トラックボールキーボードのおすすめ14選! 人気モデル

トラックボールキーボード

トラックボールが一体になっている「トラックボールキーボード」のご紹介です。
ポインターを動かす時に、マウスの代わりに指だけでトラックボールを転がして操作ができます。

トラックボールのキーボードで一体になっているタイプは省スペースで使うことができます。
また、手首の疲労を軽減するリストレストが付いたエルゴノミクスモデルもあります。ワイヤレスや有線USB接続などがありゲーミング用のメカニカル式も選べます。

トラックボールマウスのセットや、トラックパッド付きキーボードなど人気の商品をピックアップしましたので、どうぞご参考ください。

コンテンツについて、一部にアフィリエイト広告が含まれます。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

目次

トラックボール キーボードのメリット

トラックボール キーボードのメリット

出典:ぺリックス

トラックボールキーボードのメリットは3つあります。
 
1.マウスを持ち替えなくてすみます。そのため、長時間パソコン作業の用途などで使われます。通常のマウスでは手首の疲労もたまってきますが、トラックボールが付いている機種では親指などでカーソルを操作ができて持ち替えなくて済みます。
 
2.省スペースで使える。テンキーレスでトラックボール付きキーボードなら狭いデスクなど、少ないスペースで使えます。
 
3.マウスを持ち上げて動かすと音がしますが、トラックボールだけで操作すれば静かです。

一方でトラックボールキーボードのデメリットは、慣れが必要ということですね。これはエルゴノミクスキーボードのアイテム全般にいえることですが、慣れるまで時間がかかります。
ただ、トラックボールマウスを使っている方なら、それほど時間はかからないかもしれません。

トラックボール キーボードの選び方

まず、テンキーが付いている「フルキーボード」かテンキーが無い「テンキーレス」で選ぶと良いです。
コンパクトな方が良いかたはテンキーレスですね。
さらに、USB 有線接続かワイヤレスの無線接続かで選ぶと、2、3個に絞られてくると思います。無線はワイヤレスとBluetooth接続があります。ちなみに、ワイヤレスとBluetoothを比較すると2.4GHzのUSBレシーバーを使うワイヤレスキーボードの方が安定しやすいのがポイントです。

キーレイアウトは、日本語配列と英語配列があるので選ぶ時には注意です。英語配列は記号が慣れるまでは打ちにくいです。記号を入力することが多いプログラマやエンジニアの方はご注意ください。
もちろん、USキーボードを使っている方はたくさんいるので慣れだとは思います。

キースイッチはメカニカルスイッチとメンブレン式があり、少数ですがパンタグラフキーの方式もあります。打鍵をするときの好みの打ち心地によって選ぶと良いですね。

トラックボール キーボードのおすすめ

エレコム トラックボール付キーボード ワイヤレス TK-TB01DMBK / 割り当て


エレコム トラックボール付キーボード ワイヤレス TK-TB01DMBK 割り当て
エレコムのトラックボール付キーボード。ポインタの追従性が良く操作感に優れています。
プレミアムメンブレン式でメカニカルキーボードと同じキートップの設計により打鍵感があります。キートップが湾曲したシリンドリカル構造と、ステップスカルプチャー構造で快適なタイピングしやすくなっています。
付属のUSBコネクタのレシーバーで接続するワイヤレスタイプです。

専用ドライバを使ってキーの割り当てが可能です。リストレストが付いており手首の負担をやわらげます。19mmのキーピッチで、傾斜は2段階で調整できます。テンキーのある日本語108キー配列キーボードです。

テンキーが付いたフルサイズなので、これからトラックボールキーボードを使い始めるという場合でも切り替えやすいですね。

スペック

  • 光学式トラックボール
  • 傾斜角調節スタンド
  • 最大1000万回のキーストローク
  • TK-TB01DMBK
  • キーピッチ : 19 mm
  • 色:ブラック

選ぶポイント:

テンキー付きワイヤレスキーボード

  • USBポートに差すだけで2.4GHzワイヤレスが簡単に使えるのが魅力


サンワサプライ 分割エルゴノミクスキーボード(トラックボール付き) 有線 USB接続 メンブレン SKB-ERG5BK / PC


サンワサプライ エルゴノミクスキーボード(トラックボール付き) 有線 USB接続 メンブレン SKB-ERG5BK
サンワサプライのエルゴノミクスキーボード(トラックボール付き) でメンブレン式の日本語109A配列です。キーボードは中央で角度が付いておりエルゴノミクスキーボードになっています。
有線USB接続なので遅延もなく快適です。

