Core i7 ノートパソコンのおすすめ9選! 選び方も【2022年】

Core i7 ノートパソコン

Core i7のCPUを搭載しているノートパソコンは性能と価格のバランスが良くおすすめです。
比較されることの多いCore i5ですがCore i7の方が少し価格が高いもののコスパに優れています。
CPU-iシリーズの世代や選び方もあるので、どうぞご参考ください。

CPU Intel(インテル) Core i7とは

インテル Core i7とは
Intel(インテル)のCore i7は人気のCPUです。
Core iシリーズの中でも処理スピードが速いプロセッサーで、マルチタスクにも対応しているのが魅力のスペックです。
種類としてはCorei7、i5、i3、i9があります。
高性能なシリーズとしてはi7とi9ですが、Corei9はパワフルですがそれだけ価格も高くi7の方が購入しやすいですね。
ゲーミング用や動画編集するためのクリエイター用のノートパソコンでもCorei7を搭載している製品は多いです。

Core i7とCore i5の比較

インテルのCore i7とCore i5を1種類ピックアップして性能を比べてみました。
価格はCorei7よりi5の方が安く買えますが性能は大きくことなります。
(ベンチマークの出典はPASSMARKを元にしています。)
コア数の違いがあり複数処理ができる数で2コアはデュアルコア、4コアはクアッドコアと呼ばれ数が多い方が性能が高いです。
スレッド数は作業できる単位のことになります。つまり、Core i5よりもCore i7の方が高速に処理することができます。
(もちろん、CPUの世代によっても性能は変わってきます。)

CPUCore i7Core i5
種類Core i7-8565UCore i5-3337U
ベンチマーク64102111
コア数42
スレッド数84
最大処理スピード4.6GHz2.7GHz

Core i7 ノートパソコンの選び方

Core i7 ノートパソコンの選び方

出典:Dell

Core i7を搭載のノートパソコンといっても機種によって性能によって変わってきます。
処理スピードに影響するのが世代で「Core i7-8565U」ならハイフンの後に8の数字があるので第8世代ということになります。
第8世代、第9世代、第10世代と後に出ている方が性能が高く、最新の第11世代の方は価格も高くなります。

ノートパソコンを選ぶ時には、メモリのサイズ(容量)も大事です。8GB以上あるとサクサク動作します。
ストレージはSSDやHDD(ハードディスク)がありSSDは熱を持ちにくくスピードが速いので主流になっています。
ゲーミング用やクリエイターの方はスムーズに描画をするためにGPU(グラフィックボード)が必要になります。

Core i7のノートパソコンのおすすめ

富士通 ノートパソコン LIFEBOOK WA3/G2 第12世代 Core i7


富士通 LIFEBOOK WA3/G2
富士通 LIFEBOOK WA3/G2は、15.6インチのノートパソコンです。ワイドでフルHDのディスプレイを搭載。
CPUはインテルの第12世代 Intel Core i7-1260P (12コア/16スレッド/最大4.7GHz)プロセッサー、ストレージは約256GB SSD (PCIe)です。メモリは標準で4GBですが8GBや16GBのように変更することができます。また、ストレージも大容量で使いたい場合には1TBまで選ぶことができます。
OSはWindows 11 Home 64ビット、オプションでMicrosoft Office Personal 2021やHome and Business 2021も選べるので、Excelなどを使いたい場合には検討してみると良いと思います。ほかにも光学ドライブやマウスなども選択できます。

端子はHDMI、USB3.2(Gen 2) Type-C、USB3.2(Gen 1) Type-A、有線LAN。重量は約1.9kg、バッテリは約7.6時間駆動します。付属品はACアダプタや保証書です。

CPUインテル Core i7-1260P
CPU ベンチマーク17134
メモリ4GB ~ 64GB
ストレージ約256GB ~ 約1TB SSD
ディスプレイ15.6 インチ

選ぶポイント:

