ミドルタワー PC(パソコン)おすすめ8選! 人気機種 2021

ミドルタワー PC(パソコン)

ミドルタワーPCのおすすめ機種をご紹介しています。タワー型のデスクトップで使いやすいサイズなのでビジネスやゲーミングなどで使うのに最適です。拡張性もあるので必要なスペックにカスタマイズしていけるのも魅力です。BTOショップではパーツが選べるので予算に合わせて注文することもできます。
主要メーカーの人気機種を一覧にしているので選ぶ時のご参考に慣れば幸いです。

ミドルタワーPCとは?

ミドルタワーPCとは

出典:パソコン工房
icon

ミドルタワーPCの大きさは約幅190mm×奥行475mm×高さ430mmぐらいです。
奥行きと高さはメーカーや機種によっても異なります。ミニタワーよりも大きく、フルタワーよりも小さい場合が多いです。
明確に決められた基準があるわけではなく、主にBTOショップなどでATX規格のマザーボードの基盤が入るサイズになっています。

スタンダードなサイズなので用途に限らず使いやすい大きさのデスクトップパソコンです。

ミドルタワーPCの選び方

ミドルタワーPCの選び方

出典:マウスコンピューター

ミドルタワーPCはタワー型なので拡張性に優れています。
メモリ、ストレージなどスロットやベイの空きをチェックしておけば後から増設することができます。

CPUの交換は初心者のかたには難しいため、購入時には必ずチェックしておきたいパーツです。
インテル Core-iシリーズまたはAMD Ryzenシリーズが主流で世代やクロック数をチェックします。
また、グラフィックスはゲームやクリエイティブの用途で使用する場合にはNVIDIAのGPUを搭載されているモデルがおすすめです。

メモリとストレージはBTOの場合は増設して注文することができます。
メモリの目安は8GB以上は必要でゲームをするなら16GBはあったほうが快適に動作します。
ストレージはビジネスでもSSDで240GB以上はあったほうが便利です。また容量が多いほうがデータの転送速度は速くなります。

ミドルタワーPCのおすすめ

パソコン工房 STYLEシリーズ ミドルタワーPC


パソコン工房 STYLEシリーズ ミドルタワーPC
パソコン工房のミドルタワーPCで STYLE∞ R-Classです。
BTOでカスタマイズをして必要なパーツを組み合わせることで自由にスペックを変えられます。

CPUはインテルの第11世代 Core i5-11400(2.60GHz)を搭載しておりメモリは8GBが2枚あり16GBです。
メモリの増設は32GBまで増やすことができます。ストレージはデフォルトの状態で500GBの容量になっています。
DVDスーパーマルチドライブもあるので保存するデーターが増えたらディスクに移すこともできますね。

ケースはミドルタワーATXケースでIN-WIN EA037を採用しています。拡張ベイは5.25インチベイ×3,3.5インチベイ,3.5インチ内蔵ベイ×3,3.5/2.5インチ兼用内蔵ベイ×1があります。

エクセルやワードなどオフィスを使う場合はカスタマイズ画面でMicrosoft Office Personal 2019を選ぶと良いです。パッケージ版に比べてプリインストール版だと半額ぐらいで使えます。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-11400
6コア / 12スレッド / 2.60GHz
GPU(グラフィックス)UHD Graphics 730
メモリ16GB DDR4-3200 DIMM (PC4-25600)
ストレージ500GB NVMe対応 M.2 SSD
サイズ約幅190mm×奥行475mm×高さ422mm

● 選ぶポイント

  • ビジネスなど普段使いにおすすめの拡張性の高いミドルタワーPC
価格:¥93,478
(価格は変動します。)


パソコン工房 LEVELシリーズ ミドルタワー ゲーミングPC


パソコン工房 LEVELシリーズ ミドルタワー ゲーミングPC
パソコン工房のゲーミングPCでゲーミングPC LEVEL∞(レベルインフィニティ)です。
プロゲーマーとのコラボも多いシリーズですね。

CPUはRyzen 5のプロセッサーでGPUはGeForce RTX 3080のグラフィックカードを搭載しています。
有線LANは1000BASE-Tでオンラインゲームなどをプレイするのに最適です。
電源が800W 80PLUS TITANIUM認証 ATX電源を搭載しており、空きスロットもあるので拡張性に優れています。

ミドルタワーPCでAMD X570チップセットのマザーボードが搭載されています。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPURyzen 5 5600X
6コア / 12スレッド / 3.7GHz
GPU(グラフィックス)GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X
メモリ16GB DDR4-2666 DIMM (PC4-21300)
ストレージ500GB NVMe対応 M.2 SSD
サイズ約幅190mm×奥行477mm×高さ432mm

● 選ぶポイント

  • 初心者から中級者向けミドルタワーのゲーミングPC
価格:¥274,978
(価格は変動します。)


ドスパラ Monarchシリーズ ミドルタワーPC


ドスパラ Monarchシリーズ ミドルタワーPC
ドスパラのミドルタワーPCでMonarch GE(モナーク)です。
オープンベイが5基とシャドウベイが5基あり拡張性が高いのが特徴です。

CPUは第11世代のインテルCorei7で16GB RAM、512GBの容量のSSDを搭載しています。
光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)があります。
EA041ミドルタワーケースでシンプルなデザインです。

