Jabra スピーカーフォンのおすすめ! Web会議で便利

Jabra スピーカーフォン

Web会議で便利なJabra(ジャブラ) のマイクとスピーカーが一体型の機種をご紹介です。

JabraのスピーカーフォンはWeb会議などで仕事で使いやすい機種です。
USBやBluetooth接続が可能で参加人数を増やしたい時には2台つなげることもできます。
持ち運びができる機種なら出張などでオンライン会議で通話をする時にも便利です。
ノイズキャンセリングでクリアな音声で打ち合わせができます。

Jabra スピーカーフォンは音質も評判が良い

Jabra スピーカーフォンは業務用としてビジネスでよく使われており音質の評判も高いメーカーです。オフィスではコールセンター向けのヘッドセットでも定評があります。
価格はKaysudaやeMeetのような中国製メーカーに比べれば高いと思いますが、会社で使うならセキュリティー的にも大きい企業のスピーカーを使った方が安心です。

JabraはGNグループのブランドでデンマークの企業です。150年以上の歴史があり電気通信業や補聴器、音響機器などを作っているメーカーです。

Jabra スピーカーフォンの選び方

Jabra スピーカーフォンの選び方

出典:Jabra

JabraのスピーカーフォンはWeb会議に最適です。SkypeやZoom、teamsなどのアプリケーションに対応しており、マイク・スピーカーフォンがあればヘッドセットを付けなくても多人数で通話ができます。

スピーカーを選ぶ時には使用する人数に合わせて選びます。
例えば4人まで対応している機種と6人までの機種では収音できる範囲がことなるからです。
Jabraの場合は1台で対応できるタイプは12人までが最大になります。また、6台までの機種を2台つなげて収音範囲を拡大することができます。

Jabra スピーカーフォンの使い方

Jabra スピーカーフォンの使い方は簡単で、USBまたはBluetoothで接続するだけでつながります。一部3.5mmミニプラグに対応している機種もあります。
充電されていれば無線接続で使えますし、充電が無ければ有線USBでつなげれば良いですね。

マイクには単一指向性や無指向性などがありますが、スピーカーフォンはテーブルの中央に設置をして使うので無指向性マイクになります。
360度の方位から収音するため話す時にマイクの位置をあまり気にしなくても大丈夫です。Jabraの機種によっては会議で発言するひとに反応して収音するタイプのモデルもあります。

それでは早速ご紹介していきます。

Jabra スピーカーフォンのおすすめ

Jabra SPEAK510 MS Bluetooth搭載携帯用・小規模会議用スピーカーフォン


Jabra SPEAK510 MS Bluetooth搭載携帯用・小規模会議用スピーカーフォン
JabraのSPEAK510 MSは、1人~4人ぐらいまで使える小規模会議用のスピーカーフォン。スマートなデザインでビジネスに最適です。
サイズは直径12cm×厚さ2.5cm、重さは184gほどで携帯性に優れているモデル。コンパクトなのでカバンに入る大きさで持ち運びに便利です。
ポータブルスピーカーホンはエコーキャンセラーやDSPを搭載しており雑音のないクリアな音声で通話が可能です。

USBケーブルを接続の場合はPCのポートに差し込むだけでマイクとスピーカーが使えるようになり設定も簡単です。Bluetooth3.0接続の場合はスマートフォンやノートパソコンなどとペアリングをして使えます。

バッテリーは連続通話が15時間可能になっています。残量が少なくなったらUSB接続をすれば充電しながら使えるので安心です。

スペック

  • マイクロソフト社認証
  • 日本正規代理店品
  • 2年保証付き
  • 法人向け
  • 7510-109
接続方法 Bluetooth、USB
会議人数 1~4名
指向性 無指向性

● Jabra SPEAK510 MSのレビュー

  • モニタ内蔵のスピーカーよりも良い音質
  • 在宅勤務をするようになったので買いました
  • ハウリングなどがなく通話ができてミュートボタンなどの機能も使いやすい
価格:¥16,000
(価格は変動します。)


Jabra SPEAK410 MS 携帯用・小規模会議用スピーカーフォン


jabra SPEAK410 MS 携帯用・小規模会議用スピーカーフォン
JabraのSPEAK410 MSは小規模会議用スピーカーフォンで1~4名ぐらいで使えます。通話応答/終了ボタン、ミュートボタン、音量調整ボタンなどが付いています。
携帯用のエントリーモデルでUSB2.0の接続のみ対応している機種です。※Bluetooth接続には対応していません。サイズは直径12cmで厚みは2.5cm、重さは184gと軽量で携帯用ポーチが同梱されています。

