ノイズキャンセリングイヤホンおすすめ14選! ワイヤレス・有線 2023

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめ

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ製品をご紹介しています。Bluetoothでスマートフォンなどで使える完全ワイヤレスイヤホンでANC対応モデルが多く、雑音を打ち消して快適に音楽を楽しめます。ノイキャンを搭載している人気の商品をピックアップしているので選ぶときにご参考ください。

当サイト(osusumepc.com)のコンテンツには、PRが入っています。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

目次

ノイズキャンセリングイヤホン(ANC)とは何?

ノイズキャンセリングイヤホン(ANC)とは

出典:SONY(ソニー)

ノイズキャンセリングイヤホンとは周囲の環境の騒音を低減できるイヤホンのことです。
大きく分けて2種類あり、アクティブノイズキャンセリング(ANC)とパッシブノイズキャンセリングです。
アクティブノイズキャンセリングは周りの環境音をマイクで拾い、逆位相の音でリアルタイムに打ち消す機能をいいます。
パッシブノイズキャンセリングは密閉性のある仕様で構造的に外部の音が入りにくくします。

ノイズキャンセリングイヤホンといえば一般的にはアクティブノイズキャンセリング機能を搭載している製品ですね。
メリットは再生する音楽に集中して聴けるので没入感があります。デメリットは価格が少し高いことです。逆にいえば安い商品はANCではない可能性があるので注意です。

また、メーカーや製品によっても違いがあるのでレビューなどを参考にすると良いと思います。技術的な機能なので比較的新しいモデルの方がおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

出典:BOSE(ボーズ)

遮音性と外部取り込み機能

ノイズキャンセリングイヤホンは遮音性と外部取り込み機能が選ぶポイントの1つになります。
遮音性は構造的なところではイヤーピースのサイズが付属品としてそろっているかチェックします。耳にフィットする方が遮音性が高くなります。
また、ANCの機能は強弱のレベルを自分で調整できる製品もあります。外部取り込み機能は、外で音楽を聴いたりする時に周りの音を取り入れたいときに使用します。

ワイヤレスと有線接続はどっちのノイキャンが良い?

ワイヤレスの場合はBluetoothでペアリング接続をする完全ワイヤレスイヤホンが主流です。
有線接続のイヤホンは高音質で再生できるのが魅力ですがノイズキャンセリング機能を搭載している製品が少ないです。
ノイキャン機能を重視してANC付きイヤホンを購入するなら完全ワイヤレスイヤホンは種類が多いので見つかりやすいですね。

バッテリーの駆動時間は長く使える?

出かける時に使用するのがノイズキャンセリングイヤホンの特徴です。
ですので、外出時間は少なくともカバーできる必要があります。完全ワイヤレスイヤホンの場合には本体と電源ケースの両方の時間をチェックするのがポイントです。
また、ノイズキャンセリング機能をONにすると再生できる時間が短くなるので、ONの時間で比較することをおすすめします。

耳への装着感

耳への装着感は長時間、旅行で使用するような場合には大事なポイントです。専門店でもない限り試しに付けてみることは難しいですが、SMLなどイヤーピースのサイズがそろっているモデルがおすすめです。
また、付け心地が良いほうがストレスが少ないので疲れにくく快適ですね。また、直接イヤホンにタッチして操作するタイプもあるので、耳にフィットしているほうが良いでしょう。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ

ソニー WF-1000XM5 : 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング


ソニー WF-1000XM5 : 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング
「WF-1000XM5」はソニーのイヤホンで、高性能な完全ワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンです。
統合プロセッサーV2と、高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN2eにより、WF-1000XM4と比べて20%ノイズを低減。デュアルフィードバックマイクとフィードフォワードマイクにより、ノイズキャンセリング機能の性能が向上しています。また、風ノイズを低減するようになっています。

ハイレゾ音質が楽しめるのが特徴でリアルタイムにアップスケーリングするDSEE Extremeを搭載しており高音質でオーディオを楽しめます。

音質が良いコーデックはLDACに対応。LDACはAndroidとiPhoneにも対応しており通常と違い3倍の情報量を転送可能になっています。マイクはAIによりクリアに通話できる点も魅力的ですね。
Bluetooth5.3規格で通信も安定しています。バッテリーは連続音楽再生時間は最大8時間です。

