仕事向きイヤホンおすすめ12選! ビジネスで最適なマイク付き 2024

仕事向きイヤホンおすすめ

仕事向きイヤホンでおすすめのマイク付き製品をご紹介しています。テレワークで集中できるノイズキャンセリング(ANC)機能付きイヤホンや、雑音を抑えるマイクなら会社との通話で快適です。ハンズフリーイヤホンなら防水性能があるモデルもあります。商品を選ぶ時にご参考ください。

コンテンツについて、一部にアフィリエイト広告が含まれます。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

仕事用イヤホンの選び方

How to choose earphones for work

出典:SONY

通勤ではアクティブノイズキャンセリング(ANC)を選ぶ

通勤で会社に行くときにはアクティブノイズキャンセリング(ANC)対応のイヤホンが快適です。周囲の雑音などを打ち消すことで、ノイズを低減して音楽などを楽しめます。
遮音性を高めることでノイズが入りにくい構造になっており、メーカーによって取り込む音のレベルを調整できる製品もあります。

テレワークなど、家庭で仕事に集中したい時にもノイズキャンセリングタイプが良いですね。比較的ANCの性能と価格は比例するので安すぎるモデルは注意です。

ビジネスで通話ができるマイク付き

ビジネスで通話ができるマイク付き

出典:Jabra

ビジネスでビデオ通話をするなら、マイク付きのイヤホンが便利です。マイクにノイズキャンセル機能があると周囲の音が入って、雑音のある悪い環境でも相手の人と話しやすくなります。
スマートフォンでイヤホンを使ってマイクを使いたい場合にはBluetoothでペアリングができるモデルを選びましょう。通話を重視する場合は、Bluetoothのバージョンが5.1以降の新しいほうが無線接続も安定感があります。

有線モデルとワイヤレス製品

接続には有線モデルのイヤホンと、無線のワイヤレス製品があります。仕事で車の中で使ったり、外出先で使用するなら有線と比較してワイヤレスやBluetoothの方が使いやすいでしょう。Bluetoothの理由は簡単で、スマートフォンやタブレットとの接続が有線と比べて簡単という点や、ケーブルを気にせず使える便利さがあります。
一方、パソコンでビデオ通話をする場合には、有線のケーブルで接続ができるようにイヤホン用のスプリッターが付いているかチェックするのがポイントです。

車での業務ではハンズフリーイヤホン

片耳の耳掛け式のイヤホンは運転をする仕事などで便利です。
ハンズフリーで手に持たずに会社のオフィスやお客さんと通話ができるので、場所を選ばず仕事ができます。ただし、運転中はスマホやイヤホンなどは使えないため、通話するタイミングに注意です。
また、外で作業をする業務では雨が降ってくることもあるので、防水性も合わせてチェックすると良いですね。

仕事用イヤホンのおすすめ

PLANTRONICS(プラントロニクス) Bluetooth ワイヤレスヘッドセット Voyager 5200 : 片耳タイプ


PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット Voyager 5200 : 片耳タイプ
PLANTRONICS(プラントロニクス)のVoyager 5200は片耳イヤホンで使用できるヘッドセットです。
Bluetoothでペアリングをして使うワイヤレスのモデルでビジネスで使用するのに最適です。

車のドライバーさんなど両手が塞がる仕事でも、手が自由な状態でハンズフリー通話ができます。※運転中は通話しないように注意です。
着信時にはボイスコントロールで電話に出ることが可能です。

複数のマイクを備えており、4つのマイクノイズキャンセリングとDSPでノイズを抑止します。

スペック

  • メーカー:ポリー(Poly)
  • 製品型番:Voyager 5200
  • カラー:ブラック
  • 連続通話:最大約7時間(約90分でフル充電)
  • 通信範囲:30m
  • 付属:‎イヤーチップ(SMLサイズ各1個)、 充電用USBケーブル、日本語ユーザーガイド、保証書

選ぶポイント:

運転中の使用に注意

  • ノイズキャンセリング機能を搭載している片耳ワイヤレスヘッドホン


ソニー WF-1000XM5 : 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング / Android・iPhone対応


ソニー WF-1000XM5 : 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング
ソニーの「WF-1000XM5」は、高性能な完全ワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンです。
統合プロセッサーV2と、高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN2eにより、WF-1000XM4と比べて20%ノイズを低減。デュアルフィードバックマイクとフィードフォワードマイクにより、ノイズキャンセリング機能の性能が向上しています。また、風の騒音を低減するようになっています。一方で、消すだけでなく外音取り込み機能もあるので安心して使える設計です。