ストリーミングメディアも再生可能で直径50mmのドライバで音楽を聴くこともできます。エコーキャンセラーはを搭載しているマイクは360度、周囲1mの範囲を収音できます。

対応機種: Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 、Windows 7、Windows Vista、Windows XP

スペック

  • 法人向け
  • 2年保証付き
  • マイクロソフト社認証
  • 日本正規代理店品
  • 7410-109

良い評価・口コミ・レビュー

接続方法 USB
会議人数 1~4名
収音範囲 1m
指向性 無指向性

● Jabra SPEAK410 MSのレビュー

  • 相手の声も聞きやすくマイクも良い
  • 説明書はもう少し詳しい方がわかりやすいと思う
  • Skype for Businessでは音質も優れており、きちんと動作しています
価格:¥15,174
(価格は変動します。)


Jabra SPEAK710 MS Bluetooth搭載 会議用スピーカーフォン


Jabra SPEAK710 MS Bluetooth搭載 会議用スピーカーフォン
Jabra SPEAK710 MSは、6人ぐらいで使える会議用スピーカーフォンです。
Bluetooth接続または、付属のUSBドングル(アダプター)を使ってワイヤレス接続が可能です。

HiFi グレードスピーカーで業務用ですが音楽も聴ける最高級の音質。無指向性マイクを搭載しており高精細なHD 音声で通話ができます。
リチウム電池を搭載しておりUSB充電をするタイプです。トラベルポーチとJabra Link 370 USB アダプターが付属しています。

スペック

  • 直輸入品
  • 初期不良対応と90日等の限定的な販売店独自保証のみ
接続方法 USBワイヤレス、Bluetooth
会議人数 6人まで
指向性 無指向性

● Jabra SPEAK710 MSのレビュー

  • 相手の声が聞きやすくクリアな音声を届けられて良いスピーカーフォン
  • 会社で会議用に使っています
  • 高価ですが音質に優れており重宝しています
価格:¥28,500
(価格は変動します。)


Jabra Speak 710+ MS 2台セット


Jabra Speak 710+ MS 2台セット
「Jabra Speak 710+ MS」の2台セットです。人数の多い会議など収音範囲を広げたい場合に便利です。
Jabra Speak 710は2m以内に2台ある場合に接続するすることができます。
リンクのランプが表示されたらボタンを押せばつながります。切断をする時もリンクボタンを押すだけでOKなので操作は簡単です。
(ペアリングモードにするとリンクが切れるので注意です。)

価格:¥65,700
(価格は変動します。)


Jabra Speak 810


Jabra Speak 810
Jabra Speak 810は15人ぐらいでWeb会議ができるマイクスピーカーです。
6つのマイクを搭載しており「ZoomTalk」と呼ばれるインテリジェントマイクになっています。発言している声の方向をフォーカスし収音することができます。

USB、Bluetooth、3.5mm接続でスマートフォンやノートパソコンで使うことができます。
NFC対応のスマートフォンではかざすだけで接続することも可能です。

接続方法 USB、Bluetooth、3.5mm
会議人数 15人まで
指向性 インテリジェントマイク
収音範囲 5m

● Jabra Speak 810のレビュー

  • 会議室でテーブルの中央に配置して使っています
価格:¥50,000
(価格は変動します。)


Jabra SPEAK750+ UC


Jabra SPEAK750+ UC
Jabra SPEAK750は6人ぐらいまでで使えるスピーカーフォンです。また2台接続をすると12名まで対応が可能です。
デスクで使う場合にはテーブルスタンドで斜めに立てることができます。

充電は付属のUSBケーブルで3時間でフル充電になり最大10時間連続使用が可能です。
バッテリー残量はランプでわかるようになっていて、通常はグリーンのLEDランプですが残量が少なくなると赤くなります。
接続はJabra SPEAK750(ドングル)が付いておりBluetoothまたはUSBケーブルが使えます。

接続方法 USB、Bluetooth
会議人数 6人
集音範囲 2m
指向性 無指向性
価格:¥41,029
(価格は変動します。)

まとめ

Jabraのスピーカーフォンのようにマイクとスピーカーが一体型になっている機種は一台あると便利です。
製品名に続く「UC」と「MS」の違いは、「MS」の場合はMicrosoft Skype for Businessでプラグアンドプレイできる機種になります。
Web会議などビジネスでも使いやすい機種で安定した音質で通話ができます。


Jabra スピーカーの関連情報
Jabra ヘッドセット

web会議 マイク スピーカー 一体型