HHKB キーボードのおすすめモデル!カスタマイズができて効率的

HHKB キーボードのおすすめ

HHKB キーボードのおすすめモデルのご紹介です。
Happy Hacking Keyboardは、タイピングで中毒性があります。
効率を求めて作られたキーボードで、カスタマイズもできるためふつうのキーボードでは物足りなくなってしまうんですね。

HHKBキーボードはテンキーレスなので省スペース。コンパクトでシンプルなデザインです。文章やコードをたくさん書く方には効率的で最高のキーボードです。UNIX配列で一般的なPC作業よりも入力の効率こだわるプログラマの方におすすめです。プログラミングのコードを書く時に最適です。

累計50万台を突破している人気はダテじゃないですね。

ハッピーハッキングキーボードの簡単な説明とおすすめの種類をまとめています。

HHKBとは

HHKBはHappy Hacking Keyboardの略でハッピーハッキングキーボードです。
プログラマやエンジニアに多く使われています。

東京大学名誉教授の和田英一さんが開発したハッカーのためのキーボードです。

もともとPFUの技術誌に論文を掲載した時にキーボードの問題点に関する話が出て、PFUと共同開発するようになりました。
プログラマのために作られたHHKBですが、当初からかっこいいという評判がありました。

デザインに優れている

HHKB キーボードはデザインに優れている

2019年にグッドデザイン賞を受賞していることでも有名です。
ミニマルで美しいキーボードですね。

「かな」の表記がないスッキリした見た目が良くてHHKBを買うひとも多いですね。(筆者の場合はキートップに記号の表記がないと打つ時にわからなくなります。)

HHKBを使うひとで「かな」のキーがないのでブラインドでタイピングできるひとにおすすめです。静音性があるタイプや打鍵感も機種によって異なります。

基本的に色は3色で黒か白かライトグレーです。
キーには文字があるものと文字がないデザインがあります。

文字が無いのはカッコいいですね。
でも正直なところ、文字があった方が使いやすいので文字有りを選びましょう

キートップの文字が見やすい白いキーボード。
またはオシャレでかっこいい黒いキーボードですね。

タイピングしやすい

HHKBはタイピングしやすいキーボードです。
キーを打ちやすいようにキーボードを横から見ると曲線のキー配置(シリンドリカルステップ)になっているタイプになっているものもあります。

さらにキーを押しやすい位置に設定できるキーマップも特徴です。タイピングのスピードを追求していくeスポーツでも使われています。

気持ちの良いタイピングができます。打ち心地は機種によって違います。
上位機種の場合にはスコスコとタイピングできる打鍵感です。

キーストロークは深めで機種によりますが3mm~4mmです。浅めだと打ち間違え増えるため深い方が正確にタイピングできます。

自分好みにカスタマイズをすることで、よく使うキーが使いやすい位置になるため長時間のタイピングでも手が疲れにくいのがメリットです。
デメリットはF1キーなどがないので、ファンクションキーと1~^キーを組み合わせて押すなど慣れは必要です。

耐久性がある

HHKBは非常に耐久性があります。
「HHKB Professional 2」の場合には キーの擦れ(チャタリング)がなく正確にキーをスイッチできます。
3000万回以上のタイピングができる耐久性のあるキーの仕様です。


HHKB キーボードのおすすめ

HHKBのキーボードは種類によってキーの方式や接続方法が異なります。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 墨は日常的にタイピングをすることが多い、ライターやプログラマなどのプロ向けのキーボードです。
キートップは無刻印で、十字キーすらもない英語配列のシンプルなHHKBです。
配置はハッカー向けのUNIX配列ですね。「A」の左に「Control」があります。

静電容量無接点方式で最上位機種で高速なタイピングに対応しています。

USBで接続できるWindowsやMacで使うことができます。カラーはブラックとホワイトから選べます。

価格:¥25,300
(価格は変動します。)