カスタマイズできる

  • メモリやストレージなど容量のカスタマイズが可能
  • ビジネスでも使いやすいオフィス搭載のノートPC


MSIゲーミングノートパソコン 第11世代 Core i7


MSIゲーミングノートパソコン Core i7
Core i7を搭載しているゲーミングノートパソコンです。
MSIのGF63は15.6インチのディスプレイでリフレッシュレートが144HzでFPSゲームでも滑らかな映像でプレイできます。
グラフィックボードは静音で冷却性能に優れたNVIDIA GeForce RTX 3050 Ti Laptop GPUを搭載しています。
インターフェイスとしてUSB3.2 Gen1 Type-C 、USB3.2 Gen1 Type-A、HDMI、ヘッドフォン出力やマイク入力もあり使いやすいです。
動画編集もできる性能がありゲーマーさんやクリエイターにおすすめです。

CPUCore i7-11800H
CPU ベンチマーク21152
メモリ16 GB
ストレージ512GB SSD
ディスプレイ15.6 インチ

● 選ぶポイント

  • 第11世代インテルCorei7のCPUを搭載した高速なゲーミングPC


LG ノートパソコン 第10世代 Core i7


LG ノートパソコン 第10世代 Core i7
第10世代 Core i7を搭載しているLGのノートパソコン gramです。
CPUはインテル Core i7-1065G7 プロセッサーで動作周波数は1.3GHz(4コア/8スレッド/ターボ・ブースト・テクノロジー適用時最大3.9GHz)のスペックになっています。
処理スピードが速く負荷のかかる作業をするかたにおすすめです。
17インチの画面ですが軽量で1350g。バッテリー約19.5時間で長時間使えます。
Thunderbolt3を搭載している2020年モデルで、カラーはダークシルバーです。
(17Z90N-VA72J)

CPUCore i7-1065G7
CPU ベンチマーク8971
メモリ16GB
ストレージSSD 256GB
ディスプレイ17 インチ

● 選ぶポイント

  • 高速なCPUを搭載している17インチで軽量なノートPC


NEC ノートパソコン 第9世代 Core i7


NEC ノートパソコン 第9世代 Core i7
第9世代 Core i7を搭載しているNEC ノートパソコン LAVIEです。
「C-LV750RAL LAVIE VEGA – LV750/RAL」は15.6インチで、Ultra HD 4Kのディスプレイを搭載しており高精細です。
ヤマハ製のステレオスピーカーを搭載しており音質が良いのが特徴。音楽を楽しむのも良いですね。WebカメラやマイクもあるのでSkypeやZoomなどビデオ通話も可能です。
バッテリーの駆動時間は約10.4時間、重量は約1.8kgです。

CPUCore i7-9750H
CPU ベンチマーク11347
メモリ8GB
ストレージSSD 512GB
ディスプレイ15.6 インチ

● 選ぶポイント

  • 最大で4.50GHzの高速なCPUを搭載しているノートパソコン


ASUS ノートパソコン Core i7


ASUS ノートパソコン Core i7
ASUS ノートパソコンでCore i7-10510Uを搭載している格安なモデルです。
15.6インチで広視野角な170度。ノングレア(非光沢)で見やすい画面になっています。キーボードはテンキー付で入力も楽です。
指紋認証センサーでログインも便利。光学ドライブはDVDスーパーマルチを搭載しています。
バッテリーの駆動時間は6.7時間、重量は約1.9kgです。
X545FA-BQ075T/Aは日本正規代理店品

10万円代で購入できる価格の安い機種ですね。(価格は2022年9月20日21:33の時点)

CPUCore i7-10510Uプロセッサー
CPU ベンチマーク6991
メモリ8 GB
ストレージSSD 512GB
ディスプレイ15.6 インチ

選ぶポイント:

価格が安いCore i7 搭載ノートパソコン

  • 価格が安くコスパに優れたノートPC


Dell(デル) ノートパソコン Core i7


Dell(デル) ノートパソコン Core i7

Dell(デル)のCore i7のCPUを搭載しているノートパソコン Inspiron 15 3511です。
15.6インチのディスプレイで上部にはWebカメラを搭載しています。
重量は1.73kgなのでやや重いので据え置きで自宅などで使うのに良いですね。
無線LAN、Bluetoothに対応しており、SDカードスロットやHDMI、USBポートなどが使えます。

