raytrek(レイトレック)パソコンはクリエイター向け! 評判とレビュー

Core i7のデザイナー向けパソコン

ドスパラのraytrek(レイトレック)のパソコンはハイスペックなCPUとグラボを搭載しておりクリエイター向けでデザイナーさんやイラストを描いたりするモデルや、動画編集ができる高性能なモデルがあります。
BTOパソコンのなかではwindowsで一番つかえるパソコンといえるかもしれません。

クリエイティブな作業をするならある程度のスペックが必要になります。
動画編集やアドビのソフトを使うにもCore i7以上あると快適です。

グラフィックデザインではDTPソフトがけっこう重いので複数のアプリを立ち上げるならメモリも多めで使いたいものです。

おすすめはAdobe CCで最適なモデルのデスクトップパソコンです。
ドスパラから出ているのですが性能がとても良いです。

raytrek(レイトレック)の選び方

raytrek(レイトレック)にはノートPCとデスクトップのタワー型があります。
持ち運びをするならノートパソコンが便利です。据え置きで使うクリエーターさんならタワー型なら拡張性があるので良いですね。

CPUはインテルのCore iシリーズまたはAMD Ryzenのプロセッサーを搭載しているモデルがあります。
どちらの場合でもコア数やスレッド数をチェックして、Hzのスピードが出ているかクロック数やベンチマークを確認した方が良いですね。

グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX〇〇という数値をチェックします。数が大きい方が最新のモデルになります。CPU・グラボ・メモリ・ストレージ容量をチェックをすればPCの性能はおおよそ把握できます。
マザーボードのチップセットなどは正直なところ増設やCPU交換などを行わなければあまり気にしなくても良いと思います。

raytrek-MX Adobe CCに最適 レイトレック【Core i7】

raytrek-MX Adobe CCに最適
raytrek-MXならデザイナーさんも安心のデスクトップパソコンです。
まず、評価できるポイントとしてCore i7-10700のCPUを搭載しています。

「Core i7-10700」はインテルの8コア/16スレッドでCPUだけでも35,000円~40,000円ぐらいで売られている、高速で安定した動作をするCPUです。
ハイエンドのCPUなのでゲームをするひとも使うCPUで、フォトショップの高解像度の処理にはぴったりです。
ギガビットLANポートはマザーボードオンボードのインターフェイスです。

BTOなので価格の調整もできるのがraytrek-MXの良いところです。

ストレージはSSD NVMeなのでパソコン起動時の立ち上がりも速いです。
SSDで512GBあればデジカメで補正したデザイン用の素材などもストックしていけますね。
デジカメ用のパソコンならSSDを搭載していると読み込みスピードが高速です。

3DでグラフィックデザインならCore i9搭載パソコン

3DでグラフィックデザインならCore i9搭載パソコンです。
映像も編集できる、さらにハイスペックなモデルです。

映像編集でクリエイティブを行うならハイスペックなパソコンは必要になります。
パソコンとディスプレイはデザイナーさんの技術の橋渡しをする大事な仕事道具ですね。

raytrek XF レイトレック

raytrek XF レイトレック
CPUがインテル第11世代 Core i7-11700Fプロセッサーを搭載しているytrek XFです。
グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 3070 8GB、メモリが32GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/16GBx2/2チャネル)、ストレージは500GB NVMe SSDです。
DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)が使えるのでクリエイターやデザイナーが制作したデータをディスクに保存したい場合におすすめです。