Fire TV Stick(ファイヤースティック)おすすめ2022年 どれ選ぶ?比較も

Fire TV Stick

Fire TV Stick(ファイヤースティック)はテレビで使えるストリーミングメディアプレーヤーです。
HDMIに差し込めば動画を視聴したりゲームをすることもできます。Wi-Fiで接続できるようになるのでWebブラウザで閲覧することも可能になります。
Fire TV Stick 4KやFire TV Cubeなどのモデルを比較しているので、どれがいいか選ぶときにご参考ください。

Amazonプライム・ビデオをテレビで視聴したい場合に最適なストリーミング端末です。

Fire TV Stick(ファイヤースティック)とは?

Fire TV Stick(ファイヤースティック)とは?

出典:Amazon

Fire TV Stickとは何かというと、Amazonのテレビ用ストリーミング向けのスティックです。
つまり、テレビにFire TV Stickを挿し込んでインターネットができるようになるので、動画の配信サービスやYoutubeのような動画コンテンツが視聴できるようになります。
キーボードが使えないから検索しにくいのでは?と思われるかもしれませんが、Alexaに対応しており音声で検索することが可能になっています。
「Firefox for Fire TV」を使えばスマートフォンやタブレットにも対応しているのでWebブラウジングも楽ですね。

動画を視聴する

動画を視聴する

出典:Amazon

動画コンテンツを視聴できるので、テレビで映画を観たい場合におすすめです。
ちなみに、Prime Videoはアマゾンプライム会員になると対象の作品では見放題ですが、誤って操作しないように機能制限を付けておくと良いです。
後で知らずに課金されていたということを防ぐためですね。

Fire TV StickでNetflix(ネットフリックス)を視聴するのも相性が良く、デバイスごとに最大の解像度で再生できます。
例えば、Fire TV Stick 4Kでは4K Ultra HDで5.1サラウンドサウンドで映画を視聴することが可能になっています。

動画配信サービス

動画配信サービス
動画配信サービスはPrime Video、YouTube、Netflix、Hulu、TVer、GYAO!、U-NEXT、DAZN、Disney+、FOD、ABEMA、Apple TV+などの動画を視聴することができます。(それぞれ、サービスの料金はかかります。)
アニメを見るならU-NEXTが本数が多いなど、コンテンツに違いがあります。
もし、Amazonプライム会員であれば無料で、会員特典としてPrime Videoの作品を見られるものもあります。TVのチャンネルだけでなく、面白い動画配信サービスを見られるのは魅力ですね。

ゲームをする

AmazonアプリストアにあるFire TV Stick対応のゲームをプレイすることができます。
有料のゲームではRPGで人気のゲームタイトルがあり、一部のゲームは無料で遊べます。
ゲーム機ではないのでシンプルなゲームが多いです。ゲーマーとかではなく、ちょっと遊ぶぐらいなら良いと思います。

Fire TV Stick(ファイヤースティック)の使い方

Fire TV Stick(ファイヤースティック)の使い方

出典:Amazon

設定方法

Fire TV Stickの設定方法は簡単です。
テレビの側面や裏面にあるHDMI端子に直接、差し込むだけです。
逆にいえばHDMIが無いと使えないのでインターフェイスを見てから購入した方が良いですね。

スマホで使うときにはミラキャストをします。Fire TV Stickのミラーリングを選んで待機させておいて、スマホ側でミラーリングの設定をします。
Webサイトのコンテンツによっては対応していない場合もあります。

再起動

テレビの画面に映らない時にはFire TV Stickを再起動します。
HDMIポートから一度抜いてから差し込み直します。または、設定画面のMy Fire TVのメニューから再起動することもできます。
リモコンの場合には円形の大きいボタンと再生ボタンを数秒間、同時押しすると再起動する方法もあります。
Fire TV Cubeの場合はアクションボタンを10秒、長押しして電源をOFFにしてから電源を入れ直して再起動します。

