BMAX パソコン おすすめ10選!格安でコスパが良い!

Bmax パソコン おすすめ

Bmaxのパソコンはタッチパネルで軽量・薄型の2in1や小型のミニPCが人気です。

「中華パソコンでどれが良い?」
安いパソコンなら同じ価格で中古のブランド品よりも新品のBmaxパソコンの方がおそらく高機能です。安価でも新しい製品なのでバッテリーもきちんと使えます。

Bmaxの商品ではコスパの良い格安PCでは3万円以内で買えるモデルもあります
SSDのストレージなのでネットの閲覧や文書作成などはサクサクできます。
レビューではデザインも高評価の製品なので、ぜひ見てみてください。

コンテンツについて、一部にPRが含まれています。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

BMAXは、どこの国のメーカー?

BMAXは品質を重視している会社でISO9001によるマネジメントシステムに基づいて管理されています。中国の深センにある会社があり、それ以外にもアメリカやヨーロッパなど世界中にユーザーがいます。
パソコンではそれほど有名ではないですがLEDディスプレイで実績のある企業です。

ノートパソコンやミニPCで評判の良いPCメーカーですね。

BMAX パソコンの特徴

BMAXのパソコンはとにかく安いのが特徴でCPUはインテルのプロセッサを搭載しています。
中華製と言われるコスパの良いPCで、ブランドのマークも印象的ですね。

メインの製品はBMAX Y11やY13などの2in1のコンバーチブルパソコンです。
また、デスクトップではミニPCを発売しています。高性能でパフォーマンスが高いとは決していえませんが、ちょっとMacみたいな雰囲気でデザインはカッコいいですね。アルミ素材の筐体のモデルもあり高級感があります。



タブレットとして使う

タブレットのようにBMAXを使う場合には「BMAX I10 タブレット」を使うか、タブレットモードがある2-in-1のノートパソコンのどちらかが使えます。
どちらもタッチディスプレイなので指で動かせます。違いはキーボードを使うかどうかということになります。また、10.1インチのタブレットの場合にはOSがAndroid 10でアプリを使いたいかたにおすすめです。

BMAX パソコンのおすすめ9選

BMAX S14Plus 14インチ ノートPC 8GB メモリ/256GB SSD FHD


BMAX S14Plus 8GB メモリ/256GB SSD

BMAX S14Plus はWebカメラやスピーカーを搭載したノートPCです。

CPUはIntel 𝐍𝟒𝟏𝟎𝟎で最大2.40 GHzなので、それほど高いスペックではないためゲーミングはちょっと厳しいです。
ディスプレイは解像度がFHDで、画面のサイズが14インチあるので、オフィスなどの資料作成やネットサーフィンなどには丁度よいスペックです。

キーボードは日本語のカバーが付いています。保証は1年あるので安心ですね。

詳細スペック情報

  • 商品番号:N4100
  • カラー:‎グレー
  • バッテリー:6時間
  • 重量:1.28kg
  • 1年保証
ディスプレイ14インチ
CPUIntel N4120 2.6GHz
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
重量1.28 kg

スペック

  • OS:Windows 11
  • バッテリー駆動時間:6~8時間
  • 通信機能:WIFI


BMAX MaxBook Y11 Plus 11.6インチ


BMAX MaxBook Y11 Plus 11.6インチ
BMAX Y11 Plus は、11.6インチのディスプレイを搭載した2in1で使えるノートパソコンです。ヒンジ部分で360度回転させることが可能です。
画面の視野角が広いIPSパネルで見やすいのが特徴です。解像度は1920x1080ピクセルのFHDタッチスクリーンです。

CPUはインテル® Celeron® N4100 プロセッサー (4コア、4スレッド、4Mキャッシュ、最大2.4GHz)を搭載している機種です。クアッドコアのCPUで通常のPC作業であれば、もたつきも少なく使えます。グラフィックは内蔵型のインテル® UHD グラフィックスです。
電源のバッテリーは、フル充電で6時間ぐらいの駆動です。

ディスプレイ11.6 インチ
CPUIntel Gen Jasper Lake N4100
メモリ8GB ‎DDR4 SDRAM RAM
ストレージM.2 SSD 256 GB
サイズ・重量‎274.5mm*187mm*13mm・約1.0kg

