Jabra(ジャブラ) ワイヤレスイヤホンおすすめ9選!比較も 2024

Jabraのイヤホン

Jabra(ジャブラ)の完全ワイヤレスイヤホンでおすすめ製品をご紹介しています。Bluetooth接続の完全ワイヤレスイヤホンは充電ケースを使えば長時間、音楽を楽しむことができます。アクティブノイズキャンセリングもあり高音質でクリアなサウンドが楽しめます。

種類はドライバー(スピーカー)サイズが大きめのタイプや防滴性能があるスポーツ向けのイヤホンもあります。比較もあるので選ぶ時にどうぞご参考ください。

コンテンツについて、一部にアフィリエイト広告が含まれます。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

Jabraのイヤホンの特徴

Jabraのイヤホンの特徴
Jabra(ジャブラ)はデンマークのコペンハーゲンに本社がある会社です。GNグループでヘッドセットなどの音響機器をてがけています。
世界的にグローバルに展開しており企業向けのヘッドセットとしても、人気があるブランドです。
日本にはGNオーディオジャパン株式会社が販売を行っています。

Jabraのイヤホンは複数のマイクを内蔵しておりクリアな音声で通話ができるのが特徴です。
また、フィット感にこだわっており装着性の評判が良いですね。

Jabraのイヤホンの選び方

Jabraのイヤホンの選び方

出典(画像):Jabra

アクティブノイズキャンセリング

外出先で聴くならアクティブノイズキャンセリング(ANC)に対応しているモデルがおすすめです。
周囲の雑音などノイズを抑えることで、没入感のあるサウンドが楽しめます。
また、遮断するだけでなくノイキャンで遮音性が高すぎる場合にはHearThrough (外音取り込みモード)で周りの環境音を取り込むことができます。

通話をするならマイクをチェック

通話をするならマイクをチェックしましょう。Jabraのイヤホンにはマイクが4つ~6つ搭載されている機種や、マルチセンサーボイスなどがあります。
デジタルANC対応モデルで製品によっては、ノイズキャンセリング機能によりクリアな音声で通話をすることが可能になります。
また、音声コントロールができるモデルではAlexaやSiriなどが使えるのも便利です。

スポーツ向け

スポーツ向けのイヤホンも多く防滴性能に優れています。
ランニングやジムなどで走るときに汗をかいたり、雨で濡れても大丈夫で水に強いのがスポーツ向けモデルのメリットですね。
また、Jabra Sport Life アプリでは心拍数などを測って体力を把握してトレーニングをする時に使えます。

Jabra イヤホンのおすすめ

Jabra Elite 7 Pro / ノイズキャンセリング搭載モデル


Jabra Elite 7 Pro
Jabra Elite 7 Proで、新しい完全ワイヤレスイヤホンです。
アクティブノイズキャンセリング (ANC)を搭載しており雑踏のノイズを低減して曲を再生。ヒアスルー機能もあるため、周囲の音を取り込むことができます。
また、マルチセンサーボイスを搭載しておりクリアな音声で通話ができるのが魅力です。コーデックはSBCとAACに対応しています。

Bluetooth5.2により安定したワイヤレスで使用できます。同時接続は2台まで使えるマルチポイントにも対応しているので2人で聴くこともできますね。

防水はIP57に準拠しているので、雨で濡れても心配は不要です。

スペック

  • 製品型番: ‎100-99172000-40
  • 国内正規品
  • カラー:ブラック
  • 同梱物:イヤホン、充電ケース、イヤージェル、保証書、USB-C to USB-A充電ケーブルなど
  • 重量:6 g
周波数帯域周波数帯域:20Hz~20kHz
最大再生時間30時間(イヤホン + 充電ケース)
サイズ充電ケースサイズ
縦69.6mm x 横40.3mm x 高さ25.3 mm
Bluetoothバージョン5.2
防水性IP57

選ぶポイント:

