ノートパソコンの大きさのおすすめ! サイズは何インチを選ぶ?

ノートパソコンのサイズ

ノートパソコンのサイズのおすすめは、どれ?
「どの大きさを選べばよいかわからない」ということで、ノートPCのサイズを選ぶ方法をまとめました。

ノートパソコンでおすすめのサイズとは?

ノートパソコンでおすすめのサイズは、何の用途で使うかということで適切なインチ数は変わってきます。
もちろん、色々な場面でPCを使いますが主な用途を明らかにすることでノートパソコンのサイズが選びやすくなります

ノートパソコンを使う時にも一番良く使う場所やシーンを想定しながら選ぶと良いでしょう。
製品でよくある大きさは、下記が主なサイズです。
11インチ・13インチ・14インチ・15インチ・17インチ
これよりも小さいとキーボードが小さくなりますし、大きいと運びにくくなります。

>>小さいノートパソコン



持ち運びに便利なノートパソコンのサイズ

持ち運びに便利なサイズは小さいサイズが運びやすいですね。
モバイルノートPCとよばれる14インチぐらいがおすすめです。A4サイズより数センチ大きいだけなので、コンパクトでバックに入れやすい大きさです。
横24*14cmよりも一回り大きいぐらいですね。
14インチといってもメーカーや機種によって微妙にサイズが変わってきます。

持ち運びには便利で小さな11インチから使い勝手の良い15.6インチです。小さいと軽量なので持ち運びも楽ですね。また、選ぶ時には薄いPCの方が収納しやすくなります。
大学生や仕事で移動するなど、とにかく軽いパソコンを選びたい、という場合は14インチのモバイルノートがおすすめです。小さいPCではタブレットのようにタッチ機能が搭載されているモデルもあります。

17インチ以上のモデルでは重い機種が多く2kg以上の重量がほとんどです。持ち運ぶのはちょっと大変になってきます。そのため、据え置きの使い方になるでしょう。

使いやすいノートパソコンのサイズ

使いやすいノートパソコンのサイズ
自宅で多くノートパソコンを使うならサイズが大きめがおすすめです。
使いやすいのは14インチや15.6インチぐらいですね。

家で使うノートパソコンなら、17インチ以上だと大画面で見やすいため快適になります。
文字を打ったりインターネットを見たりするなら15.6~17インチのサイズがおすすめです。また、サイズが大きいと側面にある端子が多いので、拡張性があるのが魅力です。

性能と大きさも多少関係してきます。ディスプレイのサイズが小さなモデルは持ち運びを考慮されているため、内蔵しているパーツは省電力なCPUやGPU、ストレージなどで構成されている場合があるからです。
また、熱対策も大きなファンが入るので大きめのノートパソコンの方が性能が高い場合があります。

ゲーミングPCなどは15.6インチ~17インチぐらいが種類も多いです。
ノートパソコンのサイズが大きいとUSB端子などが接続できる種類が多かったりするメリットがあります。
パソコンの幅が広がるのでキーピッチも小さいノートパソコンと比べると広めになるので文字が打ちやすくなります。

デスクトップよりも場所をとらないのがノートパソコンの良さですね。
ノートPCでは7インチという小型サイズもあります。
>>超小型のノートパソコンのおすすめ
7インチだと、とにかく小さいのでサブのノートパソコンで持っていると持ち運びが楽ですね。

サイズと解像度

サイズと解像度
2つのモニターがあったとして、サイズが同じ場合には、解像度が高ければ高精細になります。
小さいモニターと大きいモニターで同じ解像度の場合には、画面が大きくなった分だけ文字サイズも大きくなります。ですので、小さいモニターでさらに解像度が高いときには、極端に文字が小さくなる。という関係性があります。もちろん、設定で文字のサイズは変えられます。

ノートパソコンを選ぶ基準はサイズだけではなく、サイズに対して解像度のピクセル数がどれぐらいか、というのも合わせて検討するのがポイントです。
たとえば、サイズが15.6インチのときにフルHDの解像度の目安になると思います。用途としてビジネスで資料作成をしたり、ネットの閲覧などの場合には標準的なバランスですね。

画面のインチとcmの単位とは

インチとセンチについてあくまで数値上のものなのでメーカーやノートパソコンの機種によってばらつきがあります。
縦横比率は4:3スクエアで計算しています。また、インチは画面の対角線の長さを表します。

ノートパソコンの液晶ディスプレイのサイズの周囲には縁があります。
画面のサイズに加えて、周囲の枠の幅も入れるとパソコンのサイズになります。
ですのでパソコンメーカーや機種によってもサイズが変わってきます。使用している自分のノートパソコンが何インチなのかサイズを把握をする時に目安にしてみてください。