テレワークなど自宅で良い音を楽しみながら仕事をしたいかたにおすすめです。

スペック

  • メーカー:ソニー(SONY)
  • 製品型番:WF-1000XM5
  • 色:ブラック または プラチナシルバー
  • 発売日:2023年9月1日
  • IPX4 防滴性能
  • Bluetooth標準規格 Ver.5.3
  • Amazon Alexa搭載

選ぶポイント:

高音質なサウンドのイヤホン

  • ソニーのアップスケールできる完全ワイヤレスイヤホン


ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4


ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4
ソニーの完全ワイヤレスイヤホンでWF-1000XM4です。
ノイズキャンセリングイヤホンの性能は以前のモデルと比較して高音域から低域までさらに騒音を抑えることが可能になっています。
デュアルノイズセンサーテクノロジーにより2つのマイクで逆位相の音を打ち消すのが特徴です。また、ノイズアイソレーションイヤーピースにより遮音性が高くなっています。

BluetoothでもコーデックがLDACに対応しておりハイレゾ相当の音質を楽しめるのも魅力ですね。
360 Reality Audio認定モデルで全方位に広がる音の空間表現を忠実に再現します。

静寂な音空間でDSEE Extremeによるアップスケーリングでハイレゾ音質で曲を聴きたいかたにおすすめです。

スペック

  • メーカー:ソニー(SONY)
  • 製品型番:WF-1000XM4
  • 発売日:2021日6月25日
  • 色:ブラック / プラチナシルバー
  • Amazon Alexa搭載
  • IPX4防滴性能
接続方法ワイヤレス
BluetoothVer.5.2
コーデックLDAC,SBC, AAC
ドライバー6mm
バッテリー最大8時間再生
(ワイヤレス充電対応)

● 商品を選ぶポイント

  • ハイレゾ音質で聴ける完全ワイヤレスイヤホン


ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン LinkBuds S WF-LS900N


ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン LinkBuds S WF-LS900N
ソニー(SONY)のワイヤレスイヤホンでLinkBuds S WF-LS900Nです。高いノイズキャンセリング性能を備えています。
音質はハイレゾに対応、DSEE Extremeにより高精細で聞くことが可能です。コーデックはSBC、AAC、LDACに対応。
 
マルチポイント対応なので、有線と比べてデバイスを切り替えることも簡単。iPhoneやAndroidで利用することができます。

軽量で重さは約4.8g、バッテリーも最大6時間使えます。ノイキャンをOFFにしてケースも併用すると最長30時間で長時間です。軽さと音を重視するなら最強レベルといえるでしょう。
ちなみに、LinkBudsシリーズはオープンのタイプもあるので選ぶときに注意です。

● 商品を選ぶポイント

  • ハイレゾ音源が楽しめる高音質なワイヤレスイヤホン


BOSE(ボーズ) QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング マイク


Bose QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング マイク
BOSE(ボーズ) QuietComfort Earbudsは、完全ワイヤレスイヤホンです。
11段階のアクティブノイズキャンセリングで周囲の音をマイクでモニタリングをしてノイズを打ち消します。
さらにシリコン製のイヤーピースで物理的に周りの雑音が入りにくくします。

防滴仕様が特徴でIPX4等級に対応しており雨や汗などの水滴に対応できます。運動するかたにおすすめです。
>>Bose イヤホン

バッテリーは最長6時間に充電ケースで+12時間再生ができます。

スペック

  • メーカー:BOSE(ボーズ)
  • 製品型番:QuietComfort Earbuds
  • 発売日:2020年10月
  • 同梱:本体、充電ケース、イヤーチップ、USB-C(A-C)充電ケーブル(30.5 cm)、クイックスタートガイドなど
  • タッチ操作
接続方法ワイヤレス
Bluetooth5.1
コーデックSBC、AAC
ドライバー-
バッテリー最長6時間+12時間

