イラストレーター向けパソコン! IllustratorとPhotoshopに最適

イラストレーターのノートパソコンのおすすめ

adobeのIllustratorやPhotoshopをパソコンで使いたいというクリエイターさん向けに、快適に動作する必要なパソコンスペックをまとめました。ノートパソコンやデスクトップPCをご紹介しています。

クリエイティブな作業をパソコンで行う場合にはイラストレーターはかかせません。
グラフィックデザイナーやDTPのプロなどが使うパソコンには必ず入っているアプリケーションですね。
ノートパソコンでも動かせるスペックをまとめました。また、おすすめ製品のMacとWindowsをご紹介しています。

Illustratorをパソコンで使う

Illustratorをノートパソコンで使う

イラストレーターの使い方としてはデザイナーならパスで図形を描いたりテキストを組み合わせてデザインします。
絵を描く方はペンツールでドローイングする方法が多いですね。整列や変形など機能も豊富です。

Illustratorをパソコンで使用するにはある程度のスペックが必要です。特にグラフィックデザインのようにオブジェクトが多い場合にはPC性能が低いともたつきます。
また、adobe CC(クリエイティブクラウド)の場合にはネットワークで認証ができる環境が必要です。
ライセンス認証があるのでノートパソコンで外で使う時には注意しましょう。
ネットが使える環境であれば問題ありません。

Illustratorを使えるパソコンのスペック

WindowsではCPUはインテル マルチコアプロセッサー(64ビット)または AMD Athlon 64です。メモリーは16GB以上のRAMを推奨しています。ハードディスクは2GB以上空き容量があるSSDを推奨。GPUは1 GB 以上の VRAMで OpenGL バージョン 4.0 以降がサポートされている必要があります。注意点としてmacOSでは3 GB 以上の空き容量が必要です。
>>Illustrator の必要システム構成 公式サイト

Illustrator(イラストレーター)向けパソコン選び方

Illustrator ノートパソコン選び方
通常のパソコンよりも高いスペックのパソコンが必要です。
モニタは大きめの方がイラストレーターのアートボードを広く使えるのでおすすめです。サイズは大きい方が情報を多く表示できるので作業効率が良いです。

予算は10万円~20万円を一つの目安としておくと良いと思います。あまりにも価格が安いモデルは性能が低いので動作がもたつきます。また、映像や動画編集をするパソコンほどGPUの性能がハイスペックではなくても使えます。

プロや法人の場合などがグラフィックソフトを使う場合には、Adobe Creative Cloud (Adobe CC)推奨スペックパソコンiconワークステーションiconなどを選ぶのも一つの方法で、安定した動作が魅力です。もちろん、個人の場合であればある程度のスペックがあれば十分です。

CPUは性能で重要

クリエイションするワークの内容によっても異なってきますが、画像編集よりも動画編集の方が高い性能が必要になります。
ですので、Adobe Premiere ProにIllustratorファイルを読み込むような場合は、CPUもメモリも機能は高めの方が快適に動きます。

CPUはマルチコアが推奨スペックになっています。デュアルコアやクアッドコアのCPUを搭載しているモデルを選ぶようにしましょう。
インテルならCore i5やCore i7ぐらいだと、クロック数も高く処理速度の動作がサクサクと軽快です。もちろん同等スペックのAMD Ryzenでも使えます。インテルなら11世代や12世代を搭載しているパソコンがおすすめです。

GPU

GPU
イラストレーターと合わせてPhotoshopを使うような場合は、表示を高速に処理するためにグラフィックボードを搭載されてるタイプがおすすめです。
GPUはNVIDIA Quadro、Intel HD Graphics、AMD Radeonなどに対応しています。

イラストレーターやフォトショップをノートパソコンで使う場合にはGPU(グラフィックボード)はあると良いです。GPUが搭載されていればイラレでプレビューのパフォーマンスも良くなります。また、クリスタではOpenGL 2.1対応を推奨しています。とくに、イラスト制作で細かく作り込んでいったり、動画まで手がけたりする場合にGPUは大事になります。

ストレージ

イラストレーターの空き容量は2GB以上
イラストレーターの空き容量は2GB以上のSSDを推奨しています。ストレージはHDD(ハードディスク)とSSDがありますがどちらでもソフトウェアは動作します。また、SSDの方がパソコンの起動も速くなります。
容量は256GB以上あるとデータを保存をするのに余裕があるでしょう。専用のパソコンとして使用するなら、なるべく大きめの容量があったほうが快適です。イラストレーターでは写真など画像ファイルを埋め込んで保存するとファイルサイズが大きくなります。もし、容量が不足するようであれば外付けのドライブを使うという方法もあります。

