写真向けノートパソコンはCore i7がおすすめ!デジカメで便利

デジカメ用のノートパソコン

写真が好きだと画像の整理や補正をするためにパソコンが必要になりますよね?

写真を扱うのに最適なパソコンを探すのはどれにすれば良いかわからないものです。
デジカメの写真の整理や補正などをするためにはある程度の性能が必要になります。

そこでCore i7を搭載したおすすめのノートパソコンをピックアップしました。

写真向けノートパソコンの選び方

写真向けのノートパソコンの選び方として、デジカメで写真の保存枚数よりもCPUの速さを目安にした方が良いでしょう。
その理由としてはCPUを性能が高いものを後から入れ替えるのは難しいからです。
ノートパソコンの場合にはデスクトップと違って筐体(きょうたい)も小さいのでCPUの付け替えは面倒です。

写真を保存するストレージは後から外付けをすることもできます。また、クラウドで写真管理をすることもできます。でもクラウドでも代替がいくらでもきくわけです。
ですので写真保存をするやり方はローカルに保存する以外にもあるため、PCを選ぶときにはストレージ容量よりもノートパソコンのCPUやメモリなどの基本的な性能が大事になります。

画面のサイズで選ぶ場合には12インチ以上がおすすめです。15.6インチや17インチぐらいあれば快適ですね。
長時間、画像を見続けるような場合には大きめの方が目が疲れにくいですね。カメラで撮影するには目は大事です。

写真をフォルダで整理やすいPCを

写真をパソコンで整理

写真はフォルダを使って保存をしたり整理する時がありますよね?
つまり、撮影した画像の整理が楽なノートパソコンを選ぶべきです。
CPUと書き込むスピードが関係するSSDかどうかとうところがフォトグラファーにとって使いやすいパソコンかどうかに大きく関わってきます。

ちなみに、整理する時には通常はカテゴリ分けをするよりも時系列でファイルを作って入れていきます。

「2019年」のフォルダに「9月」のフォルダを入れて「20190916」のようなフォルダを入れて画像を保存するような形でしょう。
その時に撮影した写真がスムーズに移動できるかどうかが操作が楽になるかのポイントですね。

デジカメ用のパソコンは重さは気にしない

デジカメを使うためのノートパソコンを選ぶなら、撮影の現場にパソコンを持ち込むこともあるでしょう。
もちろん撮影しながらPCで補正することもあるでしょう。
ノートPCも機材の一つと考えてちょっとぐらい重いノートパソコンでもありにした方が選択肢は広がります。
車で現場移動するならノートPCの重さは問題ないでしょう。

ディスプレイは大きめがRAW現像の作業がしやすい

RAW現像が主流ですね。画像を劣化させないように調整していくものをRAW現像と呼ばれます。

ノートパソコンのディスプレイは大きめがRAW現像の作業がしやすいです。持ち運びだけで検討するなら14インチ以下のモバイルノート、作業性と持ち運びをの両方が必要なら15.6インチがおすすめです。デスクに据え置きで使用するなら17インチのモデルだと画面も大きく見やすいですね。また、4KやWQHDなど解像度も合わせてチェックすると良いですね。

一眼レフの大きなサイズの画像を扱ったり、Photoshopでグラフィックデザインをする場合にはCPUの性能も必要になってきます。

デジカメの写真はLightroomが基本

Lightroomを動かすPCのスペックは「2GHz 以上のプロセッサー 」が推奨されています。
最低でもIntel Core i5以上は必要でしょう。
ストレスなくデジカメの写真をLightroomでサクサク動かしていくにはcorei7がおすすめです。

ストレージ

ストレージはSSDでもHDDでも良いと思います。
大量のデジカメの写真をパソコンに保存したいのであればHHDは予算を抑えて大きい容量が選べます。
SSDはデータの読み書きが速いのがメリットです。また、写真の保存枚数が増えていくことを考慮して外部ストレージを使うのも一つの方法です。

写真向けノートパソコンのおすすめ

Dell ノートパソコン Inspiron 15

Dell ノートパソコン Inspiron 15

高機能なDell(デル)のノートパソコンならInspiron 15です。
デジカメの写真を扱うのもサクサクいけます。

CPUが第11世代Intel Core i7-1165G7(コア:4/キャッシュ:12MB/最大:4.7GHz)の15.6 インチノートパソコンです。
GPUはインテルのIntel Iris Xe Graphicsを搭載しておりゲームなどでは難しいですが、RAW現像になんとか使えるスペックです。
メモリー:8GB DDR4、ストレージ容量:512GB M.2 PCIe NVMe SSD

価格が安く10万円以内で購入できるデジカメ向けのノートパソコンです。


Microsoft Surface Pro 7

Microsoft Surface Pro 7
Microsoft Surface Pro 7で、2in1ノートパソコンなのでソファーに寝転がって写真の整理をすることができますね。
タブレットになれば、家族にこんな写真が撮れたよとみせるのも楽です。初心者の方や負荷の軽い作業に良いですね。軽量で重さが775gで1kg以下なので持ち運びに便利です。

CPUはインテル Core-i5、メモリ 8GB、ストレージは256GB SSDです。


mouse 15.6インチ クリエイターノートパソコン DAIV Core i7

mouse 15.6型 クリエイターノートパソコン DAIV Core i7
mouse(マウスコンピューター)の15.6インチのクリエイターノートパソコンでDAIVです。
CPUはンテル Core i7-10870H (8コア/ 16スレッド/ 2.20GHz/ TB時最大5.00GHz)プロセッサーを搭載しており、メモリが16GB、ストレージが512GB M.2 SSD(NVMe対応)です。
グラフィックボードはGeForce RTX™ 3060 Laptop GPU グラフィックスを搭載しており、動画編集や写真でRAW現像などをするのにもスムーズに動作します。

マウスコンピューターといえばスペックが高いわりには低価格で買えるBTOのパソコンです。美大生など写真を学んでいる大学生にもおすすめです。

価格:¥208,780
(価格は変動します。)

まとめ

デジカメのノートパソコンはCPUが速いものであれば、グラフィックボードなどはそれはど高機能なものは不要というのが特徴です。
安いノートパソコンでは難しいですが10万円前後で探すことがデジカメ用として使えるノートパソコンを探すコツですね。

●関係記事
Core i7 ノートパソコン
RAW現像向けパソコン

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて商品の価格とスペックについて、ご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)