骨伝導イヤホンや耳を塞がないイヤホンのおすすめ 2022

骨伝導イヤホン

骨伝導イヤホンや耳を塞がないイヤホンなどのおすすめ商品をご紹介しています。
周囲の音が聴こえるのでアウトドアでスポーツをするなど運動する時に最適です。
防水性があるイヤホンでは汗や雨にも対応できますね。

骨伝導イヤホンのメリット

骨伝導イヤホンのメリットは耳の穴を塞がずに音を聴くことができることです。周囲の音が聴こえるため、外でスポーツをする時に便利です。
骨伝導イヤホンは骨に振動を伝えて内耳で聴くことができます。ですので鼓膜を空気で震わせるわけではないのが特徴です。
デメリットとしては密閉しないため音漏れをすることがあります。

骨伝導イヤホンの選び方

骨伝導イヤホンの選び方

出典:AfterShokz

耳を塞がないイヤホンをまとめてご紹介しています。
骨伝導イヤホンまたは、耳の周囲の振動で聴くタイプもあるのでまずは選んだ方が良いと思います。
安い機種では骨伝導のイヤホンでは無いのでは?という口コミも見られます。
無名のメーカーは避けて大手ブランドを選んだ方が良いかもしれません。

イヤホンは無線と有線タイプの製品があります。
無線のワイヤレスではBluetooth接続が多いです。有線の場合は3.5mmミニプラグで接続するモデルもあります。

メガネをかけているかたはフレームの部分がイヤホンにあたらない形状のタイプを選ぶと良いですね。

骨伝導イヤホンのおすすめ

AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン


AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン
AfterShokz(アフターショックス)の「Aeropex」は骨伝導ワイヤレスヘッドホンです。
アメリカのNY発ブランドで人気があります。

骨を振動させて音を伝えるので周囲の音が聴こえるので運動をするときに便利です。
防水性能がIP67あるので、屋外でのランニングなどスポーツ時の汗や雨、ホコリにも耐えられて、丸洗いが可能です。
運動する時に快適なイヤホンですね。
Bluetooth5.0でコーデックはSBCに対応しておりスマートフォンと自動ペアリングも可能です。カラーはコズミックブラック、ブルー、レッドがあります。
バッテリーは1回の充電で最大で8時間の連続再生と通話ができます。
>>スポーツ・ランニング向けイヤホン

スペック

  • 販売元:Shokz(AfterShokz) Official Store JP
  • サイズ:‎13.5 x 9.36 x 16.9 cm
  • 重量:30g


earsopen FIT BT-1 ワイヤレス骨伝導イヤホン


earsopen FIT BT-1 ワイヤレス骨伝導イヤホン
earsopenのFIT BT-1はワイヤレス骨伝導イヤホンで、中国と日本で展開している会社です。
「耳をふさがずに聴く」 リスニングスタイルになっておりIPX7相当の防水設計でアウトドアでも使えます。
スタイリッシュな装着感でチタン合金とシリコンにより優れた装着性とフィット感があります。軽量で本体の重量は約34g。
独自特許技術による高性能な骨伝導の振動デバイスで高音から低音まで広がりのあるサウンドで臨場感があります。

レビューでは音漏れするという声や、骨伝導イヤホンで音質が一番良いという声があります。(正直なところ、構造的にインイヤータイプ以外のイヤホンは多少は音漏れはします。)付け心地はひとによって側圧を感じる口コミもあり評価が分かれるようです。


BOCO PEACETW1WH earsopen PEACE TW-1 (W) 完全ワイヤレス骨伝導イヤホン


BOCO PEACETW1WH earsopen PEACE TW-1 (W) 完全ワイヤレス骨伝導イヤホン
earsopen BOCOのPEACE TW-1 (W)は完全ワイヤレス骨伝導イヤホンです。
イヤカフ構造で落下を抑止して装着できるようになっており、音楽を聴きながら周囲の環境音も聞こえます。
再生周波数帯域は4Hz~40000Hzなので通常のイヤホンとはかなり違いますね。
充電式リチウムイオン電池で約5時間連続再生が可能です。

レビューでは通話で使えない音質という声もあるので、ヘッドセットのような使い方をするかたは注意です。


ソニー 完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20JP


ソニー 完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20JP
ソニーの完全ワイヤレスイヤホンで「Xperia Ear Duo XEA20JP」です。
骨伝導ではないですが、耳を塞がなくても聴けるソニー独自の音導管設計のイヤホンです。
下掛けスタイルでクアッドビームフォーミングマイクにより音声認識します。
連続音楽再生時間は最大約4時間です。
「タッチ」と「ジェスチャー」により操作することができます。


ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)


ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)
ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)は骨伝導ではないですが耳に入れないイヤホンです。
Bluetoothでペアリングをしてスマホに入っている曲を楽しめます。
ランニングなどスポーツをしながら使うのに良いですね。
高音質ではないですが周りの音が聞こえて便利という声が多いです。


Sumeber 骨伝導 イヤホン


Sumeber 骨伝導 イヤホン
Sumeberの骨伝導イヤホンです。
骨に振動を当てて音楽を聴くタイプで耳をふさがずに使えます。
有線型のミニプラグで接続をします。
安いのでピックアップしたものの、コスパが良いというよりも使いにくいというレビューが多いです。
音が小さいという感想がとても多いのでレビューを確認した方が良いですね。

まとめ

骨伝導イヤホンのメリットは周囲の音が聴こえるのでランニングなどスポーツをするときに最適です。とくにAfterShokz AEROPEXは人気があります。
デメリットは骨伝導イヤホンは難聴になるとか、体に悪いという声もあるので長時間つけっぱなしは避けた方が良いのは通常のイヤホンでも同じですね。

運動する時に適度な音量で、好きな音楽を聴きながら走るのが一番快適ですね。


イヤホンの関連情報
Bose イヤホン
左右一体型イヤホン

骨伝導 イヤホンのランキングでは価格が安いモデルもランクインしています。

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。