● 商品を選ぶポイント

  • シリコン製StayHear Maxイヤーチップで装着感が良い


ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 3


ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 3
Sennheiser (ゼンハイザー)の完全ワイヤレスイヤホンでMOMENTUM True Wireless 3です。
Wireless2とWireless3の大きな違いは、フィードフォワード方式から、耳に近いマイクロフォンでフィードバックするハイブリッド方式に変わったことです。そのため、精度の高いノイズキャンセリングが可能になっています。
7mmのシングルダイナミックドライバーを搭載しており、TrueResponse トランスデューサーにて、クリアで臨場感のあるサウンドを楽しめます。また、外音取り込み機能があるため自然な聴き心地が好みな方にもおすすめです。
また、aptX Adaptiveの高音質なコーデックを採用しており、高音質なサウンドを楽しめます。96/24bitのハイレゾ音源に対応しています。

ロングバッテリーで本体で最大7時間に加えて充電ケースを使えば21時間、合わせて28時間使用することができます。Qiワイヤレス充電も使えます。

選ぶポイント:

2022年の完全ワイヤレスイヤホンでハイレゾ相当のサウンド

  • DACのパフォーマンスが高い高音質なモデル


JBL(ジェービーエル) LIVE FREE NC+ TWS 完全ワイヤレスイヤホン


JBL LIVE FREE NC+ TWS 完全ワイヤレスイヤホン
アメリカのカリフォルニアにある音響機器メーカーでJBL(ジェービーエル)の「LIVE FREE NC+ TWS」です。
ノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。
防水性が高くIPX7なので雨が降って水に濡れても大丈夫ですね。

専用アプリ「My JBL Headphones」を使えばイコライザーで設定をしたりAlexaやGoogle Assistantの設定が可能です。
「Dual Connect」機能で片耳で聴くこともできます。

スペック

  • 製品型番:JBLLIVEFRNCPTWSB
  • 国内正規品/メーカー1年保証付き
  • 2020年モデル
  • 重量:7g

● 選ぶポイント

  • アクティブノイズキャンセリングに対応した防水性が高いイヤホン


オーディオテクニカ ATH-ANC300TW 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング


オーディオテクニカ ATH-ANC300TW 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング
オーディオテクニカのATH-ANC300TWは、ノイズキャンセリング用小型MEMSマイクが付いた完全ワイヤレスイヤホン。
周囲の環境ノイズを拾って雑音が低減されます。通勤や通学など乗り物の中で聴くのにおすすめです。

サウンドはクリアな音質で低音から伸びやかな高域まで広い音場を再生できます。Qualcomm aptXのコーデックでワイヤレスでも高解像度に伝送できます。

ロングバッテリーが特徴で充電ケースの併用により最大で約18時間まで連続再生が可能です。

スペック

  • メーカー:Audio Technica(オーディオテクニカ)
  • 製品型番:ATH-ANC300TW
  • 発売日:2020年5月29日
  • ダイナミック型
  • 出力音圧レベル:106dB/mW
  • 再生周波数帯域:20~25,000Hz
  • インピーダンス:14Ω
  • マルチペアリング機能搭載
  • 国内正規品
接続方法ワイヤレス
Bluetooth5.0
コーデックQualcomm aptX audio、AAC、SBC
ドライバーφ5.8mm
バッテリー最大約18時間再生

● 商品を選ぶポイント

  • DLCコーティング振動板により繊細にボーカルや楽器の音色を再生


Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング


Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング
Anker Soundcore Liberty Air 2 Proは完全ワイヤレスイヤホンです。
ウルトラノイズキャンセリングは2つのマイクで雑音を検知して除去します。また、周囲のノイズのレベルをアプリで選んで調整することもできます。
外音取り込みもできるので、外でも使いやすいですね。

また、マイクもノイズリダクション機能がありクリアな音声で通話が可能になっています。

サウンドは専用アプリのイコライザーを使えば音質をカスタマイズすることができます。高音域から低音域まで調整が可能でHearID機能により音楽のジャンルをかけ合わせて設定できるのが魅力。
音質を自分好みに調整したかたにおすすめです。

スペック

  • メーカー:Anker(アンカー)
  • 製品型番:AK-A3951N11
  • 発売日:2021年1月20日
  • 充電端子:USB Type-C
  • プロファイル:A2DP, AVRCP, HFP, HSP
  • IPX4防水規格
接続方法ワイヤレス
Bluetooth5.0
コーデックSBC / AAC / LDAC(ファームウェアアップデートが必要)
ドライバー11mm
バッテリー最大26時間(充電ケース使用時)
最大21時間(ANC 充電ケース使用時)