SKB-ERG5BKは、中央に直径25mmのトラックボールが配置されていて親指でコロコロ転がして操作できます。
トラックボールが赤い理由はセンサーのトラッキング性能が高いからです。

わずかにパームレストがあるので、手首の疲れを軽減したい方におすすめの商品です。PC向けで、OSはWindowsパソコンに対応しています。

選ぶポイント:

エルゴノミクスで分割タイプ

  • エルゴノミクス形状で中心で左右に分割してレイアウトされているタイプ


Perixx(ペリックス) PERIBOARD-505H PLUS US トラックボール付きミニキーボード USB有線 / 小型


ペリックス PERIBOARD-505H PLUS US トラックボール付きミニキーボード USB有線 小型
エルゴノミクスキーボードで有名なPerixx(ペリックス)のトラックボール付きミニキーボードです。トラックボールは直径14mmの光学式を採用しています。
英語配列キーボードでメンブレン式のキースイッチ。マルチメディアキーが12個付いています。幅が31.5cmと小型のサイズで440gと軽量なので持ち運びもできますね。

耐久性のあるケーブルによる有線USB2.0接続。Windows 10,8,7, XPに対応しています。

スペック

  • USBハブ2個付き
  • 315x147x26mm
  • 14mm 光学式トラックボール搭載
  • 正規保証品

選ぶポイント:

トラックボール機能がついているミニサイズのモデル

  • 上部に14mmのトラックボール機能がついているミニサイズのキーボード


サンワサプライ トラックボール内蔵USBキーボード SKB-TR05BK / テンキーレス


サンワサプライ トラックボール内蔵USBキーボード SKB-TR05BK / テンキーレス
サンワサプライのトラックボール内蔵型キーボード。テンキーレスなのでコンパクトですが、文字キーのキーピッチは19mm確保されているのでタイピングもしやすいです。薄型メンブレン式スイッチでテンキー無しのコンパクトなタイプです。
インターフェースは有線USB接続です。

レビューでは半角/全角キーの位置が一番下の段にあるので間違えやすいという口コミがあります。テンキーレスタイプでは配列が変わることはよくあることですが使うのには慣れが必要ですね。
実際、テンキーを使わなければ、小型サイズはフルキーボードと比べて省スペースなので便利です。

スペック

  • サイズ:W291 x D179 xH31 mm
  • 重量:約650g
  • キーストローク:3.5±0.5mm
  • 動作力:55± 15g
  • SKB-TR05BK
  • ブラック

選ぶポイント:

サイズがコンパクト

  • サイズがコンパクトなテンキーレスタイプ


Perixx(ペリックス) PERIBOARD-522 トラックボール付きキーボード メカニカル茶軸 チルトホイール搭載


Perixx(ペリックス) PERIBOARD-522 トラックボール付き メカニカルキーボード 茶軸 チルトホイール搭載
Perixx(ペリックス)のPERIBOARD-522は、トラックボール付きメカニカルキーボードです。大型のボールが選ぶ条件の方は注目で、サイズは直径55mmの大きさになっています。
キースイッチはタクタイルの茶軸タイプです。
左右のクリックボタンとチルトホイールがあり、スクロールもできて多機能です。マルチメディア用のホットキーやWindowsロック機能も備えています。

トラックボールとテンキーの両方使いたいという方に適しています。

業務用の製品も提供しているメーカーで、保証もあるので安心です。

スペック情報

  • メーカー:Perixx(ペリックス)製
  • カラー:ブラック
  • 配列:英語
  • サイズ:474x169x68 mm
  • 重量:1437 g


Perixx(ペリックス) PERIBOARD-322 トラックボール付き メカニカルキーボード 英語配列


Perixx(ペリックス) PERIBOARD-322 トラックボール付き メカニカルキーボード 英語配列
ぺリックス PERIBOARD-322は、直径55mmのトラックボール付きです。メカニカルキーボードでテンキーを搭載しているフルキーボードになっています。数字キーがあるのでデータ入力などで便利ですね。
 
