Razer BlackWidowのレビュー!定番モデルとV3シリーズ

Razer BlackWidow

Razer BlackWidowのレビューをまとめています。定番モデルや最新のV3シリーズなどがあり種類が豊富。
軸にはYellow SwitchやGreen Switchなど色によって打ち心地の特徴に違いがあります。徹底レビューしていますのでフルサイズやテンキーレスのゲーミングキーボードなど選ぶ時のご参考になれば幸いです。

Razer BlackWidowの特徴

Razer BlackWidowの特徴

出典:Razer(レイザー)

Razer BlackWidowシリーズの特徴は全てのモデルでメカニカルキーを搭載していることです。Razerのキーボードにおいて主力の製品がラインナップされているシリーズです。
サイズはフルサイズからテンキーレスまでそろっており、初心者からプロゲーマーまで対応している種類の幅が多いですね。

Razer Synapse 3を使えばマクロでキーの入力を効率よくカスタマイズすることも可能です。LEDでライティングにも対応しているので光らせたい場合にもおすすめです。色は単色のモデルと1680万色のRGBカラーのモデルがあります。

キー入力の正確性はアンチゴーストに対応しているモデルや、Windowsキーをオフにして誤作動を防ぐゲーミングモードが使える製品など細かな使いやすさまでカバーしている製品が多いですね。

Razer BlackWidowの選び方

Razer BlackWidowの選び方

テンキーレスとフルサイズどっち?

Razer BlackWidowには3つのサイズがあります。フルキーボードとテンキーレスと65%キーボードです。
普段使いするなら数字の入力ができるフルキーボードが便利です。
テンキーレスのゲーミングキーボードはコンパクトなのでマウスが動かせるスペースが広く使えるメリットがあります。65%キーボードは60%キーボードに近くDeleteキーなどが付いています。

キーボードはコンパクトな方がマウスが動かしやすくなります。キーボードにメディアキーなど多くの機能を求める場合にはフルキーボードが便利ですね。

接続方法はワイヤレスと有線から選ぶ

接続方法はワイヤレスと有線から選ぶ

出典:Razer Blackwidow V3 Pro

Razer BlackWidowはUSB有線接続がほとんどですが「Razer Blackwidow V3」ではワイヤレスが使えます。
ケーブルでPCに接続する有線タイプでは遅延がないのがメリットです。ワイヤレスなら2.4GHzのUSBレシーバーの場合はBluetoothに比べて遅延が少ない特徴があります。
Bluetoothはスマホやタブレットとペアリングをしてゲームをする時に使えます。

軸の種類で選ぶ

Razerのキーボードはキースイッチが3種類あります。
比較表で特徴をチェックして選ぶと良いと思います。独自のメカニカルキーで打ち心地や打鍵音に違いがあります。
ゲームで高速に入力したい場合にはキーストロークが浅いスイッチがおすすめです。

軸の種類Razer Green SwitchRazer Orange SwitchRazer Yellow Switch
軸の色緑軸オレンジ軸黄軸
クリック感
打鍵音
アクチュエーション
ポイント
1.9mm1.9mm1.2mm
押下圧50g45g45g

パームレストの有無をチェック

パームレストやリストレストはキーボードの手前に付けるクッションで付いているか選ぶ時にチェックしておきましょう。
長時間ゲーミングをする時にセットになっていると手首の疲労を和らげるメリットがあります。
後からパームレストを別で購入するよりも横幅のサイズがぴったりなのが良いところです。

Razer BlackWidow シリーズ

Razer Blackwidow JP Green Switch


Razer Blackwidow JP Green Switch
Razer Blackwidow JP Green Switchです。フルキーのメカニカルキーボードで日本語配列です。

緑軸のキースイッチを搭載しているのが特徴でクリック感があり、8000万回のキーストロークで耐久性があります。オンボードメモリに設定を5つまでプロファイルの保存が可能になっています。Nキーロールオーバーとアンチゴーストに対応しており正確な入力が可能です。

マクロ対応キーボードでキーライティングなどカスタマイズをして使いたいかたにおすすめです。プログラムすることで効率的に操作できますね。

スペック

  • 製品型番:RZ03-02860800-R3J1
  • 軸の種類:緑軸
  • 接続:有線
  • サイズ:16.6 x 44.6 x 4.2 cm
  • 発売日:2019年4月26日

● レビュー

  • USBをポートに差し込むだけで使えるのが便利
  • キースイッチはクリッキーで青軸のような打鍵感でカチャカチャ音が楽しい
価格:¥14,390
(価格は変動します。)


Razer BlackWidow JP Yellow Switch


Razer BlackWidow JP Yellow Switch
Razer BlackWidow JP Yellow Switchは、イエロー軸を搭載したフルキーボードです。日本語配列です。

イエロー軸のメカニカルスイッチと緑軸の違いは打鍵音で、静音性に優れています。リニア触感のある入力で反応速度が速いのが特徴です。
Chroma RGB ライティングに対応しており1680万色で光らせることが可能です。

