ヤマハのスピーカーおすすめ10選!

ヤマハのスピーカー

ヤマハ(YAMAHA)のスピーカーは高音質で種類も豊富です。
Bluetooth対応スピーカーやオーディオのスピーカーシステムでは生活の中に音楽を取り入れることができます。
アレクサに対応しているモデルもあって便利です。

サウンドバーでは映画をバーチャルサラウンドで音響を楽しめます。
Web会議で使えるマイク・スピーカーもあり、用途によって選べますね。

ヤマハ スピーカーの選び方

ヤマハ スピーカーの選び方

出典:ヤマハ

ヤマハのスピーカーは色々な種類があります。
キーボードなども作る楽器メーカーだけあって技術力を感じますね。

スマホで使うならBluetoothの接続タイプがおすすめです。
スピーカーシステムやストリーミングスピーカーなどがあります。
筒状のストリーミングスピーカーではパワーアンプも内蔵しており、見た目以上の高音質です。

テレビの下に配置して映画のサウンドを楽しむならサウンドバーがあります。
バーチャル3Dサラウンドを楽しむことができます。さらに、アレクサが使える機種やウーファーがセットになっているサウンドシステムもあります。
以前は主流だったブックシェルフ型からサウンドバーに移行しているような感じですね。

Webで会議をするならマイク・スピーカーですね。
収音のマイク部分もレビューで高評価です。仕事で使っているかたも多いと思います。
多人数で使うためのスピーカーです。

ヤマハ スピーカーのおすすめ9選

ヤマハ サウンドバー 4K HDR対応/HDMI/DTS Virtual:X/Bluetooth対応 YAS-108(B)


ヤマハ サウンドバー 4K HDR対応/HDMI/DTS Virtual:X/Bluetooth対応 YAS-108(B)
YAS-108(B)は4K HDR対応のヤマハ サウンドバーです。
「DTS Virtual:X」技術でバーチャル3Dサラウンドで音を楽しめます。
前後、左右、上下の方向を再現し広がりのあるサウンド空間。

専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」で映画やゲーム、音楽などコンテンツに合ったプログラムで聴くことができます。
スピーカーは5.5cmフルレンジL/Rスピーカーと2.5cmツイーターを搭載しており、ハイパワーアンプを内蔵しています。

音響 バーチャル3Dサラウンド
形状 サウンドバー
再生周波数帯域 60Hz~160Hz
インピーダンス
接続 Bluetooth対応

スペック

  • サイズ:890x53x131 mm
  • 00:00
  • 消費電力:27W
  • HDMI/DTS

●選ぶポイント

  • スリムでバーチャル3Dサラウンドを楽しめるサウンドバー
価格:¥17,185
(価格は変動します。)


ヤマハ サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-109(B)


ヤマハ サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-109(B)
YAS-109(B)はVirtual:Xのバーチャル3Dサウンドが再現できるスピーカーです。
AmazonのAlexaを内蔵しているサウンドバー。
音楽配信サービスの「Spotify」や「Amazon Music」に対応しています。

音響 バーチャル3Dサラウンド
形状 サウンドバー
再生周波数帯域 フロントL/R:170Hz~22kHz、
ツイーター:5kHz~23kHz
インピーダンス
接続 Bluetooth対応

スペック

  • サイズ:890x53x131 mm
  • HDMI:1(4K、HDCP2.3対応)
  • 付属品:リモコン、光ケーブル(1.5m)1本、電源コード(1.5m)、壁掛け取付用テンプレート、壁掛け取付用スペーサー1シート/2個

●選ぶポイント

  • アレクサで声によるスピーカーの操作ができる
価格:¥23,248
(価格は変動します。)


ヤマハ フロントサラウンドシステム ブラック YAS-207(B)


ヤマハ フロントサラウンドシステム ブラック YAS-207(B)
YAS-207はヤマハのフロントサラウンドシステムです。
サブウーファーが付いているので重低音も楽しみたい方におすすめです。
「DTS Virtual:X」バーチャル3Dサラウンド技術に対応しているサウンドバーです。

音響 バーチャル3Dサラウンド
形状 サウンドバー
再生周波数帯域 フロントL/R:170Hz~22kHz、
ツイーター:5kHz~23kHz
サブウーファー 40Hz~180Hz
インピーダンス
接続 Bluetooth対応

スペック

  • 外形:サウンドバー:930W×60H×108Dmm、サブウーファー:180W×437H×401Dmm
  • 最大通信距離:10m
価格:¥23,542
(価格は変動します。)


ヤマハ パワードスピーカー NX-50(S)


ヤマハ パワードスピーカー シルバー NX-50(S)
ヤマハのコンパクトなパワードスピーカーです。
パソコンデスクにのせて気軽に音楽が楽しめるのが特徴。
パソコンやテレビ、スマートフォンなどとステレオミニジャック接続できます。

レビューでも高評価で映画や音楽を自然な音で聴けるという声が多いですね。
色のバリエーションがありシルバー、ブラック、オレンジ、パープル、ホワイトから選べます。

音響 パワードスピーカー
形状 コンパクトスピーカー
再生周波数帯域 55Hz~20kHz
スピーカーユニット 7cmフルレンジ (非防磁)
接続 3.5mmステレオミニプラグ

スペック

  • 最大出力 : 7W+7W(6Ω 1kHz 10% THD)
  • 消費電力 : 13W(待機時0.5W以下)
  • 外形寸法(幅×高さ×奥行き) : 83W×184H×184D mm

●選ぶポイント

  • 重低音も自然なサウンドで音楽が楽しめるコンパクトスピーカー
価格:¥9,100
(価格は変動します。)


ヤマハ Bluetooth スピーカーシステム チタン NX-B55 (H)


