ミニPC おすすめ15選! 小型の人気機種【2021】

ミニPC

ミニPCは小型のデスクトップパソコンで省スペースで設置できます。手のひらにのるぐらいコンパクトなサイズのPCです。
小さくても高機能なCPUがのっていたりグラフィックカード(GPU)を搭載しているゲーミング用もあります。

超小型PCで価格が安いモデルもあるので購入の時に選ぶ参考になれば幸いです。
ランキングに入る人気機種やおすすめモデルをご紹介しています。

ミニPCとは?

ミニPCとは
ミニPCは小型のデスクトップパソコンのことです。マザーボードのサイズもMini-ITXでかなり小型になっており省スペースで設置できます。
小さなパソコン本体のみでディスプレイなど必要な周辺機器はそろえる必要があります。

筐体が小さいPCなのでファンレスの機種も多く、ファンレスタイプなら冷却ファンが回転する動作音が無いため静音性が高く静かなのも特徴です。

メリット・デメリット

ミニPCのメリットは筐体が小さいので設置するスペースの場所をとらないということです。
小型のデスクトップPCなら手のひらぐらいの薄型であればカバンに入れて持ち運ぶこともできますね。

デメリットはケースが小さいので拡張性は少ないです。また、高機能なGPUを搭載しているモデルはなく、ハイスペックで高負荷な使い方はできません。ですが、Androidと違いWindowsのOSなので活用できる幅も広いですね。

ミニPCの選び方

ミニPCの選び方

出典:富士通

自作・完成品・ベアボーンキット

ミニPCは新品の完成品や格安の中古品、ベアボーンキットなどがあります。自作をするならベアボーンキットが便利です。
もっとも手軽なのは完成品のミニPCや中古品で、ベアボーンの場合はメモリやストレージなどを買い足して使います。ベアボーンのミニPCは後から増設するよりも好きな容量のメモリをのせられるメリットがあります。周辺機器はマウスやキーボードは付いていない場合が多いですね。

CPU

CPUはインテルやAMD Ryzen などのプロセッサーがあり、通常のPCと同じように必要な処理速度にあったプロセッサーを選ぶと良いですね。Intel CeleronよりもCore i5やCore i7を搭載している方が動作は速いです。AMDならRyzen5やRyzen7もあります。選ぶ時にはコア数やスレッド、クロック数などを確認しておきましょう。

ゲーミング用の場合にはGPUも搭載されています。ストレージは熱を持ちにくいSSDが多く、ハードディスク(HDD)を搭載している機種はあまりないですね。また容量は少ないですが省電力のEMMCを搭載している場合もあります。

ミニPCの場合にはケースが小さいため放熱性があるタイプが良いですね。静音な冷却ファンやヒートシンクなど熱対策されているPCは選ぶポイントの1つです。

入力端子

入力端子
ディスプレイを接続する場合はHDMI、D-Sub、DisplayPort、VGAなど機種によって異なります。HDMIのポートを搭載していた方がディスプレイが選びやすいと思います。

有線LANは付いているタイプと無線LANやBluetoothのワイヤレス対応のみのミニPCがあるので、有線ケーブルを使いたい場合には選ぶときにチェックしましょう。

ゲーミング

ゲーミングでミニPCを使う場合にはグラフィックボードを搭載しているモデルを選ぶようにします。
普通の内蔵型のGPUと比較すると表示が高速で滑らかな映像が可能になります。
小型のゲーミングPCでゲームをプレイしたいゲーマーさんにおすすめです。

ミニPCのおすすめ

ASUS ミニPC インテル Core i7


ASUS ミニPC インテル Core i7
ASUS(エイスース)のデスクトップミニパソコンで「VC65-C1G7096ZN」です。
サイズは縦196.3mm×奥行き197.5mm、幅61.9mmです。高さが20cm以内の小さなパソコンです。
CPUはインテル Core i7-8700T、メモリ 8GB、ストレージはHDD 500GB(2.5インチ SATA)です。光学ドライブのDVDスーパーマルチドライブを搭載しているのが特徴です。
付属品として、USBキーボード、USBマウス、電源コードが付いているのでディスプレイを買えば使えます。