静かにタイピングをしたいかたにおすすめです。マクロはオンボードメモリーとクラウドに保存ができるハイブリッド。

スペック

  • 製品型番:RZ03-02862000-R3J1
  • 軸の種類:黄軸
  • 日本正規代理店保証品
  • 接続:有線
  • サイズ:16.6 x 44.6 x 4.2 cm
  • 発売日:2020年4月24日

● レビュー

  • キーストロークが浅く入力速度が速く気持ちの良い押し心地
  • 打鍵音はスコスコした打鍵感でタイピングが静かな静音キーボード
価格:¥18,780
(価格は変動します。)


Razer BlackWidow V3 シリーズ

Razer BlackWidow V3 JP Yellow Switch


Razer BlackWidow V3 JP Yellow Switch
Razer BlackWidow V3 JP Yellow Switchでリストレストが付いているのが特徴です。手首の位置が上がるので疲労を抑えて使用することができます。

イエロー軸の静音タイプのリニアスイッチを搭載しています。キーキャップはABSのダブルショット成型で耐久性があります。
Razer Synapse 3に対応しておりマクロのカスタマイズも可能です。メディアキーで再生や停止の操作が可能でマルチファンクションのローラーホイールも便利です。

日本語配列と英語配列を選ぶことができます。普段遣いするなら日本語が便利です。

スペック

  • 製品型番:RZ03-03542300-R3J1
  • 軸の種類:黄軸
  • 接続:有線
  • Chroma RGBライティング対応
  • サイズ:45.07 x 15.48 x 4.21 cm
  • 発売日:2021年1月22日

● レビュー

  • 浅いキー入力なので反応が速くFPSゲームに最適
価格:¥11,860
(価格は変動します。)


Razer BlackWidow V3 TKL JP Classic Edition Green Switch


Razer BlackWidow V3 TKL JP Classic Edition Green Switch
Razer BlackWidow V3 TKL JP Classic Edition Green Switchは、テンキーレスのゲーミングキーボードです。コンパクトなサイズでマウスを動かすスペースが広くなるのがメリットです。

メカニカルキーのグリーン軸を搭載しており、クリック感があるタクタイルスイッチが特徴です。耐久性があるキースイッチで8,000万回まで耐えられます。キーバインドやマクロに対応できるRazer Synapse 3に対応しています。

省スペースなテンキーレスキーボードのでFPSゲームなどマウスも多用したいかたにおすすめです。キーレイアウトは日本語配列です。

スペック

  • 製品型番:RZ03-03491400-R3J1
  • Chroma RGB ライティングエフェクト対応
  • 軸の種類:緑軸
  • 接続:有線
  • サイズ:15.48 x 36.2 x 4.1 cm
  • 重量:850 g
  • 発売日:2020年8月31日

● レビュー

  • 打鍵感がクリッキーでタイピング音も楽しい
  • チャタリングをするときにはファームウェアのアップデートが必要
価格:¥11,800
(価格は変動します。)


Razer BlackWidow V3 Mini HyperSpeed JP Yellow Switch


Razer BlackWidow V3 Mini HyperSpeed JP Yellow Switch
Razer BlackWidow V3 Mini HyperSpeed JP Yellow Switchは、ワイヤレスで使えるゲーミングキーボードです。
通常のテンキーレスと違い、さらに一回り小さい65%のサイズです。デリート・キーやページのアップ・ダウンキーが付いています。

接続方法が3種類使えるようになっており、ワイヤレスの2.4GHz(Razer HyperSpeed)、Bluetooth、USBケーブルによる有線接続に対応しています。
5時間の充電で最大200時間使用できるロングバッテリーです。

65%キーボードで静音タイプのキーボードを使いたいかたにおすすめです。メカニカルスイッチはイエローで静音設計の滑らかなタイピングができます。

スペック

  • 製品型番:RZ03-03891000-R3J1
  • 軸の種類:黄軸
  • 接続:ワイヤレス / Bluetooth / USB有線接続
  • サイズ:13 x 4.05 x 31.85 cm
  • 重量:718 g
  • 発売日:2021年5月28日

● レビュー

  • USBドングルをPCのポートに挿せばワイヤレスが使える
  • 無線接続ができるコンパクトなゲーミングキーボードで通信も安定している
価格:¥22,552
(価格は変動します。)


Razer Blackwidow V3 Pro Green Switch


Razer Blackwidow V3 Pro Green Switch
Razer Blackwidow V3 Pro Green Switchは、ワイヤレスと有線接続に対応したゲーミングキーボードです。Razer HyperSpeed Wireless 技術により低レイテンシーで接続できます。

グリーン軸でクリッキーでタクタイル感のあるメカニカルスイッチを搭載しています。透明なスイッチハウジングなのでChroma RGBライティングが綺麗に光ります。

キーレイアウトは英語配列に対応しており、eスポーツなどで使用するゲーマーさんにおすすめです。

スペック

  • 製品型番:RZ03-03530100-R3M1
  • 軸の種類:緑軸
  • 接続:ワイヤレス / Bluetooth / USB有線接続
  • サイズ:45.07 x 15.79 x 4.23 cm
  • 発売日:2020年11月6日

