マイクロソフトのSurface おすすめ8選! おしゃれで軽量

マイクロソフトのSurface

マイクロソフトのSurfaceなら外でも使いやすいおしゃれなデザインです。
ビジネスでも使いやすいオフィス搭載のモデルもあります。機種によってはCore i3、Core i5、Core i7とCPUを選べるので予算内で探すことができます。
タッチパネルでペンが使えばメモ書きやイラストを描いたりするのにも良いですね。

Surface おすすめの選び方

マイクロソフトのSurfaceはシリーズも色々あります。仕事で使うとか自宅でネットサーフィンをするなど用途によって選ぶと良いですね。
持ち運びで選ぶならSurface Goなど1kgを切る軽量でコンパクトなモデルがおすすめです。
10インチだと245 mm x 175 mmなのでカバンにも入るサイズです。

ビジネスで使うならオフィスを搭載しているモデルを選びましょう。エクセルやワード、パワーポイントなど資料作りの作業もPCですぐに行なえます。

Surfaceのおすすめモデル

マイクロソフト Surface Pro X


マイクロソフト Surface Pro X
マイクロソフトの「Surface Pro X」13インチで774gと軽量で持ち運びも楽です。Office Home and Business 2019を搭載しているので、外出先で資料を見たり編集することもできますね。
LTE Advanced Pro接続にも対応しています。
CPUのARMプロセッサは、Microsoft SQ1を搭載しており、SQ2を選択することも可能になっています。
メモリは8GB、128GBのストレージが使えます。
ブラック / MJX-00011

使えないアプリケーションも出てくるという口コミもあるので、検討するかたはレビューをチェックした方が良いと思います。

● 選ぶポイント

  • 774gなので軽くて持ち運びが楽。
  • 別売りのSurface スリムペンで10点のマルチタッチに対応
価格:¥123,000
(価格は変動します。)


マイクロソフト Surface Laptop 3


マイクロソフト Surface Laptop 3
マイクロソフトの「Surface Laptop 3」で13.5インチです。
OSはWindows 10 Homeで、Office Home and Business 2019を搭載しています。
CPUはインテルの第10世代 Core-i7を搭載しているので高速です。メモリは16GB、512GBのSSDで起動も速いです。
Windows Hello (顔認証)やSurfaceConnectも対応しています。日本語キーボードです。

デザインはスタイリッシュでカラーによってキーボードが温かみのあるファブリックのAlcantaraとメタル素材で印象がことなってきます

  • プラチナ (ファブリック) VGS-00018
  • コバルトブルー (ファブリック) VGS-00053
  • サンドストーン (メタル) VGS-00064
  • ブラック (メタル) VGS-00039

● 選ぶポイント

  • 11.5時間のバッテリーで持ち運びも安心
価格:¥222,800
(価格は変動します。)


マイクロソフト Surface Pro 7


マイクロソフト Surface Pro 7
マイクロソフトの「Surface Pro 7」で12.3インチと小型のPCで重量は790g です。Office H&B 2019を搭載しています。
CPUは第10世代 Core-i7を搭載しており、メモリは16GB、ストレージは518GBのSSDを搭載しています。
CPUを選べるので少しでも安く購入したい場合はCore-i3やCore-i5もあります。
(Core-i3だと9万円ぐらいになります。)

PixelSenseディスプレイは、解像度が267PPIで10点のマルチタッチを検知できます。 周囲の照明に合わせて自動的に調整されます。
内蔵スピーカーで動画を視聴したりするのに良いスペックですね。

カラーは、プラチナ VAT-00014または、ブラック VAT-00027です。カバーなどアクセサリもお洒落なものが多いのが楽しいですね。

● 選ぶポイント

  • 別売りのカバー(キーボード)でノートパソコンのように使える
価格:¥218,000
(価格は変動します。)