モニター

モニターの解像度はフルHD(1,920 x 1,080 以上)を推奨しています。Windowsの場合にはタッチスクリーンに対応していればタッチワークスペースを使うこともできます。ディスプレイはAdobe RGBなど色域が広いと良いですね。色にこだわる場合は色のカバー率をチェックするのがポイントです。

イラストレーター向けパソコンおすすめ

windowsのパソコン

windowsのノートパソコン
adobe CC (creative cloud)の推奨スペックは以下の通りです。

OSはWindows7またはWindows10
Intel(64ビットまたは AMD Athlon 64 プロセッサー)
64bitの場合に必要なメモリ:8GB 以上のRAM(16GB 以上を推奨)

ハードディスクは2GB以上の空き容量(インストール時には追加の空き容量が必要)、SSDを推奨

モニターの解像度 1,024 x 768 以上の画面解像度のディスプレイ(1,920 x 1,080 以上を推奨)
インターネットに接続可能であること

HP ノートパソコン Spectre x360

HP ノートパソコン Spectre x360
HP(ヒューレット・パッカード)のノートパソコンで「Spectre x360」です。
バッテリーは約15時間使えるので外でもデザインなどクリエイティブな用途で作業ができます。
接続はThunderbolt4やWi-Fi6に対応しています。

スペックは選べるようになっており、CPUはインテル第11世代のCore i5またはCore i7が選べます。
メモリは8GBまたは16GB、GPUはインテル® Iris® Xe グラフィックスです。(Adobe Premiere Elementsでもサポートしている内蔵GPUです。)HDDと比較して起動が速いPCIe SSDを搭載しています。


ASUS ZenBook Pro Duo 15

ASUS ZenBook Pro Duo 15
ASUS(エイスース)のノートパソコンでZenBook Pro Duo 15 OLED UX582LRです。
有機ELのパネルを搭載していて解像度が4K(3840×2160ドット)で、高精細で色域が広いのが特徴。15.6インチの画面でグレア(光沢)があるタイプです。CPUはインテル® Core™ i7-10870H プロセッサー、メモリは32GB(DDR4-2933)、ストレージの容量は1TB (PCI Express 3.0)です。
グラフィックボードはNVIDIA® GeForce RTX™ 3070 Laptop GPUを搭載しており、アドビ イラストレーターのGPUアクセラレーション機能にも対応しています。
動画編集などもできる高性能なグラボですね。

ハイエンドなモデルなのでイラストレーターやフォトショップでフィルタをかけるような作業でも快適。ハイスペックな性能でプロを目指すかたにおすすめです。

スペック

  • メーカー:ASUS
  • 製品名:ZenBook Pro Duo 15 OLED UX582LR
  • 発売日:2021年4月21日
  • インターフェイス:HDMI×1、Thunderbolt 3 (Type-C) ×2、USB3.2 (Type-A/Gen2)×1
  • バッテリー駆動時間:約7.1時間
  • 重量:約2.4kg

MSI Modern 15 A11 クリエイターパソコン

MSI Modern 15 A11 クリエイターパソコン
MSI Modern 15 A11で15.6インチのクリエイターパソコンです。
CPUは第11世代 インテル Core™ i5-1135G7( 2.4GHz / Turbo 4.2GHz / 4コア8スレッド)でインテル Iris Xe グラフィックスを搭載しています。
メモリは8GB DDR4、ストレージの容量はSSD 512GB (M.2 NVMe)です。

インターフェースはThunderbolt 4 Type-C(USB4 USB PD対応) が使えるので、イラストレーターで作成したデータを外付けストレージなどへ保存するのに便利です。


Lenovo ThinkPad P1 Gen 4 モバイルワークステーション

Lenovo ThinkPad P1 Gen 4 モバイルワークステーション
Lenovo ThinkPad P1 Gen 4 モバイルワークステーションです。
16インチのディスプレイで大画面。解像度がWQXGA液晶IPSパネルで色域が広くsRGB 100%カバーしています。クリエイティブでは色が正確に把握ができるので作業性に優れています。

イラストレーターも動作するスペックで、グラフィックボードはNVIDIA® RTX™ A2000 Laptop GPU 4GB GDDR6、CPUはインテル Core i7-11800H プロセッサー (2.30GHz, 24MB)を搭載。メモリーは16GB ~ 32GB DDR4-3200MHz (SODIMM)、ストレージの容量は512GB SSD M.2 2280 PCIe-NVMeです。

