中華ノートパソコンおすすめ9選!【2022】

中華ノートパソコン

中華ノートパソコンは価格の安いモデルが多いですね。費用を抑えてPCを購入したいときにおすすめです。
CPUは、Core i5やCore i7を搭載している機種もあり動作もサクサク動きます。
性能の良いゲーミングPCはコスパの良い商品もあります。

中華ノートパソコンの選び方

中華ノートパソコンの選び方

価格で選ぶ

中華製のノートパソコンはコスパが良くて格安というイメージがあるかもしれません。
安いPCもありますが、大手企業ではスペックによっては高い場合もあるので、性能の予算のバランスをスペックで判断した方が良いですね。
メーカーによっては、3万円台で購入できる機種もあります。

CPU

CPUは処理のスピードに関わる部分で価格にも大きく影響してきます。
インテルやAMDなどがあり、AMDを搭載しているモデルは価格よりも性能が良い場合があります。
インテルではCeleron、Core-i3、Core-i5、Core-i7などがあります。中華ノートPCではほとんどCore i9は見かけません。
できればCore i5以上あった方が快適です。
ゲーム用として購入する場合には、GPU(グラフィックカード)を搭載しているゲーミングノートパソコンがおすすめです。

メモリ

ノートパソコンでメモリは重要です。複数アプリを立ち上げて操作をしたりするとスピードに影響してきます。
8GB DDR4、16GB以上あれば快適ですが、安い中華ノートパソコンでは4GBもあります。
コストを優先させる場合にはPCの性能に合わせた使い方をする必要が出てきます。

ストレージ

ストレージ
ストレージはSSDまたはHDDが一般的ですが、格安PCではeMMC(フラッシュメモリー)を使っているパソコンもあります。eMMC(embedded MultiMediaCard)は省電力なのがメリットですね。
ですが、データの読み書きスピード、静音性や耐衝撃性を考えるとSSDがベストです。冷却ファンを搭載していてあまり持ち歩かないような場合ならHDDでも良いかもしれません。保存するデータの量が大きい場合にはオンラインストレージなどもあわせて使用すると良いですね。できれば128GB以上はほしいところです。

セキュリティーで選ぶ

指紋認証リーダーや顔認証を搭載しているPCは、万が一PCを置き忘れてもセキュリティが守られて安心です。特に個人情報をデーターとして保存している場合に安全性は必要なのでセキュリティー対策の機能があると良いですね。

中国のおすすめメーカー

大手メーカーならLenovo(レノボ)やAcer(エイサー)がおすすめです。ちなみにこのページは中国と台湾に本社があるメーカーをご紹介しています。
深セン周辺の企業ではハイテクな土地柄でCHUWI(ツーウェイ)、BMAXのようなメーカーが集まっており格安のPCを購入することができます。

Huawei(ファーウェイ)は安全性でいろいろな口コミがありますが、危険性やスパイウェアなど本当のところは正直なところわかりません。
1点だけ注意したいのはパソコンの初心者のかたは日本語キーボードを選んだほうが良いです。英語から日本語にしたとしてもキートップにカナ表記が無いと使いにくいと思います。
もちろん、ブラインドタッチでUSキーボードに慣れているかたなら良いと思います。

メーカーによってはOSを日本語化する必要な場合があるようです。英語や中国語の場合にはひと手間かかります。

中華ノートパソコンのおすすめ

CHUWI HeroBookPro 14.1インチ ノートパソコン


CHUWI HeroBookPro 14.1インチ ノートパソコン
中国、広東省深圳市に本社があるCHUWI(ツーウェイ)のノートパソコンで「HeroBookPro」です。
超軽量薄型ノートPCでサイズは33.2cm × 21.4cm、厚みは2.1 cmです。
Windows10でCPUはGemini Lake N4020、GPUはUHD Graphics 600を搭載しています。

