60%キーボードおすすめ7選!コンパクトなサイズ

60%キーボードおすすめ

60%キーボードはコンパクトなサイズで省スペースで使えます。
ゲーミング用ではメカニカルスイッチを搭載しており軸の種類によって打鍵感も選べるタイプが多いのも魅力。
主要メーカーを中心に人気の60%キーボードをおすすめしています。選ぶ時のご参考に慣れば幸いです。

60%キーボードとは?

60%キーボードとは

出典:PFU / HHKB

60%キーボードとはフルサイズと比較して60%の大きさのサイズです。
テンキーレスと60%キーボードの違いは横幅のサイズで、60%の場合にはエンターキーまでの幅になります。
目安としては300mmぐらいの幅になるのでコンパクトになったぶんだけ、右側のマウスを動かせるスペースに余裕が出てきます。

メリット・デメリット

60%キーボードのメリットはコンパクトなのでマウスが動かしやすいということですね。
特にeスポーツをするゲーマーさんはフルキーボードを斜めに配置しなくてもプレイしやすくなります。

デメリットは一般的なキーボードと違いテンキーが無いことです。ゲーミングキーボードの場合にはゲーム用として割り切って使ったほうが良いと思います。

60%キーボードの選び方

60%キーボードの選び方

出典:HyperX

普段使い

普段遣いで使うならキーボードを選ぶときに静音性などもチェックすると良いですね。
メカニカルスイッチを搭載している機種が多く、軸の種類によって打鍵音は変わってきます。
メーカーによっては独自のキースイッチもありますが、通常は赤軸・銀軸・茶軸は音が静か。青軸はカチャカチャと爽快なタイピング音でクリック感も強めです。

日本語配列と英語配列

日本語配列と英語配列

出典:CORSAIR

60%キーボードは日本語配列と英語配列の両方があります。特に記載が無い場合には英語配列の場合も多く、ゲーマーやプログラマに人気があります。
英語配列を選ぶ理由としてはカッコなどが並列にレイアウトされているため記号を多様する場合には入力がわかりやすくなります。
とはいえ、入力の切り替えなどに慣れが必要なのでPCの初心者の方は日本語配列を選んだほうが良いと思います。

接続方式

接続方式はワイヤレスと有線接続があります。
ワイヤレスの場合にはBluetoothによるペアリングができるのでタブレットと接続することも可能です。
ゲーミングで使うなら遅延のないUSBの有線接続がおすすめです。USBケーブルは取り外しができるモデルもあるので持ち運びをするかたはチェックすると良いですね。
また、無線接続とUSB接続の両方に対応しているモデルもあり、バッテリー切れにも対応できます。

60%キーボードのおすすめ

FILCO Majestouch MINILA-R Convertible


FILCO Majestouch MINILA-R Convertible
FILCO Majestouch MINILA-R Convertibleは日本のメーカーでダイヤテックの60%キーボードです。
ASCII BESTBUY AWARD 2020で受賞している評価の高いモデル。

ドイツのCHERRY MXスイッチを搭載しており赤軸、青軸、茶軸、静音性のあるSilent Redからキースイッチの種類を選べます。
特徴はキーボードの背面にはDIPスイッチがあり操作をカスタマイズすることが可能です。
キートップはスフェリカルデザインで凹みがあり、高さがフラットになっているのでタイピングもスムーズに打鍵できます。
PBT2色成形キーキャップで印字が薄くなることがないため長く使うことができます。

Bluetooth 5.1のワイヤレス接続とUSB2.0の有線接続両方に対応しています。

スペック

  • 製品型番:FFBTR66MRL/NMB-AKP
  • 発売日:2020年8月
配列日本語(JIS)
サイズ297×124×40mm
キースイッチ赤軸/青軸/茶軸/静音赤軸
接続Bluetoothまたは有線USB

● 選ぶポイント

  • 日本メーカーの高品質な60%メカニカルキーボード
価格:¥17,930
(価格は変動します。)


HyperX Alloy Origins 60


HyperX Alloy Origins 60
キングストンのHyperX Alloy Origins 60パーセントキーボード。
プロゲーマーとのコラボも多くゲーミングデバイスで人気があるアメリカのメーカーです。

「Alloy Origins 60」は小型のRGBメカニカルゲーミングキーボードで60%レイアウトを採用しています。
独自のHyperXスイッチでリニアタイプの赤軸を搭載しており、アクチュエーションポイントは1.8mm、作動力が45gになっています。
打鍵音が静かでタイピングしやすいというレビューも多いですね。
100%アンチゴーストとNキーロールオーバー機能があり同時押しでも正確に入力することができます。

航空機グレードのアルミボディーで耐久性があるのも特徴。ソフトウェアは「HyperX NGENUITY」でRGBライティングの設定ができます。

スペック

  • 製品型番:HKBO1S-RB-US/G
  • 発売日:2年保証
  • 発売日:2021年4月
  • マクロ対応(オンボードメモリ搭載)
配列英語(US)
サイズ29.72 x 3.81 x 10.67 cm
キースイッチ赤軸タイプ
接続有線接続 USB-C

● 選ぶポイント

  • RGBライティングに対応したゲーミング用の60%キーボード
価格:¥12,980
(価格は変動します。)


Ducky One 2 Mini RGB 60% version


Ducky One 2 Mini RGB 60% version
ダッキーの60%キーボードでDucky One 2 Mini RGB 60% versionです。
台湾のメーカーで小型のメカニカルゲーミングキーボードで定評があります。

キースイッチはCherry MX Silverの銀軸を搭載しているモデル。浅いアクチュエーションポイントで高速にタイピングをすることができます。
バネ圧は約45cN、作動点が1.2mmと浅くキーストロークは3.4mmです。

