エレコム(ELECOM)のキーボード11選!Bluetoothやワイヤレスが人気

エレコムのキーボード

エレコム(ELECOM)のキーボード」のご紹介です。
エレコムのキーボードはコスパが良く日本のメーカーで安心です。テンキーレスでコンパクトなタイプは軽量で持ち歩くこともできます。

「エレコムのキーボードをBluetoothでペアリングして使いたい。」
とか色々と探しているかたへ、
それぞれ、無線のワイヤレスやBluetoothキーボード、有線のUSB接続など種類も豊富なので特徴を記載しています。

エレコムのキーボードは機種が多いのでレビューで良い評価の機種と悪い評価の機種があります。
率直にお伝えしていますのでご参考いただければと思います。


エレコム(ELECOM) キーボードの選び方

キーボードにはワイヤレスと有線接続があります。エレコムの場合にはBluetoothでペアリングができるタイプが人気があります。スマートフォンやタブレットで使用するならBluetooth接続できる必要があります。
有線ケーブルで接続をする場合にはパソコンなどのデバイスにUSBポートがある場合に使用できます。ワイヤレスとの違いとして有線接続ではケーブルから給電するので電池を使わなくて良いというメリットがあります。

持ち運びをする場合には折りたたみキーボードやテンキーレス(TKL)タイプが軽量で携行性に優れています。また、デスクに設置をして据え置きで使うならテンキーが付いたフルサイズの方が数字の入力作業は快適ですね。

エレコム(ELECOM) キーボードのおすすめ

TK-FBP102XBK : Bluetooth キーボード


TK-FBP102XBK : Bluetooth キーボード
TK-FBP102XBK は、エレコムのBluetoothキーボードです。
パンタグラフ式なので打鍵音が静かなのが特徴です。

260 gと軽量モデルでWindowsやMacだけでなくiOSやAndroidでもペアリングをして使えます。ペアリングは最初だけでOKです。
あとは、右上のON・OFFスイッチを入れれば使うことができます。
持ち運びにも便利なミニキーボードです。コンパクトなのでiPadなどタブレットでも便利です。

キーボードのレイアウトは日本語配列の79キーです。

スペック

  • 製品番号:TK-FBP102XBK
  • 接続:Bluetooth3.0
  • キースイッチ:パンタグラフ
  • レイアウト:日本語配列

●選ぶポイント

  • 260gと軽量な持ち運びできるミニキーボード。

–>