Amazon Echo Show 10 (第3世代) レビュー! 比較表も

Amazon Echo Showのレビュー

「Echo Show 10(エコーショー10)」はAmazonの10.1インチディスプレイを搭載したスマートスピーカーです。第3世代は第2世代と違い350度回転するのが特徴で、ビデオ通話などで部屋を移動すると画面の正面が自動で動いて向き調整されます。スピーカーは2chになったことで音質に厚みがでており魅力的な仕様になっています。

レビューやEcho Showシリーズの比較表もあるのでご参考になれば幸いです。

Echo Show 10の特徴

Echo Show 10の特徴

出典:Amazon

Echo Show 10の特徴は追いかけるスクリーンで、動いて移動した場合にはスクリーンが向きを自動的に調節。モーション機能は350度カバーしており左右に175度までそれぞれブラシレスモーターにより回転駆動します。
また、ビデオ通話中に自分が映るようにフレームインするようなフレームイン機能が搭載されているのも便利。カメラカバーなどを搭載しているのでプライバシー保護機能もあり安心です。

Alexaに対応しておりスマートデバイスを声で操作できるようになっています。「アレクサ、○○して」と話しかけるだけで使えるのもポイント。タイマーや天気などできることが多いので生活で便利です。

ビデオ通話

カメラは画素数が高い13メガピクセルの高解像度なフロントカメラを搭載しています。カメラにはカメラカバーが付いているので撮影しない時には閉じておけるのが便利です。
プライバシー機能はEchoシリーズ全てに搭載されている基本的な機能になっています。
マイクの感度は以前のモデルの方が良いという口コミもちらほらあります。今後のアップデートで改善されると良いですね。

エンターテイメント

エンターテイメント

出典:Amazon

エンターテイメントは映画ならPrime Video、Netflixを視聴できます。Hikari TV、Paraviなどの動画配信サービスにも対応しておりドラマやバラエティなど好きなコンテンツを楽しむのに最適です。

音楽ではAmazon Music、Apple Music、Spotifyを再生できます。曲を再生すれば歌詞がわかるようになっておりアルバムのジャケットも表示できます。サービスを利用する場合には別途契約が必要ですがAmazon Musicの場合にはプライム会員なら追加料金がなく200万曲が聴き放題です。

10.1インチ ディスプレイ

10.1インチ ディスプレイ

出典:Amazon

10.1インチ ディスプレイは解像度がWXGA(1280×800ピクセル)で高精細です。ALS RGB センサーを内蔵しており自動色彩調整機能を搭載しています。
自動回転機能のほか、手動で上下の角度調整もできるようになっています。

スマートフォトフレームではホーム画面をお気に入りの写真で表示することが可能です。周囲の光を検知できるため部屋の明るさや光源に合わせて色調が調整されるようになっています。

スピーカーで音楽を聴く

スピーカーは2.1chで音楽を聴くのもEcho Show 10の魅力の1つです。中域から高域まで再生するための1.0インチツイーターを2つ内蔵しておりステレオスピーカーです。低音を再生するための3.0インチウーファーを内蔵しているのも特徴です。
Echoシリーズで比較をするとウーファーを搭載しているのは「Echo Show 10」のみの仕様になります。

接続方法

接続方法はWi-FiまたはBluetoothに対応しています。基本的には無線LANで802.11a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)でインターネットにつなげればセットアップは完了です。

Bluetooth接続はスマートフォンに入っている曲を流したい場合にペアリングできます。A2DPプロファイルやAVRCPプロファイルをサポートしているので曲の再生や停止を音声コントロールできます。

Echo Show 10のおすすめ

Echo Show 10 (エコーショー10) 第3世代


Echo Show 10 (エコーショー10) 第3世代

発売日

Echo Show 10 第3世代の発売日は2021年4月14日です。通話するときに画面が正面に向きが調整される機能を付いており、最新モデルを使いたいかたにおすすめの機種ですね。

