2in1 パソコンのおすすめ6選! 2021年版

ノートタブレットのパソコンのおすすめ【タブレットより便利な2in1!】

ノートタブレットのパソコンのおすすめです。
外でいつでもパソコンを気軽に使えたら便利ですよね?

iPadみたいなタブレットの形になるノートパソコンのことを2in1(ツー・イン・ワン)といいます。
若いひとでは通勤時間によく見かけます。
学生さんとか会社員の方も多いですね。

2in1パソコンとは?

タブレットより便利な2in1と呼ばれるノートタブレットのパソコンがおすすめです。
パソコンとしても使えるし、折りたためばタッチパネルでタブレットみたいに使えるというものです。

なぜiPadなどのタブレットではなく2in1PCを使うかというと答えは簡単です。
タブレットはキーボードが無いので文字が打ちにくいわけです。

「タブレットはキーボード表示させれば文字も打てるよね?」と言われそうですがやはり文字のタイピングがしやすいのはノートパソコンです。
タブレットだと画面に触れて文字入力をするので画面が半分ぐらいになります。もちろん、軽さのみで選ぶならタブレットで2i1はキーボードが使える良いとこ取りといえます。

文字を入力することも多いというあなた向けにタブレットにもノートパソコンとしても使える2in1のおすすめの紹介です。

2in1パソコンの選び方

2in1パソコンの選び方

CPU

CPUはインテルの場合にはCore i3、Core i5、Core i7などがあります。
AMDではRyzen 3、Ryzen 5、Ryzen 7が多いです。スペックは高いほうが動作も軽快です。
2in1 PCで処理スピードを求める場合には性能が高いほうが良いですね。

メモリ

メモリ(RAM)は8GB以上を選ぶと複数のタスクなどでもサクサクと快適に動作します。4GBだとややモッサリ感は否めません。16GBあればかなり速いですね。
2in1の場合には本体が薄いため、メモリ増設が難しいので購入した時点で必要なメモリを搭載しているモデルを選ぶ必要があります。
例えば、Surfaceの場合には後からメモリ増設はできないので注意ですね。

2in1 デタッチャブル型(セパレート)

2in1 デタッチャブル型(セパレート)
デタッチャブルの場合はコンバーチブル型と違いキーボードが分離して、ディスプレイの部分(本体)のみタブレットのように持ち運べます。
セパレートタイプの2in1は本体のみで使用できるので軽量なのがメリットです。キーボードに取り付けられるので、Windows OSのタブレットと迷っているかたにおすすめです。

2in1 コンバーチブル型

2in1のパソコンは、コンバーチブル型とデタッチャブル型があります。コンバーチブルはディスプレイが360度回転してキーボードごと持ち運ぶタイプです。
ディスプレイはタッチパネルになっているのがほとんどです。キーボードは常に付いているので使い勝手としてはノートパソコンに近いですね。

用途でスペックを選ぶ

2in1 PCを使う用途としてはビジネスのシーンで移動中に書類を確認したり、大学生が資料を作成するなどWindows環境が必要な場合が多いと思います。
ですので、Microsoft Officeを使うならWindowsのOSがおすすめです。ネットの閲覧などの用途がメインであればAndroidでも良いでしょう。
持ち運びを重視する場合にはバッテリーの駆動時間をチェックするのがポイントです。目安として8時間ぐらいは使えた方が現実的です。

また、動画を視聴するような場合はメモリは8GB以上あった方が快適です。(4GBなど少ないとカクついたりする原因になります。)


おすすめ2in1パソコン

マイクロソフト Surface Pro 7


マイクロソフト Surface Pro 7
マイクロソフト(Microsoft )の「Surface Pro 7」で12.3インチで別売りのカバー(キーボード)を組み合わせることにより、ノートパソコンのように使えるので、2in1といえると思います。
ディスプレイのように見えるタブレットの部分が本体で、重量は790g なので持ち運びに便利。カバンにも入ります。

Office H&B 2019を搭載しておりエクセルやワードを使いたいかたにおすすめです。

CPUは第10世代 Core-i7を搭載しており、メモリ(RAM)は16GB、ストレージは512GBのSSDを搭載しています。
CPUを選べるので少しでも安く購入したい場合はCore-i3やCore-i5もあります。予算があればCore-i7もサクサク動作するので良いですね。
PixelSenseディスプレイで10点のマルチタッチを検知できます。


ASUS (エイスース) 2in1 VivoBook Flip 14 TP401NA

ASUS (エイスース) 2in1 VivoBook Flip 14 TP401NA
ASUS (エイスース) 2in1 VivoBook Flip 14 TP401NAです。

画面を360°回転させて使える2in1タイプのノートパソコンで、キーボードが分離しないコンバーチブル型です。ヒンジが頑丈で使いやすい14インチ。1.5kgと軽く、手に持って持ち歩けます。
Webカメラも搭載しているのでスカイプなどもできますね。

ASUSの2in1で価格としても5万円以内で買うことができます。(2021年12月21日の時点)
Windows10のタブレットモードで使えますね。


Dell 2-in-1ノートパソコン Inspiron 14 モバイル

Dell 2-in-1ノートパソコン Inspiron 14 モバイル
Dell(デル)の2-in-1ノートパソコン Inspiron 14で2021年モデルです。
14インチのディスプレイを搭載しており10インチに比べて大きめの画面で見やすいです。
タッチディスプレイで直感的な操作が可能になっています。