Fire TV Stick(ファイヤースティック)の選び方

現在購入できるのは3種類です。
Fire TV Stickタイプで解像度がことなるタイプが2種類とFire TV Cubeが1種類です。
ハンズフリー通話をする場合にはFire TV Cubeが良いですが、価格の安いFire TV Stickでも十分、動画を楽しめます。画質で選ぶなら4Kが高精細ですね。

Fire TV Stick(ファイヤースティック)のおすすめ

Fire TV Stick(第3世代)


Fire TV Stick(第3世代)
新しい第3世代のFire TV Stickでストリーミングが可能なメディアプレーヤーです。使い方はテレビのHDMI端子に挿し込んでWi-Fiにつなげれば使えます。

Alexa対応しており音声認識でコントロールすることが可能になっています。リモコンが付属しておりボリュームの音量調整やミュートボタン、テレビ・サウンドバーの操作ができます。

ので映画や動画のコンテンツではPrime Video、YouTube、Netflixなどにアクセスをしたり、Silk(ブラウザ)を使ってFacebookやTwitterなどSNSを表示することもできます。HDRとDolby Atmosに対応しているモデルです。

Prime Videoはプライム会員(月間プラン500円)で映画やドラマなど対象の作品が見放題で、音楽ではPrime Musicで100万曲以上が聴き放題になっています。

2022年8月の時点で13万件以上のレビューが集まる人気商品です。

● Fire TV Stickのレビュー

  • ネット動画の種類が多くテレビで見られるので楽しめる
  • 音声認識の精度も良いと思う
  • リモコンは見た目よりも操作性が良い


Fire TV Stick 4K Max


Fire TV Stick 4K Max
Fire TV Stick 4K Maxは、Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属したストリーミングメディアプレーヤーです。
以前のFire TV Stick 4Kと比較して40%パワフルになり、アプリの起動や切り替えがスムーズになっています。
Wi-Fi6対応ストリーミングメディアプレーヤーで高精細の再生できるのが特徴。4Kによるビデオコンテンツの性能で、色彩が美しい臨場感がある映像が楽しめます。

スペック

  • 発売日:2021年10月7日
  • HDR10、HDR10+対応
  • 4K Ultra HD、Dolby Vision対応
  • プロセッサ:クアッドコア 1.8GHz
  • ストレージ:8GB
  • メモリ:2GB


Fire TV Cube


Fire TV Cube (リモコン 第3世代)
Fire TV Cubeはマイク付きのストリーミングメディアプレーヤーです。
ハンズフリーに対応しており、スピーカーを内蔵しているのでラジオを聴くこともできます。
Alexaに対応しており、音声認識で朝、起きる時の時間をタイマーを設定したり、アラームも使えます。出かける前にAlexa(アレクサ)で情報をチェックするのも良いですね。
第3世代のリモコン付属しているのでリモコン操作も可能です。

※HDMIケーブルが同梱されていないので注意です。4K/60p対応のケーブルを別途購入する必要があります。
映像は4KでDolby Vision、HDR 10、HLG、HDR10+(ハイダイナミックレンジ)に対応しており色の階調も滑らかに映画などを楽しめます。

● Fire TV Cubeのレビュー

  • HDRは手動でテレビも設定する必要があります
  • サクサク動いて動作の反応が良い


Fire TV Stick 4K


Fire TV Stick 4K
「Fire TV Stick 4K」は解像度が4K Ultra HDに対応しており高精細にコンテンツをたのしめます。プロセッサは、クアッドコア 1.7GHzを搭載しています。
最大60fpsで鮮明な映像でコントラストの高い表示をしたいかたにおすすめです。
サウンドは3D Dolby Atmos Audio対応のスピーカーシステムで対応しているスピーカーを使えば迫力のある立体音響で視聴できます。第2世代よりもパワフルになっています。

リモコンが付属しており音量のコントロールやミュートボタンなどでテレビ操作が可能です。
Alexa対応音声認識しているストリーミングメディアプレーヤーなので、リモコンの音声認識ボタンを押しながら話しかければ音声操作が可能です。