HHKB Bluetooth キーボード:PFU HHKB Professional BT PD-KB620W

HHKB Bluetooth キーボード:PFU HHKB Professional BT PD-KB620W
HHKB Professional BT PD-KB620Wは、BluetoothのHHKBキーボードです。PFUがプロフェッショナルに贈るモデルです。打ち心地の打鍵感はカチャカチャする感じです。

ワイヤレスで使えるタイプなのでiPadやスマホでも使えます。コードが無いのでケースに入れて持ち運びをするのにも良いですね。

高級キーボードで3万円ぐらいします。HHKBらしい価格ですね。
一生モノのツールという感じです。

日本語配列で十字キーも付いているHHKBキーボードです。英語配列と無刻印も選べます。
使いやすく初めてのHHKBを使うときには馴染みやすくておすすめです。右下のShiftキーも良いところにおさまっています。
右下には矢印キーがあるためControlキーの位置が通常のキーボードとは位置が異なるので慣れる必要がありますね。

バッテリーは単三電池2本で約3ヶ月使えます。また、USBで給電することも可能です。
対応しているOSは、Windows Vista® SP1 以降、Mac OS X v10.5 以降、Android 4.0 以降で使えます。iOSは未対応です。

価格:¥24,390
(価格は変動します。)

HHKB HYBRID Type-S

HHKB HYBRID Type-S
HHKB HYBRID Type-Sは高速にタイピングができて静音性のあるキーボードです。Type-Sの「S」はSpeed(高速タイピング性)とSilent(静粛性)の頭文字のSを表しているようです。伝統的な上位機種ですね。

通常のHHKBとHYBRIDとの違いはBluetoothとUSB接続の両方対応できるということです。
普段はUSBから電気をとって、持ち歩くときには電池を入れていくという使い方ができます。

「静電容量無接点方式」で下までキーを押し込まなくても反応するため高速にタイピングができます

タイピングがしやすいようにキーボードは3段階に角度を付けることができます。方向キーも付いています。
さらに極めたい場合にはキーを割り当てる「DIPスイッチ」と「キーマップ変更機能」が付いておりカスタマイズが可能です。速記やタイピング競技でも使われています。

プログラマ向けに考えられた合理的な配列で、指の移動距離が短く効率的です。

価格:¥35,200
(価格は変動します。)

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列

Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列(JIS配列)です。
かなの表記は省略されており表記がないので見た目のデザインがスッキリしています。
日本語配列で半角と全角に対応する切り替えキーがついています。

キーボードで一般的なメンブレンスイッチ方式でクリック感のあるキータッチになっています。テンキーレスを探している方には良いですね。

対応OS:Windows Vista / Windows 7 / Windows 8

価格:¥26,685
(価格は変動します。)

ハッピーハッキングキーボード Mac専用:PD-KB200MA

ハッピーハッキングキーボード Mac専用-PD-KB200MA
HHKBでMac専用のキーボードです。

スノーホワイトでキートップはCommandキーやOptionキーなどMac専用になっています。
MacユーザーでHHKBキーボードを使いたい方におすすめです。

シリンドリカルステップの構造になっており、タイピングしやすいようにキーがカーブするように配置されています。
キーボードは2段階で傾けることができます。

価格:¥6,090
(価格は変動します。)

PFU HHKB Professional Classic:無刻印/墨(英語配列)

PFU HHKB Professional Classic
HHKB Professional Classicはキートップに印字が無く何も表示がない英語配列のキーボードです。

USB接続(Type-C)ができるWindowsとMacに対応しています。
キーの一つ一つに円錐のスプリングが入っており無接点でスイッチングをするタイプです。
静電容量無接点方式のキーボードで心地よいタイピングができます。

HHKBの徹底的にムダを取り除いた哲学のあるキーボード
キーの位置を全て覚えているひとだけが使えます。

あると便利なアイテム

HHKBにちょうど良い:FILCO Genuine ウッドリストレスト Sサイズ

HHKBにちょうど良い-FILCO Genuine ウッドリストレスト Sサイズ
HHKBに合うちょうど良いサイズのリストレストです。
北海道の天然木をオイルフィニッシュしています。

