大学生におすすめのノートパソコン【勉強で便利】

大学生におすすめのノートパソコン

大学生におすすめのノートパソコンをまとめました。

安くてスタイリッシュでカッコいいノートパソコンってないの?
ということだと思いますのでご紹介します。

どのような大学に通学している学生さんかによっても必要なノートパソコンの特徴は変わってくるでしょう。

なぜ大学生はノートパソコンが必要か

大学生はノートパソコンが必要
なぜ大学生はノートパソコンが必要かといえば、論文やゼミなどで使います。また、留学を考えている学生さんなら特に必要になってきます。

高校生の時にはあまり使ってこなかったけれど、大学に入学したらパソコンを使う必要がでてきたという場合もあるでしょう。大学に入れば海外の論文を読んだりする時にもPCがあると便利です。

大学生のうちにパソコンの基本操作はできるようにしておいた方が良いです。
とくにブラインドタッチはできるようにしてく必要はあります。

大学を卒業したら社会人になりますが、会社では必ずパソコンを使います。
見積書や請求書、または企画書のようなものも少ない時間で作る技術が求められます。
大学生活のうちにできるだけパソコンを使うようにして前準備をしておけばスキルとして入社後に優位になります。

大学の講義で使えるノートパソコン

大学の講義で使うノートパソコンは14インチぐらいのノートが良いですね。学習方法もインターネットを使うこともあり、少なくとも13インチ以上のディスプレイの方が見やすいです。

大学生活の4年間はパソコンは壊れるということもないようにSSD搭載したノートパソコンの方が良いでしょう。
ストレージはHDDよりもSSDの方が壊れにくいからです。

バッテリーが長持ちするタイプもおすすめです。
一つの講義の時間が90分なら3時限の授業を受けても4時間30分のノートパソコンのバッテリーがもたなければいけません。ロングバッテリーのノートパソコンは必須といえるでしょう。

大学生向けのノートパソコンの選び方

色々な機種が売られていますが目的に合ったスペックを選べば予算もおさえて用意できます。
大学生は勉強やアルバイトなど忙しいひともいると思います。勉強やレポート作成などサクサク動作できる機種が快適です。
スペックで選ぶならCPUはインテルのCorei5以上だと軽快に動きます。Corei7以上あればさらに速いですね。

オンライン授業の場合にはWebカメラやマイクが搭載されているタイプがおすすめです。スカイプなどもできます。


Dell ノートパソコン : マイクロソフトのオフィス付き


Dell ノートパソコン : MS Office Home&Business付き
DellのノートパソコンでInspiron 14 5490は、マイクロソフトのオフィス付きノートパソコンで、Word/ Excel/ PowerPoint/ Outlook/ One noteを使うことができます。
資料をまとめたり、勉強した内容をワードでまとめたりするのに最適です。

14インチの薄型ノートパソコンで重さは1.42kgと軽量です。321.77mm×217mmで厚みは17.29mm。A4サイズより一回り大きいぐらいなので大学へ通学する時にカバンにも入るサイズ持ち運びもできます。

「Dell モバイルコネクト」という機能を使えば友達や恋人からスマホにかかってきた電話をPCで受け取ったり、スマホで撮影した写真をPCへ簡単に取り込むことができます。

OS Windows 10
CPU Intel Core i5 1.6 GHz
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD
ディスプレイ 14 インチ
価格:¥99,800
(価格は変動します。)


打鍵音が静かなノートパソコン

打鍵音が静かなノートパソコン
授業中にタイピングをするなら打鍵音が少ないノートパソコンがおすすめです。
打鍵音が静かなノートパソコンとして定評があるのがThinkPad X1です。
15~16万円ぐらいが相場なので学生さんにはちょっと高いかもしれないですね。

インテルR Core i5-8350U プロセッサーを搭載しており持ち運びにも便利な13.3インチ。
トラックパッドがあるのでマウスが無くてもポインターが動かしやすいです。

価格:¥142,326
(価格は変動します。)

勉強で便利なパソコンの使い方

勉強で便利なのはGoogleで検索するということですね。
英語の方が情報が多い分野の勉強であれば、なおさらGoogleのUSで検索をして和訳をして使うのが勉強になります。
英語圏の方が日本語よりも圧倒的に多いので情報も多いというわけですね。

美大生ならMacBook Air

美大生ならMacBook Air
美大生ならデザインや絵を書くこともあるでしょう。
絵を書くならPhotoshopですね。
写真の加工だけではありません。

デザイン科の学生ならイラストレーターはかかせません。
デザインをするための基本ソフトになります。

そんなわけで、アドビのソフトがサクサク動く第10世代のIntel Core i3のノートパソコンを選びましょう。

MacBook Proよりも5万円ぐらい安いのがMacBook Airです。
本格的に使うならデスクトップや大きいサイズのディスプレイのMacBook Proの方が良いでしょう。

大学の構内で使うぶんにはMacBook Airで十分です。持ち歩きのしやすい13インチ。

価格:¥115,280
(価格は変動します。)

デザイン科はadobeのソフトで動くPC

Macのノートパソコンではある程度スペックが必要になります。
フォトショとイラレを両方動かすとなると速いノートパソコンでないと、どうしても動きは遅くなります。
また、メモリがないと途中でPCが落ちてしまったりします。
デザインを制作していたら、こまめに保存する必要はあるでしょう。

理系大学ならBTO

理系の大学生ならBTOでノートパソコンを購入しましょう。
HDDやSSD、メモリなど全て把握しているならスペックを選べるBTOの方が良いでしょう。

こだわりのノートパソコンでデータベースをローカルで処理して勉強したり、
学生生活の大事な一台になりますね。

電子工作をやるような学生さんならRaspberry Piも面白いですね。

文系大学ならChromebook

文系大学ならChromebook
文系大学ならChromebookですね。
Chromebookならとにかく動作が軽い。

Chromebookでブログを書いたりするのも簡単です。
すべてはクラウドで使うのがクロームブックの上手な使い方です。

クロームブックはWindowsのOSではないので、それだけが注意です。
エクセルやパワーポイントは使えません。(Google Playのアプリのオフィスなら使えます。)
>>Chromebookがおすすめ

価格:¥64,676
(価格は変動します。)

体育系大学なら重いノートパソコン

体育系大学なら重いノートパソコン
体育大学の大学生におすすめは、ちょっと重いノートパソコンです。
なぜ重いPCが良いかというと筋トレになるからです。
毎日の通学で持ち歩きで重いノートパソコンを使いましょう。

ノートパソコンが重くなる原因は、バッテリーです。
本体だけでも重さが2.6 Kgあります。
画面は大きい方が見やすくなりますがノートパソコンが重くなる原因です。

でも、重いパソコンを持ち歩けば腕の筋肉が付きます。
スポーツが得意なだけでは、競技で勝つことはできません。
日頃のトレーニングの一環としてちょっと重たいパソコンを持ち歩きましょう。
体育系の大学生に筋肉はかかせませんね。

重さは2.6kgありますが、評判の高いノートパソコンです。

大学の工学部ならスペック高めのノートパソコン

大学の工学部ならスペック高めのノートパソコンが良いと思います。
プログラマの場合はLinuxやMac、Windowsなどクロスプラットフォームで使う場合もあると思います。
色々な環境で学習するためにオペレーティングシステムを複数入れる場合もあるでしょう。
たとえOSが1つでも統合開発環境などをいれるとなかなか重くなるので、スペックは良いほうがおすすめです。
システム開発の運用の勉強になってくるとノートではマシンの性能が不足する場合もありますが簡単な作業ならできますね。

●ノートパソコン関連記事
オンライン英会話のパソコン