ハイレゾ音質が楽しめるのが特徴でリアルタイムにアップスケーリングするDSEE Extremeを搭載しており高音質でオーディオを楽しめます。新しい8.4mmのドライバーユニットで音を体感できる振動の構造で、高音まで再生します。

音質が良いコーデックはLDACに対応。LDACはAndroidとiPhoneにも対応しており通常と違い3倍の情報量を転送可能になっています。マイクはAIによりクリアに通話できる点も魅力的ですね。
Bluetooth5.3規格で通信も安定しています。バッテリーは連続音楽再生時間は最大8時間です。

テレワークなど自宅で良い音を楽しみながら仕事をしたいかたにおすすめです。

スペック

  • メーカー:ソニー(SONY)
  • 製品型番:WF-1000XM5
  • 色:ブラック または プラチナシルバー
  • 発売日:2023年9月1日
  • IPX4 防滴性能
  • Bluetooth標準規格 Ver.5.3
  • Amazon Alexa搭載

選ぶポイント:

高音質なサウンドのイヤホン

  • ソニーの音をアップスケールできる完全ワイヤレスイヤホン


Jabra Elite 85t 完全ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリング


Jabra Elite 85t 完全ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリング
Jabraの完全ワイヤレスイヤホンで「Elite 85t」です。
アクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載しており雑音を低減することができます。

HearThroughをオンにすれば外音取込機能使えます。12mmのドライバーで低音も迫力のあるサウンドを楽しめます。専用アプリの「Jabra Sound+」でイコライザーを使えば好みの音質に調整できます。
セミオープンデザインでシリコン製のいやージェル(イヤーピース)を採用しています。デザインは耳にフィットするような形状になっています。

マイク付きなので声を拾って仕事のやりとりなど通話も可能です。バッテリーはケース充電を併用した場合には、最大25時間使用できるのが魅力です。急速充電では15分の充電で1時間使えます。

レビューでの評価はフィット感が良くANC機能が良いという口コミが多いですね。

スペック

  • メーカー:Jabra(ジャブラ)
  • 製品型番:Elite 85t
  • 発売日:2020年11月
  • コーデック:SBC,AAC
  • 最大2年保証[国内正規品]
  • Bluetooth 5.1 / ペアリングは最大8台まで接続可能(同時接続は2台まで)

選ぶポイント:

周囲に雑音があっても仕事で使いやすい

  • アクティブノイズキャンセリング対応により周囲の音を遮断するレベルを調整できる、高性能なワイヤレスイヤホン


Jabra Talk 65 ヘッドセット / マイク性能が高くハンズフリー


Jabra Talk 65 ヘッドセット / ハンズフリー
Jabra Talk 65 ヘッドセットは、マイク性能が高くハンズフリーで便利な製品です。
外出先でクリアな通話が可能なこのヘッドセットです。2個のノイズキャンセリングマイクを搭載しています。これにより、周囲のノイズを約80%除去し、相手にはあなたの音声だけがクリアに届きます。
さらに、最長14時間の通話が可能なロングバッテリーを搭載しているため、一日中外出していても安心して長時間装着できます。防水性能はIP54に準拠しているので、屋外での使用や突然の雨のようなシーンでもヘッドセットを守ります。
 
ワイヤレス動作範囲は最大100m(接続するデバイスとネットワークにより異なります)で、イヤホンのボタン一つでGPSのストリーミング、音声アシスタントへのアクセス、通話の応答などが可能です。

仕事でノイズキャンセリングとロングバッテリーを活用したい方におすすめ。軽量な製品で重さは20gほどです。

選ぶポイント:

ワイヤレス接続のイヤホンマイク

  • 1回の充電で最大14時間ワイヤレスによる通話が可能なイヤホンマイク


JVCケンウッド Victor HA-NP50T-BA ワイヤレスイヤホン


JVCケンウッド Victor HA-NP50T-BA ワイヤレスイヤホン
JVCケンウッドのVictor HA-NP50T-BA ワイヤレスイヤホンです。
大口径16mmドライバーによる高品質なサウンドで、豊かな低音を楽しめます。
耳をふさがないリスニングで周りの音が聞こえる点が特徴です。マイクの通話性能が高く2つのMEMSマイクとでクリアな通話を実現。マイクミュート機能もありオンライン会議のようなビジネスシーンに最適です。

詳細スペック情報

  • ブランド:JVCケンウッド
  • 通信:Bluetooth5.3
  • コーデック: SBC / AAC
  • バッテリー:イヤホン/約9.5時間、充電ケース/約28.5時間(合計 約38時間)


ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン LinkBuds S WF-LS900N


ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン LinkBuds S WF-LS900N
ソニー(SONY)のワイヤレスイヤホンでLinkBuds S WF-LS900Nです。高いノイズキャンセリング性能を備えています。
音質はハイレゾに対応、DSEE Extremeにより高精細で聞くことが可能です。コーデックはSBC、AAC、LDACに対応。
 
マルチポイント対応なので、有線と比べてデバイスを切り替えることも簡単。iPhoneやAndroidで利用することができます。

軽量で重さは約4.8g、バッテリーも最大6時間使えます。ノイキャンをOFFにしてケースも併用すると最長30時間で長時間です。軽さと音を重視するなら最強レベルといえるでしょう。
ちなみに、LinkBudsシリーズはオープンのタイプもあるので選ぶときに注意です。

選ぶポイント:

クリアな音で会議

  • クリアな音で通話できるのでオンライン会議で便利


Anker Soundcore Life P3 完全ワイヤレスイヤホン : 無線


Anker Soundcore Life P3 完全ワイヤレスイヤホン
Anker Soundcore Life P3で、完全ワイヤレスイヤホンです。
ウルトラノイズキャンセリングにより、雑音を抑えてクリアな音声で通話ができるため、ビデオ会議などビジネスにおすすめです。

Bluetooth5.2対応で、コーデックはSBC・AACに対応しています。バッテリーは充電ケースを併用して最大35時間音楽再生できます。ケースも持ち運びをして、長時間使用するスタイルの方におすすめです。

Soundcore シリーズは種類が多く、Qualcomm aptX対応モデルを使いたい場合には「Soundcore Life P2」を選びます。また、「Liberty Air 2 Pro」の場合はHearID機能では聞き取りやすさをアプリで、自分だけの周波数帯域に適したプロファイルを作成できます。

色はブラック・ホワイトなどのカラーバリエーションがあります。

スペック

  • メーカー:Anker(アンカー)
  • 製品型番:Soundcore Life P3
  • 発売日:2021年8月12日
  • PSE技術基準適合
  • IPX5防水規格

選ぶポイント:

防水で長時間再生に対応

  • 最大35時間まで長時間の利用できる
  • 価格が安くコスパの良い完全ワイヤレスイヤホン


エレコム ヘッドセット 4極 φ3.5mm マイク付


エレコム ヘッドセット 4極 φ3.5mm マイク付
エレコムの両耳のステレオに対応しているイヤホン「HS-EP17TBK」です。
有線接続でコネクタの端子は、φ3.5mm 4極で変換ケーブルが付いておりBluetoothに対応していないパソコンでも使用できるのが特徴です。

マイク付きでヘッドセットのコードにはインラインコントローラーがあり、ボリューム調整やミュートのON OFFスイッチをリモコン部分で操作できる仕様は便利。
オーバーヘッドと違い軽量に使用できます。仕事でビデオ会議などで使いたいかたにおすすめです。※重低音などは難しいと思います。

価格が安い製品で、2024年02月05日21:11の時点では税込み1,839 円です。

スペック

  • メーカー:ELECOM(エレコム)
  • 製品型番:HS-EP17TBK
  • 発売日:2021年8月
  • イヤーキャップ:XS・S・M・Lサイズ

選ぶポイント:

有線で接続するタイプ

  • 遮音性に優れた耳栓タイプのイヤホンで集中して業務ができる


NUARL(ヌアール) N6 Pro2 完全ワイヤレスイヤホン


N6 Pro2
NUARL(ヌアール)の完全ワイヤレスイヤホン N6 Pro2です。
最新のBluetooth 5.2のペアリングにより安定した接続ができます。Qualcomm aptX adaptiveを搭載しており低遅延な「ゲーミングモード」も使用できます。
片方のイヤホンに3つのボタンがあり楽曲の操作や着信操作、外音取り込みができます。(ただし、取り込み機能の効果は少ないといった口コミも見られます。)

専用アプリ「N6 Connect」はiPhoneやAndroidなどのスマートフォンに対応しており、音量コントロールやイコライザーによる音質を調整してカスタマイズも可能になっています。

ハンズフリー通話ができるのでマイクを使えばテレワークでWEB会議をすることもできます。

スペック

  • 製品型番:N6 PRO2
  • 発売日:2021年7月16日
  • コーデック:aptX Adaptive, aptX, AAC, SBC
  • 連続再生時間:約8時間(aptX Adaptive)、最大40時間以上

通話で高音質なマイクでテレワークでも使える

  • 通話の音質にこだわったイヤホンでテレワークでも使える


Bose QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング マイク付


Bose QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング マイク付
Bose QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレスイヤホンです。
ノイズキャンセリング マイク付でIPX4の防滴性能があり、屋外で雨や汗などが入りにくいのが特徴です。小型マイクを内蔵しており風切り音などのノイズを抑えて通話が可能で、外回りの仕事の方におすすめです。Awareモードでは周囲の音を聴くことができます。

