左右分離型キーボードのおすすめ7選!メリットは?

離型キーボード

左右分離型キーボードはパソコンに向かっている時間が長い方におすすめです。
腕や手首の負担を軽減することができます。
Mistel(ミステル)のBAROCCO MD770やKoolertronのメカニカルキーボードが人気です。
軸を選んで打鍵感を選ぶことができます。

分離型 キーボードのメリット

離型 キーボードのメリット

出典:Kinesis

左右分離型キーボードのメリットは肩こりから開放されることです。
特に男性の場合は肩幅が広いのでタイピングをする時に腕の形がハの字になります。

分離式ならそれぞれ使いやすい位置にキーボードを配置できるので、肩をすくめることなく手首もひねらずにすみます。
ゆったりパソコン作業ができるので長時間PC作業でも疲れにくいです。

タイピングの作業効率が上がるのでキーボードを長く使うかたにおすすめです。
知る人ぞ知るキーボードで、ゲーマーやライター、プログラマなど文字を多く入力するかたに最適です。ペンタブと合わせてキーボードを配置すればデザイナーやイラストレーターにも良いですね。

接続方法は有線でUSB接続が主流です。無線でワイヤレスの場合には完全に分離しているものではないです。
一体型でエルゴノミクスタイプであれば、「ぺリックス Periduo-605 キー左右分離型ワイヤレス」などがあります。USBポートが空いているなら個人的には有線の方が安定して入力できるので良いと思います。

分離型キーボードのレイアウト

分離型キーボードのレイアウトは通常のキーボード(QWERTY配列)とは異なるレイアウトでも使えます。
例えばMistel BAROCCO MD770の場合は、Dvorak配列やColemak配列も使えるようになっています。左右分離型キーボードでDvorakのレイアウトだとjキーやkキーは、Aキーの下の段の位置になるのでかなりマニアックな感じですね。

分離型 キーボードのおすすめ7選

Mistel BAROCCO MD770 左右分離型 メカニカルキーボード



Mistel(ミステル)社は台湾の会社で日本の株式会社アーキサイトが販売代理店になっています。

MistelのBAROCCO MD770は、コンパクトな左右分離型のキーボードで、英語配列の85キーです。MD600に比べて利便性の部分で改善されたシリーズです。
テンキーレスですが右下には十字キーも付いておりUS配列でも慣れれば使いやすいです。
正統進化を遂げた分離型キーボードです。以前の機種に比べてファンクションキーが追加されており操作性も向上しています。

メカニカルキーボードで軸を選べます。静音タイプや打鍵感を選べるのが良いですね。同時押しにも正確に入力できるNキーロールオーバーに対応しています。

マクロ機能を搭載しておりキー入力パターンのプログラミングが可能です。基本はQWERTY配列になっており、Dvorak配列やColemak配列のレイアウトもプログラムされています。
接続はUSB-Cポートでパソコンとつなげて使います。キーキャップはPBT2色成形なので長期間キーボードを使っていても文字が薄くなったり消えたりすることはありません。

選べる軸の種類

  • CHERRY MX RGB 静音赤軸
  • CHERRY MX RGB 茶軸
  • CHERRY MX RGB 赤軸
  • CHERRY MX RGB 青軸
  • CHERRY MX RGB クリア軸

キースイッチを選べるのでレビューでも評価が高いです。パソコンとは有線のUSB接続をして使います。

RGBのバックライト機能があり、LEDモードで発光し輝度などを設定することが可能です。

スペック

  • メディアキー : 対応
  • オンボードメモリー: あり
  • ポーリングレート : 1000Hz
  • 色:ブラック
  • MD770-PUSPDBBT1

●選ぶポイント

  • 左右分離型キーボードでCherry MXスイッチが使える
  • Windows10、Mac対応
価格:¥18,579
(価格は変動します。)


Koolertronプログラム可能分離式メカニカルキーボード


Koolertronプログラム可能分離式メカニカルキーボード
Koolertronのプログラム可能な分離式メカニカルキーボードです。
片手キーボードでも実績が多いブランドで、全89キーでプログラムできます。また、マクロキーとして8キー使えるようになっています。

プログラマブルエルゴノミックキーパッドでCherry MX 軸が選べます。(種類によって価格が微妙に異なるので注意です。)また、アンチゴーストで正確な入力が可能です。

選べる軸の種類

  • Cherry MX茶軸 / 移動量:2±0.6mm キーストローク力:45±20 cN
  • Cherry MX 赤軸 / 移動量:2±0.6mm キーストローク力:45±15cN
  • Cherry MX青軸 / 移動量:2.2±0.6mm キーストローク力:50±15cN
  • Gateron青軸 / 移動量:2.3±0.6mm キーストローク力:60±15cN
  • Gateron黒軸 / 移動量:2±0.6mm キーストローク力:60±15cN