● 商品を選ぶポイント

  • イヤーチップは9種類のサイズで装着できる


AVIOT TE-D01m 完全ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリング/ANC


AVIOT TE-D01m 完全ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリング/ANC
AVIOTのTE-D01mは耳にフィットされるように開発された完全ワイヤレスイヤホン。
装着性が良く、運動するときにも使用できます。雨や汗に対応できるIPX4防水規格です。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)とパッシブノイズキャンセリングに対応することで静寂な中で聴いているような音楽を楽しめます。
環境音を聞き取る必要がある場合には外音取り込み機能が使えます。

国内オーディオビジュアルのVGPアワード2021 ワイヤレス大賞と金賞の両方を受賞しており、評価の高いイヤホンです。

スペック

接続方法ワイヤレス
Bluetooth5.2
コーデックAAC,SBC,Qualcomm aptX ,Qualcomm aptX Adaptive
ドライバーφ6mm
バッテリー最大連続再生時間:10時間(ケース込み50時間)

● 商品を選ぶポイント

  • ケース併用で最大50時間音楽再生が可能


Apple AirPods Pro : アクティブノイズキャンセリングでiPhoneに最適なイヤホン


Apple AirPods Pro : アクティブノイズキャンセリングでiPhoneに最適なイヤホン
Apple AirPods Proは白いシンプルなデザインが特徴的です。
アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しています。マイクが外部の環境音を検知することでリアルタイムに雑音を打ち消すことができます。
本体には感圧センサーが内蔵されており外部音取り込みモードなどをコントロールが可能になっています。

ドライバはAirPods Pro専用に開発されており歪みが少なくパワフルです。

スマートフォンでiPhoneを使用しているかたにおすすめです。レビューではiPadとiPhoneなど連携して使いやすいという口コミがありますね。

スペック

  • メーカー:Apple(アップル)
  • シリコーン製イヤーチップ3サイズ
  • 耐汗耐水性能
  • Hey Siri
接続方法ワイヤレス
Bluetooth-
コーデック-
ドライバー-
バッテリー24時間(ケース併用)

● 商品を選ぶポイント

  • Appleのノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤホン


ヤマハ ワイヤレスイヤホン EP-E70A(B) : アドバンスドアクティブノイズキャンセリング


ヤマハ ワイヤレスイヤホン EP-E70A(B) : アドバンスドアクティブノイズキャンセリング
ヤマハ ワイヤレスイヤホン EP-E70A(B) で、アドバンスドANC(アクティブ・ノイズ・キャンセリング)を搭載しています。
楽曲の信号とノイズを分けて処理されるため劣化の少ないリスニングができるのが特徴です。
音楽本来のサウンドを静かにオーディオを楽しめます。

耳の形状や装着性によって聴こえ方に違いがでるため理想的な周波数特性へ自動的にチューニングされます。

直径9.2mmのドライバーで密閉ダイナミック型です。没入感がありオーディオを楽しみたいかたにおすすめです。

スペック

  • メーカー:ヤマハ(YAMAHA)
  • 製品型番: EP-E70A(B)
  • 周波数帯域:20Hz~20kHz
  • 重量:62.0g
  • 付属品:USB給電ケーブル*、キャリングポーチ、 イヤピース各1セット(XS/S/M/L/XL)、3.5mmステレオミニケーブル、スタートアップガイドなど
接続方法ワイヤレス・有線
Bluetooth5.0
コーデックSBC、AAC、Qualcomm aptX Adaptive
ドライバー9.2mm
バッテリー18時間再生(ノイズキャンセルON)

● 商品を選ぶポイント

  • ワイヤレスと有線接続の両方に対応


ソニー 有線イヤホン MDR-NWNC33 : ノイズキャンセリング機能対応 カナル型


ソニー 有線イヤホン MDR-NWNC33 : ノイズキャンセリング機能対応 カナル型
ソニーの有線イヤホンでMDR-NWNC33です。
ノイズキャンセリング機能搭載のウォークマン専用ヘッドホンなのでスマホでは使えないため注意です。ウォークマンではノイズキャンセリング機能で騒音を抑えてクリアなサウンドを楽しめます。