ノートPCでもメインで使えるマシンでおすすめです。ビジネスで使う場合にはMicrosoftのソフトウェアをオプションで選択できます。


マウスコンピューター DAIV

マウスコンピューター DAIV
マウスコンピューターのクリエイター向けのシリーズでDAIVです。デスクトップとノートパソコンの両方があります。BTOパソコンなのでメモリを増設したりストレージを拡張するなどカスタマイズが可能になっています。

イラストレーターを使うPCを選ぶにあたって、商品の構成例としてPCはWindows 11 Home 64ビット、CPUはインテル® Core™ i7-1165G7 ~ Core i7-12700 プロセッサー、グラフィックスはGeForce® GTX 1650 TiやGeForce RTX™ 3060などが選べます。
メモリが16GB DDR4-3200、ストレージが512GB NVMe M.2 SSDです。クリエイティブな作業環境に合わせて自分好みで決められるのが魅力ですね。

デスクトップパソコンと液晶ペンタブレットのセットモデルなども発売されていましたが、2022年5月14日 現在は無いようです。セールで安い値段で売っていることもあるのでチェックしてみると良いですね。

デスクトップパソコン

デスクトップパソコン
ミニタワー型のデスクトップパソコンで省スペースで設置することができます。
性能はグラボ搭載モデルならイラストレーターなども使いやすいですね。また、大きめのディスプレイを接続すれば、メニューなども表示しても作業しやすくゆとりがあります。ショートカットキーなどで操作はすると思いますが、モニターを選べるのはデスクトップのメリットですね。

パソコン工房のsenseシリーズはクリエイター向けのモデルで、GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6のグラフィックを内蔵しています。
CPUは第12世代のインテル Core i5-12400プロセッサー(6コア 12スレッド 最大4.40GHz)、メモリは16GB(8GB×2) DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 、ストレージは500GB NVMe対応 M.2 SSDです。

また、ミドルタワーiconでは拡張性があり、カスタマイズしやすいのが特徴です。

Macのノートパソコン

Macはグラフィックデザインの現場でもよく使われています。
Macでイラストレーターを使うにあたり注意しなければいけないのはIntel マルチコアプロセッサーで64bitが必須ということです。
対応しているmacOSのバージョンは、10.15(Catalina)、10.14(Mojave)、 10.13(High Sierra)
必要なメモリ:8GB 以上(16GB 以上を推奨)
ハードディスクは2GB以上を推奨しています。SSDを推奨
モニターの解像度は1,024 x 768 以上の画面解像度(1,920 x 1,080 以上を推奨)
windowsと同じくインターネットに接続可能である必要があります。

Illustrator MacbookProおすすめモデル

Illustrator MacbookProおすすめモデル

Apple(アップル) MacBook Pro (Liquid Retina XDRディスプレイ :16.2インチ, メモリ:16GB RAM, 512GB SSD ストレージ, CPU:Apple M1 Proチップ) – シルバー
グラフィクスは16コアNeural Engineを搭載。Thunderbolt 4(USB-C)ポート x 3 、HDMIポート、SDXCカードスロットなどのインターフェースが使えて拡張性にも優れています。

Mac OS ではBig Sur、Catalina、MojaveなどでIllustratorが動きます。
SSD搭載モデルなのでHDDに比べると複雑なオブジェクトのAiデータでも読み書きが速いですね。
15.4インチ以上だと気軽に持ち運ぶというノートパソコンとしては少し重いですが、画面が広いので作業性が良いので、日常的にイラストレーターを使うパソコンとして使えます。

クリエイターにとってデスクの上がノートパソコン一つで仕事ができるのはシンプルで良いですね。絵を描くパソコンは液タブと同じぐらい制作で大事なアイテムです。
ちなみに、IllustratorやPhotoshopは7日間は無料なので問題なく動作するかどうか試すことができます。

デザインを制作する場合にはソフトが快適に動くスペックが必要ですね。MacBook Proでは16インチで作業しやすいモデルもあります。

中古のMacbookPro 15インチなら20万円以下なら検討する価値があります。中古品なら価格も安いので初心者のかたにも購入しやすいです。
>>
MacBookPro15を新品と中古を楽天で見る

windowsは下記の関連リンクもご参考ください。
Webデザイナーにおすすめのノートパソコン

おすすめのペンタブレットではイラストレーターの方に使いやすいデバイスをご紹介しています。デジタルでマンガを描く場合にはおすすめです。タブレットでもCLIP STUDIO PAINTに対応しているモデルもあります。

デザイナーさんにはiMacも人気があります。
ディスプレイとの一体型のパソコンは省スペースで設置ができるので人気があります。
>>一体型PC おすすめ



●関連情報
クリエイター向けノートパソコン…3Dで制作するような高負荷な作業を行う場合はGPUなどのスペックが必要になります。

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析がモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。