ノイズキャン(ANC)搭載の完全ワイヤレスイヤホン

  • マルチセンサーボイスにより通話品質が高い完全ワイヤレスイヤホン


Jabra Elite 3 / 100-91410001-40


Jabra Elite 3 / 100-91410001-40
Jabra Elite 3(100-91410001-40)は、価格が安い完全ワイヤレスイヤホンです。
Amazon専用の商品で、価格を重視したいときや初心者の方は選択したい商品ですね。2023年04月05日09:33の時点では、税込6,300円です。
価格が安い理由は何かが悪いということではなく、パッシブノイズキャンセリングということぐらいでしょう。アクティブノイズキャンセリング(ANC)と比べれば周囲の音は聞こえやすくなります。イヤーピースは本体と同じカラーなので、おしゃれです。

接続はBluetooth 5.2で安定しており、高音質なApt-Xにも対応しています。アプリのMySoundを使えば一人ひとりキャリブレーションを行うことで最適化できます。自分好みにサウンドをカスタマイズできます。

充電ケースを合わせて最長28時間使えて省電力なのもポイントですね。防水性能はIP55に対応。ランニングで雨で濡れたり汗をかいても使えます。

スペック

  • 製品型番:100-91410001-40
  • 国内正規品
  • Bluetooth コーデック:Apt-X / SBC
  • 重量:136g
最大再生時間28時間
Bluetoothバージョン5.2
防水性IP55

選ぶポイント:

サウンドのカスタマイズが可能

  • MySoundとMyControlsを活用すれば音質のカスタマイズが可能


Jabra Elite 75t


Jabra Elite 75t
Jabra Elite 75tは、完全ワイヤレスイヤホンで快適に音楽が楽しめます。
ノイズキャンセリング対応モデルでHear Through(外部音取込)機能があるので周囲の音を取り込むことも可能。風切り音防止機能も搭載しています。
音質は中音域を中心とした自然なサウンドで6mmのドライバー(スピーカー)を内蔵しており周波数帯域は20Hz~20kHzです。

Jabra Sound+アプリでイコライザーで好みの音質に調整できるのも魅力ですね。アプリで日本語に設定すれば音声ガイダンスも日本語になります。4つのMEMSマイクロフォンを搭載しており通話も可能です。

接続はBluetooth 5.0のマルチポイントで2台までのデバイスに繋げられます。
バッテリーは充電すると最大で5.5時間、充電ケースを使うと最大28時間連続して使用できます。また、15分で充電する急速充電にも対応しています。

レビューでは装着のフィット感が良く高音質という口コミが多く、Amazonでは5つ星中で4.4の評価が付いています。

スペック

  • 製品型番:100-99090000-40-A
  • 国内正規品
  • カラー:ブラック / ゴールドベージュ / チタニウムブラック
  • 同梱物:イヤホン、充電ケース、USB-C ケーブル、シリコンイヤージェル 3 セット(S M L)、保証書
  • 重量:充電ケース 35g、イヤホン (右) 5.5g、イヤホン (左) 5.5g
周波数帯域周波数帯域:20Hz~20kHz
最大再生時間28時間
サイズ充電ケースサイズ
縦62.4mm x 横36.6mm x 高さ27.0 mm
Bluetoothバージョン5.0
防水性IP55

選ぶポイント:

フィット感のある商品

  • コンパクトなサイズの形状で、こだわりの設計でフィット感に優れている
  • ノイズキャンセリング付きのコスパの良い完全ワイヤレスイヤホン


Jabra Elite 85t


Jabra Elite 85t
最新のJabraの完全ワイヤレスイヤホンでElite 85tです。
パワフルなサウンドが特徴でドライバーサイズは直径12mmのスピーカーを搭載しています。
アクティブノイズキャンセリングに対応しておりHearThrough (外音取り込みモード) は11段階調整できるようになっています。
マイクは6個内蔵しておりMEMSにより風切り音でもクリアな音声で通話が可能です。

Bluetooth 5.1接続により安定した通信ができます。
市販のQi規格の充電器に対応しており充電パッドに置くだけで充電できます。バッテリーは充電ケースを使うと最大25時間です。