カラーバリエーションが豊富でブラック・ホワイト・ブルー・ビビットピンク・ライトピンクから色を選べます。価格が安く、実際に2023年09月27日11:10の時点では税込み3,018 円で購入できるモデルです。

スペック

  • メーカー:SONY(ソニー)
  • 製品型番:MDR-NWNC33
  • インピーダンス:16Ω
  • 再生周波数帯域:50-20,000Hz
接続方法有線
Bluetooth-
コーデック-
ドライバー直径13.5mm
バッテリー-

● 商品を選ぶポイント

  • ウォークマン専用のカナル型イヤホン


Beats by dr.dre / Studio Buds


Beats Studio Buds
Beats by dr.dreのStudio Budsは、完全ワイヤレスイヤホンでアクティブノイズキャンセリング(ANC)に対応しています。
防水の仕様でIPX4等級まで対応しているので屋外でも心配なく使えますね。密閉性のあるイヤーチップで電車内でも音楽鑑賞が楽しめます。
軽量でイヤーパッドは5g、充電ケースは48gです。Beatsアプリではバッテリーの残りを表示をすることができます。

Amazonの商品ページでは動画でもチェックできるので、見てみてください。

スペック

  • メーカー:beats by dr.dre(ビーツ)
  • Fast Fuel機能K
接続方法ワイヤレス
BluetoothClass 1
ドライバー-
バッテリー最大24時間(充電ケース併用)

● 商品を選ぶポイント

  • デザインがおしゃれなBeatsのイヤホン


Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones 有線イヤホン


Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones 有線イヤホン
Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesです。
StayHear+チップを搭載しておりノイズキャンセリング機能があります。周囲の音をシャットアウトすることで音楽に没頭することができます。

有線イヤホンで、iPhone・iPad・Mac用イヤホンとして開発されていますが、iPhone 7以降では、Lightning-3.5 mmアダプターが必要です。
インラインのリモコンはApple製品に対応しています。

スペック

  • メーカー:BOSE(ボーズ)
  • 製品型番:‎QuietComfort20 IP BK
  • マイク付
接続方法有線
Bluetooth-
コーデック-
ドライバー-
バッテリー最大16時間

● 商品を選ぶポイント

  • iPhoneなどAppleユーザー向けのイヤホン

ランキングをチェック

イヤホンのランキングでは、人気の製品をチェックすることができます。全ての商品がノイズキャンセリング機能があるわけではないですが、Amazonの売れ筋ランキングも参考になります。
とくに、上位にはコスパに優れた機種が簡単にわかるので便利です。ただし、価格が安いモデルはノイキャンの機能がなかったり、迫力のある低音サウンドといった音質までは期待できないかもしれません。

2023年02月17日15:21の時点では、上位の「Anker Soundcore Liberty 4」は、ダイナミックドライバーを搭載しており、ノイズキャンセリング機能もあるのでおすすめです。

まとめ

ノイズキャンセリングイヤホンは屋外で使用するものなので防水性があるモデルだと安心です。とくにスポーツをする場合には汗もかくので防水性能があると良いでしょう。
また、専用アプリの機能でイコライザーが使える製品ならサウンドの調整ができるのでおすすめです。
電車などに乗っていると、ついつい音を大き過ぎてしまうもので、そうなると耳に悪いでしょう。そのため、騒音を軽減して音が聞ければ乗り物の走行音を抑えることで、移動中でも音楽が静かに聴けて快適ですね。


ノイズキャンセリングイヤホンの関連商品
ノイズキャンセリングマイク付きヘッドセット
完全ワイヤレスイヤホン
スポーツ・ランニング用ワイヤレスイヤホン
ゼンハイザー イヤホン
JBL イヤホン
Jabra(ジャブラ) ワイヤレスイヤホン

著者情報タロー

タローが解説しました。私はもともと販売をしていて、現在はパソコン・周辺機器・ゲームに関する情報の執筆と監修をしています。20年以上多くのデバイスを使ってきた経験があります。詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

監修

「オススメPCドットコム」編集部にて記事の詳細、機能性、問題や選ぶ理由を総合的に調べて、ユーザーに最適な選択をサポートできればと思います。

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーのサイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。スペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。