エレコム(ELECOM)のキーボード12選!Bluetoothやワイヤレスが人気

エレコムのキーボード

エレコム(ELECOM)のキーボード」のご紹介です。
エレコムのキーボードはコスパが良く日本のメーカーで安心です。テンキーレスでコンパクトなタイプは軽量で持ち歩くこともできます。

「エレコムのキーボードをBluetoothでペアリングして使いたい。」
とか色々と探しているかたへ、
それぞれ、無線のワイヤレスやBluetoothキーボード、有線のUSB接続など種類も豊富なので特徴を記載しています。

エレコムのキーボードは機種が多いのでレビューで良い評価の機種と悪い評価の機種があります。
率直にお伝えしていますのでご参考いただければと思います。


エレコム(ELECOM) キーボードの選び方

キーボードにはワイヤレスと有線接続があります。エレコムの場合にはBluetoothでペアリングができるタイプが人気があります。スマートフォンやタブレットで使用するならBluetooth接続できる必要があります。
有線ケーブルで接続をする場合にはパソコンなどのデバイスにUSBポートがある場合に使用できます。ワイヤレスと有線接続の違いは、有線ならケーブルから給電するので電池を使わなくて良いというメリットがあります。また、ケーブルが気になる方はワイヤレスが良いでしょう。

持ち運びをする場合には折りたたみキーボードやテンキーレス(TKL)タイプが軽量で携行性に優れています。また、デスクに設置をして据え置きで使うならテンキーが付いたフルサイズの方が数字の入力作業は快適ですね。

エレコム(ELECOM) キーボードのおすすめ

TK-FBP102XBK : Bluetooth キーボード


TK-FBP102XBK : Bluetooth キーボード
TK-FBP102XBK は、エレコムのBluetoothキーボードです。
パンタグラフ式なので打鍵音が静かなのが特徴です。

260 gと軽量モデルでWindowsやMacだけでなく、iOSやAndroidでもペアリングをして使えます。ペアリングの設定は最初だけでOKです。
あとは、右上のON・OFFスイッチを入れれば使うことができます。
持ち運びにも便利なミニキーボードです。コンパクトなのでiPadなどタブレットでも便利ですね。

キーボードのレイアウトは日本語配列の79キーです。

スペック

  • 製品番号:TK-FBP102XBK
  • 接続:Bluetooth3.0
  • キースイッチ:パンタグラフ
  • レイアウト:日本語配列

●選ぶポイント

  • 260gと軽量な持ち運びできるミニキーボード。


TK-FBM093SBK : コンパクト 静音キーボード


エレコム キーボード Bluetooth メンブレン 静音設計
TK-FBM093SBKはBluetooth接続の静音キーボードです。
ペアリングをしてPCやタブレットなどで使うことができます。

Windowsに対応している日本語84キー配列のキーボードです。
テンキーレスでコンパクトなサイズ。なおかつ、キーピッチが19mm確保されているので打ちやすい設計になっています。

メンブレン式で静音タイプですがレビューでは打鍵の反応が悪いというロットがあるようですね。

スペック

  • 製品番号:TK-FBM093SBK
  • 接続:Bluetooth3.0
  • キースイッチ:メンブレン
  • レイアウト:日本語配列


TK-FDM063BK : キーボード・マウスセット


TK-FDM063BK : キーボード・マウスセット
TK-FDM063BKはワイヤレスのキーボードとマウスがセットになっています。キーストロークが1000万回に耐えられる耐久性があるキースイッチ。サイズはフルキーボードでPlayStation4にも対応しています。

付属のUSBレシーバーを1つ差すだけでマウスとキーボード使えるのでテンキーの無いノートパソコンを使っている方におすすめです。

スペック

  • 製品番号:TK-FDM063BK
  • 接続:2.4GHzワイヤレス
  • キースイッチ:メンブレン
  • レイアウト:日本語配列

●選ぶポイント

  • 1つのレシーバーでマウスとキーボードが使える


TK-FBM112BK: メンブレン式フルキーボード


TK-FBM112BK: メンブレン式フルキーボード
エレコムのメンブレン式フルキーボードでTK-FBM112BKです。
Bluetooth5.0に適合しているので、Bluetooth4.0以降のデバイスならレシーバーが無くても接続できます。PCが対応していないときには別売りのLBT-UAN05C2が必要になります。 
キー配列は109キーの日本語配列で、19mmのキーピッチと3.5mmのキーストロークにより使いやすいキーボードです。

スペック

  • 製品番号:TK-FBM112BK
  • 接続:Bluetooth 無線方式
  • キースイッチ:メンブレン
  • レイアウト:日本語配列

●選ぶポイント

  • スタンド付でiPadで使用するのに便利


TK-FDM088TBK : 2.4GHzワイヤレスキーボード


TK-FDP099TBK : 2.4GHzワイヤレスキーボード
TK-FDM088TBKはエレコムの2.4GHzワイヤレスのキーボードです。
USBレシーバーが付属しており安定した通信でタイピングができるようになっています。
キートップがメカニカルキーボードと同じ設計になっている打鍵感の良いプレミアムメンブレン方式のスイッチを搭載したフルキーボードです。