スペック

  • デュアルバンド2.4GHz / 5.0GHz Wi-Fi
  • Bluetooth4.2
  • インターフェース:USB-C (電源供給、HDMI、USB 3.0**フル機能) x 1

選ぶポイント:

価格が安い2in1

  • 薄型で1kg以下の軽量な2in1ノートPC


BMAX MaxPad I10 Plus タブレット 10.1インチ


BMAX MaxPad I10 Plus タブレット 10.1インチ
BMAX MaxPad I10 Plusは、10.1インチのタブレット。IPSディスプレイで解像度は1920*1200です。
CPUは8コア UNISOC T618プロセッサー、最大2.0Ghz、メモリは4GB RAM+64GB ROMを搭載しています。
4G LTE SIMで2.4G/5G WIFIに対応。インターフェースはUSB-C、Bluetooth5.0 GPS搭載しているモデルです。

2万円以下(14,900 円 / 2023年06月21日19:28の時点)で買えるのでスマホの代わりに大画面で使用するのに便利です。バッテリーの容量は6000mAh、重量は530gで持ち運びできます。


BMAX 13.3インチ


BMAX 13.3インチ
BMAXのディスプレイが13.3インチのノートパソコンです。
CPUはインテル Celeron N3350 プロセッサー、8GB DDR4メモリー、ストレージは128GB SSDです。GPUは内蔵型のIntel UHD Graphics 500を搭載しています。
通信は無線Wi-FiとBluetooth 4.2に対応しています。

価格が安いので、実際、初心者の方が初めてのPCで使うのに良いかもしれません。

ディスプレイ13.3インチ
CPUインテル Apollo Lake N3350 プロセッサーz
メモリ8GB
ストレージSSD 128GB
サイズ・重量‎31.75 x 21.59 x 2.03 cm・1.27 kg


BMAX X14


BMAX X14
BMAX X14は14.1インチの大きめの画面が使いやすいノートパソコンです。
178°の広視野角で真正面以外でも見やすくなっています。

INTEL N4120 2.6GHzで薄型のPCになっています。ゲームなどはできるスペックはないですが、Webを閲覧したりするのに使えます。

英語キーボードなので日本語配列ではありません。変換などは慣れば必要ですね。

ディスプレイ14.1インチ
CPUINTEL N4120 2.6GHz
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
サイズ・重量32.3 x 21.7 x 1.5 cm・1.4 kg

スペック

  • 解像度:1920 x 1080 IPSスクリーン
  • インターフェース:3.5 mmステレオヘッドセットジャックx 1 Type-C(フル機能)x 1 USB 3.0×1 TF(マイクロSD)カードリーダーx 1

●選ぶポイント

  • 5万円以内で買える14インチのノートパソコン


BMAX 2-in-1 Y13ノートパソコン / 軽量


BMAX 2-in-1 Y13ノートパソコン
BMAX 2-in-1の「Y13」ノートパソコンは、軽量なモデルです。
重さはわずか1.27kgで、薄型のデザインを採用しています。360度回転するタッチスクリーンを備えていて、ノートパソコンとタブレットの両方の形式で使用できる点が魅力。
CPUはインテル Gemini Lake N4120 CPUを搭載し、以前のモデルより30%以上速く動作する高速ノートパソコンです。ディスプレイは13.3インチで、1920*1080解像度のFHD IPSスクリーンは、鮮やかで自然な色彩と臨場感のある映像を提供し、どんな状況でも最適な視聴体験を実現します。


BMAX B3 ミニPC


BMAX B3 ミニPC
BMAX B3はミニPCで省スペースで使えるパソコンです。
CPUはインテル Core i3-5005Uプロセッサー(2コア 4スレッド 最大2.0GHz)を搭載しているモデルです。グラフィックスはIntel HD Graphics 500を搭載しています。

文章作成や表計算などは使えますね。ちょっと、windowsを使いたいという時に便利なパソコンです。キーボードなどは無いので別途必要です。
インターフェイスはHDMI 2.0とUSBポートが4つ(USB3.0✕2、USB2.0✕2)を搭載しています。

レビューでは起動すれば安定して動作すると高評価ですね。

ディスプレイなし
CPUIntel Core i3-5005U
メモリ8GB DDR3 RAM
ストレージSSD 128GB
サイズ12.5 x 11.2 x 4.7 cm
重量880 g