ノイズキャンセリングは逆位相により静寂になります。QuietComfort Earbuds技術により音量を小さくしても最適なバランスになるEQテクノロジーを採用しています。
タッチコントロールに対応しておりタップで音量調節などの操作が可能です。

ワイヤレス充電対応でバッテリーは最長6時間+12時間で合計で最大18時間再生できます。

スペック

  • メーカー:Bose(ボーズ)
  • 製品型番:QuietComfort Earbuds
  • 色:トリプルブラック
  • Bluetoothバージョン: 5.1
  • コーデック: SBC / AAC

選ぶポイント:

仕事中に音量の調節など操作する機能も簡単

  • 仕事中でもタッチ機能で操作できる
  • フィット感にすぐれ長時間の装着でも快適なイヤホン


Shokz OpenRun 骨伝導イヤホン


Shokz OpenRun 骨伝導イヤホン
Shokzは骨伝導技術で有名なメーカーで、OpenRunは人気の骨伝導イヤホンです。オープンイヤーで快適なのが魅力。軽い装着感で、本体はわずか26gと軽量なためストレスがなく利用できます。
また、ソフトタッチのシリコンコーティングなので、長時間使用しても耳が痛くなりにくいのもポイントです。

防水性能と防塵性能としてIP67規格に準拠しているため、ランニングなどの運動にも最適な品質。また、マイクの通話品質が高いようで、通話ができる多機能な製品を探している方は注目ですね。

選ぶポイント:

防水仕様

  • 防水仕様でIP67に対応


Apple AirPods Pro


Apple AirPods Pro(第2世代)
Apple(アップル)のAirPods Pro(第2世代)は白いシンプルな形状のデザインが特徴的です。
アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しています。マイクが外部の環境音を検知することでリアルタイムに雑音を打ち消すことができます。
本体には感圧センサーが内蔵されており外部音取り込みモードなどをコントロールが可能になっています。ドライバはAirPods Pro専用に開発されているシリーズで、歪みが少なくパワフルです。

スマートフォンでiPhoneを使用しているかたにおすすめです。iPadとiPhoneなど連携しやすく、レビューでも使いやすいという口コミがありますね。Appleのノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤホン。

価格は2024年02月21日16:06の時点で税込み38,192 円です。

スペック

  • メーカー:Apple(アップル)
  • シリコーン製イヤーチップ
  • 耐汗耐水性能
  • MagSafe充電ケース
  • Siri対応
接続方法ワイヤレス
BluetoothBluetooth 5.3
コーデック-
ドライバー-
バッテリー30時間(ケース併用)

選ぶポイント:

聴きやすいイヤホン

  • ノイキャン付きで聴きやすいイヤホン

ランキングから選ぶ

イヤホンのランキングではAmazonの売れ筋ランキングが便利です。ただし、通話用であればマイクを内蔵しているモデルを選択する必要があるので、選ぶときに注意です。また、インナーイヤー型と比べて装着性に優れたカナル型がおすすめです。機能はノイズキャンセリングやSiri対応などモデルによって違いがあります。
メーカーは日本のブランドであれば安心ですが、実際に選ぶとなると価格が安いだけの商品もあります。価格のメリットはあるので初めてイヤホンを買う初心者の方なら良いかもしれません。コスパは最強ですが格安な製品の場合、レビューは良し悪しの両方をチェックしておきましょう。
 
また、個人的には聴き心地があまり好きではないのでおすすめしませんでしたが、「骨伝導イヤホン」と呼ばれている製品もランクインしていますね。

商品についてひとこと

仕事で使いやすいおすすめのイヤホンをラインナップして、一覧で解説しました。機能としてはタッチセンサーを搭載していると、効率よく操作ができて便利です。
職場によってはイヤホンは禁止だったり会社や作業する現場によっても変わってくると思いますので注意です。昼休みなら音楽を聴いても大丈夫な会社もあるかもしれませんし、それぞれ違いがあるでしょう。
 
テレワークではWeb会議などで通話することも考えるとマイクを搭載しているモデルが便利ですね。


仕事用イヤホンの関連商品
テレワークのヘッドセット
ビジネス向けヘッドセット
通話が快適なJabra ヘッドセット

この記事は「オススメPCドットコム」のタローが解説しました。初心者の方が知りたい情報や、買いたい商品が探せるコンテンツにしていきます!

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーの販売サイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。価格やスペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。

●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。