Dell モバイルコネクトではノートPCでスマホの通話をとったりファイル共有ができて便利です。

CPUIntel Core i7 1165G7
CPU ベンチマーク10487
メモリ8GB DDR4 2666MHz
ストレージ512GB M.2 PCIe NVMe SSD
ディスプレイ15.6 インチ

● 選ぶポイント

  • インターフェイスが豊富


dynabook ノートパソコン Core i7


dynabook ノートパソコン Core i7
dynabookのノートパソコンでCore i7のCPUを搭載している機種です。
ダイナブックは東芝のイメージのかたもいるかもしれませんが、2020年8月にシャープの子会社になっています。
13.3インチのFHD液晶ディスプレイです。第11世代 インテル Core™ i7-1195G7 プロセッサー 2.90GHz(ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0対応 最大5.00GHz)搭載でコスパの良い機種です。
重量は約979gで軽くて持ち運びに便利なノートPCですね。無線LANはWi-Fi 6のIEEE802.11axに対応しています。

CPUCore i7-1195G7
CPU ベンチマーク11065
メモリ16GB LPDDR4X-4266対応 SDRAM
ストレージ1TB SSD(PCIe対応)
ディスプレイ13.3 インチ


Lenovo Yoga 9i 2-in-1 ノートパソコン Core i7


Lenovo Yoga 9i 2-in-1 ノートパソコン
Lenovo(レノボ)のYoga 9i 2-in-1 ノートパソコンです。
14インチのIPSディスプレイはタッチスクリーンに対応しています。画面をヒンジ部分で360°回転させてタブレットモードで使用することができます。
CPUは第11世代 Intel Core i7-1185G7 プロセッサー (3.00GHz、ターボブーストで最大4.80GHz、4コア、8スレッド、12MBキャッシュ)の高性能なのが特徴です。
グラフィックは内蔵型のIntel Iris Xe Graphics。

インターフェイスとしてUSB-A 3.2 Gen 2、USB-C 4.0、Thunderbolt 4 (DisplayPortと電源供給)を搭載しています。
アクティブペンが付属しており絵を描いたりするのも良いですね。

CPUIntel Core i7-1185G7
CPU ベンチマーク10946
メモリ16 GB
ストレージ1TB NVMe PCIe SSD
ディスプレイ14インチ

● 選ぶポイント

  • 第11世代インテルCorei7のCPUを搭載しているモバイルノートPC


HP ノートパソコン Core i7


HP ノートパソコン Core i7
HPのノートパソコンでENVY 13は13.3インチのIPSディスプレイでタッチパネルです。
以前は、第10世代のインテル Core i7-10750H プロセッサーでしたが、Core i7-1165G7 プロセッサー(最大 4.70GHz, インテルスマートキャッシュ 12MB)に変わっています。
グラボはNVIDIA GeForce MX450 グラフィックスで表示も快適。

クリエイティブに対応できるパフォーマンスの高い製品ですね。OSはWindows11 Proを搭載しています。
デザインはペイルゴールドのカラーでおしゃれですね。

CPUCore i7-10750H
CPU ベンチマーク10487
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD (PCIe NVMe M.2)+インテル Optane メモリー H10 & ソリッドステート・ストレージ (32GB / NVMe M.2)
ディスプレイ13.3インチ

● 選ぶポイント

  • タッチパネルディスプレイのノートPC

まとめ

Core i7を搭載しているノートパソコンはメーカーも多く選びやすいですね。
厳選してご紹介していますが他のパソコンを選ぶときにはメモリに注意です。Core i7を選んでもメモリが少ないともたつきを感じると思います。
中古の場合にはバッテリーがヘタっている場合があるので、なるべく新しいモデルを選ぶと良いです。

動作が速く実用的なPCを使えればビジネスでも自宅で普段使いでも快適に作業できますね。


Core i7のノートパソコンの関連情報
クリエイター向けノートパソコン
デジカメ用ノートパソコン
Core i9 ノートパソコン
第11世代Core搭載ノートPC
第12世代インテルCore iプロセッサー搭載パソコン

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。