価格が安くコスパに優れています。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル Core i7-11700
(2.50GHz-4.90GHz/8コア/16スレッド)
GPU(グラフィックス)内蔵型インテル UHDグラフィックス750
メモリ16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2)
ストレージ512GB NVMe SSD
サイズ190(幅)x475(奥行き)x415(高さ)mm

● 選ぶポイント

  • Corei7を搭載しており値段がリーズナブル
価格:¥111,280
(価格は変動します。)


TSUKUMO eX.computer G-GEAR ミドルタワーPC


TSUKUMO eX.computer G-GEAR ミドルタワーPC
TSUKUMO(ツクモ)のゲーミングデスクトップPCで「G-GEAR GA7J-G212/T」です。
ミドルタワーですがエアフローを考慮した設計になっており前後に直径120mmの冷却ファンがあります。内部にエアホールがあり放熱性に優れています。
マザーボードはASRock H570 Phantom Gaming 4でM.2ヒートシンクを搭載しているカスタマイズモデルのATXです。
CPUは第11世代のインテルCorei7のプロセッサー、16GB RAM、ストレージの容量は1TB SSDの大容量です。

メモリスロットは4つあり、デフォルトで2つの空きがあるので最大128GBまで増設が可能になっています。
拡張性の高いケースでパーツを増やしていきたいかたにおすすめです。

OSWindows 10 Home (64ビット)
CPUインテル Core i7-11700 プロセッサー
(8コア| 2.5GHz、TB3.0時最大4.9GHz
GPU(グラフィックス)NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti 8GB (GDDR6X)
メモリ16GB (8GBx2枚) DDR4-3200
ストレージ1TB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
サイズ190(W)x475(D)x435(H)mm

● 選ぶポイント

  • 大容量の1TB SSDを搭載したミドルタワーPC
価格:¥247,800
(価格は変動します。)


@Sycom Radiant GZ3000Z590 ミドルタワーPC


@Sycom Radiant GZ3000Z590 ミドルタワーPC
@Sycom(サイコム)のミドルタワーPCでRadiant GZ3000Z590です。
サイコムは店舗がなくネット販売に力を入れているため価格が安いのも魅力ですね。

CPUは第11世代のCorei5でCorei9を選ぶこともできます。
デフォルトの時点では最低限のスペックになっているので必要に応じて構成を変更するのがおすすめです。
グラフィックスはそのままだとオンボードですが、NVIDIA Quadroなども選べるようになっています。

OSWindows10 Home (64bit)
CPUIntel Core i5-11400
2.60GHz/6Core/HT
GPU(グラフィックス)オンボードグラフィック
メモリ8GB
ストレージSSD 480GB
サイズ幅195×奥行き450×高さ442mm

● 選ぶポイント

  • BTOでカスタマイズする自由度が高い
価格:¥115,710
(価格は変動します。)


マウスコンピューター G-Tune HM-A ミドルタワーPC


マウスコンピューター G-Tune HM-A ミドルタワーPC
マウスコンピューターのG-Tune HM-Aです。
CMでもおなじみのBTOショップで人気があり納期が速いのが特徴です。

G-Tune HM-Aはエントリー向けでPC初心者にも使いやすいスペックになっています。
ミドルタワーPCですがマザーボードはAMD B450 チップセット (Micro ATX)を搭載しています。
ケースの高さが他のメーカーに比べて10cmぐらい低くコンパクトなサイズです。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 3700X プロセッサー
8コア / 16スレッド / 3.60GHz / ブースト時最大4.40GHz
GPU(グラフィックス)GeForce RTX 3060
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB M.2 SSD(NVMe対応)
サイズ幅約189×奥行き396×高さ390mm

● 選ぶポイント

  • DisplayPort×3、HDMI×1で外部接続が多くデュアルモニターで便利
価格:¥175,780
(価格は変動します。)


マウスコンピューター DAIV A7 ミドルタワーPC


マウスコンピューター DAIV A7 ミドルタワーPC
マウスコンピューターのDAIV A7は、クリエイター向けのシリーズです。
動画編集やイラストレーター・フォトショップなども快適に動作します。

CPUはAMD Ryzen7 プロセッサー(最大4.40GHz)でグラボはGeForce RTX 3060、32GBのメモリを搭載しています。
ストレージの容量が大きくSSD 512GBに加えてHDDが2TBあるので画像や動画など制作したデータを保存するのに最適です。

10GbpsのUSB3.1ポートType-Aなど高速なインターフェイスを備えているのも特徴です。

ケースのデザインもおしゃれでかっこいいですね。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 3700X プロセッサー
8コア / 16スレッド / 3.60GHz / ブースト時最大4.40GH
GPU(グラフィックス)GeForce RTX 3060
ビデオメモリ 12GB
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB M.2 SSD(NVMe対応)+HDD 2TB
サイズ約190×490×410mm

● 選ぶポイント

  • クリエイター向けのミドルタワーPC
価格:¥203,280
(価格は変動します。)

まとめ

デスクトップパソコンのミドルタワー型は使いやすい大きさです。フルタワーに比べて置き場所もそれほど気にならないサイズ感です。重量は12Kg~13Kgぐらいあるのでデスクの下などに置くのが良いと思います。
CPUやグラフィックボードは後からのせるのも大変なので購入の時点で必要な性能があったほうが便利です。
BTOパソコンのミドルタワーならコスパが良く快適にパソコン作業ができますね。


ミドルタワーの関連情報
Thermaltake(サーマルテイク) PCケース
ミニタワーPC

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて価格とスペックのご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)