ハイスペックなミニPCでCore i7搭載モデルを使いたいかたにおすすめです。

● VC65-C1G7096ZNのレビュー

  • 静音で静かな小型PCで満足感があります。
  • 製品はコンパクトで良いですがサーポートがいまいち。
  • 省スペースで安定して動作しています。
価格:¥106,182
(価格は変動します。)


ASUS ミニPC PN60


ASUS ミニPC PN60
ASUS ミニPC PN60(PN60-BB5087MH)は、パワフルなベアボーンモデルです。
フォームファクターがNUCの小型サイズになっています。

CPUはインテル Core i5-8250U プロセッサーを搭載しています。メモリは非搭載でSO-DIMMスロット(×2)に最大32GBまで搭載できます。
ストレージのドライブは、M.2スロット (Type M 2242/2280) SATA及びPCIe & NVMEに対応。
インターフェイスはHDMI 1.4×2、USB 3.1 Gen1 Type-C×1 (Display Alt mode)が使えます。

Core i5なので処理速度にもたつきがなく快適に使うことができますね。

価格:¥58,606
(価格は変動します。)


ASUS ミニPC PN50 Ryzen 搭載


ASUS ミニPC AMD Ryzen R3 4300U
ASUSのミニPCでPN50-BBR026MDです。ベアボーンキットなのでメモリなどは別途用意する必要があります。
CPUはAMD Ryzen R5 4500U モバイル プロセッサー2.3GHz (最大 4.0GHz)です。
メモリは最大で64GB DDR4-3200まで搭載することができます。

インターフェースはHDMII 2.0やDisplayPort 1.4×3でディスプレイに接続ができます。
USB 3.2 Gen2 Type-C、USB 3.2 Gen1 Type-Aが正面と背面に搭載されています。

ネットワークはWi-Fi6とBluetoothに対応しており1000BASE-Tの有線LANにも対応しています。

● ASUS ミニPC PN50のレビュー

  • 最大で64GBまでメモリを搭載できる
価格:¥53,160 売り切れ
(価格は変動します。)


Lenovo ミニPC ThinkCentre M73 Tiny Office付き


Lenovo ミニPC ThinkCentre M73 Tiny
Lenovo(レノボ)のミニPCで「ThinkCentre M73 Tiny」です。KingSoftのOffice付きでマイクロソフトのワードと互換性があります。
CPUは第四世代Core i5-4570T、8GBメモリ、ストレージはSSDが128GBです。DVD-ROMの光学ドライブを搭載しています。

小さいパソコンで性能としては、簡単なPC作業やWebでネットを見たりするのに快適なスペックですね。
コンパクトでサイズが幅が8cm×高さ3.5cm×奥行き8.4cmです。

● Lenovo ThinkCentre M73 Tinyのレビュー

  • 中古でコスパが良いと思います。
  • モニタの接続端子はHDMIが使えた方が良い。
  • SSDなので動作が速い。
中古品 価格:¥23,800
(価格は変動します。)


Intel NUC Core i7 ゲーミング ミニPC


Intel NUC Core i7 ゲーミング ミニPC
NUCのゲーミングのミニPCです。CPUはインテルCorei7-8809G、GPU(グラフィックボード)はAMD Radeon RX Vega M GH、メモリが16GB、ストレージはSSDで1TBです。
※完成品ですが電源コードが付いていません。「ACコードC13」のコードを用意する必要があります。ベアボーンも選ぶことができます。

小型ゲーミングPCでおすすめです。「BOXNUC8I7HVKVA」のサイズは高さが3.9cm、奥行き14.2cm、幅が22.1cmです。VRにも対応しています。
GPUを搭載しており最強のミニPCといえるかもしれません。

中古品 価格:¥154,980
(価格は変動します。)


Intel NUC Core i7搭載 小型PCベアボーン


Intel NUC Core i5搭載 小型PCベアボーン
Intel NUC Core i7搭載の小型PCベアボーンキット「BOXNUC5I7RYH」です。
メモリとストレージは好きなパーツを搭載して使えます。ディスプレイをつなげる場合にはMini HDMIまたはMini DisplayPortです。
グラフィックはIntel HD Graphics 6100。インターフェースは、USB3.0×4箇所でネットワークは無線LANがIEEE 802.11acに対応しています。