● Fire TV Stick 4Kのレビュー

  • 思ったよりルーターの設定も簡単でした
  • ミラーリングはアップデート後にできるようになった
  • リモコンで操作することが多いですが買って良かったです


Amazon Echo Show 10


Echo Show 10 (エコーショー10) 第3世代
Fire TV Stickシリーズではないですが、Amazonの製品です。Amazon Echo Show 10は、10.1インチディスプレイを搭載したスマートスピーカーです。第3世代は第2世代と違い350度回転するのが特徴で、ビデオ通話などで部屋を移動すると画面の正面が自動で動いて向き調整されます。スピーカーは2chになったことで音質に厚みがでており魅力的な仕様になっています。

通話するときに画面が正面に向きが調整される機能を付いており、最新モデルを使いたいかたにおすすめの機種ですね。

色はグレーシャーホワイトまたはチャコールから色を選べます。ディスプレイとスピーカーの本体部分の両方とも色は統一されており、部屋のインテリアに合わせて選べるのが良いですね。

ちなみに、家電を操作する場合には、スマートリモコン付きも選べます。Echo Show 10 第3世代の発売日は2021年4月14日です。

Fire TV Stick(ファイヤー スティック)の比較

Fire TV Stick(ファイヤー スティック)の主な3機種を比較しています。
テレビが4Kに対応しているなら「Fire TV Stick 4K Max」または「Fire TV Cube」、4K以外で視聴するなら「Fire TV Stick」が価格も安いので良いと思います。予算に余裕があればfire TV Cubeも良いですね。

←比較表はスクロールできます。→

Fire TV Stick 比較Fire TV StickFire TV Stick 4K MaxFire TV Cube
デザインFire TV Stickの比較

Amazonで見る

Fire TV Stick 4K Maxの比較

Amazonで見る

Fire TV Cubeの比較

Amazonで見る

価格¥ 2,980¥ 4,980¥ 11,980
解像度最大1080p(HD)4K Ultra HD4K Ultra HD
ハイダイナミック
レンジ
HDR、HDR10、
HDR10+、HLG
HDR、HDR10、
HDR10+、HLG、
Dolby Vision
HDR、HDR10、
HDR10+、HLG、
Dolby Vision
CPUプロセッサークアッドコアクアッドコア
1.8GHz
ヘキサコア
2.2GHz + 1.9GHz
ストレージ(容量)8GB8GB16GB
メモリー1GB2GB2GB
サイズ86 mm x 30 mm
x 13 mm
108 mm x 30 mm
x 14 mm
86.1 mm x 86.1 mm
x 76.9 mm
重さ32.0g48.4g465g
オーディオDolby Atmos、
Dolby Digital、
Dolby Digital+
のサラウンド対応。
Dolby Atmos、
7.1 サラウンド対応、
2chステレオ、最大5.1chの
HDMIオーディオ
パススルー
Dolby Atmos、
7.1 サラウンド対応、
2chステレオ、最大5.1chの
HDMIオーディオ
パススルー

※価格は2022年8月11日の時点です。商品の値段は変動するのでAmazonの販売ページにてご確認ください。

まとめ

Fire TV Stick(ファイヤー スティック)はHDMIを搭載している対応テレビなら使うことができます。
ビックカメラ.comiconでも購入ができます。最安値を探しても値段はどこもほとんど変わらないです。
Prime Videoのレンタル機能は今はなくなって会員のみが視聴できるサービスになっています。
年会費が4900円、または月額500円です。30日は無料(2022年8月11日の時点)なので、まずは登録する前に試してみるのも良いと思います。

土日などお家でのんびり過ごしたい時には高精細な画面で映画を見たりするのも楽しいですね。


関連情報
スティックPC おすすめ
小型プロジェクターおすすめ
一人暮らしにおすすめのプロジェクター
映画用モニターおすすめ
地デジチューナー

Fire HD タブレット
Amazon Echo Dot

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。