チルトホイール機能を搭載しておりFN+F9キーでトラックボールの感度を設定することが可能です。英語配列なので普段JISキーボードを使っているかたは慣れが必要ですね。
 
トラックボールを掃除する時には裏側から押し出せばボールの取り外しができます。
レビューで比較的、評判の良い機種です。

スペック情報

  • サイズ : 474x169x68 mm
  • Trackball DPI: 1000/1600
  • 大型ボール
  • 正規保証品

選ぶポイント:

直径55mmのトラックボール

  • 大きめの直径55mmのトラックボール付きキーボード


サンワサプライ トラックボールキーボード SKB-TR03BK


サンワサプライ トラックボールキーボード SKB-TR03BK
サンワサプライのトラックボールキーボード「SKB-TR03BK」です。
サイズがW303xD159mmxH30mmでコンパクトなデザインが魅力。テンキーがないミニサイズですが、キーピッチは19mmあるので入力しやすいでしょう。
価格が安いキーボードで、2024年02月01日19:14の時点では税込み3,839 円です。(公式サイトのサンワダイレクトより安いかもしれません。クーポンを使ったら少し安くなるようですね。)

選ぶポイント:

コンパクトで省スペースで使えるコンパクトキーボード

  • コンパクトで省スペースで使えるキーボード


TESORO ゲーミングキーボード Harpe TL 青軸 トラックボール一体型 / フルキーボード


TESORO ゲーミングキーボード Harpe TL 青軸 トラックボール一体型 / フルキーボード
TESORO ゲーミングキーボードでトラックボール一体型で、テンキー付きのフルキーボードです。
日本語配列で青軸のメカニカルキーのスイッチを搭載しています。6キーロールオーバーに対応しており同時押しにも反応。マルチメディアキーが付いています。
BlueのLEDライティングで光ります。

スペック

  • サイズ:510(W)×85(D)×16..2(H)mm
  • 重量:1420g
  • 1年保証
  • ブラック
  • TS-G6TL-B-BL-JP


レノボ・ジャパン ThinkPad トラックポイント・キーボード


レノボ・ジャパン ThinkPad トラックポイント・キーボード
レノボ・ジャパン ThinkPad トラックポイント・キーボード 0B47208です。
日本語配列と英語配列が選べます。
コネクターはUSBの有線接続のテンキーレスです。

トラックボールキーボードからレノボのトラックポイントにする方も多いようです。
キートップが少し凹んでいるので打ち心地が良いと、レビューでの評価も高い機種ですね。キーの構造より、一般的なキーよりも静音といえるでしょう。

※このキーボードはトラックボールではありません。


エレコム トラックボール キーボード Bluetooth TK-DCP03BK


エレコム トラックボール キーボード Bluetooth TK-DCP03BK
「TK-DCP03BK」はBluetooth接続ができるエレコムのトラックボール付きキーボードです。
キーボードの上にはアジャスターが付いておりタブレットやスマホのスタンドとして使うことができるようになっています。
OSはWindows、Mac、iOS、Androidに対応しています。
4台までのマルチペアリングが可能で有線接続にも対応しています。

キーピッチは17.5mmなのでサイズはコンパクトになっており、幅280×奥行200×高さ27.5mmです。


マイクロソフト キーボード ワイヤレス タッチパネル付き


マイクロソフト キーボード ワイヤレス タッチパネル付き
マイクロソフトのキーボードでタッチパネルを搭載しているAll-in-One Media Keyboard N9Z-00029です。USBをパソコンに挿してワイヤレスの2.4GHz帯で接続できます。

防滴仕様になっており万が一水をこぼしても耐水性があります。
レビューでは打鍵感が柔らかく静音性があるという口コミがあります。

※トラックボールキーボードではないですが、トラックパッドを搭載している一体型キーボードです。マウスなしで操作できるので、効率的な操作ができる製品です。


ロジクール トラックボールセット ワイヤレストラックボール MX ERGO MXTB1s + エルゴノミックキーボードK860セット


ロジクール トラックボールセット
ロジクールの「トラックボールセット」で、「エルゴノミックキーボードK860」と「ワイヤレストラックボール MX ERGO MXTB1s」でUnifyingレシーバーで2.4ghzにて接続できます。
マウスはエルゴノミクスなので右利きの方のみ使えます
トラックボールのボタンはカスタマイズすることも可能。長時間のパソコン作業で快適ですね。
セットで人気の製品を買いたいときにおすすめです。

