マウスバンジーのおすすめ9選!FPSのローセンシも快適

マウスバンジーのおすすめ

マウス バンジー(コードホルダー)のご紹介です。

「FPSで使えるマウスバンジーを探している」
というあなたへ、
マウスバンジーは有線マウスでゲーミングをする時には必須のアイテムですね。
ローセンシだとマウスを動かす距離が長いのでコードが気にならない方が良いと思います。

RazerやCOUGARなどメーカーによって特徴があるので、それぞれわかりやすく選ぶ理由をレビューしています。
使い方はコードを通すだけで簡単にできます。設置方法はいくつかあるので解説しています。
ぜひ、ご参考ください。

マウスバンジーはあると便利

マウスバンジーとは、マウスケーブルを通してFPSなどのゲームに集中できるガジェットです。
有線マウスのコードが煩わしいと思っても、ワイヤレスで遅延するより良いので我慢している方もいるかもしれません。
でも、マウスバンジーがあれば一発で解決できます。

FPSやTPSなどで、マウスのDPSの感度を下げて大きく動かすローセンシの方は、マウスバンジーが必要ですね。
激しい操作で30cmぐらいマウスを動かすとケーブルが引っかかったりするからです。大きく腕を振った時にコードが断線するリスクも軽減できます。

クレーンのようにコードを吊り下げておくことで、コードに余裕ができるのでスムーズにマウスが動かせます。
マウスの操作性が重要になってくるeスポーツなどでは大事なアイテムです。

マウスバンジーの選び方

マウスの固定方法としては大きく分けて3パターンあります。

  • 台座に重しが入っているタイプ
  • 吸盤で台座を机にくっつけるタイプ
  • 台座や机にシールを貼って間接的に磁石でつけるタイプ

一番多いのは台座が重くなっているタイプです。メリットは移動が楽です。デメリットはサイズが少し大きめのものが多いですね。重心が下にあるほうがマウスで操作をした時に倒れにくいです。

吸盤タイプのマウスバンジーのメリットはデスクへ設置が楽ということですね。デメリットはとくにありませんが、種類は少ないです。

磁石で付けるマウスバンジーは同じ場所に貼っておかなければいけないというデメリットがあります。メリットはコンパクトなサイズということです。

マウスのコードが太い場合には対応しているマウスバンジーを選ぶ必要があります。小さな溝にコードを通すためコードの太さが対応している方がスムーズにマウスを動かせます。

マウスバンジーのおすすめ

Razer Mouse Bungee V2 マウスバンジー


Razer Mouse Bungee V2 マウスバンジー
Razerのマウスバンジーはケーブルが引っかかりがおきにくいスプリング式のアーム。コードがかかる先端部分は柔らかいゴム素材になっています。

台座にはおもりが入っており底面には滑り止めもあるので安定して使えます。
マウスケーブルが気にならず、素速くマウスでゲーミングする方におすすめです。

●選ぶポイント

  • スプリング式で素速いマウス操作でも快適
価格:¥3,080
(価格は変動します。)


COUGAR マウスバンジー BUNKER CGR-XXNB-MB1


COUGAR マウスバンジー BUNKER CGR-XXNB-MB1
COUGARのマウスバンジー BUNKERは、軽量でコンパクトです。ホルダーは可動するので有線マウスのケーブルを気にせず自由に動かせます。

真空の吸着パッドで台座を固定できます。マウスを左右に大きく振って動かす方におすすめです。吸盤でペタッとくっつければ固定できるのでマウスバンジーの取り付けも簡単です。

レビューではLogicool G300s、G302で使えるという口コミがあります。

●選ぶポイント

  • コンパクトでコスパに優れている
価格:¥2,029
(価格は変動します。)


BenQ ZOWIE CAMADE Mouse bungee for e-Sports


BenQ ZOWIE CAMADE Mouse bungee for e-Sports
BenQ ZOWIE CAMADEのマウスバンジーは高さを変えられるのが特徴です。コードの余分がどれだけあるか、置く位置によっても最適な高さは変わってくるので便利ですね。

重りで設置するタイプなので机のダメージもなく使いやすいです。ケーブルが絡まりにくいスプリング式。BenQはゲーミング周辺機器を多く扱っており海外でも人気のバンジーです。

●選ぶポイント

  • 高さが変えられるケーブルアセンブラー
価格:¥5,650
(価格は変動します。)