価格の安いインテルのミニPCで格安のベアボーンで作りたいかたにおすすめです。

● Intel NUCのレビュー

  • 自作PCを作ったことがあれば組み立てが簡単で性能も動作スピードが速い。
  • 発熱はノートパソコンと同じぐらいで静音性が高い。
価格:¥53,146
(価格は変動します。)


MES ミニPC インテル Core i9


MES ミニPC インテル Core i9
ミニPCのCore i9を搭載している機種です。
CPUは、i9-9900(最大5.0GHz)、メモリが16G DDR4、ストレージはSSDの512GBで大容量です。メモリは最大で64GB RAM(2×DDR4 RAMスロット)に対応しています。
グラフィックカードはGTX1650 4GBでデュアルファンで冷却し、筐体がアルミなので放熱性があります。メーカーはMESで中国のメーカーで日本では無名ですが高性能なミニデスクトップPCです。

HDMIとDPで4Kのデュアルモニタに対応しています。

●MES ミニPC Core i9のレビュー

  • プロセッサーとGPUが優れている。
価格:¥135,818
(価格は変動します。)


CHUWI CoreBox X ミニPC


CHUWI CoreBox X ミニPC
CHUWIのミニPCで「CoreBox X」です。
CPUはインテル Core i7-6560Uプロセッサーで、メモリーが8GB RAMと256GB SSDのストレージ、GPUはIris Graphics 540を搭載しています。
無線LAN(WiFi)は 802.11 ac/a/b/g/n(2.4G/5G)でワイヤレス接続が可能です。
両手で持ち上げられるぐらいの小さなボディでコンパクトなPCになっており、サイズは173mm×158mm×厚み73mm、重量は855gのスペックです。

価格は安いですが高性能なモデルです。

● CHUWI CoreBox Xのレビュー

  • 起動が速くサクサク動作する。
  • 小さいので据え置きで使っていますが省スペースで良いと思います。
価格:¥41,000
(価格は変動します。)


HP EliteDesk 800 G6 DM


HP EliteDesk 800 G6 DM
HP(ヒューレット・パッカード)のミニPCで「HP EliteDesk 800 G6 DM」です。
CPUは第10世代 インテル Core i7-10700Tプロセッサー(最大4.50GHz)、メモリは8GB (8GBx1)、ストレージは256GB SSD (M.2 NVMe PCIe TLC)です。グラフィックスは内蔵型のインテル UHD Graphics 630を搭載しています。
OSはWindows 10 Pro (64bit)。キーボードやマウスなども付いています。
インターフェイスはUSB Type-A 3.2 Gen1 x 3( 前⾯1,背⾯2)、USB Type-A 3.2 Gen2 x 3(前⾯1,背⾯2)、USB Type-C 3.2(前面1)を搭載しています。

サイズ:177×175×34 mm / 重量:約1.09kg

価格:¥114,180
(価格は変動します。)


富士通 ミニPC FMV ESPRIMO DHシリーズ


富士通 ミニPC FMV ESPRIMO DHシリーズ
富士通のミニPCでFMV ESPRIMO DHシリーズ WD1/E2です。
本体のサイズは55×191×186mm、重量は約2.1kg。CPUは第10世代 インテル Core i7-10700T プロセッサー(8コア/16スレッド/2.0~4.5GHz)、メモリは16GB、ストレージは約1TB HDDを搭載しています。
DVDのスーパーマルチドライブで、無線通信は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠+Bluetooth v5.0準拠に対応しています。

「Office Home and Business 2019」と21.5型ディスプレイ付きを選ぶこともできます。

サポートは1年保証が付いており安心です。

● 富士通 ミニPCのレビュー

  • メモリが16GBなので操作がサクサク動きます。
価格:¥116,980
(価格は変動します。)


Mac mini Apple M1 Chip


Mac mini Apple M1 Chip
Apple(アップル)のミニPCといえば「Mac mini」ですね。おしゃれなシルバーのボディにロゴマークがかっこいいです。
コンパクトでサイズは縦横が19.7cmで手のひらにのる大きさです。
CPUは「Apple M1チップ」を搭載しており8コアのプロセッサ、メモリ 8GB RAM、ストレージの容量は256GBのSSDを搭載しています。
小型ですが起動が速く性能が高いスペックでMACユーザーにおすすめです。