ノートパソコン サイズ表

サイズを一覧で記載しています。機種によっても違いがあるので、詳細は各メーカーのページをご参考ください。ノートパソコンの詳細なサイズを調べるには、製品ごとのスペックでチェックをしたほうが何センチか正確にわかります。

画面サイズ縦 (cm)横 (cm)
11インチ16.8 センチ22.4 センチ
12インチ18.3 センチ24.4 センチ
14インチ21.3 センチ28.4 センチ
15.6インチ23.8 センチ31.7 センチ
17インチ25.9 センチ34.5 センチ

ノートパソコンはサイズと重さで決める

ノートパソコンはサイズが小さければ軽くなります。
持ち運びには楽にります。

大きいサイズのノートパソコンは持ち運びには重くなるので適していませんが
文字が打ちやすく画面が大きいので見やすくなります。
ディスプレイの表示の文字が大きく見えるのはけっこう楽です。

外に持ち歩けるノートパソコンで軽いものもあります。
14インチ以下のモバイルノートパソコンだと、超軽量で携帯性に優れているのが特徴です。また、持ち運びを重視する場合には、画面のサイズだけでなくバッテリーの駆動時間などもチェックする必要があります。
さらに、外では画面が反射しにくいノングレアのタイプを選ぶようにしましょう。

用途によって適したノートパソコンのサイズを選びましょう。
>>プログラミングに最適なノートパソコンのおすすめ

A4サイズのノートパソコンとは?

A4サイズのノートパソコンというのは14インチから15インチを含めて、おおよそA4ぐらいの大きさです。
注意したいのは15.6インチの場合にはA4サイズより大きいので、持ち運びでは少し大きいと感じるかたもいるかもしれません。
A4サイズは210✕297mmです。15.6インチは238mm✕317mmなので比較をすると一回り大きいことになります。もちろん、機種によっても差がありベゼルのディスプレイの枠が細い方が小さくなります。

パソコンを選ぶときにはディスプレイのサイズだけでなく動画編集などを行うならCPUやグラフィックスの性能も重量です。もちろん、メモリやデータを保存するストレージ(SSD / HDD)の容量もチェックしましょう。



サイズと価格

ノートパソコンの場合、サイズと価格はあまり関係がなく、小さいサイズの方が安いということはありません。
ですので、コスパが良いと思って15.6インチよりも14インチを買うことなく、スペックを確認しましょう。
とくにパソコンを始める初心者のかたや学生さんは、PCを使う目的や機能でサイズを選択することをおすすめします。USBなどのインターフェースは15.6インチ以上の方が、種類が豊富についている場合があります。

サイズと性能

ノートパソコンのサイズは性能ではないですが、性能に影響があります。
例えば、動画を編集しようとした場合にはモバイルPCでは難しいです。なぜなら、筐体が小さすぎるとGPU(グラフィックボード)を搭載できないというデメリットがあるからです。同じように、サイズが小さいノートパソコンでは、光学ドライブを搭載しない場合が多くなります。
そのため、高性能なハイスペックのPCを使いたい場合には、15.6~17インチも合わせて検討しましょう。

さらに、大きな画面で作業したい場合にはデスクトップパソコンでモニターを使うのが一般的です。使えば、縦幅と横幅の比率もスクエア型からワイドまで様々あります。
もしゲームもするのであれば、デスクトップPCも検討すべきです。ただし、設置スペースは確保する必要がありますね。

オフィスやテレワークで使う場合には、Microsoft Office付きを選ぶのもおすすめです。後から導入するよりもコストパフォーマンスに優れています。

メーカーでノートパソコンを選ぶ場合には、大手ではMicrosoft(マイクロソフト)、Apple、HP、DELL、Lenovo、ASUSが人気です。BTOならマウスコンピューターやドスパラなどがあります。

2in1 ノートパソコン

2in1 ノートパソコン
コンパクトなサイズで持ち運びをするなら、2in1のノートパソコンを選ぶのも良いですね。画面を回転させてタブレットのように使用することができます。
HP Pavilion
iconのシリーズはスタイリッシュなデザインでおすすめです。指紋認証によりセキュリティの機能が付いています。薄型ながら堅牢なボディも魅力です。

サイズはモバイルノートの13.3インチや、スタンダードノートの15.6インチ、間の大きさで14.0インチがあります。手で持ち運ぶなら13.3インチがピッタリですね。

HPの場合には初心者向けのエントリーモデル
iconもあるので、まずは基本性能がある製品を使いたいときには良いですね。

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析がモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。