スペック

  • OS:Windows 10
  • 有線LAN 1000 Mb/s / Bluetooth 4.2 / 無線LAN(Wi-Fi)
  • 発売日:2021年1月

●選ぶポイント

  • 4万円以内で買えるミニPC


BMAX B2 Plus ミニPC


BMAX B2 Plus ミニPC
BMAX B2 PlusはIntel Celeron J4115 CPUでIntel HD Graphics 600のグラフィックスを搭載しているタイプで、ディスプレイは4Kモニターも使えます。ストレージは128GBのSSDを搭載しておりミニPCとしては容量も多いですね。

インターフェイスはUSB 3.0×2 USB 2.0×2、TF(Micro SD)カードリーダー、Type-Cなど豊富なのも特徴です。内蔵スピーカーも搭載しています。

レビューではUSBが不安定という声と動作が高速という口コミがあり、良いスペックですが不良もあったようですね。

ディスプレイ-
CPUIntel Celeron J4115 クアッドコア、1.8 GHz、最大2.5GHz
メモリ8GB
ストレージSSD 128GB
サイズ・重量12.5 x 11.2 x 4.4 cm・720 g

スペック

  • スピーカー内蔵
  • HDMI 2.0
  • WiFi


BMAX B4 Pro


BMAX B4 Pro
BMAX B4 Proは、インテル Core i3-8145Uを搭載しているミニPCです。
BMAXのノートパソコンと比べると高速な仕様です。

Core i3-8145Uは第7世代のCorei7ノートと同じぐらいの性能があります。とはいうものの、現行のインテルのCPUの中では低スペックなので3DなどのゲームはできないですがオフィスやWebの閲覧などはできます。

目的があってサブの小さなwindowsパソコンが必要な方には良いですね。

ディスプレイ-
CPUインテル Core i3 8130U 3.9 GHz
メモリ8 GB
ストレージSSD 256 GB
サイズ・重量12.5 x 11.2 x 4.7 cm・900 g

スペック

  • インターフェース:USB 2.0、USB 3.0 、type-c、HDMI 2.0、MINI DP 、イヤホンジャック、マイクロSDカードスロット
  • DC電源輸入ポート
  • イーサネットポート:1000 Mb/s LAN対応


BMAX B1 MINI ミニPC


BMAX B1 MINI
BMAX B1 MINIは省スペース設計で大きさは12.5 x 11.2cm、厚みは4.4cm、コンパクトな小型PCです。
メモリーは4GB RAMでストレージは64GB Romを搭載しています。統合されたIntel HDグラフィックスで高精細なディスプレイを接続することができます。
Windows10 Homeで使いやすいパソコンです。

ディスプレイ-
CPUIntel Celeron N3060 1.6GHz(最大2.48GHz)
メモリ4 GB
ストレージ64 GB
サイズ・重量12.5 x 11.2 x 4.4 cm / 650 g

スペック

  • 4K 30Hz出力対応
  • USB3.0×2、RJ45ギガビットLAN×マイクロSDカード
  • 映像出力HDMI、VGA

商品まとめ

Bmaxのパソコンは薄型2in1のノートパソコンや超小型のミニPCが人気。
中華製の激安PCのわりにSSDのストレージなのでサクサク動くのも良いところです。

価格も安いので満足できる方は多いのではないでしょうか。予算を抑えてパソコンを購入するには良いですね。


格安のノートパソコンならCHUWI ノートパソコンもコスパが良いです。

中華ノートパソコン

MINISFORUMのミニPC
VETESA

参考文献

BMAX公式サイトへのリンク
日本のBMAX直営店は住所が公開されておらず不明です。AmazonのQ&Aでは片言の日本語ですが質問にきちんと返答していますね。

著者情報タロー

タローが解説しました。私はもともと販売を経歴としていて、現在はパソコン・周辺機器・ゲーム業界に関連する情報を執筆と監修をしています。趣味はパソコンのカスタマイズで、20年以上多くのデバイスを使ってきた経験があります。詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

監修

「オススメPCドットコム」編集部にて記事の詳細、価格や機能性、問題や選ぶ理由を総合的に調べて、ユーザーに最適な選択をサポートできればと思います。

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーなど販売店のサイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。価格やスペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。