それほど高速なPCではないですが、バッテリーは連続9時間以上使える5000mAHの容量を搭載しており外出先でも使えます。
解像度が1920*1080の14.1インチIPS ディスプレイを搭載しています。安いノートパソコンを使いたいかたにおすすめです。
インターフェイスはUSB3.0、Micro SD、HDMIです。

ちなみに、CPUがインテルのCore iシリーズならCoreBookもあります。

キーボード日本語
サイズ14.1インチ
CPUインテル ‎Celeron N4020
メモリ8G RAM DDR4
ストレージ256GB


Xiaomi Mi Notebook Air 13


Xiaomi Mi Notebook Air 13
中華人民共和国北京市 海淀区に本社があるXiaomi(小米科技、シャオミ)です。

13.3インチのディスプレイを搭載した小型のノートパソコンです。
日本語版のWindows 10 Homeを搭載しており、CPUはインテル Core i7、GPUはNVIDIA GeForce MX250を搭載しています。
メモリは8GBあるので軽快に動作するPCです。グラフィックボードを搭載しているので簡単な動画編集ならできそうですね。

キーボード英語
サイズ13.3インチ
CPUIntel Core i7-8550U
Quad Core 2.5GHz
メモリ8GB RAM
ストレージ256GB PCIe SSD


Huawei MateBook 13


Huawei MateBook 13
中華人民共和国深圳市に本社があるHuawei(ファーウェイ)の「MateBook 13」ノートパソコンです。

13インチでスリムベゼル約4.4㎜の2Kディスプレイで高解像度2160×1440 200PPIです。
軽量で重さ約1.28kg、厚さは約14.9㎜です。急速充電に対応しており15分間の充電で約2.5時間使えます。

レビューの評価もすぐれたノートPC。小さなディスプレイでオフィスソフトなどを使いたいかたにおすすめです。

キーボード日本語
サイズ13インチ
CPUインテルCore i5-8265U
メモリ8MB
ストレージSSD 512GB


BMAX 2-in-1 ノートパソコン


BMAX 2-in-1 ノートパソコン
中国 深センに本社があるBMAXの2-in-1 ノートパソコン「Y13」で、IPS液晶画面で10点マルチタッチのタッチスクリーンディスプレイを搭載しておりタブレットとしても使えます
重量は約1.27kg、バッテリーは最大10時間連続して使えます。
通信は無線の802.11acとBluetooth 5.0が使えるので周辺機器などとも相性が良いですね。オーディオ出力としてスピーカーを内蔵しています。
Webを閲覧したりYoutubeを視聴するのに良いですね。

一部、不具合もあるようなので購入する場合にはレビューをチェックした方が良いと思います。

キーボード英語
サイズ13.3 インチ
CPUインテル Celeron Gemini Lake N4120(バースト 2.6GHz)
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD


Acerノートパソコン Chromebook


Chromebook
Acer(エイサー)のノートパソコンでChromebook(CB314-1H-NF14P2)です。14インチで解像度がフルHDのLEDバックライト、ノングレア(非光沢)の見やすいIPSパネルです。
日本語キーボードを搭載しており使いやすいですね。テンキーはありません。

スリムでスタイリッシュなボディーで厚みは17mmになっています。最長12時間のバッテリーで屋外使用に最適です。重量は1.4kgでWi-Fiが使えます。
インターフェースはUSB 3.2 ポート x1 (Type-C, Gen 1, 最大5Gbps, PD対応)、USB 3.2 ポート(Type-A, Gen 1, 最大5Gbps)を備えています。

キーボード日本語
サイズ14インチ
CPUインテル Celeron プロセッサー N4020 / インテル UHD グラフィックス 600
メモリ4GB LPDDR4-3733MHz SDRAM
ストレージ64GB eMMC


ASUS ゲーミングノートパソコン TUF Gaming F15


ASUS ゲーミングノートパソコン TUF Gaming F15
ASUS(エイスース)のゲーミングノートパソコンで「TUF Gaming F15」です。ROG Strixシリーズよりもコスパが良いです。
WASDキーには色が付いていないのでゲームの操作でわかりやすくプレイできます。
CPUはCore i7、16GBのメモリとGPU(グラフィックカード)はGeForce GTX 1650を搭載しています。
ディスプレイは15.6型ワイドTFTカラー液晶、ノングレア(非光沢)で解像度は、フルHDの1,920×1,080です。リフレッシュレートが144HZで滑らかなゲーミングが可能です。
【日本正規代理店品】FX506LH-I7G1650