HHKBはキーボードの横幅がちょうど30cmぐらいなので「FILCO Genuine ウッドリストレストS」はサイズがぴったりです。

木目の雰囲気が美しく机の上がちょっとオシャレになります。
タイピングのときに手首が楽になりますね。

HHKBハードケース DX PD-KB01SD

HHKBハードケース DX PD-KB01SD
PD-KB01SDは、HHKB専用のケースです。
いつも使っているキーボードを持ち運びをしたいものです。
HHKBキーボードならコンパクトでテンキーが付いていない分だけ小さいですね。

HHKBのバッグはすべてのHHKBに対応するジャストサイズです。
縫製がしっかりしたナイロンのケースです。

PFU カラーキートップセット

PFU カラーキートップセット
PFU カラーキートップセットです。※キートップのみの商品です。
キートップが使えるのはHHKB HYBRID Type-S・HYBRID・Classic・Professionalシリーズに対応しています。

ESCを青いキーに変えて、Controlキーも赤くするとわかりやすい見た目になります。

HHKBにアクセントのカラーで機能的な美しさがあります。
がわかりやすくて良い感じです。
キーを外すキープラーが付いています。

HHKB吸振マット

HHKB吸振マットHG
HHKBの裏側に付ける吸振マットです。触るとサラサラしていますが机の上にしっかり設置できます。

打鍵音を小さくするために付けるマット。音だけでなくキーを打った時の感じも変わると思います。
振動を吸収するためタイピングの疲れを軽減することができます。

以前のマットよりもさらに改良されており打ち心地が安定するのが良いですね。


HHKBでキー設定をカスタマイズ

HHKB プログラミングでおすすめの設定

出典:Amazon PFU HHKB

HHKBではキーの設定をカスタマイズができるところが面白いところです。

キーマップ変更機能でカスタマイズ

HHKB Professional HYBRID Type-Sでは「キーマップ変更機能」を使えば特殊なキーを除いて基本的なキーを全てカスタマイズできます。
ソフトは公式サイトから無料でダウンロードできます。
インストールはとても簡単で起動すればすぐに設定画面に入れます。

下のキーの図から上の写真にドラッグするだけでキーの割り当てができます。

カスタマイズをした情報はキーボードに設定されるためデバイスを変更してもそのまま使えます。

キーマップの設定はファンクションキーなどを中心に設定すると良いですね。
よく使うキーを設定すればかなり高速に操作できるようになるのでおすすめです。

DIPスイッチでカスタマイズ

割当を変更する時にはDIPスイッチを使います。配置が使いにくいと感じている時に好みの配置を選んで設定できます。

HHKDキーボードの背面または裏側にある小さなフタをパカっと開けるとDIPスイッチがでてきます。
1~6までの番号があってそれぞれをONまたはOFFにするだけです。
Windowsモード、Macモードなどがあり、Windowsキーを再現できたりします。

それほど複雑な設定はできませんが、Deleteキーをバックスペースキーの動作に変更したりできます。

電源が入っていない状態で設定しましょう。

まとめ

HHKDは日常的にキーボードでタイピングをしているかたにおすすめです。安いキーボードやPCに付属しているものとはキーを押し込んだ感触が違います。
価格は高いですが満足度もあるので、もっと早く使い始めれば良かったと後悔するぐらい作業効率が変わります。

タイピングの効率が上がるとめちゃくちゃはかどりますよ!

テンキーレスキーボードの関連記事
静電容量無接点方式でHHKBと比較されることが多いのがNiZキーボードです。安くてBluetooth接続に対応しているのが特徴です。

日本製なら東プレのキーボードでREALFORCEが静電容量無接点方式で有名です。

メカニカルキーでカチャカチャやりたい方は、コンパクトなテンキーレスのゲーミングキーボードがおすすめです。

ちなみに、効率的に入力していくなら片手キーボードを使う方法もあります。

プログラマー向けキーボード