ヤマハ Bluetooth スピーカーシステム チタン NX-B55 (H)
NX-B55は見た目がNX-50とよく似ているのですが違いはワイヤレスということです。NX-B55はBluetoothでペアリングできるスピーカーです。
スマートフォンやタブレットから音楽を再生することができます。

小さな音でも迫力のあるサウンドに自動的に調整されるラウドネスコントロールを搭載しています。また、低音を再現するためのバスレフポートが前面にあります。
「おまかせミックス機能」「オートスタンバイ機能」を搭載しているスピーカーです。
テレビやパソコンとステレオミニジャックで接続することも可能です。

スピーカーユニット 7cmフルレンジ
無線出力 Bluetooth Class2/td>
再生周波数帯域 55Hz~20kHz
消費電力/td>

13W
接続 Bluetooth

スペック

  • 寸法:83W×184H×184Dmm
  • 付属品:3.5mmステレオミニプラグ付ケーブル(2.0m)1本、ACアダプター(ケーブル長1.5m)、取扱説明書

●選ぶポイント

  • 小さな音でも迫力のあるサウンドに自動調整
価格:¥24,302
(価格は変動します。)


ヤマハ ワイヤレスストリーミングスピーカー アンプ内蔵 WX-021(B)


ヤマハ ワイヤレスストリーミングスピーカー アンプ内蔵/Wi-Fi/Bluetooth/MusicCast対応 ブラック WX-021(B)
WX-021はヤマハのワイヤレスストリーミングスピーカーです。
パワーアンプを内蔵しており、小さいながら9cm口径アルミコーンウーファーと3cmドームツィーターを搭載しています。

無料の専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」に対応しておりスマホで音楽やネットラジオなども楽しめます。Wi-Fi/Bluetooth接続対応。

ブラックとホワイトから選ぶことができます。

形状 ストリーミングスピーカー
出力 40W(ツィーター 6Ω 15W、ウーファー 4Ω 25W)
接続 Bluetooth、イーサネット1、2.4GHz

スペック

  • サイズ:150W×186H×130Dmm
  • 付属品:電源コード、壁掛け用防振パッド、クイックマニュアル
価格:¥23,158
(価格は変動します。)


ヤマハ スピーカー (ピアノブラック) 2台1組 NS-BP200BP


YAMAHA スピーカー (ピアノブラック) 2台1組 NS-BP200BP
YAMAHA スピーカー NS-BP200BPはブックシェルフ型でロングセラーです。
ピアノブラックで高級感があるオーディオです。

3cmソフトドーム型ツィーターと12cmコーン型ウーファーを搭載しています。
高さが274mでコンパクトですが低音再生が可能です。

形状 ブックシェルフ型
再生周波数帯域 55Hz~28kHz(-10dB)、~80kHz(-30dB)
インピーダンス
接続 バナナプラグ対応ネジ式

スペック

  • 付属品:スピーカーケーブル(2m)2本
  • 寸法(幅×高さ×奥行):154W×274H×287Dmm
価格:¥11,000
(価格は変動します。)


ヤマハ サブウーファー/A-YSTII/ツイステッドフレアポート/ブラック NS-SW050(B)


ヤマハ サブウーファー/A-YSTII/ツイステッドフレアポート/ブラック NS-SW050(B)
ヤマハ サブウーファー NS-SW050です。
空気を振動板として音を再現する考え方に基づいた重低音再生を可能にする技術でA-YSTII方式になっています。
ノイズを抑制するためのツイステッドフレアポートを採用しています。高さは約30cmぐらいですが、サイズを超えた重低音を楽しめます。

音響種類 サブウーファー
スピーカーユニット 20cmコーン型
再生周波数帯域 28Hz~200Hz

スペック

  • 寸法:W291×H292×D341mm
  • 重量:8.5kg
価格:¥16,333
(価格は変動します。)


ヤマハ ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム YVC-330


ヤマハ ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム YVC-330
YVC-330は通話をするためのヤマハのマイクスピーカーです。
マイクを搭載しておりエコーキャンセラー、ノイズリダクションなどの機能があります。

クリアな音声でWeb会議をするのに最適です。

スペック

  • マイク : 単一指向性×3
  • スピーカー : フルレンジ×1、音量 : 瞬間最大91dB(0.5m)
  • 周波数帯域 収音:100Hz ~ 20,000Hz

●選ぶポイント

  • Web会議をするのに最適なスピーカー
価格:¥56,185
(価格は変動します。)


ヤマハ ネットワーク・パワードスピーカー アンプ内蔵/USB NX-N500

ヤマハ(YAMAHA)のスピーカー
DSD 5.6MHzのハイレゾ音源に対応しているUSB接続が可能なヤマハ(YAMAHA)のスピーカーでNX-N500です。
USB DACで米国ESSテクノロジー社のコンバーター「SABRE 32」を採用しており高品質なサウンドを楽しめます。
パワーアンプはツィーター用とウーファー用のアンプ回路をそれぞれ搭載しておりバイアンプ構成で開放的なサウンドです。。

価格:¥65,927
(価格は変動します。)

まとめ

ヤマハのスピーカーは楽器メーカーだけあって高品質なサウンドです。色々なオーディオ技術がスピーカーに詰め込まれています。
名機のスピーカーといえばコルゲーションを搭載しているYAMAHA NS-1000ですが、同じようなスケールのタイプは無いですね。
種類も豊富なので用途にあったものを選んで快適に使いましょう。


ヤマハ スピーカーの関連情報
アンプ内蔵スピーカー

サウンドバーならTaoTronics スピーカーもおすすめです。

重低音をきかせてサブウーファーも楽しめるBOSE サウンドバーも人気があります。

参考文献

YAMAHA – スピーカー 公式