キーボード日本語
サイズ15.6インチ
CPUインテル Core i7-10750H
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB


MSIゲーミングノートPC GF63


MSIゲーミングノートPC GF63
MSIゲーミングノートPCで「GF63-10SCSR-1016JP」です。
CPUはCore i5 、GPUはVIDIA GeForce GTX 1650 Ti Max-Qを搭載しています。
15.6インチのディスプレイで144Hzのリフレッシュレート。素早いゲームの動きでも滑らかに表示することができるスペックです。
92万画素のWebカメラとマイクを内蔵しているのでSkypeやZoomなどもできますね。
I/Oポートは、USB3.2 Gen1 Type-C、USB3.2 Gen1 Type-A ×3、HDMI、ヘッドホン出力、マイク入力です。

本格的にFPSなどのゲームを楽しみたいかたにおすすめです。

キーボード日本語
サイズ15.6 インチ
CPUIntel Core i5
メモリ8 GB
ストレージSSD:512GB(M.2 NVMe)


Lenovo ノートパソコン IdeaPad S540


Lenovo ノートパソコン IdeaPad S540
香港に本社があるLenovo(レノボ)のノートパソコンで、「IdeaPad S540」です。中華PCとしてはノートパソコンとデスクトップPCの両方とも品質が安定している大手のメーカーです。
14インチFHDで、CPUはRyzen7、8GBのメモリとストレージが512GBのSSDを搭載しています。
メモリは8GBのうち4GBがオンボードメモリになっているので増設したい場合には注意です。また、Microsoft Officeは搭載していません。
長時間バッテリーを搭載しており約3.5時間の充電で最大10時間の連続使用が可能になっており、重量は1.5 kgです。

動作が高速で価格が安いおすすめのノートパソコンです。コスパ最強のモデルですね。

キーボード日本語
サイズ14インチ
CPUAMD Ryzen 7 3700U、2.30GHz
(最大ブースト・クロック: 4.00GHz)
メモリ8GB
ストレージSSD 512GB


Jumperノートパソコン13.3インチ


Jumperノートパソコン13.3インチ
低価格なJumperのノートパソコン13.3インチです。
日本語キーボードを搭載しているモデルで使いやすいですね。(レビューではハードはUS配列という口コミがあります。)

薄型デザインで1.23kgと軽量なのが特徴です。CPUはインテル Celeron N3350デュアルコアプロセッサー、メモリは4GBを搭載しています。
内蔵ストレージの容量は64GBで最大1TBまでSSDを拡張できます。バッテリーは最大で約6時間駆動です。

ネット閲覧などで使えるコスパの良いノートパソコンですね。

キーボード日本語
サイズ13.3インチ
CPUインテルCeleron N3350デュアルコアプロセッサー
メモリ4GB、‎DDR3 SDRAM
ストレージ64GB SSD

まとめ

予算を抑えて格安で購入するなら中華ノートパソコンは良いですね。
故障するとか安全性に問題があるという口コミもネットではありますがどの情報が本当なのかわからない部分も多いですね。
価格が安いのが魅力なので、コスト優先でノートパソコンを選ぶような場合には良いと思います。プログラミングなどPCに詳しいかたが使う場合もありでしょう。ただし、全ての製品が初心者向けではないので、初めての場合には日本語に対応しているモデルを選んだほうが良いでしょう。

4万円~5万円ぐらいの格安ノートPCなら売れ筋ランキングをチェックするのもおすすめです。2021年~2022年の発売日が新しい人気モデルを確認できます。


中華ノートパソコンの関連情報
TECLASTの2in1
HUAWEI タブレット
VETESA

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析がモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。