Jabra Sound+ アプリではMyFit機能が新たに搭載されており密閉度を見つけることでANC性能を高められます。

スペック

  • 製品型番:100-99190000-40-A
  • 通話機能:応答・拒絶・ミュート・リダイヤル・音量調整機能
  • 色:チタニウムブラック、ブラック、カッパーブラック、グレー、ゴールドベージュ
  • 重量:充電ケース 45.1g、イヤホン (左右 各) 7g
周波数帯域周波数帯域:20Hz~20kHz
最大再生時間25時間
サイズ充電ケースサイズ
縦64.8mm x 横41.1mm x 高さ28.5 mm
Bluetoothバージョン5.1
防水性IPX4

● 選ぶポイント

  • 85tは75tと比較してドライバーなどが一回り大きく重低音もパワフルなサウンド

選ぶポイント:

Bluetooth接続

  • Bluetooth5.1接続
  • 85tは75tと比較してドライバーなどが一回り大きく重低音もパワフルなサウンド


Jabra Elite 65t


Jabra Elite 65t
Jabra Elite 65tは完全ワイヤレスイヤホンとしてはリーズナブルな価格帯で初めて使うかたにおすすめです。
ドライバー直径6mmで再生。ANCには対応していませんが、通話時にはノイズキャンセリングマイク(4マイク)で話せます。
音声アシスタントが使えるようになっておりAmazon Alexa、Siri、Google Assistantに対応しています。
Bluetooth 5.0でワイヤレスは最大10mまで動作。バッテリーは充電ケースを使って15時間です。
2年保証 / 国内正規品

スペック

  • 製品型番:100-99000000-40
  • ドライバーサイズ:直径6mm
  • 重量:6.5g
周波数帯域20Hz~20kHz
最大再生時間15時間
サイズL 27 x W 30 x H 22.5mm
Bluetoothバージョン5.0
防水性IP55

● 選ぶポイント

  • 価格が安い完全ワイヤレスイヤホン


Jabra Evolve 65t


Jabra Evolve 65t
Jabra Evolve 65tは、UC 認定完全ワイヤレスイヤホンです。
Eliteとの違いはマイクが業務用の高性能なタイプでビジネスで通話をするのにおすすめです。
マイクにはノイズキャンセリング機能を搭載しています。

スピーカーは音楽モードと会議モードがあり周波数帯域がそれぞれ聞き取りやすいように最適な音域に変えられます。
音楽モード:20Hz-20kHz
会議モード:100Hz-10kHz

イヤホンは装着感がよく耳にフィットする密閉型でパッシブノイズキャンセリングに対応しています。
両耳で使えるだけでなく、片耳のみで使う場合には右のイヤーパッドのみで使うことができます。

スマートフォンとbluetooth接続で充電ケースを使って最大15時間連続使用できます。
PCの場合にはUSB Type-Aのドングル (Jabra Link 370)を使うことも可能です。

スペック

  • 製品型番:6598-832-209
  • マイクの数:4
  • 重量:20 g
周波数帯域20Hz ~ 20kHz(音楽モード)
最大再生時間15時間
サイズ12.4 x 9.8 x 6.2 cm
Bluetoothバージョン4.2
防水性-

● 選ぶポイント


Jabra Elite Active 65t


Jabra Elite Active 65t
Jabra 完全ワイヤレスイヤホン Elite Active 65tです。
アクティブに音楽を楽しめる防塵防水IP56でスポーツで汗をかいても使える防水性能があります。
ロングバッテリーで充電ケースを合わせて約15時間使えます。
マイク付きで音声アシスタントに対応しています。

レビューでは音飛びがせず通信が安定してしているという口コミがあり、Bluetooth 5.0に対応しています。
最大8台までペアリングが可能で2台同時接続が可能です。

スペック

  • 製品型番:100-99010000-40-A
  • 国内正規品
  • ドライバー 6mm
  • 重量:6.5 g
周波数帯域20Hz~20kHz
最大再生時間15時間
サイズ2.3 x 3 x 2.7 cm
Bluetoothバージョン5.0
防水性IP56