● レビュー

  • リストレストは長時間タイピングするときに疲労軽減できる
  • フラッグシップモデルなので価格はやや高め
価格:¥27,091
(価格は変動します。)


人気のRazer BlackWidow シリーズ

Razer BlackWidow Lite JP Mercury White


Razer BlackWidow Lite JP Mercury White
Razer BlackWidow Lite JP Mercury Whiteです。白いキーボードで美しいデザイン。キーのレイアウトは日本語配列です。

静音性のあるオレンジ軸のキースイッチで、音を静かにするためのOリングが付属しているのが特徴です。バックライトは明るさを調整することができます。
Razer Synapse 3でマクロやキーの割り当てが可能です。

白色のゲーミング環境でそろえたい場合におすすめのテンキーレスキーボードです。

スペック

  • 製品型番:RZ03-02640800-R3J1
  • 軸の種類:オレンジ軸
  • 接続:有線
  • サイズ:13.3 x 36.1 x 3.62 cm
  • 発売日:2020年4月24日

● レビュー

  • スペースキーが短く使いやすい
  • Oリングを装着して底打ちしなければ静か
価格:¥11,800
(価格は変動します。)


Razer BlackWidow Elite JP Green Switch


Razer BlackWidow Elite JP Green Switch
Razer BlackWidow Elite JP Green Switchです。パームレストが付いているゲーミングキーボードでフルサイズの仕様になっています。

マルチファンクションのデジタルダイヤルとメディアキーが搭載されているのが特徴です。明るさ調整や音量のボリュームを調整することができます。
リストレストはマグネット式なので取り外して使用することも可能です。また、インターフェイスとしてUSB2.0ポートとオーディオ(4極3.5mmミニプラグ)用のイヤホンジャックが搭載されています。

マクロの割り当てなど設定は5つまでのプロファイルを内蔵メモリーに保存できます。カスタマイズをしてキーボードを使いたいかたにおすすめです。
キーレイアウトは日本語配列です。

スペック

  • 製品型番:RZ03-02620800-R3J1
  • 軸の種類:緑軸
  • 接続:USB有線
  • サイズ:16.4 x 44.8 x 4.23 cm
  • 発売日:2019年2月7日

● レビュー

  • ゲーミングキーボードらしくカチャカチャ音が鳴る
  • 入力が正確で反応が速いと感じる
価格:¥26,784
(価格は変動します。)


Razer BlackWidow Ultimate


Razer BlackWidow Ultimate
Razer BlackWidow Ultimateのゲーミングキーボードはフルサイズで日本語配列。
以前のモデルではドイツ Cherry MXでしたが、独自のRazer メカニカルスイッチで緑軸を搭載しており、青軸のように爽快な打鍵音でタイピングを楽しめます。
Blue Switchを搭載しており青軸を使いたいかたにおすすめです。

IP54クラスで耐水性と防塵性があるのが特徴です。キーボード操作で万が一水をこぼしても安心ですね。

同時押しでも認識する10キー ロールオーバーやアンチゴースト機能があります。

スペック

  • 製品型番:RZ03-01703700-R3J1
  • 軸の種類:グリーンスイッチ軸
  • 接続:有線
  • サイズ:‎18 x 44.7 x 4.3 cm
  • 発売日:2018年

● レビュー

  • LEDバックライトを搭載しており綺麗に光る
価格:¥19,800
(価格は変動します。)


Razer BlackWidow Chroma V2 JP


Razer BlackWidow Chroma V2 JP
Razer BlackWidow Chroma V2 JPは、日本語配列のゲーミングキーボードです。エルゴノミック リストレストが付いています。

独自の緑軸メカニカルスイッチで作動力が50g、1,000Hzのウルトラポーリングで素早い操作ができます。10キーロールオーバーとアンチゴーストにより正確に入力できるのもポイントです。

Razer Chromaに対応しており他のデバイスとライティングを同期させたいかたにおすすめです。

スペック

  • 製品型番:RZ03-02030800-R3J1
  • 軸の種類:緑軸
  • 接続:有線
  • サイズ:3.9 x 47.5 x 17.1 cm
  • 発売日:2017年2月13日

● レビュー

  • マクロ機能が便利ですが半角全角のキーと位置が近いので押し間違えに注意が必要
価格:¥16,800 売り切れ
(価格は変動します。)

まとめ

Razerのキーボードの中でも人気があり新しいモデルが発売されるたびに改良されてきたのがRazer BlackWidowシリーズです。
レビューでの評価が高いのがYellow Switchを搭載しているモデルで静音性があるため、深夜のタイピングやゲームでマイクを使うときに打鍵音が静かなので便利です。
お気に入りのゲーミングキーボードが見つかればゲームも楽しくプレイできますね。

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて商品の価格とスペックについて、ご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)