キートップ設計はメカニカルキーボードと同じ用になっており1000万回の高い耐久性がある仕様です。
色はブラックのみになります。

スペック

  • 製品番号:TK-FDM088TBK
  • 接続:2.4GHzワイヤレス
  • キースイッチ:メンブレン
  • レイアウト:日本語配列


TK-FDP099TBK : ワイヤレスキーボード


TK-FDP099TBK : ワイヤレス キーボード
TK-FDP099TBKはパンタグラフ式のワイヤレスキーボードです。
軽い打鍵感でWindowsとMacで使うことができます。

USBレシーバーによるワイヤレス接続なので高速なタイピングには不向きですが、薄型のデザインでおしゃれなキーボードを探している方には良いですね。
キーストロークが2.0mmと浅めでキータッチが良いという口コミがあります。

スペック

  • 製品番号:TK-FDP099TBK
  • 接続:2.4GHzワイヤレス
  • キースイッチ:パンタグラフ
  • レイアウト:日本語配列


TK-FBP101BK : Bluetooth キーボード


TK-FBP101BK : Bluetooth キーボード
TK-FBP101BKはエレコムのBluetooth キーボードで、複数のOSに対応しておりWindows・Mac・iOS・Androidで使用できます。
接続は3台までのデバイスをペアリングすることができます。
打鍵時に文字が連続入力になるという当たり外れがある機種です。

薄型で重さが約488gなので持ち運びに便利ですね。

スペック

  • 製品番号:TK-FBP101BK
  • 接続:Bluetooth3.0
  • キースイッチ:パンタグラフ
  • レイアウト:日本語配列


TK-FFCM01BK : 有線 キーボード


TK-FFCM01BK : 有線 キーボード
TK-FFCM01BKはエレコムの有線キーボードでメンブレン式です。
19mmのキーピッチでタイピングしやすく日本語109キー配列のフルキーボード
Windowsに対応しておりUSBで接続するタイプです。

レビューでも比較的評価が良いですね。
キートップの文字が薄くなりやすいという声もありますが、それ以外に大きな不具合もなく静かで打鍵感が良いという高評価です。

スペック

  • 製品番号:TK-FFCM01BK
  • 接続:有線USB
  • キースイッチ:メンブレン
  • レイアウト:日本語配列

●選ぶポイント

  • 有線USB接続のフルキーボード


TK-FCM090SBK : 静音設計 キーボード


TK-FCM090SBK : 静音設計 キーボード
エレコムの静音設計キーボードでTK-FCM090SBKです。キースイッチはメンブレン方式のフルキーボード。
キートップにラバーカップを取り付けることで打鍵音を抑えている静音性があるのが特徴です。
接続は有線USBになっています。マルチファンクション専用キーが付いておりメディアプレーヤーやWebブラウザの操作が快適です。

防水性能はありませんが、万が一水がかかった場合でも排水できる機能があります。

スペック

  • 色:ブラック
  • キー数:109
  • キーピッチ:19.0mm
  • キーストローク:2.6mm
  • サイズ:幅446.0mm×奥行155.3mm×高さ29.8mm
  • 重量:約491g

TK-FLP01BK : 折りたたみキーボード


TK-FLP01BK : 折りたたみキーボード
TK-FLP01BKはエレコムの折りたたみキーボードです。コンパクトに収納できるので持ち運びに便利です。
タブレットスタンドは、折りたたむとケースになります。小さいミニキーボードですが、キーピッチは標準と同じ19mmなのでタイピングしやすいですね。
Bluetoothでマルチペアリング接続に対応しています。キー配列はWindows/Android用の配列と、iOS配列を切り替えて使うことができます。
色:ブラック


エレコム(ELECOM) ゲーミングキーボードのおすすめ

TK-G01UKBK : ゲーミングキーボード


TK-G01UKBK : ゲーミングキーボード
エレコムのゲーミングキーボードでメカニカルスイッチを搭載しています。
茶軸タイプでゲーマーさんにおすすめのキーボード「TK-G01UKBK」です。FPSゲームなどで使いやすいWASDキーを交換できるキーキャップを付属。
全キーロールオーバーに対応しており5000万回の耐久性があります。
有線USB接続の日本語配列91キーです。


TK-ARMA50BK : ゲーミングキーボード


TK-ARMA50BK : ゲーミングキーボード
エレコムのゲーミングキーボードでARMAシリーズの「TK-ARMA50BK」です。
メカニカルキースイッチでキーストローク2.6mm、アクチュエーションポイントは1.5mm。素早い反応で入力をするためのゲームに最適。すべてのキーでロールオーバーに対応しているため、同時にクリックしても正確に入力できる製品です。
テンキー付きでフルサイズで薄型設計になっています。耐久性は5000万回に対応しています。
日本語配列でLEDライティングでUSBの有線接続です。

まとめ

エレコムのキーボードは日本の大手の周辺機器ブランドだからサポートなども信頼できますね。
価格が安いのもメリットです。

使いやすいキーボードを選べばパソコン作業も効率的になりますね。


エレコムの関連情報

参考文献

エレコム株式会社 ELECOM CO.,LTD. 公式サイト
エレコムは日本のメーカーなのでサポートもしっかりしており安心です。
「えれさぽパソコン講座」という使い方のガイダンスページもあります。
動かないとか、勝ってに動くとかトラブルがあったらQ&Aページも参考になります。

もちろん、不具合やキーボードの入力がおかしいことがあれば壊れている可能性もあります。おかしいと気づいた時点で分解などはせずに相談した方が良いですね。バラバラにしてと保証や返品ができなくなる可能性があります。

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析がモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。