つまみ持ち向けゲーミングマウスおすすめ7選! 2021

つまみ持ち向けゲーミングマウス

つまみ持ちに最適なゲーミングマウスをご紹介しています。指先で握って操作しやすい小型のマウスや60g以下の軽量な製品も人気です。メーカーではロジクールのLogicool GシリーズやBenQ ZOWIE S2、RazerなどがFPSゲームなどはプロのゲーマーにも使われています。選び方もご案内していますので商品を購入の時のご参考になれば幸いです。

つまみ持ち向けゲーミングマウス

つまみ持ち向けゲーミングマウスの特徴

出典:Logicool G(ロジクール G)

ゲーミングで相手よりも優位にプレイするならマウスの操作性は重要です。
握り方はゲーマーによって違いますが、つまみ持ちをするなら軽量なタイプが長時間の使用でも疲れにくくなります。
また、手の大きさによっても最適なサイズは変わってきます。大きいとつまみにくいので、つまみ持ちをする場合は小型のマウスがおすすめです。

また、親指や薬指などでつまんだ時に滑りくいほうが良いのでマウスの側面もチェックするのがポイントです。つまみ持ちといっても手首をデスクにつけたり小指を添えるなど人によっても微妙に違いますね。

つまみ持ち向けマウスの選び方

つまみ持ち向けマウスの選び方

出典:Razer(レイザー)

軽量なゲーミングマウス

軽量なゲーミングマウスは素早く動かすことができます。
普通のマウスは100g以上ありますが、軽いゲーミングマウスでは60g~80gの製品もあります
特に表面に穴が開いているハニカムマウスで有線接続のモデルは軽い機種が多いです。

小型サイズのマウスを選ぶ

小型のサイズは、つまみ持ちがしやすいので大きさはチェックした方が良いですね。
マウスの幅や高さ、長さなど製品によって微妙に違いがありますが、迷ったら小さめを選んだ方がつまみやすいです。
海外のメーカーの場合はつまみ用のグリップのマウスでも、日本人とは手の大きさが違うため注意です。

サイズを選ぶ時には現在使っているサイズを測って、スペックのサイズと比較しながら選ぶと握りやすさの感覚がなんとなくわかると思います。

RGBライティングをチェック

RGBライティングはゲーマーによって好みの分かれるところかもしれません。
RazerのようにRGBライティングに対応しているメーカーもありますし、BenQ(ZOWIE)のようにeスポーツ向けのマウスでは対応していないモデルもあります。
ロジクールでは製品によって対応しているマウスが違うので、LEDで光らせたい場合にはチェックすると良いですね。

つまみ持ちに最適なマウスおすすめ

Logicool G G703h ゲーミングマウス


Logicool G  G703h ゲーミングマウス
Logicool G(ロジクール G)のG703h LIGHTSPEEDワイヤレス ゲーミングマウスです。
HEROセンサーを搭載しておりマウス感度は25,000DPIで高精細なトラッキング
つまみ持ちしやすい二材成形ラバーサイドグリップです。左右のボタンは少ない力でクリックしやすいバネのテンションになっています。

ちなみにG703hとG703の違いは重さが107gから95gまで軽量になっています。

特徴

  • レポートレート:1000 Hz (1ms)
  • バッテリーはフル充電で最長60時間駆動
  • プログラマブル ボタン:6個
  • 寸法:高さ 124mm × 幅 68mm × 奥行き 43mm
  • 重量:95g

● レビュー

  • 手が大きいひとはつまみ持ちができるサイズ感
  • 普段使いするなら10gのウェイト(錘り)を入れ方が操作しやすい
  • プロゲーマーが多く使っているマウス
価格:¥7,900
(価格は変動します。)


Logicool G G304 ゲーミングマウス


Logicool G G304 ゲーミングマウス
Logicool G(ロジクール G) G304は軽量なゲーミングマウスです。
つまみ持ちがしやすい小型のサイズで横幅 62.15mm×奥行116.6mm×高さ38.2mmの大きさです。
接続は遅延の少ないLIGHTSPEEDワイヤレスで安定した無線通信ができます。

特徴

  • 電源は単三形乾電池で最長250時間の駆動
  • HEROセンサーで解像度は200~12,000DPI、G HUBで細かな調整が可能
  • 最大スピード:400IPS
  • 6ボタンはプログラミングが可能
  • 重量:99g

● レビュー

  • ロジクールの小型のゲーミングマウス
  • ボタンはクリック感がある
  • 耐久性がありFPSゲームに最適
価格:¥3,919
(価格は変動します。)


Razer Viper ゲーミングマウス


Razer Viper ゲーミングマウス
Razer Viperは有線接続のゲーミングマウスです。
Speedflexの柔らかい布巻ケーブル(2.1m)を採用しており有線でもコードが気にならずにゲームができます。
69gと軽量でつまみ持ちに最適な左右対称デザイン。センサーは16000 DPIで99.4%の精度が高いトラッキングができるRazer 5G オプティカルセンサーです。

8ボタンの割当やマクロ、DPIの設定はオンボードメモリに保存できます。
手の小さいかたでつまみ持ちをする場合には「Viper Mini」もおすすめです。
>>Razer ゲーミングマウス

特徴

  • 高速な光学スイッチ
  • 応答時間 0.2ミリ秒
  • Razer Chromaにより1,680万色でRGBライティング
  • ゲーミンググレード タクタイル スクロールホイール
  • 寸法:66 mm (横幅) X 127 mm (縦) X 38 mm (高さ)
  • 重量:69g
  • 製品型番:RZ01-02550100-R3M1