ENHANCE Proゲーム用マウスバンジー ENPCGHB100BKEW


ENHANCE Proゲーム用マウスバンジー ENPCGHB100BKEW
ENHANCEのゲーミング用のマウスバンジーでLEDライティングでピカピカ光ります。ゲームをする時には部屋を暗くして点灯も楽しみたいという方におすすめです。

USBハブがマウスバンジーに付いているので、イヤホンやメモリースティックを差して使えるので便利ですね。

●選ぶポイント

  • RGBライティングで光るマウスバンジー
価格:¥6,380
(価格は変動します。)


ENDGAME GEAR マウスバンジー MB1 PGW-EG-MUB-001


ENDGAME GEAR マウスバンジー MB1 PGW-EG-MUB-001
Endgame Gear MB1のマウスバンジー高さの調整が可能です。先端のケーブルホルダーはシリコンララバーになっており摩擦が少なく、角もとってあるのでマウスケーブルに優しいバンジースタンドです。

CASEKINGはドイツらしいブランドのデザイン。シンプルで黒い土台に白のパーツがおしゃれですね。Amazonでも高評価のバンジーです。

●選ぶポイント

  • シンプルで使いやすいマウスバンジー
価格:¥2,303
(価格は変動します。)


Hotline games ゲーミング マウス 太めケーブル対応


Hotline games ゲーミング マウス 太めケーブル対応
Hotline gamesのマウスバンジーです。安くて2,000円以内で買えます。

機能的にはスプリングの伸縮で重さで設定するタイプです。
中国の会社さんのようでメーカーHPでは不思議な漢字も使われていますが、レビューは高評価です。

ピンクやミルクブルーなど可愛い色が選べるので女性の方におすすめです。

●選ぶポイント

  • 安いマウスバンジー
価格:¥1,680
(価格は変動します。)


Glorious Mouse バンジー G-MB-BLACK


Glorious Mouse バンジー G-MB-BLACK
Glorious Mouseのバンジーです。ロゴマークも入っていてアメリカのブランドらしいデザインがカッコいいですね。グロリアスのマウスは軽量で人気があります。

グロリアスのケーブルは柔らかいので、ケーブルのたるみなどが気になる時に引っ掛けておくと良いですね。コードが使いやすくなることでマウスが精確に動かせるようになるとレビューでの評価も高いです。

●選ぶポイント

  • Glorious Mouseファンの方なら髭のマークがそろっていい感じ
価格:¥6,513
(価格は変動します。)


Xtrfy(エクストリファイ)C1 アジャスタブル マウスコードホルダー


Xtrfy(エクストリファイ)C1 アジャスタブル マウスコードホルダー
Xtrfyはスウェーデンのゲーミング機器ブランドです。尖ったプロダクトデザインです。マグネットタイプのマウスコードホルダー。金属のスチールプレートが付いています。

磁石のシートを机に貼って、本体のホルダーをくっつけます。誤って思いっきりケーブルを引っ張っても磁石がとれてワンクッションはいるので断線も防げます。
コンパクトで場所をとらないのも良いですね。

●選ぶポイント

  • 磁石で設置できる省スペースなマウスコードのホルダー
価格:¥2,717
(価格は変動します。)


ROCCAT ロキャット- APURI RAW 有線マウス用コードホルダー


ROCCAT ロキャット- APURI RAW 有線マウス用コードホルダー
ROCCAT(ロキャット) の「APURI RAW」(ROC-15-340-AS ブラック)は、有線マウス用のコードホルダーです。
ドイツのゲーミング用アイテムを手がけているメーカーです。アームは柔軟性がありマウスの動きに追従性があります
安定感のあるマウスバンジーで、足にはスリップ防止ラバーが付いています。また、アームの部分には軟質素材のラバーが付いています。
台座は硬質樹脂で重量は約105g。近未来的なデザインになっています。

※ケーブルの太さがふとすぎる場合には溝にはまらない場合があります。
サイズ:幅133 x 奥行128 x 高さ117mm

価格:¥2,150
(価格は変動します。)

マウス バンジーのまとめ

マウスバンジーはでゲーミングをする時には必須のアイテムです。
RazerやCOUGARなどが人気ですが、ブランドものは高くなりがちです。使ったことの無いかたは安いものを試しに使ってみるのも良いと思います。
使い方はコードを通すだけで簡単にできます。設置方法は機種によって違ってきます。

マウスバンジーがあれば有線マウスをローセンシで使っている方でも、コードを気にせずゲームができて快適ですね。