Thunderbolt、HDMI2.0、ギガビットEthernetなどのインターフェイスが搭載されておりWi-Fi 6のワイヤレスにも対応しています。

価格:¥79,800
(価格は変動します。)

MINISFORUM U700 ミニPC

MINISFORUM U700 ミニPC
MINISFORUMのミニPCで「U700」で小型デスクトップパソコンです。
CPUはインテル Core i5-5257Uプロセッサーで、メモリーは8GB DDR3L RAM、128 GB SSDのストレージです。内蔵型グラフィックスでIris Graphics 6100 GPUを搭載しています。
OSはWindows 10 Proで文書を作成したりWebを見たりするのにも十分な性能です。
インターフェイスはHDMI 1.4、Mini DP、USB-C端子があり、3画面同時出力も可能です。接続は有線LAN(RJ45ポート)とWi-Fiに対応しています。

レビューでも価格が安くコスパに優れているという口コミが多いですね。

価格:¥48,880 売り切れ
(価格は変動します。)

TUKUMO NC3J-A200/T ミニPC BTO

TUKUMO NC3J-A200/T ミニPC BTO
TUKUMO(ツクモ)のミニPCで「NC3J-A200/T」です。
BTOショップの小型PCのなのでカスタマイズをして注文することができます
CPUはインテル Core i3、メモリ 4GB RAM、ストレージは240GB SSDを搭載しています。
通信はWi-FiとBluetoothに対応しており、Ethernetの有線LANも使えます。ディスプレイの出力はHDMI 2.0とUSB Type-Cに対応しており便利ですね。

サイズは幅と奥行きが約12cmでコンパクト。机の上も広く使えます。

価格:¥59,800
(価格は変動します。)

DELLミニPC : 9020USFF

DELLミニPC : 9020USFF
DELL(デル)のミニPCで「9020USFF」です。
Windows 10でCPUがインテル i7-4590s、メモリが8GB RAM、ストレージ SSD 256GB。
光学ドライブを搭載しておりDVDやCDの再生と書き込みができるマルチドライブです。
USBによる無線LANで2.4GHzと5.8GHzでネットワークに接続できます。

※整備済み品で中古品や再生品なので価格が安いですね。

価格:¥34,800
(価格は変動します。)

ACEPC AK3 ミニPC

ACEPC AK3 ミニPC
ACEPCのミニPCでAK3シリーズです。
CPUはインテル Celeron N3350 2コア プロセッサー(最大2.4GHz)、メモリーは4GB RAM、ストレージが64GB EMMCを搭載しています。
Windows 10 Proのスモールフォームファクターの小型パソコンでグラフィックスは内蔵型のIntel HD Graphics 500 GPUで解像度が4K UHDに対応しています。
3画面同時出力できるインターフェイスでHDMI、VGAが使えます。

ネットサーフィンをする用途におすすめです。

レビューでは静音設計なので動作音が静かで良いという口コミがあります。

価格:¥16,880
(価格は変動します。)

まとめ

ミニPCは自作パソコンをするようなPCに詳しいかたに人気があります。
ベアボーンなどは1万円台で購入できる価格も魅力的ですね。個人的にはゲーミング用の場合は大きめの筐体でエアフローの対策をした方が良いのではと思うのですが、小さい面白さというのもあるのかもしれませんね。
WindowsやMacのOS以外でも良い場合にはラズベリーパイも小さいです。ラズパイの場合にはプログラミングでIOT機器として使ったり、GPIOで操作をしたり拡張する要素が大きいです。

小型の大きさではミニPCの他にはスティックPCもあります。ディスプレイに接続するならHDMIが付いているミニPCの方が良いです。

ちなみに、ミニPCの動作がもたつくような場合は省電力のモードになっている場合があるので省電力設定をオフにしたほうが快適になります。高性能なCPUを積んでミニPCで日常的に使うならメモリが8GB以上あるとマルチタスクでもパワフルで使いやすいですね。


ミニPCの関連情報
Bmax 小型のミニパソコンのモデルがあります。
GM-JAPANでは軽量な336gのミニPCもラインナップされています。
超小型ノートならUMPCですね。
MINISFORUMのミニPC

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて価格とスペックのご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)