カラー

色はグレーシャーホワイトまたはチャコールから色を選べます。ディスプレイとスピーカーの本体部分の両方とも色は統一されており、部屋のインテリアに合わせて選べるのが良いですね。

価格:¥29,980
(価格は変動します。)

Echo Show 10 スペック

←比較表はスクロールできます。→

Echo Show 10第3世代
サイズ251 mm x 230 mm x 172 mm
重量2560 g
ディスプレイ10.1インチタッチスクリーン
カメラ13メガピクセル
スピーカー1インチツイーター×2、2.5インチウーファー
接続Wi-Fi / Bluetooth
AlexaアプリiOS、Android、Fire OS(一部パソコン)
CPUプロセッサMediaTek 8183 メインプロセッサ及びAmazon NNA 補助プロセッサ
Amazon AZ1 Neural Edge 補助プロセッサ
サポート機能Alexa字幕サポート、色の補正機能
プライバシー機能ウェイクワード検出技術、通知用インジケータ、
マイク/カメラ オン/オフボタン、内蔵カメラカバー、
音声録音の確認および削除、モーション機能の有効化/無効化など
モーション機能
同梱内容Echo Show 10(本体)、電源アダプタ(30W)及びケーブル(1.5m)、
回転幅テンプレート、クイックスタートガイド(説明書)
サステナビリティ低電力モード搭載。再生利用プラスチック30%使用、再生利用ファブリック100% 使用、
再生アルミダイカスト100%使用
スマートホームハブZigbee
保証1年間保証(オプションで延長保証もあり)

※価格は変動するのでAmazonの販売ページにてご確認ください。

Echo Showシリーズ比較

Echo Show 10とEcho Show 5、Echo Show 8の比較をしています。
一番の大きな違いは画面の大きさです。1m以上の距離で見るなら10.1インチのEcho Show 10が大きいです。
サウンドではEcho Show 8は他の2つのモデルと違って2.0インチのスピーカーを搭載しています。価格が安くコンパクトなのはEcho Show 5ですね。

←比較表はスクロールできます。→

Echo Show 比較Echo Show 5Echo Show 8Echo Show 10
世代第2世代第2世代第3世代
デザインEcho Show 5の比較

Amazonで見る

Echo Show 8の比較

Amazonで見る

Echo Show 10の比較

Amazonで見る

価格¥ 8,980¥ 14,980¥ 29,980
ディスプレイ5.5インチ
タッチスクリーン
8インチ
タッチスクリーン
10.1インチ
タッチスクリーン
モーション機能(画面回転)××
自動フレーミング機能×
サウンド1.6インチ x 12.0インチ x 21.0インチ×2 
+ 3.0ウーファー
カメラ2MP13MP13MP
サイズ幅148mm x 高さ86mm
x 奥行73mm
幅200mm x 高さ130mm
x 奥行99mm
251 mm x 230 mm
x 奥行172 mm
重量403g1037g2560 g

※価格は変動するのでAmazonの販売ページにてご確認ください。

Echo Show 10のレビューと評価

良いところ

10インチのHDスクリーンは大きめ画面で色が鮮やか。自動的に向きが変わるので、いつも正面から見られるのは便利です。
コンパクトなスピーカーながら2chのオーディオで幅広い音域のサウンドを楽しめます。
外出先から部屋の様子を見られるので見守りカメラのような使い方もできますね。

気になるところ

マイクの感度はやや低いという口コミが多いです。アレクサのレスポンスのスピードにはあまり期待しないほうが良いかもしれません。

まとめ

Echo Show 10は350度の回転ができるのが特徴で被写体が動いても追いかけて撮影ができます。
監視カメラのような使い方は難しいですが、外出先から見回すことができるのが面白いところ。Zoomで通話をしたりAlexaで話すのも便利です。
以前のモデルに比べてサウンドも強化されているので音楽や映画などエンターテイメントも楽しいですね。


Echo Show 10の関連情報
Amazon Echo Dot スピーカー

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて商品の価格とスペックについて、ご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)