レビューでは文字化けがあるので普段遣いで使うのは難しいという口コミがあります。
>>Ducky(ダッキー) キーボード

スペック

  • 製品型番:DKON1861ST-PUSPDAZT1
  • 発売日:2018年11月
  • RGBライティング対応
配列英語(US)
サイズ302 x 108 x 40 mm
キースイッチCherry MX 銀軸
接続有線 USB

● 選ぶポイント

  • スピードシルバー軸を搭載した60%キーボード
価格:¥18,980
(価格は変動します。)


Razer Huntsman Mini


Razer Huntsman Mini
Razer Huntsman Miniで60%のゲーミングキーボードです。
コンパクトなフォームファクタ。ゲーミングモードを搭載しておりゲームに集中して操作ができます。

リニアオプティカルスイッチ(赤軸タイプ)を採用しておりクリッキータイプに比べて浅いので素早く入力できます。
アクチュエーションポイントは1.2mm、バネ圧は48gで以前のモデルと違い打鍵音が静かになっています。

マクロのカスタマイズやFnキーと同時押しのショートカットにも対応しています。
効率よくタイピングしたいかたにおすすめです。

スペック

  • 製品型番:RZ03-03391100-R3J1
  • 発売日:2020年11月
  • Chroma バックライト:1,680万色
  • 内蔵ストレージ:最大5つのキーバインドプロファイル
  • ダブルショット PBT キーキャップ
  • 1000 Hz Ultrapolling
配列日本語配列(JIS)
サイズ29.33 x 10.33 x 3.68 cm
キースイッチオプティカルスイッチ
リニア(赤軸タイプ)
接続USB-C

● 選ぶポイント

  • 処理速度が速いオプティカルスイッチを搭載した60%キーボード
価格:¥14,980
(価格は変動します。)


CORSAIR K65 RGB MINI


CORSAIR K65 RGB MINI
コルセアのCORSAIR K65 RGB MINI 60% メカニカルゲーミングキーボードです。
アメリカのPCパーツやメモリなどで展開しており技術力の高いメーカー。
他のメーカーと比べて保存できるプロファイルの数が多く、マクロやライティングのセッティングなど50個まで保存することができます。
自分が使いやすくカスタマイズしていくかたにおすすめですね。

キースイッチはCHERRY MX SPEED RGB Silver(銀軸)を搭載しており、アクチュエーションポイントは1.2mmです。
CORSAIR AXON ハイパープロセシングテクノロジーで8000Hzのポーリングレートで反応が速いのが特徴です。
交換用のキーキャップがあるのも魅力ですね。
>>CORSAIR(コルセア) キーボード

スペック

  • 製品型番:CH-9194014-JP
  • 発売日:2021年4月
  • ソフトウェア:CORSAIR iCUE
配列日本語(JIS)
サイズ29.4 x 10.5 x 4.4 cm
キースイッチCHERRY MX シルバー
接続USB

● 選ぶポイント

  • ポーリングレートが8000Hzで高速な性能
価格:¥15,644
(価格は変動します。)


HHKB Professional HYBRID Type-S


HHKB Professional HYBRID Type-S
PFUのHappy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-Sです。
略してHHKBでプログラマやエンジニアの方たちの支持がある60%キーボードですね。
キーのレイアウトが独特で、通常は60%サイズだと入らない方向キーが搭載されているのが特徴です。
さらに、キースイッチは静電容量無接点方式なのでスコスコ疲れにくい打鍵感です。

DIPスイッチやソフトウェアによりキーマップを変更することができます。
ソフトはWindowsのみ対応ですがキーボード本体はWin、Mac、iOS、Androidに対応しています。

スペック

  • 製品型番:PD-KB820BS
  • 発売日:2019年12月
配列日本語(JIS)
サイズW 294×D 120×H 40mm
キースイッチ静電容量無接点方式、押下圧45g、
3.8mmストローク、キーピッチ19.05mm
接続Bluetooth Ver4.2LE Class2、
または USB Type-C

● 選ぶポイント

  • 静電容量無接点方式のキースイッチ
価格:¥35,200
(価格は変動します。)


Anne Pro 2


Anne Pro 2
Obinslabの中国のメーカーでAnne Pro 2 メカニカルキーボード。
価格が安い60%キーボードで予算を抑えて購入したい方におすすめです。

赤軸タイプのキースイッチを搭載しておりバネ圧は45g、打鍵音は静かにタイピングができます。
1900mAhのバッテリーで充電をすると最大8時間使用できます。
バックライトなど基本的な機能が付いており、接続はBluetooth5.0またはUSBによる有線接続が可能です。

スペック

  • 製品型番:Anne pro 2
  • 発売日:2020年4月
配列英語配列(US)
サイズ28.4×9.7×2cm
キースイッチ赤軸タイプ
接続Bluetooth / USB

● 選ぶポイント

  • リーズナブルな価格でコスパが良い
価格:¥10,200
(価格は変動します。)

まとめ

60%キーボードはフルキーボードに比べて小型で特殊なサイズです。そのため、テンキーを日常的に仕事で使っている方にとっては使いにくいと感じるかたもいると思います。
とはいえ、ゲームやプログラミングなど文字列のキーを中心にタイピングする方にとっては強力なアイテムです。
デスクの中心にキーボードを置いてもマウスを動かせるスペースがあるので自然な姿勢で操作ができます。
キーボードは人によっても好みの打ち方があるので、最適なキースイッチを搭載しているキーボードが使えれば快適ですね。


60%キーボードの関連情報
銀軸 キーボード
メカニカルキーボード

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて価格とスペックのご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)