選ぶポイント:

リストレストがある

  • リストレストの部分があるので、手首が快適


ワイヤレスキーボードQWERTY Keyboard 2-in-1トラックボールマルチメディア


ワイヤレスキーボードQWERTY Keyboard 2-in-1トラックボールマルチメディア
ワイヤレスキーボードで、配列の仕様がQWERTYの2-in-1 Keyboard トラックボールマルチメディアです。
2.4GHzワイヤレスの接続により、エアマウスのように離れて使うことができます。軽量で使いたい方は注目ですね。使う方法としては手に持って使用するやり方でしょう。
ただし、満足度はそれほど高くないので、レビューのコメントはチェックした方が良いかもしれません。


2.4GHz 無線 トラックボールキーボード Win/Android


GOEASILY 2.4GHz 無線 トラックボールキーボード Win/Android
GOEASILYのトラックボール付きキーボードです。USBのドングル(送信機)で2.4GHzの無線接続が可能で、ドライバーのインストールは不要です。

特徴は多くのデバイスに対応していることです。
対応OS:Windows95/98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/10、Mac OS、Android、Linux

レビューでは「半角/全角」キーが無い、パイプキーが無いといった口コミもあり英語配列のようですね。どちらかというと評価は低めです。


ケンジントン ワイヤレス トラックボールマウス


Kensington ExpertMouse ワイヤレストラックボール K72359JP
Kensington ExpertMouse(ケンジントン エキスパートマウス)K72359JPは、ケーブルが無いワイヤレス接続で操作できるトラックボールマウスです。キーボードの商品ではないですが、品質の高いトラックボールを搭載していておすすめの商品です。

無線接続が可能なモデルでBluetoothでペアリングをして使えます。または、付属のUSBレシーバーで2.4GHzのワイヤレス接続も可能です。トラックボール付きのワイヤレスマウスで、WindowsとMacに対応していますがiPadなどのモバイルでは使えないので注意です。

コードを気にせず操作したいときにおすすめです。
トラックボールにはリストレストが付属しており手首を支えることができます。
高速オプティカルテクノロジーにより正確なコントロールが可能になっています。2.4GHzの場合にはTrackballWorksのソフトウェアが使えます。
K72359JP【日本語パッケージ】

ランキングから選ぶ

キーボードの人気がある商品を調べるなら、Amazonの売れ筋ランキングが便利です。ただし、トラックボール付きキーボードはランクインしていません。やはり、トラックボール付きは特殊な製品なので一般的な製品がランクインしています。2024年02月01日19:14の時点では、1位はロジクールのワイヤレスキーボードで、人気があるブランドです。キースイッチの種類にはメンブレン式やパンタグラフなどがあります。
標準的なキーボードを検討しているのであれば利用しやすいですね。

商品についてひとこと

トラックボールが付いた一体型キーボードを一覧で解説しました。パソコン作業の時間が長い方は、エルゴノミックの形をしているトラックボール付きキーボードを利用すると良いと思います。
ボールの位置はいろいろあるので、可能であれば色々なデザインをためして、自分に合ったタイプが見つかると良いですね。また、テンキーレスとフルキーボードの選択もポイントですね。
タイピングや操作がしやすいキーボードは作業が快適になります。


トラックボール キーボードの関連情報
ロジクールのトラックボールマウスは操作性に優れておりFPSゲームでプレイするゲーマーさんもいます。
エレコム(ELECOM)キーボード(Bluetooth・ワイヤレス)

エルゴノミクスキーボード

左右分離型キーボード
おすすめキーボード

iPadで使用するならタッチパッド付きのキーボードが便利ですね。Ewin Bluetooth キーボードなどがあります。

著者情報

「オススメPCドットコム」のタローが解説しました。私はもともと販売を経歴としていて、パソコン・周辺機器・ゲーム業界に関連する情報を発信しています。趣味はパソコンのカスタマイズで、20年以上多くのWindowsやMacを使ってきた実績があります。 記事については、初心者からプロまで全てのユーザーに役立つ深い分析をコンテンツにしていきたいと考えます。また、価格や機能性、問題や選ぶ理由を総合的に調べて、最適な選択をサポートできればと思います。 詳しい略歴はプロフィールのページをご覧ください。

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーの販売サイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。価格やスペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。

●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。