅子で、張り素材がファブリックのため通気性に優れています。
リクライニングは、ほぼフラットになり最大で180度まで背もたれを倒せます

クッションは低反発のランバーサポートとヘッドレストが付属しています。レビューでは座り心地が良いと満足するクチコミが多い製品ですね。

色は3種類ありグレー/チャコール(CF-9010031-WW)、グレー/ホワイト(CF-9010030-WW)、チャコール(CF-9010029-WW)から選べます。

●評価のポイント

  • 落ち着いた配色でデザインが良い
  • 4Dアームレストは前後、左右、上下、回転の調整が可能


EXRACING ゲーミングチェア EX-001



ブルー EXRACING ゲーミングチェア

EXRACINGのゲーミングチェアで人気があります。ゲームに集中して入り込みたい時に良いですね。
クッションは座り心地の良い非再生ウレタンを採用しています。
EX-001は基本的な機能があるスタンダードモデルです。その他、オットマン(足置)が搭載されているモデルも選べます。

勉強をするためのゲーミングチェアとしても使いやすく、長く座っても蒸れにくい仕様になっています。素材は、通気性のあるパンチングレザーです。

スペック

  • サイズ:63 x 66 x 131 cm
  • 重量:22Kg

●評価のポイント

  • ISO認証の工場で品質に安心感がある
  • 肘掛けは3Dアームレストを搭載


Bauhutte(バウヒュッテ) ゲーミングチェア RS-950RR

バウヒュッテのゲーミングチェアRS-950RR : プロシリーズ
バウヒュッテのRS-950RRは日本人向けのゲーミングチェアで低座面設計で、低くすると座面の高さは38cmになるので座ると足も床につきます。日本人の場合は海外の方と比べて体格もひと回り小さいのでぴったり座れるのは良いですね。身長に合わせて高さを調節すれば、小柄な方でも座りやすいです。「最高性能のゲーミングチェア」をコンセプトに開発されたプロシリーズです。

サイズは幅74cm×奥行67cm×高さ119cm~126cm、座部の高さ:38cm~45.5cm。オプションであぐらをかけるオットマンワイド「BOT-700」を選ぶことも可能です。

ゲーム環境を構築するための、家具を企画しているブランドです。「RS-950RR」もこだわりの製品で、プロゲーマー向けのゲーミングチェアで長時間ゲームをするかたにおすすめです。

スペック

  • メーカー:Bauhutte ( バウヒュッテ )
  • サイズ:幅74×奥行67×高さ119~126.5cm
  • 座面高:38~45.5cm
  • 3Dアームレスト:000

●評価のポイント

  • 低座面の設計で日本人向けのサイズ
  • 蒸れにくいファブリック素材


KARNOX LEGEND ゲーミングチェア


KARNOX LEGEND ゲーミングチェア
KARNOX LEGENDのゲーミングチェアで布の張り素材になっており、ファブリックなので蒸れにくく快適です。

リクライニングは最大155度までの無段階で背もたれを倒せます。背もたれは人間工学に基づいた包み込むような座り心地です。
座面は日本人向けの設計でやや低く、身長は155cm~175cmのかたまで座ることができます。

レビューではおしゃれなデザインという口コミがあります。落ち着いたカラーでPCチェアを部屋で使いやすいですね。

スペック

  • 製品型番:KX800511BK
  • リクライニング:最大155度
  • 4Dアームレスト
  • 寸法:寸法:幅45cm×奥行55cm×高さ128~138cm
  • 重量:約26kg

●評価のポイント

  • 4Dアームレストや通気性の良い素材感など機能性は抜群
  • 高反発なウレタン素材で、座り心地の良いゲーミングチェア

Hbada ゲーミングチェア HDJY001シリーズ


Hbada ゲーミングチェア
HbadaのゲーミングチェアでHDJY001シリーズです。頑丈なスチールフレームに高密度ウレタンフォームが組み込まれており、座り心地が快適です。

リクライニングは155°まで椅子を倒せるので、ゲームに疲れた時に休憩をしてリラックスできますね。
また、アームレスト(肘掛け)も上下に調整が可能。
ヘッドレストやランバーサポートもあり、Hbadaのゲーミング チェアに長時間座っていた時でも腰や頭の負担も軽くなります。

レビューでは会社用の声もありますが、見た目も派手なのでゲーミング用として使う方が適していますね。キャスターで床に傷が付きにくい静音性のあるPUナイロン素材です。

座面の高さ調整は40cm~48cmに対応しており、身長が160cm以上のかたにおすすめです。

カラー

  • グレー:HDJY001GM/VC
  • グレー(オットマン付き):HDJY001GMJ/VC
  • ブルー:HDJY001UM/VC
  • ホワイト:HDJY001WM/VC
  • レッド(オットマン付き):HDJY001BMJ/VC

スペック

  • サイズ:幅68×奥行52×高さ120-128cm(座面高:40-48cm)
  • 重さ:22.6kg
  • 素材:ポリエステルのPUレザー

●評価のポイント

  • 人間工学に基づいて作られたゲーミングチェア
  • 手触りがよく座り心地が快適

まとめ

評判の良いゲーミングチェアをご紹介しました。

ゲーミングチェアは1万円台で買える商品もあります。値段は安い方がお得です。
しかし、ある程度の機能があった方がゲーミングチェアを所有する価値がありますし、高級感があった方が安物を買ってしまったという後悔をしなくてすみます。

最高のゲーミングチェアがあれば、ゆったり体重をかけて、座っているだけでも気持ちが良いですね。ずっと愛用したくなる椅子が見つかれば嬉しいです。


ゲーミングチェアの関連情報
ゲーミングチェアのランキングではフットレスト付きのモデルなど最新の注目製品をチェックできますね。

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析がモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。