マイクロソフト Surface Go 2 10.5 インチ


Surface Go 2
マイクロソフトのSurface Go 2(サーフェス ゴー 2)は2020年の機種です。
10.5インチで高解像度な220 ppiのPixelSense ディスプレイを搭載しています。
紙に書くような自然に使えるペンが魅力です。(アクセサリは別売りなので別途購入する必要があります。)
Office Home and Business 2019を搭載しておりWord や Excel、PowerPointなどのオフィスソフトがすぐに使えます。

CPUはインテル Pentium Gold 4425Yを搭載しており、メモリが8GB、ストレージは128GBです。

● 選ぶポイント

  • 持ち運びしやすい10.5 インチ

価格:¥70,308
(価格は変動します。)


マイクロソフト Surface Go 10インチ


マイクロソフト Surface Go
マイクロソフトのSurface Goは、10インチのPixelSenseディスプレイを搭載しています。
CPUは 第7世代のインテル Pentium Gold 4415Yでメモリは4GB、64GBのストレージです。
メインのPCとしては物足りないかもしれませんが、外出する時用のサブのタブレット型PCとして使いやすい重さです。重量は約522gでバッテリーの駆動時間は最大で9時間使えます。
モバイル性に優れているので旅行など出かける時にカバンに入れたくなる機種ですね。

サイズ:245 mm x 175 mm x 8.3 mm

● 選ぶポイント

  • 薄くて軽い522gの軽量なSurface
価格:¥72,800
(価格は変動します。)


マイクロソフト Surface Laptop Go 12.4インチ


マイクロソフト Surface Laptop Go
マイクロソフトのSurface Laptop Go 12.4インチです。
使いやすいディスプレイサイズでOffice H&B 2019を搭載しており、エクセルやワードなども使えて便利です。
CPUは第10世代インテル Core™ i5-1035G1を搭載しておりメモリは8GB、128GBのSSDを搭載しています。Dolby Audioに対応しているサウンド、組み込みマイクを搭載しています。
フロントにはカメラもあるのでWeb通話をするのにも便利です。

カラーは、プラチナ THH-00020、アイス ブルー THH-00034、サンドストーン THH-00045から選べます。

● 選ぶポイント

  • 最長13時間のバッテリーで使いやすい12.4インチ。
価格:¥102,080
(価格は変動します。)


マイクロソフト Surface Book 2


マイクロソフト Surface Book 2
マイクロソフトのSurface Book 2(サーフェス ブック 2)のノートパソコンで、Office Home and Business 2019を搭載しています。
13.5インチのPixelSenseディスプレイを搭載しています。

ロングバッテリーで最大で約17時間の動画再生ができます。重量は約1,534gなので他のSurfaceの機種と比べると少し重たいですね。
CPUはクアッドコアのCore i7(1.9 GHz)、メモリは8GB、ストレージは256GBです。NVIDIA GeForce 専用GPUで映像も滑らかです。
HN4-00035

● 選ぶポイント

  • PCで映画の視聴ができる
価格:¥197,000
(価格は変動します。)


3点セット Surface Pro 7 : 専用タイプカバー + Surface ペン


3点セット Surface Pro 7 : 専用タイプカバー + Surface ペン
すぐに使い始められる3点セットです。
Surface Pro 7の本体+ 専用タイプカバー(キーボード) + Surface ペンが付いています。手書きをしたい時におすすめです。
CPUはCore-i5、RAMは8GB、128GBのストレージを搭載しており日常使いのPCに最適です。
ちなみにビジネスで使う場合にはテンキーが付いていないのでUSB接続などの外部テンキーを使った方が楽かもしれません。

● 選ぶポイント

  • ペンやキーボードがセットで始めやすい
価格:¥162,800
(価格は変動します。)

まとめ

マイクロソフトのSurfaceはスタイリッシュでおしゃれなPCです。家で使うなら「Surface Go」のように手がるに使える機種が良いですね。
アクセサリーもおしゃれなので大学生が使っても楽しいですね。
出かけるときに軽量なwindowsPCを持ち歩くと効率的に時間が使えますね。


Surface おすすめの関連情報
Surface Pro 7
Surface Pro 7 ケース
Surface Pro 6