CPUは第11世代 Intel Core i3-1115G4プロセッサーを搭載しており、メモリが16GB DDR4、ストレージは256GB PCIe SSDです。(512GBの大容量なモデルも選べます。)

インターフェイスの種類が多いのも魅力でSDカードリーダー、USB 3.2 Gen1 Type-C、USB 3.2 Gen 1、ヘッドフォン/マイクコンボ、ウェッジ型ロックスロット、HDMI 1.4bが使用できます。


HP Spectre x360 14 13.5インチ 2in1

HP Spectre x360 14 13.5インチ 2in1
HP(ヒューレット・パッカード)より2021年に発売されたモデル。
コストパフォーマンスが良いですね。

おすすめポイント

ヒューレット・パッカードらしいデザインの良さです。色はアッシュブラックとポセイドンブルーが選択できるようになっており、高級感があるデザインです。
世界的に支持されているパソコンメーカーだけあってノートPCのときでもタブレットの形にしてもカッコいいですね。

良いところ

HP Spectre x360 14の良いポイントはなんといっても軽いところです。
重さはわずか1.36kgなので持ち歩きができる軽い2in1です。バッテリーは15時間長持ちします。

悪いところ

タブレット型になる2in1は日常的に使うので、女性なら白など明るい色の選択も必要かもしれません。

スペック

CPUはインテルの第11世代 Core i5-1135G7 プロセッサー(最大 4.20GHz, インテルスマート・キャッシュ 8MB)なので高速です。サクサク動くパフォーマンスです。
ストレージは256GB SSD (PCIe NVMe M.2)なので読み書きが高速です。タブレット型のパソコンの起動も速いです。
メモリは8GB オンボードなのでノートパソコンのメモリのスペックとしては十分です。キングソフト WPS Officeが付いているので便利ですね。

評価

アルミニウムボディで軽く持ち運べるので2in1PCを探しているならぴったりですね。
もちろん操作はタッチパネルで指で動かすことが可能です。
キーボードも日本語配列なので打ちやすく日常的に使えるスペックをそなえたおすすめPCです。


Lenovo 2in1 タブレット YOGA BOOK【コンパクト】

Lenovoより2016年に発売されたモデルでずっと売れ続けている大人気の2in1です。
一時期は品切れで買えない状態になりましたが今は大丈夫ですね。
とても軽くコンパクトで持ち歩きやすいです。

おすすめポイント

筆圧を感知する「リアルペン」でメモをとることができます。
絵を書いたりするのが好きなひとにはおすすめです。
もし、本格的に絵やイラストなどを描くならペンタブレットがおすすめです。

ペンで書ける2in1タブレット
参照:レノボ公式サイト

良いところ

Lenovo 2in1の良いポイントは薄くて軽いところです。
重さはなんと689gなのでどこにでも持ち歩きができる軽い2in1です。

特徴

10インチなのでパソコンとして使うには画面は小さいですね。何かを選択したりする時には表示が小さいので大きなサイズのファイルを10インチの画面で編集するのは大変なのでそれは割り切りましょう。
軽くて持ち運ぶことが大事であれば、見やすさとどちらをとるかいうことになります。

スペック

CPUタイプは Intel Atom です。
ストレージはSSDなので読み書きが高速です。熱をもたずパソコンの起動も速いです。
メモリの容量は4GBなのでパソコンとしては少し少なめですね。

評価

とにかく軽く持ち運べるので電車の中で使うようなひとならぴったりですね。
リアルペンも面白い存在です。


Dynabook 12.5インチ 2-in-1 パソコン dynabook V8

Dynabook 12.5型 2-in-1 パソコン dynabook V8
東芝(TOSHIBA)のDynabookで2-in-1 パソコン「dynabook V8」です。
ディスプレイは12.5インチでタッチパネルになっています。ノングレア(非光沢)のIPSパネルで高輝度で広視野角、解像度はFHDです。タッチペンに対応しており専用のアクティブ静電ペンが付属しています。
CPUは第8世代 インテル Core™ i7-8550U プロセッサー(1.80GHz)、メモリは8GB、ストレージは512GBと大容量。
オフィスソフトはMicrosoft Office Home & Business 2019が付いておりエクセルやワードを使いたいかたにおすすめです。

バッテリーは約14.5時間と駆動時間が長くロングバッテリーです。マグネシウム合金ボディなので重量が約1059gと軽量なので持ち運びで便利ですね。
製品番号:P1V8JPBL

軽いノートパソコンでお探しなら関連ページもどうぞご参考ください。
>>軽いノートパソコンのおすすめランキング7機種【2019年】

ご両親へのプレゼントなどシニア向けのパソコンをお探しならまとめた記事があります。
>>高齢者のパソコンはタブレットがおすすめ!シニアも見やすいPC

タッチパネルのノートパソコン
大画面タブレット

この記事は「オススメPCドットコム」担当ライターのタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析がモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認をお願いいたします。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。