ディープラーニングやAI向けパソコンおすすめ8選! 選び方は?

ディープラーニングやAI向けパソコンおすすめ

ディープラーニングやAI向けパソコンのおすすめ製品をご紹介しています。
自動的に画像解析をしたり予測をしたりすることで、社会のいろいろな分野で業種を問わず導入されてきています。
データを活用して効率的にAIの開発するには動作の速いマシンが必要です。そこで、大事なポイントとなるCPUやGPUは使いやすいモデルをピックアップしています。パソコンを選ぶときのご参考になれば幸いです。

ディープラーニング・AI向けパソコンとは

ディープラーニング・AI向けパソコンとは
ディープラーニング(Deep Learning)といわれる深層学習や、AI(人工知能)は画像認識・音声認識・自然言語処理など様々な用途で使われています。画像では顔認識の精度も高く、活用されているシステムも多くみられます。
プログラムをすれば1つの兆候を見つけ出して処理をすることができるようになります。
そのため、ビジネスでは需要の予測や画像認識といった具体的な導入事例がおおく、データが集まる仕事ほど必要な技術だといえます。

多くのデータを学習して使えるようにするには、ある程度の性能を持ったパソコンが必要になります。たとえば、「GeForce RTX」のようなGPU(グラフィックボード)などが上げられます。

ディープラーニング・AI向けパソコンの選び方

ディープラーニング・AI向けパソコンの選び方

AI開発ができる環境

AI開発ができる環境を整えられることが、パソコン選びで重要なポイントではないでしょうか?
そのため、ソフトウェアなど、どのような研究をするかによって選ぶPCは変わってきます。

TensorFlow(テンサーフロー、テンソルフロー)、PyTorch、scikit-learn、Chainerなどのフレームワークやライブラリが有名で、PythonやJuliaといった言語で開発していきます。
Tensorflow Hubで学習済みモデルを使うのも便利です。

開発の規模や内容によってどれぐらい負荷がかかるか違いがあります。そのため、厳密に必要スペックが決まっているわけではないですが、スペックが低いと動作が遅くなります。特に、CPU・メモリ・GPUは必須ですね。

OSはWindowsまたはLinux(Ubuntu)

OSはWindowsまたはLinux(Ubuntu)がおすすめです。開発をするときに情報が多いほうが効率よく進められます。

ディープラーニング・AI向けパソコンのおすすめ

パソコン工房 ディープラーニング専用パソコン DEEP∞(ディープ インフィニティ)


パソコン工房 ディープラーニング専用パソコン
パソコン工房のディープラーニング専用パソコンで、DEEP∞(ディープ インフィニティ)です。
AI開発向けのシリーズで「ailia AI showcase」をバンドルしています。

OSはUbuntu 20.04 LTS、CPUがインテル Core i7-11700プロセッサー(8コア 16スレッド クロック数 2.50GHz-最大4.90GHz)です。
グラフィックはNVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6のGPUで、メモリが16GB(8GB×2) DDR4 DIMM、ストレージの容量が1TB NVMe対応 M.2 SSD + 1TB Serial-ATA SSDを搭載しています。

メモリやストレージはカスタマイズすることができます。これからAIを学習するかたにおすすめです。自分で設定は必要ですが、GPU Cloud プラットフォームでNGC (NVIDIA GPU Cloud)に対応しています。

● 選ぶポイント

  • AI開発の専用デスクトップパソコン


HP Z4 G4 Workstation


HP Z4 G4 Workstation
HP Z4 G4 Workstationは、動作処理・冷却・電源までトータルでパフォーマンスを追求したワークステーションです。
セキュアで万が一、破損した場合には自動的に回復できる「HP Sure Start」機能も搭載しています。

OSは3種類あり、Windows 10 Pro (日本語) (Windows 11 Proのダウングレード)、またはFreeDOS(HP Linuxインストーラキットは付属なし)、Windows 10 Pro for Workstationsがあります。
CPUはインテル Xeon W-2223 プロセッサー(3.6GHz, 4コア, 8.25MB, 2666MHz)、メモリは8GB DDR4 SDRAM、グラフィックボードはQuadroシリーズのNVIDIA T400 2GBです。
ストレージは500GBハードディスクドライブ(SATA、7,200rpm)で、カスタマイズも可能になっています。

法人でこれからAIの開発環境を構築していく場合などでおすすめです。

● 選ぶポイント

  • 安定して稼働できるワークステーション


マウスコンピューター デスクトップパソコン


マウスコンピューター デスクトップパソコン
マウスコンピューターのDAIVシリーズです。
3DCG用のクリエイター向けPCですが、Pythonでディープラーニングをするのに使えるようなスペックです。

CPUはインテル® Core™ i7-11700 プロセッサー、グラフィックはNVIDIA® T1000、メモリが16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)、ストレージはM.2 SSD 512GB (NVMe)です。

カスタマイズはカートの中で行えます。実際に解析で必要なスペックに変更できるのが魅力。

● 選ぶポイント

  • NVIDIA T1000搭載したデスクトップPC


TSUKUMO デスクトップパソコン タワー Radeon PRO搭載モデル


TSUKUMO デスクトップパソコン タワー Radeon PRO搭載モデル
SUKUMOのデスクトップパソコンでタワー型PCです。
OSはWindows 11 Pro (64ビット版)、CPUがAMD Ryzen™ 9 5900X(12コア24スレッド、3.7GHz-最大4.8GHz、L2+L3キャッシュ70MB)、グラフィックはRadeon Pro W6800を搭載しています。
メモリは32GB (16GBx2枚) DDR4-3200、ストレージの容量は1TB SSD (M.2規格 / NVMe Gen4接続)に対応しています。

ワークステーション向けのGPUで、長時間でも安定した動作が魅力です。

● 選ぶポイント

  • Ryzen + Radeon Pro搭載モデル


ノートパソコン 15.6インチ


ノートパソコン 15.6インチ
15.6インチのノートパソコンです。ノートPCはローカル環境で開発をして持ち運びをしたいときに最適です。
OSはWindows 10 Home 64ビットで、CPUはCore i7-11800Hプロセッサー、メモリは32GB(16GB×2)DDR4-3200 S.O.DIMMです。
ストレージの容量は500GB NVMe対応 M.2 SSDを搭載しており、光学ドライブはありません。

グラフィックはGeForce RTX 3070 8GB GDDR6を搭載しています。

● 選ぶポイント

  • 開発環境を持ち運びしたいかた向け


ディープラーニング専用パソコン インテル Xeon搭載


ディープラーニング専用パソコン インテル Xeon搭載
パソコン工房のディープラーニング専用パソコンです。
OSはUbuntu 18.04.5 LTSを搭載しておりGPU DriverとNVIDIA Dockerの設定までサービスとして含まれており、開発環境を整えるのにおすすめです。
また、NGC (NVIDIA GPU Cloud)プラットフォームに対応しています。

CPUはXeon W-2223プロセッサー、グラフィックはGeForce RTX 3090 24GB GDDR6X ×2、メモリは32GB DDR4-2666、ストレージの容量は1TB NVMe対応 M.2 SSDです。

● 選ぶポイント

  • NVIDIA GeForce RTX 3090 Tensorコア搭載

 

まとめ

AIやディープラーニングの開発に最適なパソコンをご紹介してきました。
HPCは個人では難しいですが、AIを学習したり運用するのであれば法人ではなくてもできるでしょう。
少しでも効率よく開発を進められれば快適ですね。


ディープラーニング・AI向けパソコンの関連
プログラミング向けノートパソコン

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析がモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。