ホワイトバックライトを搭載しています。

●選ぶポイント

  • カスタマイズが楽しい分離式キーボード
価格:¥18,999
(価格は変動します。)


Kinesis Freestyle2 Keyboard 分離式キーボード


Kinesis Freestyle2 Keyboard 分離式キーボード
Kinesis(キネシス)のFreestyle2 Keyboardでフリースタイル2 (20インチ)です。
エルゴノミクスキーボードでおなじみのブランド。1万円台で買えて比較的安いです。

Mac用とWindows用にそれぞれ機種が分かれており、別売りのアクセサリーで角度を付けることができます。また、パームレストを付けることも可能です。

●選ぶポイント

  • 左右のキーボードにそれぞれ角度を付ける別売りアイテムがある
Mac用 価格:¥17,380
(価格は変動します。)

Windows用 価格:¥16,080
(価格は変動します。)


Kinesis Freestyle Pro Keyboard 分離式キーボード


inesis Freestyle Pro Keyboard 分離式キーボード
Kinesis(キネシス)のFreestyle Pro Keyboardでフリースタイル プロです。茶軸(MX Brown)の「KB900-BRN」と赤軸静音(MX Quiet Red)の「KB900-RDQ」があり、キースイッチを選べます。
プログラミングソフトの「Freestyle Pro」を搭載しており画面を見ながらキーのリマップやマクロの設定を行うことが可能です。
タイピング時に半角の入力位置が日本語入力だと一部異なるので注意です。

WindowsとMacの両方に対応しています。

価格:¥24,080
(価格は変動します。)


ビット・トレード・ワン 自作 分離式キーボード


ビット・トレード・ワン 自作 分離式キーボード
ビット・トレード・ワンの自作で分離式キーボードを作るキット製品です。
キースイッチやキートップは付いていないので別途用意する必要があります。Cherry MXのキースイッチが使えます。

キーボードまで自分で作りたい、というこだわりのあるかたにおすすめです。
42キーではんだ付けは不要で差し込むだけで作れます。LEDライティングをする場合は半田付けも必要になります。

●選ぶポイント

  • 分離キーボードを自作できるキット
価格:¥17,380
(価格は変動します。)


MiSTEL BAROCCO MD600 分離式 キーボード 日本語配列


MiSTEL BAROCCO MD600 分離式 キーボード 日本語配列
MiSTEL BAROCCO MD600の分離式 メカニカルキーボードで日本語配列 66キーです。
CHERRYのキースイッチで赤軸 静音タイプです。

分離式キーボードで唯一の日本語配列(JIS配列)のキーボードですが生産停止になっており売っているところは無いですね。
そもそも表示が日本語配列ですが中身は英語配列になっており使いづらいといったレビューもあります。
誤認識もあり売れないので中止になったのではないかと思われます。

価格:¥-
(価格は変動します。)


Mistel BAROCCO MD650L 分離式 メカニカルキーボード


Mistel BAROCCO MD650L 分離式 メカニカルキーボード
Mistelの「BAROCCO MD650L」は分離式メカニカルキーボードで英語配列69キーです。左右のユニットを組み合わせて一体にして使うことも可能です。
人間工学に基づいたデザインになっており手首も自然な状態でタイピングできます。
手の動きを最小限になるように分離をしたキーボード設計。

Cherry ML Switch ML1Aの薄型キースイッチを採用しています。
キーストロークは3mmでアクチュエーションは1.5mmと浅いキータッチなので速いタイピングをするかたにおすすめです。
静音タイプなのでオフィスやゲーミングでも使えますね。

パッケージ内容:USBケーブル( USB MiniB – USB A:PC 接続用 )1本 / USB MicroB:オス – USB MicroB:オスケーブル( 左右接続用 )1本 / キー引き抜き工具(キープラー)
交換用の「Enter / ESC キーキャップ(オレンジ)」・ 交換用 キーキャップ(アイボリー / グレー)・ MLスイッチ(修理用)・ 左右ユニット連結用マウンタ 兼 チルトスタンド。

スペック

  • マクロ機能 : 対応
  • Nキーロールオーバー
  • キー印字方式 : レーザーUVカラー印刷
  • キーキャップ材質 : ABS
  • アイボリー/グレー
  • MD650L-LUSMGAB1

●選ぶポイント

  • キーキャップを変えられる分離キーボード
価格:¥-
(価格は変動します。)

まとめ

仕事ができるひとに自然と仕事が集まってくるもの。
タイピングをする時間が長いかたはずっとパソコンに向かって作業することになります。
少しでも楽に業務の環境を改善できると良いですね。

分離できるセパレートキーボードはタイピングがしやすくて快適です。


分離型 キーボードの関連情報
ちなみに、以前はぺリックスのエルゴノミクスキーボードでトラックボール付の分離キーボードもありましたが、今は販売されていません。

エルゴノミクスキーボード おすすめ」でも分離型キーボードをご紹介しています。

トラックボールキーボード