● レビュー

  • 軽量で持ちやすい左右対称のマウス
  • サイドボタンはやや固めの押し心地
  • 有線なので遅延やズレがなくにエイムができる
価格:¥5,445
(価格は変動します。)


BenQ ゲーミングマウス ZOWIE S2


BenQ ゲーミングマウス ZOWIE S2
BenQの小型ゲーミングマウスでZOWIE S2で、eスポーツ用のプロゲーマー向けに開発されたモデルです。
横幅が一番細いところで59mm、高さが38mmで長さが122mm。つまみ持ちや、つかみ持ちをする方におすすめです。

有線ケーブルがマウスバンジーにかけた時に上向きになることで自然に動くように設計されています。
リフトオフディスタンスが調整されていることで持ち上げた時にマウスカーソルが誤動作することを防ぎます。
>>ZOWIE ゲーミングマウス

特徴

  • レポートレートとDPIの設定スイッチが底面にあり、いつでも切り替えできる
  • クリック感のあるボタン
  • ドライバーレスでUSBポートに接続するだけで使える
  • 16分割されたホイールノッチ
  • DPI:400 / 800 / 1600 / 3200
  • レポートレート:125 / 500 / 1000 Hz
  • 寸法:12.2 x 6.4 x 3.8 cm
  • 重量:82g

● レビュー

  • 手が小さいプレイヤーでもつかみ持ちをしやすいゲーミングマウス
  • 専用ソフトウェアを使わなくてもDPI設定できるのが便利
  • RGBライティング機能はありません
価格:¥8,800
(価格は変動します。)


CORSAIR KATAR PRO ゲーミングマウス


CORSAIR KATAR PRO ゲーミングマウス
CORSAIR(コルセア)のゲーミングマウスでKATAR PROです。
超軽量で重さは69g、コンパクトなサイズでつまみ持ちに適しています。サイドに滑り止めの凹凸が付いているのもポイントですね。
PAW3327の光学センサーは12,400 DPIに対応しています。ポーリングレートは1000Hz/500Hz/250Hz/125Hzに対応。
CORSAIR iCueソフトを使えばRGBライティングを設定できます。

特徴

  • 製品型番:CH-930C011-AP
  • 6個のボタンはマクロの設定が可能
  • 寸法:11.58 x 6.42 x 3.78 cm
  • 重量:69g

● レビュー

  • 価格が安くゲーミング初心者向け
  • 重さのバランスが良くつまみ持ちで操作しやすい
  • マウスソールの摩擦が小さく感じる
価格:¥3,333
(価格は変動します。)


SteelSeries Aerox 3 Wireless ゲーミングマウス


SteelSeries Aerox 3 Wireless
SteelSeries Aerox 3 Wirelessは、超軽量で66gのワイヤレス ゲーミングマウスです。ワイヤレス接続では2.4GhzとBluetoothによるペアリングに対応しています。
メーカーにてつまみ持ちとつかみ持ちのグリップスタイルを推奨しているマウスです。
TrueMove Air光学ゲーミングセンサーを搭載。感度は最大18000CPIで100刻みで下は200CPIまで設定できるのでハイセンシでもローセンシでも使えますね。

USB-Cポートで高速充電対応しており、最大200時間連続使用できるバッテリーを搭載しています。

特徴

  • IP54規格防水防塵
  • 3ゾーンRGBイルミネーション
  • 国内正規品 1年保証
  • 最速のスワイプに最適化
  • 穴が開いたハニカムマウスで軽量
  • ソールはPTFEグライドスケートで滑らかなコントロール性
  • 寸法:幅 57.91mm~67.03mm x 高さ37.98mm x 長さ120.55mm
  • 重量:66g

● レビュー

  • 軽くてつかみやすいマウス
  • Bluetoothでは200時間ですが、2.4GHzでは最長80時間です
  • ワイヤレスのドングル(レシーバー)はUSB Type-Cなのでパソコンのポートが対応している必要がある
価格:¥11,745
(価格は変動します。)


Xtrfy M42 RGB ゲーミングマウス


Xtrfy M42 RGB ゲーミングマウス
Xtrfy(エクストリファイ)M42 RGBは超軽量で59gのゲーミングマウスです。
左右対称の両手用のデザインになっており、サイズは幅が細い部分で56mm、高さが38mm、長さは118mmです。
握る部分のパーツが2種類ありつまみ持ちをした時のフィット感を調整できるのがポイントです。

センサーはOptical Pixart 3389で感度は400-16000CPIに対応しています。

特徴

  • メインスイッチ:オムロン製
  • LEDイルミネーション対応
  • マウスソール:PTFE(テフロンソール)
  • ポーリングレート設定:125/500/1000 Hz
  • 重量:59g (ケーブル除く)

● レビュー

  • マウスのカバーを交換できる
  • センサーが精確なトラッキングでポインターが飛ぶことがない
  • 他のメーカーと比較すると値段は少し高め
価格:¥8,437
(価格は変動します。)

まとめ

つまみ持ちのマウスは、つかみ持ちと違いコンパクトな大きさのマウスを選ぶのがコツ。重いと長時間のゲーミングでは疲れるのでなるべく軽量な製品がおすすめです。
マウスの滑りも操作性に関係するのでマウスパッドは手を大きく動かすなら大きめサイズなどプレイスタイルに合わせましょう。

ちなみに、無線のマウスならBluetoothより2.4GHzのワイヤレスの方が遅延がなく安定します。使いやすいゲーミングマウスが見つかるとゲームで快適ですね。


つまみ持ちに最適なマウスの関連情報
FPS向けゲーミングマウス
ロジクール(Logicool)有線マウス

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて商品の価格とスペックについて、ご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)