● 選ぶポイント

  • ランニングなど運動するときに使える防水性能があるイヤホン


Jabra 片耳イヤホン Talk 45


Jabra 片耳イヤホン Talk 45
Jabraの片耳イヤホン Talk 45です。Bluetoothでスマートフォンとペアリングをして使用します。
ノイズキャンセルマイクを搭載しており、IID音声デュアルマイクテクノロジーによりクリアな音声で通話ができるタイプ。
音声アシスタントにアクセスをしてSiriやGoogle Assistantに対応しています。

● 選ぶポイント

  • 屋外で通話するのに最適なTalkシリーズ


Jabra Elite Sport 4.5


Jabra Elite Sport 4.5
Jabra Elite Sport 4.5は本格トレーニング用の完全ワイヤレスイヤホンです。
Jabra Sport Life アプリを使うことで心拍数を計測をしたり、ランニングやサイクリングの回数をもとにして距離を走る時間を予測をしてペース配分できます。
レビューではスポーツジムで運動しながら使っているかたもいますね。

4.5時間のバッテリーで充電ケースを使えばプラス9時間使用できます。耐水性があり防塵防水IP67で3年保証です。

イヤホンは落として困った経験がある方もいると思いますが、この製品はフィット感に優れているのもポイントです。実際、トレーニングで使用しているという感想もありますね。

スペック

  • 製品型番:100-98600001-40-A
  • NFMI接続
  • 心拍数モニター搭載
  • 重量:6.5 g
周波数帯域20Hz~20kHz
最大再生時間13.5時間
サイズ2.3 x 3 x 2.7 cm
Bluetoothバージョン5.0
防水性IP67

● 選ぶポイント

  • スポーツ向けでトレーニングしながら使えるイヤホン

Jabraイヤホンの比較

Jabraイヤホンの主な製品でEliteシリーズを比較しています。それほど大きな違いはないですが、マイクの性能やバッテリーの時間にわずかな違いがあります。
Apt-Xで聴きたい方はElite 5ですね。

←比較表はスクロールできます。→

Jabraイヤホン比較Jabra
Elite 7 Pro
Jabra
Elite 7 Active
Jabra
Elite 5
デザインJabra Elite 7 Pro比較

Amazonで見る

Jabra Elite 7 Active比較

Amazonで見る

Jabra Elite 5比較

Amazonで見る

価格¥ 19,818¥ 20,564¥ 16,800
コーデックSBC, AACSBC, AACSBC, AAC, Apt-X
ドライバー6mm6mm6mm
ノイズキャンセリング
Bluetooth5.25.25.2
バッテリー(ケース併用)最長30時間最長30時間最長28時間

※価格は2023年04月05日09:52の時点です。変動するのでAmazonの販売ページにてご確認ください。

まとめ

Jabraの完全ワイヤレスイヤホンを解説しました。低音から高音域まで、オーディオ品質で楽しみたい方は注目のブランドですね。
新製品が出るたびに少しづつ性能がパワーアップしているので、製品でどっちが良いか迷った時には新しいモデルがおすすめです。
イヤホンの製品は85t、75t、65tのように数字が大きい方が新しい機種になります。

Jabraのイヤホンはフィット感が良く軽量なモデルが多いので歩きながら、走りながら音楽を聴くときに使うと快適ですね。


イヤホンの関連情報
イヤホンの売れ筋ランキング(Amazon)
完全ワイヤレスイヤホン おすすめ
ノイズキャンセリングイヤホン
Anker イヤホン
オーディオテクニカ(audio-technica)イヤホン
Bose イヤホン
B&O(バングアンドオルフセン)のイヤホン・ヘッドホン
NUARL(ヌアール)イヤホン

Jabra ヘッドセット
Jabra スピーカーフォン

著者情報

「オススメPCドットコム」のタローが解説しました。私はもともと販売を経歴としていて、パソコン・周辺機器・ゲーム業界に関連する情報を発信しています。趣味はパソコンのカスタマイズで、20年以上多くのWindowsやMacを使ってきた実績があります。 記事については、初心者からプロまで全てのユーザーに役立つ深い分析をコンテンツにしていきたいと考えます。また、価格や機能性、問題や選ぶ理由を総合的に調べて、最適な選択をサポートできればと思います。 詳しい略歴はプロフィールのページをご覧ください。

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーの販売サイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。価格やスペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。

●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。